店舗案内

News

ニュース

特集一覧

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/03/19
    ジムニー特集/LOVE THE JIMNY!

    日本が誇る本格オフローダー”ジムニー”。 軽さを生かしたオフロードの走破性能は、ファンを虜にし続け、その魅力は色褪せることはないでしょう。 新型ジムニー/ジムニーシエラ(JB64/74)の新商品もどんどん発売され、カスタムシーンも盛り上がっています。 このページは、ジムニーを愛する、ジムニー好きの為の、ジムニー専用の特集ページです。 ジムニーに関するパーツやカスタム事例を紹介していきます。 クラフトもジムニーとジムニーシエラをデモカーとして購入。 皆さまと一緒にカスタムを楽しんでいきたいと思います!

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/03/19
    ジムニー/デモカーカスタム(アーバンオフクラフト岐阜長良店)

    アーバンオフクラフト長良店です! 待つこと約1年!ついに新型ジムニー納車しました!JB64 のキネティックイエローです。アフターパーツが多いジムニーは、カスタムの幅も広く、自分色に染めていくには持って来いのクルマですね! これから、ジムニー乗りの皆様と、一緒にカスタムを楽しんでいきたいと思いますのでよろしくお願いします。 ジムニーに関する店舗ブログをピックアップしています。下記ブログ記事一覧よりご覧ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/03/19
    ジムニー/最新パーツ情報

    ジムニーに似合うホイールや、サスペンション、エクステリアにインテリア商品など、クラフトスタッフオススメの商品をご紹介。 下記ブログ記事一覧よりご覧ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/03/19
    ジムニー/デモカーカスタム(アーバンオフクラフト浜松店)

    アーバンオフクラフト浜松店です。 祝納車! うちのデモカーはJB74 ジムニーシエラのブリスクブルーメタリック。 待ちに待っただけあって、かわいくて仕方がありません。 ここ静岡県生まれのジムニー。 地元だけあって、いつもジムニーが走っているのを目にします。 ジムニーの生まれ故郷、ここ静岡で、ジムニーライフを楽しんで行きたいと思います。 ジムニーオーナーの皆様よろしくお願いします! ジムニーに関する店舗ブログをピックアップしています。下記ブログ記事一覧よりご覧ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/03/05
    VOLK特集/レース直系・鍛造スポーツホイール

    レース直系の遺伝子を持つ鍛造スポーツホイールの最高峰「VOLK RACING」。 軽量、高剛性、高精度、どれをとっても超一流。 多様化する時代の要求値を満たすべく、その性能は進化し続け、ストリートからアタックシーンまで、圧倒的な支持を誇り続けています。 ボルクレーシングのことなら、「RAYS No.1 SHOP」のクラフトにお任せください。 「VOLK」を取り上げた店舗ブログをピックアップしています。下記ブログ記事一覧よりご覧ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/03/05
    WORK特集/セミオーダー可能なマルチピースホイールの代表ブランド

    1977年、物作りの本場、東大阪で創業し、長い歴史と高い技術力を持つ、国内有数のホイールメーカーです。 特に、2ピースや3ピースなどの”マルチピースホイール”は、WORKの真骨頂。 長年にわたりホイールメーカーとして培ってきた、さまざまなノウハウと、高い技術が注入されています。 また、セミオーダーカラーやリムアレンジ、ピアスボルトの選択など、ユーザーのニーズにきめ細かく対応が可能な「カスタムオーダープラン」も魅力の一つ。 高い技術力と対応力でユーザーに寄り添うWORK。 自分だけのホイールカスタマイズを求める方にとって、強い味方になってくれるに違いありません。 「WORK」を取り上げた店舗ブログをピックアップしています。下記ブログ記事一覧よりご覧ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/02/08
    四輪ホイールアライメント調整のすすめ

    ホイールアライメント調整とは クルマの4つのホイールを正しい向き、正しい角度に調整することを、四輪ホイールアライメント調整と言います。クルマは走り続けるうちにホイールの角度がずれてしまったり、あるいはタイヤの摩耗等によって、正しい角度から外れてしまうことがあります。 ついうっかり縁石にタイヤを激しくぶつけてしまい、ホイールの角度が狂ってしまう、といったケースもありがちです。 あなたの愛車、こんな症状は出ていませんか? タイヤの片側だけ早く摩耗する タイヤが片減りする原因はいくつかありますが、もっとも多いのはタイヤの空気圧不足。その次に考えられるのは、体感しにくい小さなアライメントのずれです。そのまま放置した状態で走り続けると、タイヤの片減りはどんどん進んでしまいます。 いったん片減りしてしまったクルマは、ますますアライメントの値に悪影響を及ぼしてしまうため、走行時の安定性もますます損なわれてしまいます。 まずはタイヤを新品に交換して、そのタイミングでアライメントをきちんと測定・調整するようにしましょう。 走っているとハンドルを取られる ブレーキを踏んでクルマを減速させた際など、ふいにハンドルが勝手に回ろうとする現象が起きることがあります。これはアライメントの値がホイールの左右で異なっている場合に起きる典型的な症状です。 アライメントが正しく調整されていれば、このような現象は起きなくなります。 曲がりたい方向にうまく曲がれない たとえばハンドルを左に切ると、切った分だけタイヤは左を向きます。アライメントがずれていると、ハンドルの動きにクルマの動きが追従せず、ドライバーが意図しない不安定な挙動をすることがあります。タイヤの空気圧異常、偏摩耗、そしてアライメントのずれが原因ですので、速やかな対策が必要です。 タイヤはまっすぐなのにハンドルがずれる クルマをまっすぐ走らせている時、ハンドルもまっすぐになっているのが正常な状態。まっすぐ走らせているにも関わらずハンドルが傾いたまま、という状態は、アライメントがずれている証拠です。このまま走らせていると、タイヤの片減りを起こしたり操縦安定性が損なわれたり、といった不具合が遠からず発生するはず。速やかにアライメント調整を行うようにしましょう。 タイヤ交換時のアライメント調整を強く推奨中 クルマのアライメントは、装着された4つのホイールが微妙な角度を維持することで成り立っています。サスペンション交換はもちろんのこと、タイヤ交換にともない車高等が微妙に変化し、アライメントの値にも影響します。 クラフトではサスペンション交換時には必ずアライメント調整をセットでご案内している他、タイヤ交換を行うお客様に対しても、アライメント調整を積極的にご案内しています。 またクラフトでは、ホイールアライメントを構成する3つの要素(トー角、キャンバー角、キャスター角)を瞬時に計測できる3Dアライメントテスター「HUNTER HawkEye」を全店舗に導入しています。ホイールアライメント調整のご予約も承っていますので、お近くのクラフト店舗までお電話でお問い合わせください。 クラフト・ホイールアライメント調整

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/01/21
    「実車計測」で“完璧ツライチ”を狙う!/足回りドレスアップ・ハイレベル編

    実車計測とは? そのクルマに合ったホイールサイズを見つける為の「採寸作業」のこと。分かりやすいいイメージで例えるなら、オーダーメイドスーツの採寸のようなものです。 紳士服屋さんにいくと、スーツはサイズ別に販売されていいますが、こだわる方の場合、ご自身の体形にピッタリ合ったオーダーメイドのスーツを購入される方もいらっしゃるはず。 クラフトが行っている実車計測もオーダースーツと同様、オーナー様の愛車を計測し、ピッタリ合った仕上がりを実現させるためのものなのです。   なぜ実車計測が必要? それは1台1台の車両それぞれに個体差があるためです。具体的には、ホイールやタイヤの選択によって、タイヤとホイールのクリアランスは異なります。ローダウン等のチューニングの内容によっても変化するでしょう。 車の状態がいま、どのようになっているかを計測することはとても重要で、計測した数値がチューニングの基本となります。 ちなみに実車計測の方法は、いたってアナログ的。車のボディ上から糸を垂らし、フェンダーアーチとホイール外側までのクリアランスを定規で測定します。これにより装着できるホイールサイズの限界値を見つける事ができます。この値を踏まえれば、オーナーのイメージにもっとも近いサイズを探し出すことができるようになります。   ツライチは車検適合&ディーラー入庫が大前提 足回りドレスアップ時の車検適合は当然として、最近では、車を購入したディーラーへの入庫を考慮したドレスアップをご希望されるオーナー様も増えてきました。これは、新車購入時にメンテナンスパックが付いている事が多く、ディーラーへの入庫回数が増えた事が理由の1つだと考えられます。 車検適合やディーラー入庫を考慮する上でのポイントは、「ホイールの30~50度の範囲を確認する」という点です。 ホイール中心から上に基準線を引いたとして、車両前方に30度、車両後方に50度の線を引きます。このV字の範囲において、タイヤがフェンダー内にしっかり収まっていなければなりません。 「見た目はフェンダー内にタイヤがしっかり収まっているように見えるのに、車検で不適合になった」といったご相談を受けることもしばしばあります。 実車計測を行うことで、30~50度の範囲ではみ出ていないか、等を確認することができます。   ぜったい失敗したくない!ホイール選びの極意 ホイールはとても高価な商品です。ホイールの購入で失敗しないために、クラフトではプロショップならではの技術でお客様のドレスアップをサポートさせて頂いております。 クラフト店舗でホイールを購入いただくお客様には、実車計測を無料でご利用いただけます。せひ一度、店舗スタッフまでお気軽にご相談ください。実車計測を駆使してギリギリ仕様を求めたい方、車検適合やディーラー入庫を考慮しながらカッコ良く仕上げたい方。クラフトへのご来店をお待ちしております。   クラフトの実車計測によりツライチに仕上がったクルマの記事をピックアップしています。下記ブログ記事一覧よりご覧ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2019/12/28
    輸入車のタイヤ交換/クルマの性能はタイヤで決まる

    タイヤは路面と接する唯一の部品という意味で、自動車にとって重要なパーツです。 ・荷重を支える ・駆動を伝え、制動をかける ・路面からの入力の緩和する ・曲がる と、大きく4つの役目を担っています。 他にも、騒音、運動性能(レスポンスやコントロール性)、耐摩耗性、燃費など、車の性能に大きく影響する要素を担っています。 自動車メーカーは新車開発時に、そのクルマの性能をハイレベルに引き出すことができるタイヤ選びに多くの時間と手間をかけています。 ですのでタイヤ選びは非常に重要。 クラフトでは、お客様の車両や使い方に合った商品を選び、ご提案させていただいております。 ここでは特にクラフトでご用命の多い、ベンツ・BMW・アウディ・ポルシェ・ボルボなどのインポートカーのタイヤ交換をご紹介。 タイヤ選びのご参考にしていただければと思います。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2019/12/27
    スタッフのきまぐれアウトドアライフ

    ふだんはお客様のタイヤを黙々と交換したり、ドレスアップのプランをあれこれ考えたりと、真面目に働いているクラフトのスタッフたち。 ・・・しかし!そんな彼らも遊ぶときはトコトン遊びますよ! キャンプガチ勢にBBQマニア、釣りバカ大将に自転車好き、などなど、個性派揃いのスタッフたちの趣味の時間を随時更新中。 参考になるかどうかは正直分かりませんが(笑)、下記「おすすめの記事一覧」より、ぜひご笑覧ください!