装着事例
を探す
ピット
予約
コール
センター
店舗案内

Shop Blog

URBAN OFF CRAFT 鈴鹿店ブログ

URBAN OFF CRAFT
鈴鹿店ブログ

カテゴリ「フォレスター」記事一覧

    • フォレスター
    • アーバンオフ系
    • 4x4Engineering
    • オープンカントリー
    • ホワイトレター
    2023/04/02
    SK5フォレスターにホワイトレター!ホイールは専用サイズの"エアジー"が最適解です!

    SUVのアーバンオフ化、スバル勢の筆頭となればこのクルマです。 本日は現行フォレスターをアウトドアが似合う一台に仕上げます。 アーバンオフクラフト鈴鹿店の小林です。 前フェイスよりかなり精悍な顔立ちになりましたよね。 でも純正ホイールではまだまだシティSUVな雰囲気。 足元を一新して流行のスタイルを目指します。 ホイールはAir/Gロックスの17インチ。 ほぼほぼフォレスター専用と言っていいほど狙ったサイズ感なんです。 実は探し始めると「タイヤはあれどホイールは・・・」となってしまうのがフォレスター。 こんなイカしたホイールがドンピシャサイズとなれば履かない他はないですね! Wheel:4×4エンジニアリング Air/Gロックス 17インチ 5/114.3 マットブラック/リムDC Tire:オープンカントリーAT EX ホワイトレター タイヤはワンサイズアップしたオープンカントリーAT EX。 専用サイズと言われるエアジーと組み合わせると絶妙なマッチングで フルハンドル時の干渉もありません(個体差除く)。 オプカンと言えばRTのイメージがありますが、AT EXも物凄く人気が高いです。 秘密はこのトレッドパターン。迫力という意味ではRTやMTに劣りますが 通常ラジアルに比べての迫力は勿論のこと、乗り心地の面で圧倒的に勝ります。 更に「スノーフレークマーク付き」ですので、新雪など軽い雪なら問題なし! 街乗りアーバンオフタイヤに置いてはこれとない使い勝手なんです。 万人受けする純正のホイールでは出ない雰囲気ですよね。 普段使いを損なうことなく、アウトドアシーンではお目立ち度抜群。 お隣滋賀県よりご用命いただきました。 ありがとうございました!  

    • フォレスター
    • アーバンオフ系
    • 4x4Engineering
    • オープンカントリー
    • ホワイトレター
    2022/10/11
    SKフォレスターにホワイトレター!ベストなタイヤサイズは!?

    SKフォレスターのオフカスタム、ご依頼増えております。 ホワイトレターが履きたい!サイズはどこまで履ける? ホイールは何を選べばいい!? がギュッと詰まったのが今回のブログです。 SKフォレスターXブレイク。 外装品、ホイールの色使いから既にアウトドアが似合う雰囲気ですが 良くも悪くも純正ライクな感じですよね。 これを一変させるのがタイヤとホイール。 お選びいただいたのは4×4エンジニアリングのAir/Gロックスと トーヨーオープンカントリーAT EX ホワイトレターの組み合わせ。 SKフォレスターのオーナー様からはよく「どんなサイズが履けるの?」 と質問がありますが、よくよく探していくとタイヤもホイールも 決して選択肢が多いわけではない状況。 そんな中、こちらのエアジーロックスはSKフォレスター専用サイズ とあって、安心して履いていただける1本となっております。 Wheel:4×4ES Air/Gロックス 17インチ 5/114.3 ブロンズブラッシュド Tire:TOYOオープンカントリーAT EX ホワイトレター狙いでタイヤはオープンカントリーAT EX。 フェンダーに余裕がないフォレスターですので、 サイズは純正比較でワンサイズアップに止めるのがお勧め。 その中で街乗りに適したAT EXにピッタリなサイズがラインナップ されていましたので、快適性と迫力、ホワイトレターを詰め込むことができました。 ホイールは専用サイズだけあってバッチリツライチ! ノーマル車高状態で、ホイール、タイヤ共に干渉の心配がないサイズ感です。 ちなみにこちらのグレードは17インチ以下にはダウンできないので注意。 またこの手のタイヤはサイズによってホワイトレター設定の有無もありますので プロショップにご相談くださいね。 純正ホイールではどうしてもルーフラックに目がいきがちでしたが 足元に迫力が出たことで全体のバランスが整いました。 ホワイトレターのロゴの主張もあり、力強さが出ましたね! フォレスター、XV、アウトバックとスバル勢のオフ系カスタムが増えております。 どれも実績がございますので、迷っている方は当店まで。 ありがとうございました。  

    • フォレスター
    • アーバンオフ系
    • リフトアップ
    • その他サス
    • BFグッドリッチ
    • ホワイトレター
    2022/10/08
    【フォレスター リフトアップ】SK9フォレスターの車高をアゲよう!カディス アップコイル!

    こんにちは!アーバンオフクラフト鈴鹿店のエサカです。 有難いことに、リフトアップの問い合わせの非常に多い当店。 今回リフトアップさせていただくお車は、SK9型フォレスター! ホイール&タイヤは、すでにオフ系に交換済! 「SKフォレスターにはオフ系16インチが定着?!デルタフォースオーバルを履く!」   タイヤの外径を少し上げている分、 タイヤハウスに少し余裕がないような… 更なる迫力を出す為に使用する今回のパーツはコチラ! “ロードハウス カディス アップコイル”   数多くのヨンクカスタムを手掛けるメーカー HPによると、アップ量は30㎜程。 街乗りからラフロードでの乗り心地と前後のバランスを 重視した専用設計となっています! 装着前のフェンダークリアランスはこんな感じ。 やはりタイヤ外径を大きくしている分隙間が狭く、 少し窮屈な感じがします。 次のカスタムのステージ  “リフトアップ”をしていきましょう! 今回の作業内容ですが、純正のショックをそのまま使用して スプリングのみを交換するのでカスタム費用が、 抑えることが出来るのがメリットのひとつ! ご予算に応じてご相談ください。^^ はずしたバネとノーマルバネの長さを比べてみました。 全然長さが違いますよね! 長くなった分、巻き数も増えているので、 乗り心地を落とさないような設計がここで見て分かります。 順調に作業は進めて、最後にアライメントを調整します。 車をしっかりと真っ直ぐ走らせるために各部調整し、 ハンドルセンターを出して完成です! suspension:ロードハウス KADDIS アップコイル   約30mm程上がり、迫力あるスタイルへ! ノーマル状態の都会らしさもイイですが、 流行りのオフスタイルへ変貌を遂げました!^^ 既に足元が変わっている状態からでもこの迫力! このお車も元からこんな感じだったんじゃないか? というくらい違和感なくリフトアップしました! クリアランス量も入庫前の状態と比べるとこのような感じ。 タイヤのマッシブさもリフトアップの恩恵を受けて より凄味を増したようにも見えますね!^^   【 ↓ BEFORE ↓ 】   【 ↓ AFTER ↓ 】 オフ系タイヤ王道のBFグットリッチ、そして 当店の人気No.1デルタフォースオーバル。 そこにリフトアップとくれば、 カッコ良くなること間違いないカスタムですね! YAKIMAのルーフラックがよりもっと似合うお車に変身しました! キャンプにBBQと野遊びにガンガン遊び倒しちゃってください^^ SKフォレスターのカスタムのご用命は当店にお任せください。 ありがとうございました!  

    • SUBARU
    • フォレスター
    • アーバンオフ系
    • オープンカントリー
    • ホワイトレター
    2022/06/12
    SKフォレスターにホワイトレターを履く!オープンカントリーAT EXでアーバンオフ仕上げ!

    ■MLJ XTREME-J XJ03 17INCH × TOYO OPEN COUNTRY AT EX■ オフ系アイテムとして人気のホワイトレター。 TOYO オープンカントリーAT EXは、 目立つ白文字で注目を集めます! アーバンオフクラフト鈴鹿店ムラセです。 今回のお車は、SK型フォレスターのe-BOXER。 当店にもお問合せがスゴク増えているお車ですね。 純正で18インチホイール装着車。 インチダウンして、タイヤの肉厚アップと ホワイトレターでオフ感を強調させていきます。 フォレスターにオフ系のホイールを装着となると、 ホイールの選択肢がまだまだ少ないんです。 SK型になってからは、サイズ的にOKな物は多くなりましたが、 ピッタリってサイズも少なく、マッチング未確認って事が多いんです。 そこで選ばれたホイールは、MLJ エクストリームJ XJ03。 17インチで装着します! Wheel:MLJ エクストリームJ XJ03 7.5J-17in 5/114.3 フラットブラック/スモークフランジ Tire:TOYO オープンカントリー AT EX 純正タイヤと比較してみると、ショルダーの部分が ゴツっとなってオフ系の雰囲気がマシマシに! 街乗りにも考慮したトレッドパターンなので、乗り心地もgood! オプカン AT EX オススメですよ。 まさにアーバンオフ的な仕上がりになりました! 京都からのご来店、まことにありがとうございました。   ご相談はアーバンオフクラフト鈴鹿店へドウゾ。  

    • SUBARU
    • フォレスター
    • アーバンオフ系
    • 4x4Engineering
    • BFグッドリッチ
    2022/05/08
    最新現行フェイスのSKフォレスターをAir/G ロックス でオフカスタム!

    先進的な現行フェイスとなったSKフォレスターを早速オフカスマイズ! 気になるインチダウンマッチングははたして・・・ 納車直後にご来店いただきました。 型式は"SK"となるものの、当店では初現行となりますので 実車をお借りしてマッチングさせていただきました。 オーナー様希望の16インチ化は可能なのか!? グレードはe-BOXERハイブリッドでしたので 結果として16インチはNGでした・・・ それでも「オフカスタムしたい!」のご要望に応えるべく17インチをご提案。 ハイインセットなスバル車にピッタリの1本が Air/Gロックスなんでよね! Wheel:4×4ES Air/G ロックス 7.0J-17in 5/114.3 MBK/DC Tire:BFグッドリッチ T/A KO2 17インチでオフ系ホイールは数あれど、フォレスターに ピッタリのサイズってなかなかないんです。 純正と同じ17インチですが、外径をアップすることで 筋肉質な足元に変身。アウトドアの似合う1台になりました。 フォレスターでオフ系カスタムしたい!というオーナー様、 アーバンオフクラフト鈴鹿店へご相談ください。 ありがとうございました!  

    • フォレスター
    • デルタフォース
    • BFグッドリッチ
    • ホワイトレター
    2021/09/08
    SKフォレスターにはオフ系16インチが定着?!デルタフォースオーバルを履く!

    ■DELTA FORCE OVAL 16INCH×BF Goodrich T/A KO2■ アーバンオフクラフト鈴鹿店のムラセです! オフカスタムでブームなりつつあるSKフォレスター。 当店でアーバンオフ化にご協力させて頂きました! YAKIMAのカーゴ、カッコいいですね~ デルタフォースオーバルの16インチに タイヤはBFグッドリッチT/A KO2をセット! フォレスターには装着が難しいコンケイブホイールですが、 いい具合にコンケイブしていますよね。 純正の18インチからの2インチダウン! 一回り厚みが増したタイヤがオフ感を強調! タイヤ&ホイールセットをカッコよく見せるには、 ホイールの幅とタイヤの太さ、偏平率のバランスがすごく大事。 いいバランスに仕上がってますよね! 斜めうしろから見てみると、 BFグッドリッチのT/A KO2の ゴツゴツ感がすごく伝わってきます! 「乗り心地」や「音」をよくお問い合わせいただきますが、 それも含めた「カッコ良さ」がこのタイヤの特徴! アーバンオフ系にカッコ良く仕上がりました! 人気のデルタフォース オーバルの取扱いありますよ! ご相談はアーバンオフクラフト鈴鹿店へ。  

    • フォレスター
    • アーバンオフ系
    • RAYS
    • オープンカントリー
    2021/03/05
    SKフォレスターにRAYSデイトナM9を履く!!

    レイズ デイトナシリーズの人気は まだまだ根強いです!! アーバンオフクラフト鈴鹿店川久保です。 去年の年末に SKフォレスターのオーナー様から、 レイズのデイトナシリーズで、 アーバンオフカスタムをご希望頂きました。 暖かくなってきたので、春仕様への変更も兼ねて、 PIT IN。 SKフォレスターから、 PCD(ホイールのねじ穴の中心点を結ぶ円の直径)が 114.3というサイズになったので、 選べるホイールも増えました。 現時点でもSKフォレスターで装着できる デイトナシリーズは3種類ほどあります。 デイトナシリーズで、選んで頂いたのは、 M9(ブラック/ディスククリアスモーク) ホイール周りのリングが黒を採用し、 力強さや鋭敏さを感じるデザインとなっています。 取付後、タイヤの干渉がないか、 ハンドルを全開にきる等の確認をして、完成です。 M9のホイールの外周部分の黒と タイヤが一体化して、ホイールのディスクが際立ちます!! タイヤも拘りの ブラックレターをチョイス! オープンカントリーRT 225/65-17 ディスクがより強調されました。 斜め後ろから、見ても、カッコいいです。 前後左右に死角なし! デイトナシリーズは、納期がかかるもの カタログに載っていても欠品しているものあります。 早めのご相談をお待ちしています。

    • フォレスター
    • アーバンオフ系
    • SSR
    • オープンカントリー
    2020/04/23
    SJG フォレスター XT に SSR GTV03 & TOYO オープンカントリーRT装着!!

    走りのSUV フォレスターを アーバンオフカスタマイズ!! こんにちは、アーバンオフクラフト鈴鹿店の長谷川です。 本日のご紹介は、スバル  フォレスター XT。 2.0直噴ターボエンジン「DIT」搭載のスポーツSUVです。 スポーツ系ホイールへのドレスアップのご相談が多いお車ですが 今回は、アーバンオフ系のタイヤホイールセットのお取付しました!! 今回装着するのは『SSR  GTV03』 リムに向かってY字に伸びるスポークが特徴的な ツイン5スポークデザインです。 タイヤは「TOYO  オープンカントリーR/T」をセット。 マッドテレインとオールテレインの特徴を兼ね備えた ラギットテレインが採用されています。 フォレスター向けサイズが16・17・18インチと揃っており アーバンオフ系のカスタマイズにオススメのタイヤです。 ホイール:  SSR  GT  V03 サイズ : 7.0-17 5/100 カラー :フラットブラック タイヤ :TOYO オープンカントリー R/T スポーツ系ホイール×ゴツゴツ系なタイヤの組み合わせで フォレスターにピッタリなカッコイイ仕上がりです。 P.C.D5/100のホイールは黒系ですと スポーツ系ホイールがメインとなりますが、 オフ系のタイヤとの組み合わせも似合いますのでオススメです。 フラットブラックのホイールカラーは 足元をシブく引き締めてくれますね。 インチダウンによりタイヤの厚みも増えて タイヤのサイドウォールデザインと相まって よりワイルドな雰囲気となりました。 この度はアーバンオフクラフト鈴鹿店を ご利用頂きありがとうございました。 またのご来店をお待ちしております。  

    • フォレスター
    • アーバンオフ系
    • RAYS
    • オープンカントリー
    2019/10/30
    SJフォレスター も アーバンオフ仕様へ。

    こんにちは、アーバンオフクラフト鈴鹿店の大矢です。 フォレスターのイメージですと、走り系イメージが強いですが 最近はこのカテゴリーの人気もあってアーバンオフスタイル へのご相談が多々あります。 本日は、デイトナFDX-Dを装着をしましたのでご紹介です。 ご入庫時の状態が純正サイズが18インチ。 ここから1インチダウンの17インチへ。 4駆系のホイールで人気あるレイズ、 デイトナシリーズのFDXを選択。 深リム、太めのスポークデザインが 全体を力強く見せてくれます。 立体感のあるDAYTONAロゴもワンポイント。 中央にえぐるようなパート。 スポークまで伸びたデザインがディープリムを強調します。 更にグッとイメージを変えてくれるのがタイヤ。 トーヨーのオープンカントリーRTを組むことで、 強靭なブロックパターンをゲット。 一気にアーバンオフスタイルへ。 ホイール: レイズ チームデイトナFDX-D サイズ : 7.0-17 5/100 カラー : ブラック/フルダイヤモンドカット タイヤ : トーヨーオープンカントリーRT 力強いフォレスターに仕上がりました。 つい見とれてしまいますね。 アーバンオフクラフト鈴鹿店をご利用して頂き ありがとうございます。 またのご利用お待ちしております。  

    • フォレスター
    • アーバンオフ系
    • RAYS
    • BFグッドリッチ
    • ホワイトレター
    2019/10/23
    フォレスター SK9 の インチダウン! デイトナFDX-F7装着(完成)

    ■SK9フォレスター 純正18インチ → 16インチへ! 完成アーバンオフスタイル   こんにちは、アーバンオフクラフト鈴鹿店の大矢です。 本日は、前回の続き SK9フォレスターの インチダウンオフスタイル をお届けします。 完成した姿がこちら。 フォレスターのオフスタイルが増えてきた理由が 分かりますね!めちゃくちゃイイ! まだまだ人気が出そうなスタイルです。 ノーマル時と比べると大きく迫力が増しました。 意外とよく聞かれる 「白いボディに黒系のホイールって似合いますか?」 ですが、むしろ相性スゴく良いんです。 白、黒ハッキリとわかれることでメリハリがつき ボディと足元のそれぞれが個別に 引き締まって見えますね。 タイヤサイズも純正サイズから大きくしたので、 見た目がワイルドになりました。 アーバンオフスタイルって感じがします。 フォレスターは人気車種なので街中で見かける ことが多いですが、こういうときに目立てる仕様 だと思います。 ホイール: デイトナ FDX-F7 サイズ : 7.0-16インチ 5/114 カラー : セミグロスブラック タイヤ : BFグッドリッチA/TKO2 ホワイトレター この度アーバンオフクラフト鈴鹿店を ご利用して頂きありがとうございました。 またのご利用お待ちしております。 アーバンオフクラフト鈴鹿店でした。  

    • フォレスター
    • アーバンオフ系
    • RAYS
    • BFグッドリッチ
    • ホワイトレター
    2019/10/21
    フォレスター SK9 の インチダウン! デイトナFDX-F7装着(前編)

    ■SK9フォレスター 純正18inを インチダウン!   最近、フォレスターのご来店増えております。 こんにちは、アーバンオフクラフト鈴鹿店の大矢です。 本日はデイトナFDX-F7を取り付けましたのでご紹介します。 カスタムさせていただくおクルマは フォレスターSK9。 18インチが装着されてますが ここから2インチダウンの16インチへ変更です。 ゴツゴツ系のタイヤとの組み合わせで アーバンオフ系を目指していきます。 オーナー様を射止めたホイールが レイズ デイトナFDX-F7 太いスポーク、センターへ落とし込むコンケイブデザインで、 4×4オーナーに人気のホイール。 ホイールが決まれば次は大事なタイヤ選び。 アーバンオフスタイルの大事なキーとなります。 定番ではありますが「間違いない」 BFグッドリッチT/AKO2 ホワイトレターを選択。 性能、スタイリングも文句無しの高級ヨンクタイヤです。  最 取り付け後は、タイヤハウス内のクリアランスや その他、ハンドルを回して位置関係を念入りにチェック。 オフスタイルは外径をアップすることが多いですし、 同じ外径だったとしても大きなブロックパターンで ショルダーが立ちますので、純正タイヤを同じようには いかない場合があります。 今回は指1本ぐらい入るぐらいでですかね。 個体差もありますので注意です。 さて完成した姿が気になりますが・・・・ 次回のブログでご紹介します。 アーバンオフクラフト鈴鹿店でした。  

    • フォレスター
    • アーバンオフ系
    • マフラー交換
    2019/09/02
    現行 SK フォレスター を インチダウン ! 16インチ で アーバンオフ仕様へ(前編)

    フォレスターのカスタムもお任せください。 こんにちはアーバンオフクラフト鈴鹿店の大矢です。 本日は、スバルフォレスターをお届けします。 ■SKフォレスターに16インチ!? ⇒インチダウンには実車マッチングが必要   スバル車でアーバンオフスタイルの方向へカスタムするのは まだまだ珍しいですね。どちらかといえばインチアップが 定番メニューです・・・ということでインチダウンとなると マッチングがないのです(汗 と、それは後半のお楽しみでということで 今回は同時にマフラーを装着しますのでそちらから。 選んで頂いたのはご用命の多い、ガナドールマフラー。 見た目のカッコよさ、サウンド、レスポンスなど 総合的に人気が高いです。 SKフォレスターはテールのみの交換となります。 出口の部分がシルバーポリッシュとチタン風ブルー発色の 2色から選ぶことができ、好みに合わせたセッティングが可能です。 まずは、大切なおクルマにキズ、汚れ等がつかないよう 丁寧に養生をしていきます。 もちろん、マフラー側も養生していきますよ。 まずは純正マフラーを取り外していきます。 パイプが剥き出しに、 ココにガナドールマフラーを取付け。 ガスケットを入れ、純正ボルト、ゴムブッシュで固定。 センター位置に出口を修正し、最後にボルトを 締め付けたら完成。 アクセル踏んで排気漏れのチェックも行います。 ピカピカのテールで雰囲気も一新! いよいよ次のブログではインチダウンに 取り掛かります!お楽しみに。

タイヤ&ホイールの高値買取・下取りも実施中!

059-381-4311 クラフト鈴鹿店