装着事例
を探す
ピット
予約
コール
センター
店舗案内

Shop Blog

厚木店ブログ

厚木店ブログ

カテゴリ「40アルファード / ヴェルファイア」記事一覧

    • アルファード/ヴェルファイア
    • BLITZ
    • マルチピース
    • ツライチセッティング
    2024/06/21
    BLITZ車高調でめいっぱい下げた40アルファードに 「 22インチ 」 を装着っ!!

      引っ張りタイヤに仕上げるなら 9.5J がオススメ!! カスタムCarらしく35扁平でキレイに仕上げましたよぉ~✨     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   本日のご紹介はH様・40アルファードHV。   ブリッツ車高調にてしっかりローダウンを行い、大口径22インチを装着しましたよぉ~✨   それではコチラをどうぞ!!     ご購入いただいたホイールは 「 エイムゲイン GTM CV 22インチ 」   組合わせたタイヤはスタイリッシュに仕上げる事が出来る 35扁平 をチョイス!!   その35扁平をキレイな引っ張り仕様に組み上げる為にリム幅は 9.5J をご準備。   ホイールインセットは前後同一サイズ。   ですが 「 リアだけ引っ込む。。」 なんて事にならない様にしっかり計算しながらオーダーしていますよっ 👍     40アルファード・ヴェルファイアは先代モデルに比べてボディーに厚みが増した印象。   なので、本日も大口径22インチを装着しておりますがそこまで大きいサイズを履いている様には見えませんよね!?   そして、カスタムCarらしいスタイルに仕上げる為にはタイヤの厚み選びも重要となってきます!!   30系の時には 「 245/35-21 」 と言うサイズが人気でもあり定番サイズにもなっていましたよね!?   その人気の理由は35扁平と言うタイヤの厚みがとてもスタイリッシュに見えてくれたからではないでしょうか。。。     では、40アルファード・ヴェルファイアに21インチを履かせる場合のタイヤサイズはいくつになるのでしょうか??   答えは 「 245/40-21 」 となります。   30系の時には35扁平だった21インチ、40系の場合はなぜ40扁平となってしまうのでしょうか。。。 👀   その理由は純正装着タイヤのサイズが変わったからです!!   簡単に言うと、30系より40系の方が純正装着タイヤの厚みが分厚いのです。   ホイール交換(インチアップ)の基本ですが、タイヤ外径は純正サイズに近づけると言うのが一般的。   なぜならスピードメーターの設定も純正タイヤの外径に合わせてあるからです。   っと言う事は純正装着タイヤのタイヤ外径を無視したタイヤサイズを装着すると、スピードメーターの誤差が大きくなってしまうと言う事。   そんな理由から40アルファード・ヴェルファイアの21インチは40扁平を使うのが一般的となっている訳です!!   ちょっと難しい説明になってしまいましたかね。。。汗     続いては車高の変化を見てみましょう 👀   上記の画像はご入庫時のノーマル車高となります。   街中でも良く見かけるスタイルですよね。。。   そして次の画像がローダウン&ホイール交換を行ったアルファードとなります!!     タイヤとフェンダーのクリアランスも少なくなり、カスタムCarらしいスタイルに仕上がっていますよねっ♡♡   リアは調整幅いっぱいまで下げていますがこれでも地上高はしっかりクリア出来ていますよっ 👍   フロントはリアのローダウン量に合わせながらバランス良く仕上がる様にセッティングを行っています 🔧🔧   この 「 タイヤとフェンダーのクリアランス 」 をキレイに調整する事で仕上がり時の完成度も高くなるんですよぉ~♬♬   ですが、この微調整は ダウンスプリング では叶いません。。。   より高い完成度を目指したいオーナー様は 車高調 を選択する事をオススメしますよっ!!     本日装着したアイテムは エイムゲイン GTM をブラッシュアップしたモデル!!   以前より人気のあったシャープなY字スポークにコンケイブを追加した事で、より迫力ある仕上がりを実現出来るようになりました。   この仕上がりを見たオーナー様からも 「 理想の仕上がり 」 とのお言葉を頂戴する事が出来ましたよっ✨   40アルファード・ヴェルファイアオーナー様、車高調&お好みのホイールでカッコ良い愛車に仕上げてみませんか!?   愛車のカスタムはクラフト厚木店までぜひご相談下さいね!!   県内にお住いの皆様はもちろん、静岡県・山梨県・長野県・東京都・千葉県・埼玉県・茨城県・群馬県・栃木県 にお住いの皆様もぜひご相談下さいね~♬♬   当店へのアクセスは 圏央道 が便利ですよっ 👀     H様、この度はご利用誠にありがとうございました!!   前回に続き、今回の愛車もバッチリ仕上がりましたねっ 👍   入荷に時間が掛かってしまいましたがこの仕上がりなら待った甲斐がありましたよね。   それでは楽しいCarライフをお送り下さいね、またのご利用よろしくお願いしま~す☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    • ローダウン系
    • 車高調
    • BLITZ
    • RAYS
    • ツライチセッティング
    2024/06/19
    40系アルファードにHOMURA 2x9Plus 21インチを装着!!

      40系アルファード・ヴェルファイアオーナー様からご依頼の多い21インチ。 1ピースホイールの場合、インチ以上に大きく見えてなかなかの迫力に仕上がりますねっ✨     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   本日のご紹介はS様・40アルファードHV。   以前、30アルファードを所有していた時にも当店をご利用いただいておりましたが、この度40アルファードに乗り換えたと言う事でまたまたカスタムのご依頼をいただきました!!   ■ 仕上げのアライメント調整を行っている一幕。     30アルファードに比べて40アルファードはノーマル車高でも若干ローダウンをしているような車高に見えるおクルマ。   そうは言ってもやっぱりノーマル車高。。。   以前にもローダウンを行っていたオーナー様なら車高を下げたいと思ってしまう腰高なスタイルですよね??     上の画像はご入庫時のノーマル車高。   若干下がっている様にも見えますが、やっぱりタイヤとフェンダーのクリアランスが広く見えてしまいます。。。 👀   そこで、ホイール交換を行うと同時にローダウンも行いましたよぉ~♬♬     本日のローダウンに使用したアイテムは 「 ブリッツ車高調 」 となります。   お手軽にローダウンを楽しむ事が出来る 「 ダウンサス 」 と言うアイテムも存在しますが、トータルバランスを考えるとやはり車高調を選択したくなってしまいますよね!?   車高調の良い所、それは車高の高さを自由に調整出来るところにあります 👍   今回も前後のバランスを考えながら車高をセッティングしましたよぉ~♬♬     そして赤丸部を回す事で乗り味の調整も出来るんですよっ 👍   この乗り味の調整機能の事を 減衰力調整 とも呼んでいます。   ブリッツ車高調は減衰力調整機能が32段階で設定されています。   その減衰力の調整は上記画像のダイヤルを回す事で簡単に出来ます 👍   ダイヤルを回して1段づつ調整する訳ですが、初めは中央(ハードとソフトの中間)で乗り始めるのが良いかも知れませんね。   ちなみに、40アルファード・ヴェルファイア用に限ってはメーカー推奨値がありますのでひとまずはその数値で乗ってみるの事をオススメしま~す♬♬     購入いただいたアイテムは 「 RAYS HOMURA 2x9 Plus 」 21インチ。   カラーはグレイスシルバー(HIK)をチョイス。   40アルファード・ヴェルファイアオーナー様からご相談をいただくサイズでは、現状21インチが人気第1位!!   続いて20インチや22インチとなっております。     本日装着の HOMURA 2x9 Plus も21インチ。   しかしながら以前の愛車30アルファードの時には20インチを装着されていました。   その理由は使用用途を考えての事!!   趣味の1つでもある 釣り に出掛ける際に不便にならないインチを選ぶ必要があるのです。     そんな事情がある中で今回は21インチと言う大口径サイズを選びましたが大丈夫なのでしょうか??   もちろん見た目では20インチより迫力がある21インチの方が良いに決まっていますよね。   ですが、インチが大きくなる事でよりタイヤが薄くなってしまうのではないか。。。 そんな疑問が生まれますよね!?   実は40アルファードの場合、その心配は不要なのです!!     その理由は純正装着タイヤのサイズが変更されたからです!!   30アルファードに比べ40アルファードの方がひとまわり大きなタイヤに変更されたんですよね。   30アルファードの純正18インチは 235/50-18、40アルファードの純正18インチは 225/60-18。   扁平率が50から60へと変更されているんです 👀   それにより同じ21インチでも40アルファードの方がタイヤの厚みをかせぐ事が出来ます。   そんな理由から乗り易さを優先してもカッコ良く仕上がる21インチを履く事が出来たと言う訳です 👍     ホイールサイズが大きくなる事で、スポークデザインもより足長となりスタイリッシュな見た目へと進化します。   ホムラ 2x9 Plus の様にナットホール付近が落とし込まれているホイールの場合、その落差もより大きくなります。   人気のコンケイブホイールに関しても同じ事が言えますかね。   要は同じホイールでもインチが変わる事で見た目も変わるって事です!!   当然と言えば当然ですが、なかなかイメージしにくい部分でもありますよね。   店頭ではホイールを愛車の横に並べてインチごとのイメージをチェックする事も可能!!   貴方の愛車は何インチをお考えですか!?   愛車のカスタムはクラフト厚木店までぜひご相談くださ~い♬♬     S様、この度はご利用誠にありがとうございました!!   前回のアルファードに続きまたのご利用に感謝ですっ✨   前回より1インチアップとなりましたがいかがでしょうか!?   見た目の迫力の割には意外と乗り易いのではないでしょうか 👀   車高の微調整など、仕様変更もお気軽にご相談下さいね!!   それではまたのご利用よろしくお願いしま~す☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    • RAYS
    2024/05/04
    40アルファード・ヴェルファイア用 ホムラ2x9R 21インチ在庫有ります!!

      GW中でも装着可能!! 即日取付けが可能なRAYSの新作ホイールのご紹介ですっ♬♬     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   本日は 「 即日取付けが可能 」 な新作ホイールのご紹介ですっ✨   ■ RAYS HOMURA 2x9R 21インチ   HOMURA 2x9と言えば、歴史の長いモデル。   今までにもマイナーチェンジを繰り返しブラッシュアップを繰り返してきたモデルとなります。   実は、HOMURAシリーズは2x9から始まったって事をご存じでしょうか??     サイズは 「 9.0J-21 インセット+38 」 となります。   装着時のサイズ感は下記の通りです。   ノーマル車輛:めっちゃギリギリ。汗 ローダウン車:ツライチ仕様の完成。   そんなイメージですよっ♬♬   要は、チューナーサイズと言ったところでしょうかね ✌     そしてRAYSさん得意の マシニング も施されています 👍   カラーはグロッシーブラック(BNJ) となり、キレイなツヤ有のブラックとなっていま~す✨   ディスクデザインもなかなかのコンケイブ具合なので、車輛に装着すると映えると思いますよぉ~♬♬     タイヤはお手頃なニットー NT555G2をご用意しております!!   その他の銘柄やサイズもお受け出来ますのでぜひご相談下さいねっ♬♬   それでは皆様からのご相談お待ちしておりま~す☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    • ローダウン系
    • 車高調
    • BLITZ
    • マルチピース
    • WEDS
    • ツライチセッティング
    2024/04/21
    40ヴェルファイアの22インチ仕様。 完成編!!

      大口径22インチがそれ程大きく見えない!? 👀 40ヴェルファイアのボディーサイズには22インチもお似合いですっ♬♬     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   昨日に続き、本日はK様・40ヴェルファイアの完成編ブログとなりま~す✨   昨日のブログではローダウン時の注意点をご紹介しましたが、その辺を考慮しながら仕上げていきましたよ!!   それでも迫力 大 の40ヴェルファイアが完成しました。   それではコチラをどうぞ 👀     ご購入いただいたのは 「 クレンツェ・ウィーバル 22インチ 」   クレンツェシリーズにはリバースリム仕様の22インチもラインアップされており、迫力の仕上がりを実現出来ます 👍   ですが、22インチと聞くとかなりの大口径サイズに感じますが。。。   こうして装着している姿を見るとそれ程大きく見えなかったりしますよね 👀   むしろ、ちょうど良くない??って感じもします。笑     30アルファード・ヴェルファイアの時代では21インチがちょうど良く感じていました。   その理由はボディーサイズとのバランス感、そしてタイヤの厚みがスタイリッシュに見えていたからです!!   それでは40系に21インチを装着すると小さく見えてしまうのでしょうか??   その答えですが、個人的にはそうは感じていません!!     21インチでもホイールのサイズ感はちょうど良いと言ったイメージ。   ですが、1つだけ言うとすれば 「 タイヤの厚み 」 ではないでしょうか。。。   30系から40系に進化した際、色々と変わった部分がありましたよね。   例えばナットホールが5穴 PCD120に変わったり、太いホイールが履きにくくなった事もあげられます。   ですがカスタムをするにあたって気になる部分は上記の項目以上に タイヤサイズ にあると思っています。     40系に進化した際、タイヤサイズがひと回り大きくなった事をご存じでしょうか??   サイズと言ってもインチが大きくなった訳ではなく、タイヤの外径が大きくなったのです。   わかりやすくと言うと、30系に比べタイヤの厚みが増したと言えば伝わりますかね 👀   ホイールを交換しスタイルアップを目指す際、インチアップを行いタイヤを薄くする事でスタイリッシュに見せていきますよね!?   やはりカスタムをする際、タイヤは薄い方がカッコ良く見えてくれる訳です。。。   そのタイヤの見え方までを考えると22インチと言う選択肢が出てくる訳です!!     ご入庫時のノーマル状態とカスタム後の画像を並べてみました。   いかがでしょう。。。 22インチがしっくりきませんか??   やはりタイヤが35扁平と言う事でよりスタイリッシュに見えてくれるからかも知れませんね。👀   ですが、乗り味も気にしながらカスタムを行いたい。。。そんなオーナー様もいらっしゃいますよね!?   そんなオーナー様にご対応できるよう、21インチ40扁平でもスタイリッシュに仕上げる方法を現在模索中。。。   40アルファード・ヴェルファイアのカスタムはクラフト厚木店までぜひご相談下さいね!!     本日ご準備させていただいたホイールのリム幅は8.5J。   今回の仕上がりのイメージはちょうど良いツライチ仕様!!   なので、タイヤは引っ張らずにナチュラル仕上げ。   それでも35扁平と言う事でとってもスタイリッシュに仕上がっているんですよねっ♬♬   そして気になる出ヅラはこんな感じ 👀     引っ込まず、出過ぎず。。。そんなちょうど良い仕上がりですよねっ♬♬   完成後にボディーから糸を垂らしてチェックしてみましたが問題ナシ 👍   とってもスタイリッシュな1台に仕上がりましたよぉ~✨   皆様の愛車もクラフト厚木店でカッコ良く仕上げてみませんか??   それではご相談お待ちしておりま~す♬♬     K様、この度はご利用誠にありがとうございました!!   納車間もない新車の香りがする愛車でしたが、一気にカッコ良く変身しましたねっ✨   そしてとってもスタイリッシュな1台へと仕上がり、ボクも満足しちゃいましたよ!!笑   それでは楽しいCarライフをお送り下さいね、またのご利用お待ちしておりま~す☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    • 車高調
    • BLITZ
    • カスタム提案
    2024/04/20
    40ヴェルファイアの「22インチ仕様」もイイネ 👍

      純正ホイールの大口径化が進む今日この頃。 そうなるとカスタムホイールのサイズ感も重要になりますよね 👀     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   本日のご紹介はK様・40ヴェルファイア。   車高調でローダウンを行い、大口径ホイールを装着しちゃいま~す♬♬     ここ最近ご相談が増えている40ヴェルファイア・アルファードですが、車高を下げるうえで注意点もあるんですよね。   本日は、カスタムのご案内の前にローダウンを行う際の注意事項をご紹介させていただきます!!   本当は、完成した姿をどうぞ。。。っといきたい所なんですが、ヴェルファイアはちょっと注意が必要なのでお知らせしておきます。     まずはマフラー部、マフラー部に関してはアルファードもヴェルファイアも条件は同じ。   赤丸部分が最も低い位置となりますが、30系アルファード・ヴェルファイアに比べて元から低い。汗   更にはマフラーの形状も丸ではなく、楕円になっているんです よね。。。   これは地上高対策なのでは?? っと思ってしまいますね。 👀   ちなみに、30系の時は60mm位下げてもまだ地上高10cmは確保出来ていました。   ですが、40系は50mm程下げると地上高10cmを下回ってしまう可能性があります。   車高調のスペック表を見てみると、メーカーさんによっては50mm以上下げる事が出来るモデルも存在しています。   なので、調整幅があるからと言って目一杯まで下げると何かと不便が起きるでしょうね。。。汗   車輛をチェックしていて感じる事は、地上高(マフラー部)について多少の対策は出来そうです。   なので 「 出来るだけ低くしたいと思っている。。」 そんなオーナー様はぜひクラフト厚木店・佐藤までご相談下さいね ✋     そして、フロント側にも注意点があるんですよね 👀   それがフォグランプの高さ!!   保安基準ではフォグランプの高さは地上25cmを下回る位置にあってはならない事になっています。   40アルファードのフォグランプの位置はけっこう高い所にあるのでそれ程気にする必要はありません。   ですが、40ヴェルファイアは意外にも低い位置に装着されています。   こちらも50mm程車高を下げると地上高がOUTになってしまう可能性がありますのでローダウン時には注意が必要です!!     いかがでしょう!?   カスタム系うんちくとなってしまいましたが参考になりましたでしょうか??   次のブログではカッコ良く仕上がった40ヴェルファイアをご紹介しますので楽しみにしていて下さいね!!   それではよろしくお願いしま~す☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    • ローダウン系
    • 車高調
    • TEIN
    • マルチピース
    • WEDS
    • ツライチセッティング
    2024/04/19
    40アルファードにリム深21インチを装着!! 煌びやかなクロームメッキがポイントです✨

      出ヅラに拘るとリムも深くなる。。。それがマルチピースホイールの良いところ 👍 TEIN RX1 も同時装着でカッコ良く仕上がりましたよぉ~♬♬     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   本日のご紹介はS様・40アルファード。   昨年に比べると納車されるオーナー様も増えているのか、ご来店・ご相談が多いおクルマですっ♬♬     もちろん、お預かりの際はノーマル状態。   冬が終わり、スタッドレスタイヤが役目を終えた事でカスタムに着手する事になった訳です!!   そうは言っても、パーツは冬のうちにオーダーいただき事前に準備を進めていたんですよね。   その理由は 「 ホイールの納期 」 にあります。   なぜ納期が気になるのかはまた後程記載しますね。     そしてコチラが完成後の画像となりま~す✨   車高もキレイに下がり、ホイールとボディーの一体感が出ていますよねっ 👍   装着した車高調は TEIN RX1。   ローダウン量は 前後-30mm程 にセッティングしております🔧🔧     装着しているホイールは 「 クレンツェ・フェルゼン 21インチ 」   カラーはハイパークロームとなります。   クレンツェの21インチには 「 リバースリム 」 の21インチが設定されています。   その効果もあり、21インチ本来の迫力を楽しむ事が出来ますっ✨     30系でも21インチは流行していましたが、40系は更にボディーが大きくなった??事で、 21インチがベターな選択となるかも知れません。   更にはタイヤサイズも30系から変更され一回り大きなタイヤに変わったんですよね。   それにより、21インチでも40扁平と言うタイヤの厚みを保てる様になった訳です。   30系の40扁平と言えば20インチでしたが、40系の40扁平は21インチ。     この位のタイヤの厚みがあればそれ程神経質な運転をする必要もないでしょう。   逆に、インチアップをして 「 タイヤを薄く見せたい 」 っとお考えのオーナー様は21インチ以上がオススメ!!   20インチですと45扁平となりまだまだ厚みが残ります。   ですが、快適性を重視したカスタムスタイルをお求めの場合は20インチもGood 👍     ちなみに、ノーマルリム・ステップリム とリバースリム の違い、皆様はご存じでしょうか??   簡単に言うと、ディスクサイズの違いとなります!!   もう少し踏み込んだ話をすると、ノーマルリム・ステップリムに使われるディスクは20インチと共用品。   リバースリムに使われるディスクは21インチ専用品。   この違いでディスクの大きさが変わるんですよね 👀   本当はもう少し細かく説明した方が分かり易いと思うんですが。。。   担当佐藤が納得いくまでお伝えしようとすると皆様の頭が混乱しちゃうと思うのでこの辺までにしておきます。笑   もっと知りたい、そんな皆様は店頭にてご質問くださいね!!     そして最後に納期の話をしておきましょう。   40系・アルファード・ヴェルファイアからナットホールの仕様に変更が入りました。   5穴と言う点では同じですが、その穴の間隔が少し特殊なサイズに変更されてしまったんです。   その影響で40アルファード・ヴェルファイアに対応するホイール(マルチピースホイール)の部材が少なく、バックオーダーとなる事が多い訳です。   そうなると納期が2~3ヵ月程かかる事も多く、皆様にお待ちいただかなければならなくなってしまいます。   そんな訳で春に向け冬のうちから準備を進めていたという訳です 👍   これから愛車のカスタムをお考えの皆様は時間にゆとりを持って動き出すと良いかも知れませんよっ 👀   ツライチサイズや車高調取付け、そして今回の様に車高の微調整を含めたトータルセッティングもお任せ下さいね~✨     S様、この度はご利用誠にありがとうございました!!   車高調でのローダウンは愛車がキレイにまとまりますよねっ♬♬   そして出ヅラやリムの深さもGood 👍   カッコ良くキマった愛車で楽しくドライブして下さいね~🚙   それではまたのご利用よろしくお願いしま~す☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    • BLITZ
    • マルチピース
    • WORK
    • カスタム提案
    • ツライチセッティング
    • 実車計測
    2024/03/11
    22インチ仕様の 40アルファード がついに完成っ!!

      「 前後ディープコンケイブ × 迫力の22インチ仕様 」 で完成っ✨ ステップリムだから 9.5J でもキレイな引っ張り仕様となっていま~す♬♬     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   昨日に続きW様・40アルファードのご紹介となりま~す♬♬   昨日のブログでは完成まで辿り着けなかったので、本日は画像多めで行きますよぉ~✨     ご購入いただいたホイールは 「 WORK GNOSIS CVF 22インチ 」   BIGなボディーに見合ったBIGなホイール。   僕自身、40アルファード・ヴェルファイアに22インチを装着するのは今回が初!!   ですが、昨年に新型40系が発表された時のボディー形状を見て思ったんですよね、30系より大きくなったであろうこのボディーには 22インチ が似合うのではないかと。。。     こうして見てもバランスが良いと思いませんか!?   個人的に気に入っている部分は。。。35扁平と言うスタイリッシュに見える薄めのタイヤですっ♬♬   更には 9.5J と言う太めのリム幅をご用意した事でやや引っ張り気味に組上がってくれていますっ♡♡   ちなみに、このタイヤの厚みは30アルファード・ヴェルファイアの21インチ仕様でも使っていた扁平率。   なので、21インチと同等の感覚で運転していただく事が出来ますよっ 👍   以前に30アルファード・ヴェルファイアで21インチを履かせていた。。。 そんなオーナー様、22インチはいかがでしょうか?? 👀     お次は横からの画像です!!   いかがでしょう、このローフォルムっ✨   昨日のご紹介時にも地上高のお話をしましたが、この状態でも 地上高(10cm) はしっかりクリア出来ております 👍   何ならもう少しだけ下げる事が出来ましたからね。。。   ちなみに、装着しているローダウンアイテムは ブリッツ車高調 です!!     皆様も気になっているであろうホイールカラーですが、標準設定にはないカラー。   セミオーダーカラーと呼ばれるオプショナルカラーで 「 アッシュドチタン2(AHG2) 」 となります!!   1本8,800円(税込)の追加料金が発生しますが個性を出したいオーナー様にはオススメですよっ 👍   今回オーナー様がオプショナルカラーを選択した理由は ボディーカラー に近いカラーで仕上げたかったから。   付属のセンターキャップも同色に塗ってもらう事が出来るのもGoodですよねっ♬♬     グノーシス CVF はコンケイブが魅力のホイール。   そして、リム幅やインセットもお好みでオーダー出来るカスタムホイール。   実車にてしっかり計算を行えばスペーサーを使わずにツライチ仕様にも仕上げる事が可能 👍     設定されているフェイスは2種類となり、落ち着いた雰囲気のミドルコンケイブと高低差のある迫力のディープコンケイブとなります!!   迫力あるディープコンケイブに憧れるオーナー様も多いと思いますが、全ての車種でディープコンケイブが履ける訳ではないんですよね。。。汗   ちなみに、40アルファード・ヴェルファイアなら普通に履けるのかが気になる所ですよね??   その答えは。。。     「 ある程度のチューニングで装着出来る 」 っと言った所でしょうかね。   もちろんノーマル車高では装着する事は出来ません。   更にはローダウンスプリングでもまだ厳しい状況。。。   なので、ディープコンケイブを装着したいとお考えのオーナー様はぜひ 車高調 をチョイスして下さいね ✋     更に言えば、車高調の銘柄にも拘った方がイイですよ!!   そうしないと太めのリム幅は装着出来なくなってしまいますからね。。。汗   世の中の情報で、40系はインナークリアランスが少ないクルマと言う情報が出回っているかと思います。   ですが、その情報はホントですよ!!   車高調&ホイールサイズと相性が悪い物どうしの場合、このホイールサイズでも干渉するの?? なんて事にもなりかねません。。。汗     本日ご紹介のアルファードですが、オーナー様のお好み的に 「 周りの40アルファード・ヴェルファイアより一歩先を行くスタイルに仕上げたい 」 とのイメージをお持ちでした。   ですが、ご来店いただいた当初は20インチでいいかな。。。 そんな事もおっしゃっていたんです!!   ですが、過去にも愛車をイジってきた経験もあるオーナー様、どうせやるならカッコ良く仕上げるか。。って話になった訳です 👍   W様、その考えはやっぱり正しかったですよね。。だって、この見た目ですからっ♡♡     車高調でローダウンを行い、35扁平で仕上げる。。。   これから納車が進むにつれ、カスタムしているクルマが増えるであろう40アルファード・ヴェルファイア。   今のうちから大口径ホイールを選択しておくのも良いと思いませんか!?   よしっ、オレのクルマもやってみよっかな。。。 そう思ったオーナー様はぜひクラフト厚木店・佐藤までご相談下さいね~♬♬     W様、この度はご利用誠にありがとうございました!!   車高調の装着から始まり、ついにホイール交換までが完了しましたねっ♬♬   大口径22インチのツライチ仕様と言う事でかなりの大迫力、街中でもきっと目立つと思いますよぉ~✨   それではまたのご利用お待ちしておりま~す☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    • マルチピース
    • WORK
    • カスタム提案
    • ツライチセッティング
    2024/03/10
    40系 アルファード・ヴェルファイア に 「 35扁平 」 ってどうなの!?

      ついに現る!? 40アルファードの 35扁平。 これは流行ちゃうかも知れませんね。。。♡♡     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   春のカスタムシーズン真っ只中、皆様のお陰で毎日がカスタムざんまい。。。   とっても忙しい毎日にうれしい悲鳴をあげているワタクシ佐藤でございます。笑   そして、日々いそいそと過ごしていながらも 「 皆様からお預かりする愛車をいかにカッコ良く仕上げるか 」 そんな課題を日々考えながら過ごしている訳です。   本日はその答えが見え始めてきたおクルマをご紹介いたします。   それがこちら 👀     今が旬の 40アルファード となりま~す♬♬   本日のご紹介はW様・40アルファードHV。   見ての通り、ローダウンスタイルとなっているおクルマ!!   先日、当店にて ブリッツ車高調 を装着させていただいた40アルファードですが、だいぶ低く見えますよねっ♬♬   もちろん、この車高でも地上高はしっかりクリアしているんですよぉ~ 👍   そんなW様の愛車に装着するホイールがコチラ!!   ■ WORK GNOSIS CVF 22インチ(ディープコンケイブ)   ディスクカラーはセミオーダーカラー アッシュドチタン2 にて仕上げてあります。   そんなオプションカラーもさる事ながら 「 22インチ 」 と言うサイズ感に驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか!?   またまた新しい時代が訪れたような気がしてなりません。。。   思い返せば、30アルファード・ヴェルファイアが発売されたばかりの頃もそうだったんですよね。   20系 アルファード・ヴェルファイア は20インチが主流の時代でした。   そして30系が発売された当初も20インチでのオーダーが多かった中、もしかして21インチを履いたらカッコ良いんじゃない?? って考え始めたんですよね。   そんな流れで皆様とどんなサイズが良い?? って話をしているうちにあれよあれよと21インチが流行っていった訳です。     ちなみに、ホイールを交換する理由って何でしょうかね!?   恐らく、ほとんどのオーナー様はご自身の愛車をカッコ良く仕上げたいと思うから交換を考える訳ですよね。   ですが、そのカッコ良いの基準となる部分ってどこでしょうか 👀   やはりイチバンとなるのはホイールのデザインですよねっ♬♬   不思議なもので、ご自身がカッコ良いと思ったホイールを装着する事で愛車が数倍カッコ良く見えるようになります!!笑   さらにつっこんだ話をすると 「 タイヤの厚み 」 と言うのもスタイルの変化には重要な項目!!   上の画像を再度見ていただきたいんですが、純正タイヤってかなり厚みがあり、だぶっとした印象に見えますよね?? 👀   そこを薄くしてあげる事でよりスタイリッシュに仕上がってくれる訳です!!     そしてコチラが今回装着するタイヤ!!   どうでしょう、純正タイヤの半分位の厚みになったでしょうか。。。   そのお陰でだいぶスマートに見えるようになりましたよねっ♬♬   表題にも記載しましたが、タイヤの厚みは 「 35扁平 」 となります!!   30アルファード・ヴェルファイアでも大人気だった21インチと同じ扁平率なんですよぉ~ 👍     ですが、40アルファード・ヴェルファイアに30アルファード・ヴェルファイアと同じ21インチ(35扁平)を履かせる訳にはいきません!!   その理由は 「 タイヤ外径が小さくなってしまう 」 からです。   インチアップを行う事で LI(ロードインデックス) が低下するのは致し方ない部分ですが、タイヤ外径はしっかり計算をすれば揃える事が出来ます。   ちなみに、30系の純正装着18インチと40系の純正装着18インチではタイヤ外径が 35mm も違うんですっ 👀   そうです、3.5cm です!!   けっこう違いますよね。。だから30系に履かせていたのと同じ21インチ(35扁平)を履かせる訳にはいかないんですよね。。。   担当佐藤的にカスタムを進めていく中であえてタイヤ外径を小さくする事は決して反対ではありません。   それに見合った車高やホイールサイズなどセッティングが決まればカッコ良く仕上げられますからねっ 👍   ですが 40系 アルファード・ヴェルファイア は地上高にそれ程ゆとりがないおクルマ。。。     本日ご紹介の40アルファードHVの車高はこんな感じ!!   40アルファードHVの地上高でイチバン低い部分はマフラーの後方部、ちょうどリアタイヤ辺りの部分でしょうか。   40系の最低地上高ですが、30系と同じく 10cm 必要な車輛。   現状では最低地上高は12cm弱と言ったところなのでまだ少しゆとりがありますかね 👀   その辺を考えると、30アルファード・ヴェルファイアに装着していた21インチ(35扁平)を装着すると地上高がOUTになってしまいそうですよね。。。     そんな理由から 「 22インチでの35扁平 」 をご用意する事になった訳です!!   今日はいくつかのチェックポイントをお伝えして参りましたが、カスタムって色々と考えなくてはいけない事があって大変ですよね。。。 汗   ですが、幸運にもワタクシ佐藤はそんな難題を楽しみながら考える事が出来る希少な人種なんです。笑   もし皆様が店頭にお越しいただいた時にワタクシ佐藤がボケちゃってたらきっと頭がパンクしている時だと思います。。。笑   その際は優しく声を掛けてあげて下さいね、 きっとすぐに復活しますのでっ ⤴ ⤴   冗談ばかり言っているうちにだいぶ長くなってきましたね。   そんな訳で、完成編はまた次のブログでご紹介させていただきますねっ ✋   それではお楽しみに~☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    • 車高調
    • HKS
    2024/02/27
    ☆☆ 車高調情報 ☆☆ 40アルファード・ヴェルファイア用 HKS車高調もイイぞ!!

      HKSより 「 40アルファード・ヴェルファイア用 」 車高調 ハイパーマックス S がついに登場!! そして。。。色々とイイぞ 👍     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   本日は話題の新型車 「 40アルファード・ヴェルファイア用 」 の車高調情報となりま~す✨   上の画像を見ても分かるかと思いますが、HKS車高調ですっ 👍     コチラがHKSさんのデモカー 40アルファード。   メーカーさんのデモカーだと一目で分かる外観 👀   以前から発表時期を追いかけていた訳ですが。。。 営業さんとの話の中で、完成したら厚木店に乗ってきてくれる事になっていたので前々から楽しみにしていたんですよねっ♬♬   そしてついに登場っ✨   現状、車高は高めにセットしてありますが。。。   まだまだ全然下げる事が出来ますっ♡♡   せっかくメーカーさんがクルマを乗ってきてくれたので、仕事をサボってドライブに。。。笑     いつもの市街地ルートでいくつかのチェック項目を確認しながらの走行でしたが。。。   なかなかイイ!! 個人的には好きな硬さですねっ✨   まずは、純正のぐにゃぐにゃ感は完全に消えていましたね。   現在のノーマル足廻りが心地良く感じているオーナー様には少しカタイ乗り味かも知れません。   ですが、ノーマルの足廻りは柔らかすぎると感じているオーナー様にはきっと気に入っていただけるしっかり感だと思いますよっ 👍   市街地走行にて感じたのは、しっかりした乗り心地ではありますが、イヤな硬さ・突き上げと言った感覚ではないんですよね。   上下に揺れるような路面では足廻りがしなやかに動き、それでいて早めに揺れを抑えてくれると言ったイメージ。   この感覚、おそらく高速道路を走ったらめっちゃ気持ちが良いかもですね。。。     試走のお話はこの位にしておいて。。。   次なるチェックは内部です!!   内部と言っても車高調をバラす訳ではありません。笑   車高調の形状などをチェックするんですよぉ~ 👀     リフトアップを行い各部をチェック。   形状なんてどこのメーカーも同じでしょ。。。そう思ったアナタ、実はメーカーごとに違うんですよ。   そして、40アルファード・ヴェルファイアはインナークリアランスがけっこう狭くなったおクルマ!!   なので、インチアップをする際のホイールサイズ選びに注意が必要なんです。   そんな所まで考えると車高調の形状はとっても重要なんですよぉ~ 👀   ワタクシ佐藤が気にしていた部分をよぉ~く見てみると、思っていた以上に良い作り 👍   これならあんな事やこんな事まで可能になるかも知れません。。。   ワタクシ佐藤が作りたいのは〇〇〇⇐こんな仕様です!!(頭の中での妄想なので3文字では語れません。笑)   あぁ~めっちゃカッコ良く仕上がるだろな。。。     そんなこんなで色々とチェックをしていたら。。。   だいぶ暗くなってきちゃいました、HKSさんスミマセン!!   試乗に細部のチェックまでさせていただきありがとうございましたっ♬♬   乗り味もGoodですし、インチアップアイテムを装着するにも相性が良さそうでした。   きっと皆様からのオーダーもどしどし入るのではないでしょうか!? 👀   40アルファード・ヴェルファイアオーナー様、愛車の足元に HKS ハイパーマックス S はいかがでしょうか!?   それでは皆様からのご相談お待ちしておりま~す☆☆

    • イベント・キャンペーン情報
    2024/02/24
    デモカーも到着で更にボリュームアップ✨

      本日からは乗れるデモカー 「 40アルファード 」 も参加しますっ!! 皆様のご来店お待ちしておりま~す♬♬     皆様おはようございます!!   昨日からスタートした 「 クラフトカスタムフェア2024 」   あいにくの天候となりましたが、それでも多くの皆様にお越しいただけました事に感謝の気持ちでいっぱいです!!     そして本日は青空が広がり気持ちの良いイベント日和となっていますっ♬♬   そして、今日・明日の目玉はデモカーも参加するって事 👍   ■ ブリッツデモカー 40アルファード(DAMPER ZZR装着)   ■ TEINデモカー 40アルファード(TEIN RX1装着)     どちらのデモカーも 「 同乗試乗 」 が可能!!   実際に乗って乗り味を体験出来ますよっ✨   愛車のカスタムを検討中の皆様は車高調の乗り味をぜひ体感してみてくださいねっ♬♬   デモカーに乗れる 「 同乗試乗会 」 は 2月24日(土)・25日(日)の2日間となりますのでお間違えの無いようご注意願います。   それでは皆様の沢山のご来店お待ちしておりま~す☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    • BLITZ
    • マルチピース
    • WEDS
    2024/02/10
    「 40ヴェルファイア × クレンツェ・ジルドーン 」 高級3ピースホイールでツライチ仕上げ✨

      車高調でしっかり下げると仕上がりも変わる!! キャンバー角の変化も考慮したサイズで仕上げましたよぉ~♬♬     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   昨日に続き、40ヴェルファイアの登場ですっ 👍   今が旬の 「 40系 アルファード・ヴェルファイア 」 ですが、皆様からの日々のご相談で色々なデータが揃いつつある今日この頃。。。   その分、ワタクシ佐藤の頭の中ではデータを整理するのに大忙し。笑   思い返せば30アルファード・ヴェルファイアが登場した時もこんな感じだった様な気もします。   さて、本日はN様・40ヴェルファイアの完成編となりま~す✨     ご購入いただいたホイールは 「 クレンツェ・ジルドーン 20インチ 」   純正装着ホイールは17インチとなっておりましたので3インチアップになりますね。   タイヤサイズは 245/45-20 となりますので乗り心地を意識した快適仕様となります。   ちなみに、40アルファード・ヴェルファイアのインチアップサイズとしてはこのタイヤサイズが標準サイズとなってきます。     今回のホイールサイズ選びは ディーラーさんへの入庫を意識しながらの選択。   メンテナンスパックもあったりと今後もディーラーさんへ愛車を持ち込む事も多くなるからです!!   ですが、その中でもいかにカッコ良く仕上げるか、そこに注力する事が重要!!   本日ご紹介のヴェルファイアはTEIN車高調にてローダウンを行いましたので、ノーマル車高の状態より装着出来るホイールサイズにゆとりが出ます。     関連ブログ 当店PITで適合チェック!? TEIN RX1 装着の様子。     そんな車輛だからこそ一般的なホイールサイズではなく、リム幅やインセットを吟味しましたよっ 👍   カスタムに慣れていない方は 「 ローダウンをすると、どうしてホイールサイズにゆとりが出るの?」 そんな疑問が生まれるかも知れませんね。   それは キャンバー角 と言うタイヤの向きに変化が生まれるから。   ここではその詳細は省かせていただきますが、そのタイヤの向きが変化する事で装着出来るホイールサイズに違いが出る訳です。     横から見た全体画像です。   ご入庫時のノーマル車高と比べるとだいぶイメージが変わりましたよねっ✨   ちなみに、ローダウン量は前後ともに-40mm程。   これでも最低地上高(10cm)はしっかりクリア出来ています 👍     タイヤとフェンダーのクリランスで言うと、指1本少々と言った所。   車高調の調整幅と言う意味ではあと20mm程は下げられそうでしたよ!!   「 俺はもっと下げたいぜっ!! 」 そんなオーナー様からのご相談もお待ちしておりま~す。笑     ここで40アルファード・ヴェルファイアで分かってきた事をご紹介させていただきます。   まず、ローダウンを行った際のキャンバー角の変化がやや少ない事。 足廻りの構造は30系とそれ程変わりませんが、40系の方がキャンバー角の変化が少ない事が分りました。   その理由ですが、恐らく下げられる幅が30系より少ない事が原因ではないかと思っています。   30系は地上高ギリギリを狙うとなった時、60mm位は下げられたハズ。   そして、インナー側がとっても 狭い 事も分かってきました。 要は太いホイールが履きにくくなったと言う事。。。   この辺は今後も色々とデータを取っていきますので続報をお待ち下さいね!!     気になる出ヅラはこんな感じです!!   ホイールのリム幅は8.5Jにてご用意。   ディーラーさんへの入庫を考慮しながらも出来るだけ出ヅラに拘りましたよぉ~♬♬   なかなかの出ヅラだと思いませんか??     念の為、装着後に4輪とも糸を垂らしてチェックをしましたが、問題無し 👍   これならディーラーさんにも安心してご入庫出来るでしょう。   新型車40アルファード・ヴェルファイアですが、日々の皆様からのご相談でデータも揃ってきております。   今回の様に 「 安全マージンを残したカスタム 」 や 「 ギリギリを狙ったカスタム 」 などクラフト厚木店までぜひご相談下さいね!!     N様、この度はご利用誠にありがとうございました!!   車高調にインチアップアイテムと愛車が大きくイメージチェンジしましたねっ✨   その後、乗り味や駐車場などでご不便は感じていませんか??   仕様変更などご希望がありましたらお声掛け下さいね、それではまたのご利用よろしくお願いしま~す☆☆  

    • アルファード/ヴェルファイア
    • TEIN
    2024/02/09
    TAHA45W ヴェルファイア 2.4TB 4WD に TEIN RX1 を装着!! 適合未確認アイテムですが。。。

      適合表にはまだ載っていませんが。。。 メーカーさんからの 「 OK 」 ももらえたので安心ですねっ 👍     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   本日は40ヴェルファイアの車高調取付けのご紹介となりま~す✨     納車されたばかりのピッカピカのN様・40ヴェルファイア。   ちなみに、納車の日を含めて今日で2回目の運転だそうです。。。   走行距離も 「 いかにも新車です。。」 と言わんばかりの低走行距離、って言うか、ほとんど乗っていないに等しいおクルマ。   本日はコチラのヴェルファイアに車高調を装着し、ホイール交換も行いま~す✨     トップ画像にもTEINの営業さんが登場しているのでお分かりだと思いますが、本日はTEIN車高調を装着します!!   装着するモデルは 「 RX1 」 と言うTEIN車高調の中でも上位モデル。   H.B.S(ハイドロバンプストッパー)と言う機能が搭載されており、40ヴェルファイアの様な重量級のおクルマにはおススメの車高調となっております。     関連ブログ TEIN RX1 の乗り心地は?? デモカー40アルファードで乗り心地をチェックしましたよっ 👍     TEIN営業さんが帯同したり、見慣れない機材が設置されたりと、本日は普段の車高調取付とはちょっと違った雰囲気ですよね。。。   その理由は新型車だけにまだ適合OKが出ていない車輛(型式・グレード等)だからです!!   そこでメーカー営業さんにご協力いただき当店で取付けを行いながら適合確認を取ってもらう事になった訳です。   ちなみに、本日のヴェルファイアは 2400cc TB 4WD、型式で言うと 「 TAHA45W 」 となります。   メーカーさんの適合表を見ても、まだ開発中って表示されますよね!? 👀     そんな事から取付時には高さを計測する機材を使って各所の寸法を測りながら進めて行きました。   メーカーさんも所々で色々な部分の数値を計測しながら進めてくれていましたのできっと大変だったハズ!!   それでもイヤな顔をせずに進めてくれた事でに感謝ですっ✨   今回は車輛データを取る事がとっても重要だったので、車高はメーカーさんの指定する高さでのお取付け。     その値での取付けにて地上高をチェックしたり、走行チェック、減衰力が柔すぎないかのチェックなども行いましたよぉ~👍   そしてメーカーさんより無事 「 適合OK 」 をもらう事が出来ました~ 👏 👏 👏   ちなみに、車高の高さですが。。。この後は自由にイジってもらって良いとの事!!   そんな訳でこの後、オーナー様ご希望の高さに調整しカッコ良く仕上げさせていただきましたよぉ~♬♬   完成後の画像は次のブログでご紹介いたしますね、それではお楽しみに~☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    • BLITZ
    • カスタム提案
    • 実車計測
    2024/02/06
    40アルファードカスタム計画。。。続編ですっ✨

      車高調でローダウンしたら、デッカいホイールを入れるべし!! さて、インチは何インチがお似合いでしょうか。。。     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   昨日に続き 「 40アルファードのカスタム 」 がお題となります。   まだまだ40アルファード・ヴェルファイアのカスタムネタが少ない今日この頃。   先日の東京オートサロンでも各ブースには40アルファード・ヴェルファイアが多く展示されていましたよねっ✨   2024年はそんな40アルファード・ヴェルファイアのカスタムで賑わう事でしょう♡♡     さて、昨日も登場したW様・40アルファード。   ブリッツ車高調を装着し40mm程のローダウンを行いました。   やっぱり下げるとカッコいい♡♡ ← これ、昨日も言ってましたね。笑   W様からは車高調の他にホイール交換のご依頼もいただいております!!   オーダーいただいているのはオーダーインセットが可能な2ピースホイール。   っと言う事でお決まりの アレ を行います!!     そう、実車計測です!!   実車計測 とはどの位のサイズが履けるかを調べる作業。   言い方を変えると、ツライチサイズ を見付ける作業ですっ👍   ツライチとは、ホイールがフェンダーギリギリの所まで出てきている状態の事。   ギリギリと言う事は車検やディーラーさんへの入庫がNGとなる可能性があると言う事!!     ちなみに、現状のルールだとホイール中央から見た扇形の範囲(30~50度)が収まっている事が求められます。   もう1度確認ですが 「 ツライチ = ギリギリ 」 となります。   なので各メーカーさんから発売されている1ピースホイールの場合、なかなかツライチには仕上がってくれません。   そこで世の中には 「 スペーサーやワイドトレッドスペーサー 」 と言うパーツが存在しているのです。   ですが、数あるホイールの中には 「 オーダーインセットが可能な2ピースホイール 」 と言う物があるんですっ♬♬   オーダーインセットとはホイールの出ヅラを左右する インセット を1mm単位で自由にオーダー出来るシステムの事。   なので実車計測を行う事でオーナー様のお好みの出ヅラに仕上げる事が出来るんですっ✨   ギリギリだけど突出はしていない。。。そんな嬉しいサイズも作る事が出来ますよっ 👍   ■ WORK グノーシス CVF 21インチ(リバースリム)     本日ご紹介のW様・40アルファードに装着予定のホイールは上記のアイテム。   今年の新作で5H-PCD120の新基準もクリアしているホイールとなりますっ 👍   更には。。。     この迫力のコンケイブフェイスっ♡♡   コチラは先日メーカーの営業さんがお披露目に来てくれた時の1ショット。   ディープコンケイブをチョイスするとこの迫力のデザインを装着する事が出来ますっ 👍   サイズ設定は21インチはもちろん22インチの設定もありますよぉ~✨   40アルファード・ヴェルファイアオーナー様、22インチなんていかがでしょうか!?     参考に、22インチと21インチのタイヤ画像を用意してみました。   画像左が22、右が21です。   サイズは 「 245/35-22 」 と 「 245/40-21 」 となります。   銘柄によっても多少は変わると思いますが、21はタイヤがややふっくらした様に見えますかね!?   ちなみに、30アルファード・ヴェルファイアに大人気だった21インチも 35扁平 だったんですよね 👀   まだまだ始まったばかりの40アルファード・ヴェルファイアのカスタム、これからどんなインチが流行するんでしょうかね。。。     いったんホイールの話から離れて車高のお話に戻りましょうかね。   現状のローダウン量は-40mm程。   フロントはまだまだ下げ幅にゆとりがありますが、リアはほぼ全下げの状態。   ちなみに、この状態でも地上高はしっかりクリア出来ていますよっ👍   装着時に測った所、あと10mm程は下げられそうな状況。     それでもこのローフォルム。   ここまで下がっていれば十分かも知れませんね 👍     そして、このローダウン量がオーナー様と事前に打ち合わせをしていた車高。   そのハズでしたが、色々とお話をしているうちにオーナー様のカスタム魂に火がついてしまった様子。。。 🔥   ホイールが入荷するまでの間に更なる進化がありそうですよっ♡♡   ワタクシ佐藤も楽しみでなりません。。。   皆様のアルファード・ヴェルファイアはどんな仕様に仕上げて行きますか??   ご相談お待ちしておりま~す✨     W様、この度はご利用誠にありがとうございました!!   まずは車高調の装着でしたが、だいぶ印象が変わりましたよねっ✨   そしてW様の熱~いカスタム魂が垣間見れた1日でしたねっ♬♬   あとはホイールの入荷を待つばかり。。。   完成するのが今から楽しみですね、今後ともよろしくお願いしま~す☆☆  

    • アルファード/ヴェルファイア
    • ローダウン系
    • 車高調
    • BLITZ
    • 実車計測
    2024/02/05
    やっぱり40アルファードは 「 下げる 」 とカッコ良い 👍

      40アルファードをブリッツ車高調でローダウン!! どの位の下げ幅が良いのか。。。思い切ってやっちゃいましょうかね??笑     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   本日のご紹介はW様・40アルファードHV。   当店でもカスタムのご相談が本格的に増えて来た新型車ですねっ✨   W様からは 「 ローダウン&インチアップ 」 のご相談をいただいておりますが、本日はローダウン作業から行います🔧🔧   装着するのはコチラ!!     ■ BLITZ DAMPER ZZR 品番 92645   今なら、ワタクシ佐藤がもれなくついてくるブリッツ車高調。笑   コチラの車高調を選んだ理由は今後のホイール交換をうまく進めて行く為。   うまく進めるとは果たしてどう言う事なのか。。。   それは後々分かってきますので答え合わせはそれまでお待ちくださいね 👀     コチラの画像が車高調1台分が揃った画像。   フロントのショックアブソーバーは30アルファードとほとんど同じ形状ですね。   ですが、リアのショックアブソーバーの形状が少し違うんですよ 👀   全体的に見るとそれ程大きくは違いませんが共通性はありませんのでご注意下さいね!!     フロントの減衰力調整はショックアブソーバー頂上にあるダイヤルを回して行います。   ボンネットを開けて手を伸ばすと届く位置にこのダイヤルがあります。   続いてリア。     リアもショックの頂上付近のダイヤルを回して行います。   赤い丸で囲ってある部分がそのダイヤルですね 👀   このダイヤルの位置や回し方は30アルファードの時と同じです。   違うのはリアのショックアブソーバーの頂上、ボルトで固定する穴の形状が変わったんですよね。   ちなみに、30アルファード用は穴1つ、40アルファード用は穴2つとなります。   なのでほとんど同じ様な形状をしていますが共通性はありません。。。     さて、車高調の交換が終わり仕上げのアライメント調整ですっ🔧🔧   通常であればあと少しで作業も終了となる所ですが、まだまだこれから重要なチェックが残っているんですよっ 👀   ちなみに、どれ位下がったのかが気になりますよね??   それではノーマル時との比較をしてみましょう。     上の画像は入庫時のノーマル車高です。   20系から30系に進化した時にも感じたボディーのボリュームアップ感。   やはり40系に進化した際にもボリュームアップをしていますね。   フェンダー周りの形状、そして全長も長くなっているでしょう 👀   純正装着タイヤは 225/60-18 と言うサイズですが、タイヤが小さく見えてしまうのはボクだけでしょうか??     そしてコチラがローダウン後の画像です!!   やっぱり下がってるとカッコいいですよねっ♡♡   ちなみにローダウン量は前後-40mm 程。   このローダウン量だとタイヤとフェンダーの隙間が指1本程に仕上がってくれます。   車高調と言う事で、前後の隙間が同じ位になる様にセッティングを行いました 👍   キレイなバランス感ですよね!?     そして、写真を撮りながら思ったのが。。。全長が長いっ!!   30系に比べてもクルマが長~くなっていると思います、何せリフトに入庫した際にけっこういっぱいいっぱいになっていましたからね 👀   タイヤ外径も少し大きくなりましたが、何よりクルマが長くなった事に驚きましたよぉ~   そうなると、交換するホイールも大口径化していかないとバランスが整わないのかも知れません。   まだまだ書きたい事があるのですが、ちょっと長~くなってきてしまったので続きは次回にしましょうかね。笑   次回はローダウンを行った上での最低地上高や気になるインチアップ情報などもご紹介して行きたいと思います。   ホイールサイズも色々と考えたんですよぉ~♬♬   それでは次回のブログも楽しみにお待ち下さいね、よろしくお願いしま~す☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    2024/02/03
    新情報!! これで安心、40アルファード・ヴェルファイアのホイール規格について。

      ようやくモヤモヤが晴れましたよっ!! 40アルファード・ヴェルファイアのホイール交換はクラフト厚木店までご相談下さい。     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   今回のブログでは今話題の 「 40アルファード・ヴェルファイア 」 のホイール交換についての情報をお知らせいたします。   以前より噂があった ホイールの規格(耐荷重) が変更されるのでは!?と言う話。。。ついに決着です!!   とは言え、重量が重たくなっていたのは1部のグレードでした。   それが 「 ハイブリッド・4WD・エグゼクティブラウンジ 」 が組み合わさった車輛です。   それ以外の車輌は従来とそれ程変わらなかったんですよね。。。   ■ 2024年NEWモデル クレンツェ・ヴェルサム 新基準対応   ■ 2024年NEWモデル レオンハルト・ヘリテイジライン・バイファルグランデ 新基準対応     皆様も知っての通り、40アルファード・ヴェルファイア用ホイールのPCDは5H-120。   この新型車の発売をきっかけに 5H-120 となっているホイールの耐荷重の見直しが検討されていたんです。   そして昨年末に新たな試験条件(耐荷重規格)が発表されました!!   それが 「 720KG 」 と言う新基準。   ちなみに、従来の基準は 690KG と言う数値となっていました。   各ホイールメーカーさんもこの基準値ギリギリでホイールを作る事は少なく、実際にはもっとゆとりを持たせた耐荷重となっていました。     なので、メーカーの営業さんからは 「 〇〇のホイールは耐荷重が高いので装着には問題ないですよ。。」 っと言った形で案内はされていたんです。   そして今回、新たな基準が設定された事で僕達スタッフも安心してホイールをご案内出来る様になったと言う訳です!!   そうなると、新しい試験条件が決まる前に製造されていたホイールはどうなるのか。。。   装着自体出来ないのか!? 装着してはいけないのか!? 装着すると破損などのトラブルに見舞われるのか!? その辺も気になりますよね。。。   ワタクシ佐藤もその辺は色々と調べましたので良かったら店頭にてご確認下さいね!!   2024年も40アルファード・ヴェルファイア向けの新作ホイールがいくつも発売されました。   ■ 2024年NEWモデル WORK ジースト STX 新基準対応   ■ 2024年NEWモデル WORK シュヴァート・ブルネン 新基準対応     ちなみに、新作ホイールはその辺の条件をクリアしているホイールがほとんど!!   なので安心してホイールを選ぶ場合はNEWアイテムからチョイスすると言うのも1つの手かも知れませんね。   ここの所ご相談が急増中の40アルファード・ヴェルファイア。   貴方の愛車もクラフト厚木店でカッコ良く仕上げてみませんか!?   それでは皆様からのご相談お待ちしておりま~す☆☆  

    • WEDS
    • ホイール紹介
    2024/01/15
    クレンツェ新作 「 ヴェルサム 」 はカッコいいぞ!!

      ウェッズ新作紹介!! 高級3ピースホイール 「 クレンツェ・ヴェルサム 」 登場っ✨     皆様こんにちは、クラフト厚木店・佐藤です!!   賑わいを見せた東京オートサロン2024も昨日で閉幕。   ブログをご覧の皆様も 「 現地に行ったよ。。 」 って方もきっといらっしゃいますよね。   ですが、現地に行けてない方のほうが多いと思いますのでクラフトブログをぜひ参考にして下さいね!!   さて、本日は ウェッズ・クレンツェ の新作をご紹介します✨   ■ クレンツェ・ヴェルサム カラー SBCポリッシュ   ■ クレンツェ・ヴェルサム カラー ミラーバレルブラッシュド   ■ クレンツェ・ヴェルサム カラー ブラック&バフ / ブラッシュド   ■ クレンツェ・ヴェルサム  カラー セピアブラックポリッシュ   現地のウェッズブースには40アルファードが展示されており、本日ご紹介の新作ヴェルサムが装着されておりました。     コチラのカラーはミラーバレルブラッシュドですねっ♬♬   シャープなデザイン、そして立体感のあるデザイン、40アルファードにとても似合っていますよねっ✨   そして何より気になっていたのがサイズ感。。。     ベッタベタの車高は置いておいて。。。笑   ホイールのインチが気になりませんか!?   40アルファードと言うボディーのサイズ感からするとこの位のホイールサイズが個人的には好みでもありますっ♡♡   フルリバースリムなのでけっこう大きく見えますよね。   やはり21インチなのでしょうか。。。   答えは 「 22インチ 」 で~す✨   22インチと言っても、タイヤの厚みは30アルファード・ヴェルファイアに履かせていた21インチと同じ厚みでOK 👍   LI(ロードインデックス)などの計算など気にしないといけない点はありますが。。。   22インチだから乗りずらくなる。。。なんて事はないと思いますよっ✨     クレンツェには ノーマルリム と リバースリム の設定があります。   分かり易く言うと 段リム かそうでないか。   どちらが大きく見えるのかと言えば 「 リバースリム 」 となります。   ちなみにデモカーが履いていたのはリバースリムの22インチ!!   だからあの迫力の仕上がりとなっているのでしょうねっ♬♬   40アルファード・ヴェルファイアのカスタム、今後どんな方向性へと進んで行くのでしょうか。。。   クレンツェ・ヴェルサムのご用命お待ちしておりま~す☆☆

    • マルチピース
    • WORK
    • ホイール紹介
    2024/01/13
    WORKさんの新作紹介 「 エルエス・バサラ 」 編。

      40アルファード・ヴェルファイアにオススメのアイテム。 高級感ある エルエス・バサラ はいかがでしょうか!?     今日はWORKさんの新作ホイールをじゃんじゃんブログへアップしておりますっ 👍   そして次なるご紹介は高級感溢れるアイテム 「 エルエス・バサラ 」 です。   コチラのホイールは高級3ピースホイールとなっており、ディスク部はなんと 鍛造(たんぞう)。   発売当初はSUVをターゲットにした6穴モデルとしてのラインアップでしたが、ここにきて5穴車にも装着出来る仕様にて登場!!   ■ エルエス・バサラ カラー ブラッシュド   ■ エルエス・バサラ カラー スーパークロームメッキ   ■ エルエス・バサラ カラー ブラックアルマイト アウターリムカラー ブラックアルマイトリム   サイズ設定は 21&22インチ。   標準カラーラインアップは4色。   「 ブラッシュド・スーパークロームメッキ・ライトグレイッシュシルバー・ブラックアルマイト 」 となります。   3ピースホイールとなりますので アウターリム/インナーリム と個別にカラー変更が出来るのも魅力。   例えば、アウターリムは標準(バフアルマイトリム)で 「 インナーリムだけブラックに変更 」 なんて事も可能 👍   もちろん上の画像の様にアウターリムを変更する事も出来ますよぉ~✨   2024年は40アルファード・ヴェルファイアのカスタム元年になるであろう年。   大口径ホイールを装着してカッコ良く仕上げたい所ですよね。   ちなみに、皆様は何インチが流行すると思いますか!?   30アルファードでも賑わった 「 20・21インチ 」 でしょうか。。。   個人的には 22インチ がバランス良く仕上がるのではないか。。。そんな事を考え始めておりますっ♡♡   ご賛同いただけそうなオーナー様、ぜひともお待ちしておりますっ♬♬   WORKホイールのご用命お待ちしておりま~す☆☆

    • マルチピース
    • WORK
    • ホイール紹介
    2024/01/13
    WORKさんの新作紹介 「 シュヴァート・ブルネン 」 編。

      2024年はメッシュデザインが豊作!? シュヴァートシリーズからエッジの効いたメッシュホイールが登場!!     どんどん更新中の新作ブログですがお楽しみいただけてますでしょうか!?   続いてのご紹介は 「 WORK シュヴァート・ブルネン 」 となりますっ✨   現在、シュヴァートシリーズには クヴェル と言うモデルでメッシュホイールが存在しています。   ですが、新作ブルネンは 「 エッジの効いたメッシュホイール 」 といった印象ではないでしょうか 👀   ■ シュヴァート・ブルネン カラー シルキーリッチシルバー   ■ シュヴァート・ブルネル カラー ブリリアントシルバーブラック   ■ シュヴァート・ブルネン カラー ブリリアントシルバーブラック リムカラーカスタム ブロンズアルマイトリム   光を受けると輝きを増す 「 シルキーリッチシルバー 」 と、質感高い濃いめのシルバーでもある 「 ブリリアントシルバーブラック 」 が標準カラーにてラインアップ。   もちろんセミオーダーカラーやリムカラーカスタムも可能!!   更にはキャンディーカラーにてオーダーする事も出来ますよぉ~✨     カラーカスタムで貴方の拘りいっぱいの愛車に仕上げてみませんか!?   カラーカスタム、リムカラーカスタムについての詳細はスタッフまでお尋ねくださいね。   それではWORKホイールのご用命お待ちしておりま~す☆☆     ※キャンディーカラーの画像は類似色となりイメージ画像となります

    • マルチピース
    • WORK
    • ホイール紹介
    2024/01/13
    WORKさんの新作紹介 「 ZEAST STX 」 編。

      ついに登場 「  ジースト STX 」 WORKさんならではのカスタムカラーもOKですよっ✨     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   昨日行って参りました 「 東京オートサロン 2024 」    朝イチバンは静けさに包まれておりましたが、あっと言う間に熱気ムンムンに。。。   そしてワタクシ佐藤、本日は足が筋肉痛となっております。 なにせ7~8時間もの間、立ちっぱなし・ 歩きっぱなしでしたからね。笑   そんな中、色々な新商品の画像をGETしてきましたので皆様にもご紹介させていただきますねっ♬♬   まずは WORKさん。     当店でもご相談の多いホイールメーカーさん。   そして、人気アイテムを多くラインアップしているメーカーさんですねっ✨   そんなWORKさんからリリースされたジーストシリーズのNEWアイテム 「 ジーストSTX 」 からご紹介して参ります!!   ■ ZEAST STX カラー ブラッシュド   ■ ZEAST STX カラー トランスグレーポリッシュ   ■ ZEAST STX カラー マットブラック   人気のジースト第4弾はコンケイブメッシュにて登場!!   ジーストと言えば 「 ST1・ST2 」 と爆発的な人気を生み出したアイテムですよね。   発売からもう5年位が経過する頃でしょうか。。。   そんな人気のジーストですが 2024年 ついにNEWモデルが登場しましたねっ♬♬     ST1・2と大きく違う点、それは 「 セミコンケイブ 」 の設定がなくなった事。   ジーストと言えばやっぱり コンケイブ が魅力的なホイール。。。   なので、セミコンケイブをあえてなくした事にはWORKさんの意気込みを感じますね。     標準カラーは 「 ブラッシュド・トランスグレーポリッシュ・マットブラック 」 の3色となります。   ですが、WORKさん得意のセミオーダーカラーやリムカラーアレンジももちろん可能!!   他とはちょっと違った特別な仕様も楽しめますよぉ~♬♬     そしてもう1つ嬉しい事があります!!   それはインセットの設定範囲が広がった事。   どう言う事かと言えば、今まで装着出来なかった車輛にも装着出来る可能性が広がったと言う事ですねっ 👍   ちなみに設定サイズは 「 19・20・21インチ 」 となっております。   今話題の 40アルファード・ヴェルファイア にも装着出来ますよぉ~✨   2024年も始まったばかりですが、愛車のカスタムはぜひクラフト厚木店までご相談下さいね。   WORKホイールのご用命お待ちしておりま~す☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    • BBS
    2023/12/24
    40ヴェルファイアに 「 BBS LM 」 20インチを装着っ✨

      ローダウンを行った40ヴェルファイアのホイール交換。 40系もカスタムが盛んになってきましたねっ♬♬   いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   本日のご紹介はT様・40ヴェルファイア。   寒さが増す12月。。。   ですが、40アルファード・ヴェルファイアのカスタムは熱を帯びてきましたねっ✨     先日、ローダウン作業をご依頼いただきましたT様・ヴェルファイア。   本日はホイール交換のご紹介ですっ✨   まだまだこうして社外ホイールを装着している40系の画像は新鮮ですよねっ ♡♡     本日装着のアイテムは 「 BBS LM 20インチ 」   赤が大好きなオーナー様なのでセンターキャップもREDオーナメントを装着!!   そして、装着のナットもアクセントとして赤が入っておりますっ 👍   ちなみに、ナットの銘柄は KYO-EI レーシングコンポジットR40アイコニックス(アルミキャップ付き)   40系はホイールのPCDも変わりましたが、ナットも変わってしまったので要注意なんですよ!!     ナットは何が変わったのか??   ホイールに関してはPCDが 5H 120 へと変更された事で有名ですよね。   ナットに関してはM12仕様からM14仕様へと変更されたんです!!   M12とかM14と言うのはハブボルトの太さの事ですね。   要は30系に比べ40系の方がハブボルトの径が太くなったと言う訳です。   太さが違えばそりゃ使いまわしは利きませんよね。。。     カッコ良いっ♡♡   やっぱり、ローダウンスタイルにインチアップホイールのコンビネーションは最強ですねっ 👍   昨日のブログでもご紹介させていただきましたが 「 TEIN 車高調 」 も絶賛販売中 ⤴ ⤴   現在設定されている車輛は 「 アルファード AGH40W 」「 アルファードHV&ヴェルファイアHV AAHH45W 」 となっています。   ちなみに、昨日在庫状況をチェックした際には在庫アリとゆとりがありそうでしたが。。。   本日チェックをしてみると 「 在庫少なめ 」 となっていましたよ。。。   気になっている皆様、お早めにご相談下さいね!!     ここで BBS LM について気になる情報をお伝えします!!   現状のラインアップでは 「 40アルファード・ヴェルファイア専用サイズ 」 と言うのはラインアップされていません。   しかしながら、メーカーさんの話では近日中に新情報の発表があるらしいですよ。。。👀   これは楽しみでなりませんねっ✨   その件は分かり次第追ってご紹介いたしますねっ♬♬     装着したタイヤは 「 DUNLOP SP SPORT MAXX 060+ 」   サイズは 245/45-20 となり、純正装着装着タイヤの外径に準じたサイズとなります。   DUNLOPのラインアップで考えると静粛性に特化したタイヤと言えば ビューロ VE304 があります。   ですが、LI(ロードインデックス)を見ると若干耐荷重が減ってしまう事から060+をチョイス。   そうは言っても、ビューロ VE304を装着しても車重はしっかり支えられますけどね!!   重要なのはエア管理。   LI(ロードインデックス)からエア圧・車重をしっかり計算すればそれ程心配はいらないと思いますよっ 👀   40アルファード・ヴェルファイアのカスタムはクラフト厚木店・佐藤までぜひご相談くださ~い✨     T様、この度はご利用誠にありがとうございました!!   お気に入りのホイールと拘りの赤がうまく融合しましたねっ♬♬   車庫の件はとっても残念でしたが、新たに登場するモデルでまたやりましょうね!!   それではまたのご利用よろしくお願いしま~す☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    • 車高調
    • TEIN
    2023/12/23
    乗ってきました。。。40アルファード用 「 TEIN車高調 」 の乗り心地は??

      TEINさんのデモカーで快適ドライブっ♬♬ ワタクシ佐藤なりに路面ごとにチェックしましたよぉ~ 👀     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   先日からご紹介しております40アルファード用 「 TEIN車高調 」   本日はワタクシ佐藤が試乗させてもらった感想をお伝えしようと思います。   その前に。。。     クルマの仕様についても少~し触れておきますね。   装着している車高調は 「 TEIN RX1 」   H.B.S(ハイドロバンプストッパー)と言う機能が搭載されている上位モデル!!   そして気になるローダウン量は-30~40mmと言ったところ。     ノーマル車高ではタイヤとフェンダーのクリアランスが指4本程。   コチラのデモカーは指2本程に仕上がっていましたよっ♬♬   そして装着しているホイールは 「 エンケイ RS05RR 20インチ 」   ホイールサイズは 20×8.5J インセット+35 となっているそうです。     気になる出ヅラはこんな感じ!!   40アルファード・ヴェルファイアのホイールサイズですが、ノーマル車高の場合は 「 8.5J インセット+40~45 」 位がちょうど良い所でしょうかね。   それよりインセットの数値が少なくなるとボディーからの突出が気になるサイズとなりますかね。   そんな中、デモカーに装着されているインセットは +35 。   そんなサイズですが上記の様にキレイに装着出来ていますよね!!   これが ローダウン効果 と言うものなんですよね 👀     ですが、当店にご相談いただく皆様はもっと出ヅラに拘りたい。。。   そう思いの方も多くいらっしゃる事でしょう。笑   そんな皆様、TEIN車高調でローダウンを行えば 9.0J はいけますよ!!   先日の実験では 「 9.5J 」 も履けそうでしたよっ♡♡   それでは 「 10.0J 」 仕様はどうでしょうか。。。   これはまだ情報収集・実験中です!! 汗     さて、話がそれてしまいましたが、デモカーを試乗させていただいた時の様子をご紹介させていただきますね。     この様にまずはお店から出発。   ワタクシ佐藤的に、いくつかのシチュエーションでの乗り味をチェックしたいと考えておりました。   市街地(幹線道路)・コーナーリング・上下に揺れる路面・ドスンっと沈む路面。   そんなシチュエーション別に感想をお伝えして参ります。     まずは当店の目の前にある国道246号線から。   周りのクルマに合わせて走っているとそこそこスピードが出る大通りですね。   主に直線なのでごく普通と言った所。笑   ちなみに、減衰力は中央となり、一番硬い所より8クリック緩めた所。     ですが、こう言う大通りは路面があまり良くない所もあるんですよね。   上の画像では路面が割れているのが分かるかと思います。   実は、硬い足廻りの場合こんな小さな路面の変化でも衝撃を拾う事があるんです。   なので、走った感覚がいたって普通と言うのも実は良い事だったりするんですよっ 👍     続いてはコチラの道路。   そこそこスピードが出る道で 「 上り坂→下り坂 」 と言う道。   要は、スピードにのったまま坂の頂上を通過すると言ったシチュエーション。   この位の場所でもH.B.Sが作動するのかが気になっていたんですが、こう言う路面ではショックアブソーバーがナチュラルに動いてくれる印象でしたね。   減衰力が中央位でもフワフワした感覚ではなくある程度しっかりしている乗り味。   なので、柔らかめの乗り味が好きなオーナー様はもう少し軟らかめにセッティングしても良いかもですね。     続いてはコーナーリング。   実はこの道を往復しちゃったんですよね。笑   40アルファードと言う重たいクルマなのでコーナーリング時のロールがどんなものなのか。。。 とっても気になっていたんですよね 👀   その1 まず、このまま左折するパターン。 その2 逆に左側から坂を下って右折するパターン。   その1は速度も低く、ロールする程のコーナーリングではありませんでした。   車高調の効果を感じたのはその2のパターンでしたね!!   この道は右折矢印(信号)が出る交差点なのと、下り坂と言う事で速度が出たまま右折する事もあるんです。   今回のチェック時もロールするであろう速度での右折となりましたが。。。   車高調がしっかり踏ん張ってくれて曲がりやすかったんですよねっ 👍   減衰力が中央で案外乗りやすい硬さである事を考えるとなかなか良い味付けですよねっ♬♬     そして最後はココ!!   下り坂の途中で路面に側溝がありそのまま通過するとドスンっと沈む路面。   画面の中央に赤い丸で囲ってある部分なので分かりますよね??     違う角度で写真を撮ってみました。   社外の足廻りを装着すると、こう言う路面での衝撃がいちばん心配だったりしますよね!? 👀   ちなみに、こう言う場所を通過した時に 「 H.B.S 」 が作動するんですよぉ~   そして、それなりの速度で通過した感想は 「 ドスンっと沈んだあとの揺れがスムーズに収束する 」 と言ったイメージ。   もちろん、路面が路面だけにそれなりの衝撃は感じましたが、ココでの衝撃は仕方ないでしょう。   ですが、ある程度乗り味重視の減衰力設定でありながら揺れが早めに収まるのはやはり H.B.S の恩恵なんだと思います 👀   通常の車高調の場合は、乗り味を軟らかくしたくて減衰力をソフトにするとフワフワと揺れやすい乗り味となります。   逆に、そのフワフワを解消しようと思い、減衰力を硬くすると常に硬い乗り味となってしまいます。   TEIN RX1 はそのどちらのお好みにも対応してくれる車高調と言う事ですね!!   今回の試乗ではTEINさんに感謝ですっ✨   そしてこの試走ブログを作るにあたって大変だったのが、試乗後に路面の写真撮影に出掛けた事。。。   さすがにアルファードで走っている時には撮影できませんからねぇ。笑     さて、ワタクシ佐藤の試乗体験レポートはいかがでしたでしょうか??   皆様の車高調選びの参考になれば嬉しく思います。   現状、新型40アルファード・ヴェルファイアでのラインアップは全ての型式には対応しきれてはおりません。   本日ご紹介の車高調は下記の車輛に適合します。   「 アルファード AGH40W 」 「 アルファードHV&ヴェルファイアHV AAHH45W 」   現状、メーカー在庫有りとなっていますので気になったオーナー様はぜひご相談下さいね!!   それでは皆様からのご相談お待ちしておりま~す☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    • 車高調
    • TEIN
    2023/12/21
    40アルファード用 「 TEIN 車高調 」 続報ですっ✨

      実車がやってきたっ♡♡ TEINさんからリリースされた40アルファード用車高調のご紹介です!!     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   先日、当店のブログでもご紹介させていただいた40アルファード用の 「 TEIN 車高調 」   その時は画像もメーカーさんのインスタグラムからお借りした物でしたよね。。。   ですが、本日はTEINさんのデモカー(実車)をご紹介いたしま~す✨     前回のブログ作成の後に、メーカー営業さんに詳細を聞く事が出来たんですよね。   そしてダメもとで 「 ぜひ実車を見させてください。。」 ってお願いしちゃったんです。笑   そりゃそうですよね、気になりますから。。。   皆様もTEIN車高調の続報を楽しみにしていただいてましたよね??     そんな訳で皆様にも写真をおすそ分けいたしますねっ♬♬   装着していた車高調は 「 TEIN RX1 」 となります!!   もしかすると RX1 と言う名前は聞きなれ慣れないかも知れませんかね。。。   分かりやすく言うと、以前に発売されていた フレックス A の後継モデル!!   TEINさんの車高調では上位モデルとなり、H.B.S と言う機能が搭載されています。     この機能はなかなかの優れモノ!!   簡単に説明すると乗り心地に貢献してくれる機能となります。   TEIN RX1には減衰力調整機能が備わっています。   そして、ミニバンと言う事で乗り心地を気にされるオーナー様が多いですよね!?   そこで減衰力を軟らかめに設定する事も多いかと思います。   ですが、乗り心地を優先して減衰力を軟らかめに設定すると、上下に揺れたあとの収まりが良くないんですよね。。。   何と言いましょうか、揺れがなかなか収まらないと言えば良いでしょうか。   そんな時に効果を発揮するのが 「 H.B.S 」 と言う機能なんです!!     実は、ワタクシ佐藤、TEINさんのデモカーを試乗させてもらっちゃいました♡♡   なので、次回のブログでは試乗での感想を皆様にお伝えいたしますねっ♬♬   直線にコーナーリング、そしてドスンっと沈む路面など色々と試してみましたよぉ~ 👀   もっと画像が欲しい。。。そんな方も多いでしょうか!?   次回のブログでは試乗での感想、そしてクルマの仕様についても触れて行きますね!!   それではお楽しみに~☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    • スタッドレス特集
    2023/12/19
    40アルファード 18インチスタッドレスセットを装着。

      40アルファードの冬支度もお任せ下さい!! スキー場への道中も安心なスタッドレスタイヤをチョイス。     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   本日のご紹介はS様・40アルファードHV。   これからのウィンターシーズンに向けて スタッドレスタイヤ をご購入いただきましたよぉ~✨     コチラは純正タイヤ・ホイールです 👀   純正装着サイズは18インチとなっております。   今回はインチダウンやインチアップは行わずに、18インチにて準備を進めました!!     これからお取付けするホイールを並べた1ショット 📷✨   40系からPCDが120へと変更された事で、20・30系と共通していたホイール達も完全に別物を使わなくてはいけません。   更にはナットも変更されたんですよね。。。   20・30系までは M12 と言う一般的なサイズが使われていましたが、40系は M14 と一回り大きなサイズへと変更されました。   M12とかM14と言われるのはハブボルトの太さの事。   それに合わせてナットも太い物を使用しなければいけなくなったと言う事ですね 👀   ■ MID レフィナーダ モーション3     M14用のナットともなると、1台分用意するにそれなりの費用を要します。   そんな時に便利なのが 「 純正のナットが使える 」 ホイールです!!   本日装着のホイールもそんなホイールなのです。   コチラのホイールは純正ナットが使用可能なモデルで、ハブ径もトヨタ車用に作られています。   なので純正平座ナットを装着する際の作業性もGood 👍   40アルファード・ヴェルファイアに対応するホイールはまだまだ少ないかも知れませんが、この様に良いアイテムもリリースされていますよぉ~♬♬     そして組み合わせたスタッドレスタイヤは 「 ブリヂストン ブリザック VRX3 」   凍結路面にも優れた最強スタッドレスタイヤ。   VRX3は凍結路面での性能UPはもちろんドライ路面での耐久性も向上した事で人気が加速しましたよねっ✨   そして、昨日からかなり冷え込んできましたが、スキー場もどんどん準備が進む頃でしょうか。。。   ウィンタースポーツを楽しむ方は、お気に入りのスキー場からの発信を日々チェックしていますよね??   そんなワタクシ佐藤も毎日 天気予報 に ライブカメラ、インスタグラム などSNSでの情報チェックが日課となっております。笑   ちなみに、オーナー様のお気に入りのスキー場は 志賀高原 との事。   志賀高原とは長野県にある人気のスキー場。   標高1500~2000メートルと高い所にあるスキー場なので雪質も良く、スキー場も数えきれない程ある魅力的なスポット。   更には各スキー場が連結しておりスキー場巡りを楽しむ事も出来るんですよぉ~♬♬   そろそろシーズンIN、愛車の冬支度はクラフト厚木店までぜひご相談くださ~い✨     S様、この度はご利用誠にありがとうございました!!   これでいつシーズンINとなっても大丈夫ですねっ 👍   志賀高原のあの過酷な上り坂を無事走破出来る事を祈っておきますね。。。笑   それではまたのご利用よろしくお願いしま~す☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    • スプリング交換
    • RS-R
    2023/12/18
    40アルファード・ヴェルファイアのカスタム。。。厚木店でもついに始まりましたよっ♬♬

      ここの所、実車でのご来店が増えて来た40アルファード・ヴェルファイア。 スタッドレスにホイール交換、そしてローダウン作業もスタートですっ🔧🔧     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   本日のご紹介はT様・40ヴェルファイア(TAHA40W)のローダウン作業。   先日、TEINさんからも車高調が発売されたと言うお話をさせていただきましたが。。。   本日は ダウンスプリング でのローダウンを行います🔧🔧     装着するのは 「 RS☆R TI2000 ハーフダウン 」 ですっ✨   T様の1つ前の愛車は30アルファード。   その時のダウン量をイメージした時にコチラのローダウンスプリングが候補にあがりました。   ボクの印象では、30アルファードのノーマルフェンダークリアランスより、40ヴェルファイアのノーマルフェンダークリアランスの方が少~し狭いように感じました。     ちなみに、上の画像はご入庫時のノーマル車高。   ワタクシ佐藤がクリアランスの確認を行った所、指4本(手のひら)が入る位のクリアランスでしたね。   たしか。。。30アルファード・ヴェルファイアのノーマル車高はもう少しだけ広かった印象。   もしかすると、純正装着タイヤのサイズが一回り大きくなった事も理由の1つかも知れませんね!     そしてコチラがローダウンを行った40ヴェルファイア。   ローダウン後は指2本少々のクリアランスへと進化!!   こうして見ても適度なローダウンスタイルに見えますよねっ✨   ちなみに、本日装着のダウンスプリングは 「 RS☆R TI2000 ハーフダウン 」   ダウン量は 「 Fr:-20~25mm 」「 Rr:-15~20mm 」 となります。     フェンダークリアランス部に Zoom Up 📷   いかがでしょう、ナチュラルスタイルと言った所でしょうかねっ♬♬   適度なローダウン量のお陰で 「 もしかして新しいヴェルファイアはこれがノーマル車高??」 ってな感じに思う方もいるかもですね。笑   ちなみに、RS☆Rさんから発売中の TI2000シリーズ はもう少しダウン量が多いモデルもアリ。     本日装着のアイテムはローダウン量控えめな TI2000 ハーフダウン。   もう1つは TI2000 ダウン と言うモデル。   気になるダウン量は 「 Fr:-30~35mm 」「 Rr:-25~30mm 」 となります!!   ハーフダウンよりあと-10mm程下がると言う事ですねっ 👀   皆様、どっちがお好みでしょうか!?   それとも、車高調でいける所までいっちゃいますかね!? 笑   ■ フロントクリアランス(ノーマル) ■ フロントクリアランス(ローダウン後) ■ リアクリアランス(ノーマル) ■ リアクリアランス(ローダウン後)   当店でも40アルファード・ヴェルファイアのご来店が増え始めてきました!!   先代の30アルファード・ヴェルファイアも数多く施工させていただきましたが。。。   これからは40のカスタムで盛り上がりそうですねっ✨   皆様からのご相談お待ちしておりま~す♬♬     T様、この度はご利用誠にありがとうございました!!   納車間もないおクルマをお預かり出来て大変光栄でしたっ♡♡   そしてカッコ良く変身する姿を見る事が出来て楽しくもあり嬉しくもありましたよぉ~♬♬   例のホイール情報が分かりましたらすぐにご連絡させていただきますね!!   それではまたのご利用よろしくお願いしま~す☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    • 車高調
    • TEIN
    2023/12/15
    「 40アルファード AGH40W用 」 TEIN車高調発売開始ですっ!!

      テインさんより発売中!! 人気の新型車 「 40アルファード用 」 の車高調がリリースされましたよっ✨     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   40アルファードオーナー様、車高調はいかがでしょうか?? 👀   話題の新型車、ついにテインさんからも車高調が発売されましたよぉ~✨   上の画像はメーカーさんのインスタグラムからお借りした画像ですが。。。   装着されているのは車高調!? ダウンサス!?   ダウンサスだった場合は 「 H.TECH 」 を装着していると思いますので 前後 -25mm 程のローダウンとなっていると思います。   車高調の場合は -30~40mm 程のローダウン量をオススメしているみたいですね!!     車高調のラインアップとしては、上位モデルの 「 RX1 」 、そしてリーズナブルにローダウンスタイルを手にする事が出来る 「 フレックス Z 」 が設定されています。   重量もそれなりにあるおクルマなので、RX1がオススメでしょうか!?   RX1 にはテインさんならではの 「 H.B.S 」 が搭載されていますので、ローダウンを行う事での アレ を抑える事が出来そうですよね。   アレとは、リアのバンプタッチによる不快な入力の事。   この衝撃があるからローダウンはしたくない。。。そんなオーナー様もいらっしゃいますよね!?   とは言え、ローダウン量の設定次第でバンプタッチを発生させない方向にセッティングする事も可能。   その辺を考慮したローダウン量がメーカーさんのオススメのローダウン量って事ですよね 👍   皆様も気になっているであろう、新型車のカスタムパーツ。   ボクもメーカーさんに色々と情報を聞いてみるので、良い情報があれば随時ブログにてお知らせしますね!!   40アルファード・ヴェルファイアのローダウンはクラフト厚木店までぜひご相談下さ~い♬♬

    • アルファード/ヴェルファイア
    • RAYS
    2023/12/09
    40アルファードにベルサスヴォウジェ!!!

      納車後すぐにタイヤ・ホイールを交換!! その為には事前オーダーが重要です。。。     皆さんこんにちはクラフト厚木店のりかずです。   いつもご覧いただきありがとうございます。   今回は街中で少しずつ見かけるようになった40アルファードをご紹介いたします♪   2023年6月に発売され、はや半年が経過しましたね。。   まだまだ、納車待ちの方も多いかと思います。   しかし、納車待ちの中で決まってやることはどんなカスタムにしようか考えることではないでしょうか!   今回のY様40アルファードも納車前にご相談いただきました✨   そしてオーナー様が選んだホイールはこちら↓     【RAYS VERSUS VOUGE】になります   ちなみにこのホイール、当店に在庫がありましたので納車に間に合わせる事が出来ました。   ですが、人気のモデルともなると納期が長くかかる事もありますので事前にご相談いただく事をオススメしますよぉ~   そして、当店には40アルファード・ヴェルファイア用のホイールもいくつか在庫しておりますので気になる方はぜひご相談くださいねっ♪     今回取り付けたサイズは20inch。純正車高ならバランスがいいかも??   車高調でローダウンしたらもっとかっこよくなりそうですね😊   そして。。。 車高調でローダウンしつつ21or22inchのホイールを装着したいとお考えのオーナー様もいらっしゃいそうですよね。   今後、カスタムの流れがどの様に進んで行くのかが実に楽しみなおクルマです。     40アルファード・ヴェルファイアのご相談お待ちしております!!   あ、ちなみに今回のホイールカラーはDR(クロモイブリード)です!   あと1色RB(クロモイタリアーノ)がありますがカタログで見ると何が違うのかがわからない方も多いかと思います。     DR(クロモイブリード)の方は全体がブラッククローム、そして天面が切削されています。   もう一方のRB(クロモイタリアーノ)は全体にブラッククローム塗装されています。   なんとなく違いがわかりましたかね。。。?     Y様この度はクラフトをご利用いただき誠にありがとうございます!   新型の40アルファードが更にカッコ良く仕上がりましたねっ✨   それではまたのご利用お待ちしておりまーす😊

    • アルファード/ヴェルファイア
    • カスタム提案
    2023/10/07
    40系アルファード 純正ホイールからエグゼクティブラウンジ用ホイールへ交換ですっ✨

      いよいよ始まってきた 「 40系アルファード・ヴェルファイア 」 のご相談。 本日は色々とデータ取りも行いましたよぉ~♬♬     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   本日のご紹介はT様・40アルファード。   フルモデルチェンジを行い満を持して登場した人気車種 「 40系アルファード ・ヴェルファイア 」   一部のモデルでは 重量が増えた事で対応出来るホイールが限られる?? なんて事がわかってきましたよね。   本日ご紹介のT様・40アルファードはオプションで用意されているホイールへの交換となります。     装着するホイールは純正ホイールとなりますので、当店でご用意させていただいたのはタイヤです!!   ■ トーヨータイヤ プロクセス コンフォート2S   操縦安定性・静粛性・低燃費と、バランスの取れたプレミアムコンフォートタイヤとなります。   アルファードともなると車内の静粛性も高いのでタイヤもそれなりのタイヤを選びたい所。     オーナー様がお持ちのホイールがコチラ!!   エグゼクティブラウンジに設定されているオプション19インチホイール。   切削×黒のコンビネーションで足元を引き締めてくれるイメージでしょうかね 👀   当店でも40系アルファード・ヴェルファイアオーナー様からカスタムのご相談を多くいただいておりますが、実車にてお越しいただいたのは今回が 初!!   やっぱり、新型車を目の前にしながらの作業はウキウキしちゃいますねっ♬♬   それと。。。     オーナー様にお願いをして色々と採寸作業をさせていただきました♡♡   T様、ご協力ありがとうございます!!   クラフトでもデモカーにて色々とデータ取りを行っておりますが、30系に比べると太いホイールが履きにくくなっている印象。。。     ですが、ブレーキキャリパーに関しては突出の少ない形状となっているのでホイール選びはしやすいかも知れませんよ!!   要は 「 深いリムが狙える 」「 コンケイブが効いたモデルが履ける 」 などカッコ良いホイールを履くには良い条件となっています。   今後も色々とデータ取りを行いながらカスタムプランをイメージして参りますので、皆様の愛車もぜひお任せ下さいね!!     それと、先代と比べるとタイヤサイズも変更されています。   30系はミニバン系のタイヤサイズでしたが、40系はSUVサイズ。   なのでカスタムを進めるにあたり、タイヤサイドの膨らみが気になってくるかも知れません。   その部分をどの様にカッコ良く魅せるか。。。っと言うのが重要になりそうですねっ 👀   それでは今後の情報にもご期待下さいね!!     T様、この度はご利用誠にありがとうございました!!   お気に入りのホイールに交換出来た感想はいかがですか??   きっと楽しくドライブ出来ていますよねっ♬♬   お次はローダウンでしょうか??笑   それではまたのご利用よろしくお願いしま~す☆☆  

    • アルファード/ヴェルファイア
    2023/09/08
    40系 アルファード・ヴェルファイア用ホイールの注意点とは。。。

      40系アルファード・ヴェルファイア用ホイールも入荷中!! 5穴 PCD 120 と言う仕様の他にも注意点が。。。     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   ここの所、ご相談が増えてきた 新型40系アルファード・ヴェルファイア。   ボクの頭の中でも色々とカスタムプランが出来上がってきておりますよっ♡♡   先日、RS☆Rさんより 「 ローダウンスプリング 」 もリリースされましたよねっ♬♬   続いては車高調もリリースされる事でしょう。   やっぱり、新型車の発売にはワクワクさせられますよねっ笑     40系アルファード・ヴェルファイアと言えば、今までのホイールが流用出来なくなった事でも有名ですよね!?   なぜ流用が出来なくなったのかをご説明すると、ナットホールのサイズが変わったんです!!   専門用語で言うと PCD ってヤツですね  👀   PCDとはナットホールの間隔を表す時に使う用語。   ちなみに、30アルファードは 5穴 PCD 114.3 となっていましたが40アルファード・ヴェルファイアは 5穴 PCD 120 となります。   見た目は同じ5穴ですが、全くの別物と思って下さいね!!     そして見落としがちな取付けナット。   こちらも変更され、30アルファード・ヴェルファイア用は使えなくなってしまいました。。。汗   その理由はハブボルトの太さが変わったから!!   従来のトヨタ車はM12と言うサイズのハブボルトが多く使われていましたが、40系はM14とサイズアップしたんですよね。   なので、取付けナットやロックナットもそれに見合ったアイテムを用意する必要がありますのでご注意下さいね!!     ナットに関してはアフターマーケットでも様々なアイテムが発売されていますよね。   上記のアイテムは KYO-EI さんからリリースされているナット・ロックナットセット。   もちろんRAYSさんからもM14対応のナットやロックナットは発売されていますよぉ~✨     続いてはマックガード。 カラーナットも個性を出せて良いですが、やはりセキュリティーを考えると マックガード社製ロックナットになりますかね。   M14仕様では上の画像(メッキ)に加えブラックも設定アリ。   しかしながら、ロックキーに関しては小径タイプの設定がありませんのでナットホールの狭いホイールには装着出来ない可能性もありそうですね。     さて、本日は40系アルファード・ヴェルファイア用ホイールについての注意点をご紹介させていただきましたがいかがでしたか??   ナットの事は頭になかったわ。。。そんなオーナー様もいらっしゃったのではないでしょうか??   40系アルファード・ヴェルファイアのカスタムはクラフト厚木店・担当佐藤までぜひご相談下さいね!!   それでは皆様からの沢山のご相談お待ちしておりま~す☆☆

    • アルファード/ヴェルファイア
    • カスタム提案
    2023/06/30
    40アルファード・ヴェルファイアに装着出来るホイールサイズは??

      色々と情報が増えて来た新型アルファード・ヴェルファイア。 30系のホイールが流用出来なくなった事にはビックリでしたね。。。     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   このブログをご覧いただいている皆様の中にも40アルファード・ヴェルファイアを注文したよ。。。   きっとそんな方もいらっしゃいますよねっ♬♬   ちなみに、いつ頃納車されるんでしょうか?? 👀   担当佐藤も新型アルファード・ヴェルファイアのカスタムが出来る日を楽しみに待ってますよぉ~✨     そんな訳で、先日ちょっと時間がある時に、40系アルファード・ヴェルファイアに装着出来るであろうホイールサイズを考えてみたんです!!   冒頭でも記載しましたが、30系からのホイール流用が出来ない事が判明。   その理由はホイールPCDが違うと言う事。   今までは 「 5穴 PCD 114.3 」 であったのに対し、新型アルファード・ヴェルファイアは 「 5穴 PCD 120 」 に変わってしまったんです!!   見た目は5穴で同じに見えますが、ナットホールの間隔が違うんですよね。汗     ちなみに、純正ホイールのサイズラインアップとしては主に17&19インチとなるみたいですね。   サイズとしては17インチが6.5J、19インチが7.0Jとの事。   そして、インセットも調べてみたんですが、17・19インチともに+40。   サイズ感的には30系と同じ位なんですよね 👀   ですが、気になる事がいくつかありまして。。。     まず1つは純正ホイールがやや細い事。   30系の純正18インチは 「 7.5J-18+45 」 だったのに対し、40系の19インチは 「 7.0J-19+40 」 となっています。   何が気になるかと言うと、インナー側にゆとりがないのでは??っと言う事。   ホイールサイズ的に、外側の出ヅラは30系も40系も同じ位なんですが、インナー側に注目してみると40系より30系の方が10mm程内側に寄っているんです 👀   カスタムと言う事を考えた時に、ホイールを細くして少し外側にオフセットしたと言う事がとっても気になるんですよね。。。   要は、太いホイールが履けなくなってしまったのでは。。。 そんな風に考えてしまうのです。汗     まだまだ情報が少ないタイミングなので新型アルファード・ヴェルファイアがご来店されるまでにはもう少し調べておきますね ✋   続いての気になる点ですが。。。また次のブログで検証してみる事にしますね。   それでは、続 40アルファード・ヴェルファイアブログをお楽しみに~☆☆  

    • アルファード/ヴェルファイア
    • カスタム提案
    2023/06/21
    ついに登場っ!! 新型40アルファード・ヴェルファイア✨

      2023年6月21日(水) ついに発表されましたねっ♫♫ フルモデルチェンジした新型40系アルファード・ヴェルファイア✨     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   待ちに待った新型アルファード・ヴェルファイア✨   ついに本日発売!!     2015年1月 に30アルファード・ヴェルファイアが発売され、20系に続きカスタムが流行るだろな。。。   そう思ったのを思い出しますね、あぁ~懐かしい。   そして8年の時を経て 40系アルファード・ヴェルファイア へと進化✨   もちろん、新型40系アルファード・ヴェルファイアもカスタムが流行るのでしょうね♡♡     ですが、そんな期待を胸に抱いております担当佐藤も、まだ実物を見た事もなければどんなクルマなのかも分かりません。。。笑   今の段階ではカスタムのノウハウと言う意味では皆様と同じ!!   ですが 「 40系アルファード・ヴェルファイアが 初来店っ!!」 っとなる日に向けて色々と勉強しておきますねっ 👍   まずは、ディーラーさんへ行き、カタログでももらってきましょうかねっ♫♫   そんな訳で、新型40系アルファード・ヴェルファイアの初投稿となりました。     画像はメーカー様HPよりお借りしておりますので、皆様もHPからご覧になって見て下さいね!!   それでは40アルファード・ヴェルファイアのホイール交換や足廻り交換が出来る日を楽しみにお待ちしておりま~す☆☆

タイヤ&ホイールの高値買取・下取りも実施中!

046-225-9911 クラフト厚木店