装着事例
を探す
ピット
予約
コール
センター
店舗案内

Shop Blog

知立店ブログ

知立店ブログ

カテゴリ「ローダウン&アライメント」記事一覧

    • カローラ
    • ローダウン系
    • 車高調
    • Cusco
    2024/05/04
    【GRカローラ】のサスペンション交換をご紹介!!クスコの本格車高調“スポーツS”を装着☆☆

    知立店では初の車高調を装着!! GRカローラにクスコのスポーツSでローダウン☆☆ 走りも意識した本格スポーツサスペンションです♪   クラフト知立店 白井です 本日、ご紹介するのはGRカローラのサスペンション交換☆☆ 以前、タイヤ&ホイールを装着させていただいております!!(タイヤ&ホイール交換ブログはコチラ) カスタムにさらに磨きをかける為、サスペンション交換のご用命をいただきました   ■CUSCO SPORT S モータースポーツ最高峰モデル【CUSCO SPORT】シリーズのエントリーモデルのSPORT S 街乗りからサーキットまで対応可能なマルチプレーヤー 全長調整式・減衰24段調整機能付きのフルスペックモデル CUSCOらしいブルーのカラーリングがスポーツマインドくすぐります   ストラット式サスペンション構造の場合はラム式(倒立式)ショックアブソーバーを採用 バネ下重量の軽量化に効果があり、高剛性・放熱性にも優れます 調整式ピロアッパーマウントの採用はアライメント調整幅を広げると共に ホイールサイズの最大化を可能にします   新開発のCUSCO SPORT「Blue spring」採用 ダブルショットピーニング加工による強度アップと耐ヘタリ性能を向上 オーダー時にオプションレートスプリングへ変更可能でニーズに合わせたセッティングを実現します   ■アライメント測定・調整 サスペンション交換時には必須となる【アライメント測定・調整】 ローダウンによるアーム変化でアライメントのズレは必至 3Dアライメントテスター完備のクラフトではアライメント状態を数値化 熟練のスタッフによりアライメント適正値へ調整を行います   【ビフォー】 【アフター】 フェンダークリアランスは詰まり腰高感は解消 前後約30mm程のダウン量でしっかり目のローダウンシルエット   SUSPENTION:CUSCO SPORT S DOWN量:前後約30mmDOWN   タイヤ・ホイール交換に続きサスペンションによるローダウンで GRカローラのスパルタンさに拍車がかかります さらに組み合わせるのは本格派のサスペンションで 走りだすのが楽しみな一台に仕上がりましたね♪   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございます またのご用命がありましたらお気軽にお申し付けください   クラフト知立店はGRカローラのカスタム実績豊富 GRカローラのご相談はクラフト知立店まで☆☆  

    • カローラ
    • ローダウン系
    • スプリング交換
    • ADVAN
    2024/05/02
    ローダウン&ホイール交換で一度にカスタマイズ!!GRカローラのトータルコーディネートをご紹介☆☆

    カスタムのご用命が急増中の【TOYOTA GRカローラ】 本日のメニューはローダウン&ホイール交換 こだわりアイテムの投入でトータルカスタマイズ☆☆   クラフト知立店 白井です クラフト知立店へのご来店・ご相談が急増中の【GRカローラ】 こだわりアイテム、アドバンの鍛造モデルにダウンスプリング“GROW”を装着しました♪   ■GROW Design MASA SPECスポーツ スプリング レーシングドライバー佐々木雅弘が代表を務める本格レーシングメーカー【GROW】 スプリングメーカー“HAL Springs”とのコラボレーションによりコダワリのスプリングが実現 フロント-15mm~-20mm、リア-20mm~-25mmと控えめなローダウンで上品な見た目の仕上がり プロドライバーが開発に携わるスプリングだけあって性能は折り紙付き   ■YOKOHAMA ADVAN RACING GT BEYOND ホイールにはADVAN鍛造モデルの代名詞、5スポークの【GT BEYOND】を選択 ピュアスポーツデザインでお車の雰囲気をレーシーに仕上げます スポークにはマシニングによるロゴ刻印が施されプレミアムな意匠をプラス カラーリングはスポーティながらも上品さを兼ね備える【レーシングハイパーブラック】   ワイドなボディを有するGRカローラはワイドリム&ローインセットを実現 その為、トレンドのコンケイブシルエットが獲得しやすく 本日の装着サイズも見応え十分の“C-3”のコンケイブです   ■アライメント測定・調整 すべてのアイテムの装着が終わったら“アライメント測定・調整”へ ローダウンによるアーム変化によりアライメントのズレは必至 3Dアライメントテスター完備のクラフトではアライメント状態を数値化 熟練のスタッフが適正な値へ調整を行っていきます   【ビフォー】 【アフター】 スプリングによるローダウンで指2本ほどのフェンダークリアランス バランスの取れた車高はスポーティで上品な見た目でフィニッシュ ホイールは印象が大きく変わるモデルで雰囲気が一変しました♪   WHEEL:YOKOHAMA ADVAN RACING GT BEYOND SIZE:18インチ COLOR:マシニング&レーシングハイパーブラック SPRING:GROW Design MASA SPECスポーツ スプリング   GRカローラなら獲得できるコンケイブシルエットは満足な仕上がり 3次元の視覚効果が高まり鍛造ならではの造形美に拍車がかかります♪ スポークウェアの広がりは大きなレッドキャリパーを際立たせます   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございます 次のカスタムはマフラーでしょうか、ご用命お待ちしております   GRカローラの施工実績豊富です☆☆ GRカローラのご相談はクラフト知立店へお任せください  

    • ヤリス
    • ローダウン系
    • 車高調
    • HKS
    2024/05/01
    スポーツサスペンションの決定版【ハイパーマックスS】をGRヤリスに装着しました☆☆

    スポーツ走行を有利にする本格スポーツ派の【HKS】サスペンションを TOYOTAの本格スポーツハッチバック【GRヤリス】に装着しました!!   クラフト知立店 白井です 本日、ご紹介するのは【GRヤリス】のサスペンション交換 レースシーンでも活躍する本格メーカー【HKS】のサスペンションを装着しました!!   ■HKS ハイパーマックスS HKSサスペンションの定番モデルである【ハイパーマックスS】 多数あったモデルをハイパーマックスSに統一し車種毎に最適なセッティングを施しています (※車種によっては専門グレードがある場合もございます) 多くのメーカーが正立式を採用する中、HKSはフロント倒立式のサスペンション形状を採用 サスペンション自体の剛性を確保し、ストラット式を採用するGRヤリスではアドバンテージのあるサスペンション構造   全長調整式(フロント)・減衰30段調整式のフルスペックとなっており オーナー様のお好みに合わせたセッティングが可能となります GRヤリスという走りを意識した車だからこそサスペンションにコダワルのも一興 レースにも参戦する本格派のHKSはおすすめのサスペンションです   ■アライメント測定・調整 サスペンション交換時には必須となるのが“アラメント調整” ローダウン(またはリフトアップ)によるアーム位置の変化によりアライメントのズレは必至 3Dアライメントテスターを用いて現状のアライメントを瞬時に数値化 適性な数値へ熟練のスタッフが調整を行います タイヤにストレスのない適正な位置へ調整することにより偏摩耗を防ぎ ハンドルのセンターズレやハンドル振れを改善することができます   【ビフォー】 【アフター】 ローダウンによる見た目の変化は大きく腰高感は解消 フェンダークリアランスが詰まりスポーティなシルエットに 性能も折り紙付きのサスペンションですので満足感は最高潮   SUSPENTION:HKS ハイパーマックスS   サスペンション交換はお車の性能を引き出すのにも最適なアイテム それがGRヤリスともなれば期待値マックス☆☆ 走り出すのが楽しみですね♪   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございます   サスペンション交換などのローダウンのご相談は プロショップのクラフト知立店までお任せください!!  

    • カローラ
    • ローダウン系
    • 車高調
    • TEIN
    2024/04/22
    緑のサスペンション!!TEIN FLEX Zをカローラツーリングに装着しました☆☆

    タイヤ・ホイール装着前の準備としてまずはローダウン 全長調整・減衰調整付の【TEIN FLEX Z】を装着しました!!   クラフト知立店 白井です 本日のご紹介はカローラツーリングのローダウンです!! 乗り心地を意識した車高調を装着しました   ■TEIN FLEX Z 全長調整式・減衰16段調整機能付のフルスペック車高調 鮮烈な緑のカラーリングがTEINのトレードマーク 複筒式を採用しておりストローク量を確保 乗り心地を損ねにくいサスペンション構造になっています   鮮やかなTEINグリーンがホイールハウスを彩ります 見えない部分ですがカラーリングで車高調を選ぶのも選択基準の1つ!? 装着完了後はサスペンション交換では必須の“アライメント測定・調整” トゥ・キャンバー・キャスターを適正値へ調整します(※調整可能箇所は車種によって異なります)   【ビフォー】 【アフター】 腰高感のあったフェンダークリアランスが詰まりました それでいて実用性を確保できるバランスの取れた車高でセッティング   SUSPENTION:TEIN FLEX Z   乗り味に定評のあるTEINの車高調の装着で ローダウン時に感じられる乗り心地の不快感を最大限カット 見た目も快適性能も意識できるローダウンになりました   タイヤ・ホイールカスタムを視野にいれたローダウン お客様の理想を叶えるべく実車測定を行いベストなホイールサイズをご提案 ネクストカスタムは8.5Jの2ピースホイール装着にチャレンジします   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました こだわりサイズのタイヤ・ホイールカスタマイズもご紹介いたします   サスペンション・タイヤ・ホイールのトータルカスタマイズは 施工実績豊富なクラフト知立店までお任せください☆☆  

    • GR86 ZN8/BRZ ZD8
    • ローダウン系
    • スプリング交換
    • TANABE
    2024/03/11
    スポーティダウンスプリングのFUNTORIDE SPRINGをGR86に装着しました☆☆

    ハンドリングが変わる。 しなやかに駆け抜ける。 交換タイプの車種別専用チューニングスプリング。   クラフト知立店 白井です 本日のご紹介は“GR86 C型”のローダウンカスタム オプションのブレンボーブレーキが装着済みのGR86ですが ダウンスプリングの適合OKですので早速ローダウンのご用命いただきました♪   ■TANABE GT FUNTORIDE SPRING 走りを楽しめるチューニングスプリングなら“FUNTORIDE SPRING”がおすすめ ハードセッティングがされており走行性能重視の味付け ターゲットをスポーツカーに絞ることで実現できたニュースタンダードのスプリング   ダウン量は【フロント:-15~-25 リア:-20~-30】としっかり目にダウン ローダウンのフォルムの完成度にも期待できるのでドレスアップにも最適 ダウンスプリングの装着でも省けないのが【アライメント測定・調整】 お車のアライメント状態を瞬時に測定・計測し数値化、適正に調整を行っていきます アライメントは走行に応じてズレが生じるものですので定期的な調整をおすすめしています!!   【ビフォー】 【アフター】 やや広がりが気になるフェンダークリアランスをバランスよく改善 指2本と少し余裕が感じる程度の車高で下がりすぎずの心地よいフォルムで仕上がります   SPRING:TANABE FUNTORIDE SPRING DOWN量:フロント-15~-25 リア-20~-30   ホイール装着を控えるこちらのGR86 大きなブレンボ避けるホイールは8.5Jからのサイズが大本命 ローダウンを行う事でホイール選びの選択肢が増えるので ブレンボ装着車では車高・乗り心地に次ぐメリットと言えますよ♪   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございます ホイールが入荷しましたらすぐにご連絡させていただきます!!   スポーツカーカスタマイズ施工実績豊富です ご相談はクラフト知立店まで☆☆  

    • アルト/アルトワークス
    • 車高調
    • BLITZ
    • HKS
    • マフラー交換
    2024/02/29
    アルトワークス(HA36S)のサスペンション&マフラー&エアフィルターの交換をご紹介☆☆

    走りのカスタムを“アルトワークス”に施工しました 厳選された3つのアイテムを一度に装着!!   クラフト知立店 白井です 本日のご紹介は軽スポーツの代表格【アルトワークス】 お車のポテンシャルをさらに引き出すため サスペンション・エアーフィルター・マフラーの交換をご用命いただきました!!   ■BLITZ SUS POWER AIR FILTER LM 純正交換タイプのエアーフィルター ターボ車ではフィルター交換によるアドバンテージ大◎ 低い圧損を実現し、吸入効率を向上 さらにBLITZ独自の繊維フィルターが高い集塵効果を実現します!!   ■BLITZ ZZ-R 全長調整式・減衰力32段調整機能付のフルスペック車高調 赤×黒のレーシーなカラーリングも選ばれるポイント フロントブラケットが長穴加工されておりキャンバー調整を可能にします 多様な車種に対応可能、マッチングに困ることが少ない車高調です☆☆   ■HKS クールスタイルⅡ マフラーにはセンター2本出しになるコチラを選択 マフラー交換に加えてローダウンを行うと輪留めなどへ干渉しやすくなります センター出しにすることで当たりにくい対策を行うことができますよ!!   テールはチタン風ブルーグラデーションの75Φ2本出し サイドにロゴも入ってプレミアムな装いに仕上がっています   すべてのアイテムの取り付けが終わったらサスペンション交換のお約束“アライメント調整”へ お車のアライメント状態を“3Dアライメントテスター”を使って瞬時に計測 トゥ・キャンバー・キャスターを適正な値へ調整を行っていきます!! (※調整可能箇所はお車によって異なります)   【ビフォー】 【アフター】 フェンダークリアランスが詰まりしっかり車体が地面を掴むフォルムになりました   SUSPENTION:BLITZ ZZ-R MUFFLER:HKS COOL STYLEⅡ AIR CLEANER:BLITZ SUS POWER AIR FILTER LM   マフラー交換によるリアフェイスの迫力増は期待通り 吸気・排気のカスタマイズでパワー&レスポンスアップに貢献 走りを楽しめるトータルカスタマイズ!!   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました   K-Carカスタマイズの実績豊富 ご相談はお気軽に!! 最新ホイールが大集合!! WORK・Weds・SUPER STAR・MID・MLJの合同ホイール展示会を開催 デモカー40ヴェルファイアの同乗試乗体験会も同時開催☆☆ 3月2日(土)・3月3日(日)の2日間はクラフト知立店へ

    • N-ONE
    • ローダウン系
    • BLITZ
    2024/02/25
    次の一手はローダウン!!N-ONE RSにブリッツ ZZ-Rを装着しました☆☆

    エンケイ92を装着させていただきました【N-ONE】に ブリッツ ZZ-Rでローダウンを行いました!!   クラフト知立店 白井です クラフト知立店にてホイール交換を行っていただいた【N-ONE】 次のカスタムはローダウンをご用命いただきました!!   ■BLITZ ZZ-R 全長調整式32段減衰調整式のフルスペック車高調 赤×黒のレーシーな配色も人気のポイント ブラケットが長穴加工でキャンバー調整も可能にします   ローダウンでは一般的にダウンサスにするか車高調にするかで選択できます 車高調の最大のメリットはやはり車高が調整できる点 もうちょっと下げたい、逆に上げたいなどの要望に容易に答えることができます 専用のショックアブソーバーにもなりますのでローダウン時のストローク不足もありません   【ビフォー】 【アフター】 前後で約35mmほどのローダウンを行いました 気になるフェンダークリアランスはしっかりと詰まり腰高感解消 狙い通りのバッチリな車高になりましたね☆☆   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました またのご用命、お待ちしております   サスペンション交換は熟練のスタッフ在籍のクラフト知立店へお任せください!!  

    • アライメント調整
    2024/02/12
    アライメント施工が急増中!!純正車高状態でもアライメントの施工はおススメです♪

    最近アライメント施工のご用命を頂く機会が急増しております。 純正車高状態でもアライメント数値がズレている事がありますので、 是非ご相談下さい♪ まずはブログのタイトルにもある通り 純正の状態でもアライメント数値がズレている事があります。 これはどういう事??て思うんですが 人間も同じでどんどん年齢を重ねると、腰や首が痛くて整体にいったりとかしますよね!! 私もこの業界に入って12年。1990年式の年齢になりました。 さすがに10代20代の若かりし頃の「休憩無くてもバリバリ体は動くぜ!!」 的な感じでは無くなり体のメンテナンスなどを行うようになりました(;'∀') これってクルマも同じなんですよね~(;^ω^) 人間の関節にあたるブッシュ類。骨となるアーム類。 これはクルマも年齢を重ねると人間と同じく 少しずつ経年劣化してくるもの。 アライメントっていうのはクルマの基準値データが設定されておりますので タイヤの角度を補正、調整してスムーズにクルマが走れるようにする事を指します。 これに伴ってタイヤの偏摩耗、ハンドルセンターのズレを抑制してくれます。 純正車高の状態だったらやらなくても大丈夫!!て訳では無く、計測してみると 意外と基準値からズレている事もあります。 クルマによって調整出来る箇所が異なるので、ズレている場合は調整をおススメします。 アライメントはカスタムしているクルマだけに向けた施工ではなく 純正状態含め、全てのクルマに対しておススメな施工内容です。 タイヤの溝が無い状態や偏摩耗が見受けられるタイヤの状態では アライメント数値がその状態でのセッティングになってしまい 綺麗な数値にならない場合が御座います(;'∀') 正直タイヤ屋さんってそんなに頻繁に訪れる所でも無いので タイヤの交換の際に施工したりするのもおススメですね♪ 全くタイヤの溝が無い状態や最低地上高が確保出来ていない車両 ホイールがフェンダーから突出している車両 または特殊工具を必要とする車両以外は スケジュールが空いていれば当日でも施工は可能です。 要予約制となりますので、ご要望の場合は店舗へご連絡頂けたらと思います。 2024春のカスタムフェアをクラフト各店にて順次開催 知立店では2月17日(土)・2月18日(日)の2日間で鍛造フェアを開催!! GR86の同乗試乗体験会も同時開催します☆☆   最新ホイールが大集合!! WORK・Weds・SUPER STAR・MID・MLJの合同ホイール展示会を開催 デモカー40ヴェルファイアの同乗試乗体験会も同時開催☆☆ 3月2日(土)・3月3日(日)の2日間はクラフト知立店へ

    • アライメント調整
    2024/02/05
    アライメントって本当に必要??についてご説明♪

    クラフトで良く施工させて頂いている「アライメント」 カスタムする方以外はあまり聞き覚えが無いワードかと思いますが 「アライメント」のついてお答えしようと思います('◇')ゞ クラフト知立店金子です。 いつもクラフトのブログをご覧頂きまして誠に有難う御座います。 今回は「アライメント」についてお答えしようかと思います。 これって何??と思われる方がいらっしゃると思いますが 愛車のタイヤを長く使用する為に不可欠な作業内容なので 是非ご参考にして頂けたらと思います♪ まずアライメント調整というのは、人間でいう所の骨格矯正みたいなものです。 人間も同じで骨などの位置が少しずれるだけでも どこかの箇所が痛み出したりとかしますよね(;'∀') クルマの場合はタイヤやハンドルに影響が出てきてしまいます。 アライメント調整は車両の角度・向きを補正する施工の事を指します。 上の写真はデモカーの足回り交換をした時の測定値です。 【トゥ角】 トゥとは人間でいう「つま先」部分を指します。 アライメントの測定値データを見る限りフロント、リヤ共に かなりつま先が内側に入っております。まさにジョジョ立ち状態(笑) 例えばこの右トゥが外側に向いていて、左トゥが内側に向いていれば ハンドルを左に振りながら走らないと真っすぐ進みません(;'∀') 【キャンバー角】 キャンバーはこの角度の部分を指します。 ㇵの字になっている事をネガティブキャンバー 逆ハの字になっている事をポジティブキャンバーと呼びます。 この写真はデモカーの写真ですが、こうなっていると タイヤの内側の消耗が外側に比べて大きくなります。   【キャスター】 キャスター角が大きければ大きい程、ハンドルが重くなったり ハンドルが戻ろうとする力が大きくなります。 キャスター角が小さければ小さい程、その逆となります。   上記に述べた「キャンバー・キャスター・トゥ」は 車両によって調整可能箇所が異なります。 アライメントがズレている車両から取り外したタイヤです。 あからさまに偏摩耗してますよね(;'∀') 車両それぞれ特性はありますので、アライメントでこの偏摩耗を抑制しきれない可能性はあります。 実はアライメントってローダウンカスタム等をしている方の話だけではありません。 意外と純正状態でお乗りになられている方も該当しますよ。 詳しくはこちらのブログをご覧ください 経年劣化に伴うアライメント数値のズレは出て来ます!! 足回り交換後はもちろんの事、ご使用頂いているタイヤは長く使いたい場合は こういった調整・補正は間違いなく施工した方が良いですよ♪ 車両によっては特殊工具を使用しなければ調整が出来ない事もあります。 アライメントの調整は要予約制になっております。 スケジュール確認はお電話でもお答え出来ますので 是非ご相談下さい('◇')ゞ 結論!!アライメントはやった方がタイヤが長持ちしやすい!! 以上、クラフト知立店からでした~♪

    • スイフト/スイフトスポーツ
    • ローダウン系
    • 車高調
    • BLITZ
    • マフラー交換
    • WEDS
    • ツライチセッティング
    2024/01/31
    スイフトスポーツ(ZC33S)のトータルドレスアップ!!18インチの大口径スポーティスタイルで仕上げました☆☆

    タイヤ・ホイール/サスペンション/マフラーのトータルドレスアップ☆☆ 経験豊富なクラフトだからこそ安心してお任せください!!   クラフト知立店 白井です 本日のご紹介は【スイフトスポーツ(ZC33S)】のトータルドレスアップ タイヤ・ホイール・サスペンション・マフラー交換で一気にイメチェンカスタマイズ☆☆   ■BLITZ ZZ-R 黒×赤レーシーなフルスペック車高調 走りを楽しみたい方からドレスアッパーまで幅広く支持されています 全長調整式・減衰32段調整式で幅広いセッティングが可能☆☆ ブラケットの長穴加工によりスイフトスポーツでもキャンバーの微調整が可能になります   本日は18インチのタイヤ・ホイールセットを装着します 定番の17インチと違いワイドサイズやローインセットになることが多い為 18インチ装着の場合はローダウンするのがベター また、インナー側の余裕を考えるとシャフトが細身のブリッツはベストと言えます   ■WedsSports SA-27R スポーティメッシュデザインの【SA27R】の18インチを装着します “AMF(アドバンスド・メタル・フォーミング)”で作られたホイールは軽量・高剛性を実現 スポーツホイールに相応しい性能を有しています   濃いめのブロンズ系カラーリング“EJ-BRONZE” 上品で落ち着いたカラーリングで人気を獲得 レッドボディとはメリハリもしっかりしベストマッチングは間違いなし☆☆   ■DUNLOP DIREZZA DZ102 Vパターンデザイン&トレッドに入れられた“DIREZZA”の文字がスポーティ ダンロップのスポーツグレードタイヤ【DIREZZA DZ102】を組み合わせ その見た目からスポーツからドレスアップまで幅広く使われることがあります   ■monster sport Sp-X デュアルストレートマフラー スズキチューニングの“monster sport”からテールエンドΦ100の衝撃!! Sp-X デュアルストレートマフラーはステンレス製で純正比-2.5kgの軽量化に成功   【交換前】 【交換後】 軽量化がうなずける位に下回りはスッキリしました かなり大き目のメインタイコがなくなり、できるだけストレートな動線へ もちろん排気効率も向上しパワーアップにつながります!!   すべてのアイテムの装着が完了すればサスペンション交換のお約束“アライメント作業”を行います 3Dアライメントテスターによりお車の状態を計測、適正な位置へ“トゥ・キャンバー・キャスター”を調整します (※調整可能箇所は車種によって異なります)   今回のようなローダウンによる変化はもちろん、走行するうちにアライメントの変化は生じます タイヤ交換時等、定期的な施工がおすすめな作業ですので気になるお客様はお気軽にご相談ください♪   【ビフォー】   【アフター】 1インチアップからのローダウンで一気に雰囲気が変化 ロワードスタイルのスイフトスポーツが完成しました☆☆   WHEEL:Weds Sport SA-27R SIZE:18inch COLOR:EJ-BRONZE TIRE:DUNLOP DIREZZA DZ102 SUSPENSION:BLITZ ZZ-R MUFFLER:monster sport Sp-Xデュアルストレートマフラー   18インチ化によりホイールの主張を最大化 リムまでしっかり伸びるホイールデザインやタイヤの肉薄さが口径感を際立たせます ドレスアップをとことん突き詰めればスイフトスポーツに18インチは大正解   こちらも忘れてはいけません マフラー交換によりリアフェイスがグレードアップ またエキゾーストサウンドの変化が楽しめるのも醍醐味の一つ 性能、見た目、音とマフラー交換で一度にたくさんの要素を獲得できます☆☆ この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました またのご用命がございましたらお気軽にお申し付けください   タイヤ・ホイール、サスペンション、マフラーの交換を行っております カスタマイズのご用命はプロショップのクラフト知立店へ  

    • ロードスター
    • ローダウン系
    • 車高調
    • HKS
    • RAYS
    2024/01/16
    ロードスター(ND5RC)のリミットサイズ“8.5J”を装着!!HKS ハイパーマックスS&RAYS グラムライツ57トランセンドを装着しました☆☆

    ロードスター(ND5RC)をトータルドレスアップ タイヤ・ホイール・サスペンションの同時装着で理想のフォルムを獲得☆☆   クラフト知立店 白井です 本日ご紹介するのはNDロードスター ローダウンを行いリミットサイズホイールを入れ込みます!!   ■HKS HIPERMAX S ローダウンにはHKSのサスペンションを選択 スタンダードモデルが“HIPERMAX S”に統一され車種毎のベストセッティングに 装着する“8.5J”サイズを入れ込むにはローダウンが必須 ローダウンには車高調を選択していただく方がベストです   ■RAYS Gramlights 57 Transcend ブログメインとなるホイールは【57Transcend】 スーパーダークガンメタ/リムエッジDC(H8)はシックな上品カラー スポーティな10スポークデザインがロードスターともマッチ   まさにNDロードスター専用サイズとも呼べる“8.5J-17inch”サイズ有 車高調によるローダウン必須のサイズですが履きこなせれば1ランク上のカスタマイズに☆☆ FACE-2の強烈なコンケイブはカスタムフリークにはたまりませんね♪   ■DUNLOP DIREZZA DZ102 8.5Jのリミットサイズに合わせるタイヤはストリート~サーキットまでマルチにこなす ダンロップのスポーツシリーズのDIREZZAより“DZ102” スポーティなVパターンのトレッドを採用し、グリップ力に定評有り   ■RAYS フォーミュラナット(FNⅡ) RAYSホイール履くならレイズ製のナットの組み合わせはいかがでしょうか 個性的な造形で人気を博す“フォーミュラナット(FNⅡ)”を装着☆☆ クロモリ製のコアナットにアルミ製のカラー・キャップを組み合わせ 性能・デザインに優れたアイテムで他とは差がつくカスタムが行えます♪   すべてのアイテムの装着が完了したら“アライメント調整”を行います!! ローダウンによるアライメントズレを補正する為、サスペンション交換時には必須となる作業 さらに今回はリミットサイズの装着の為、キャンバー調整で出面を合わせていきます キャンバー・キャスター・トゥのフル調整可能な“NDロードスター”ならでは 折角、フル調整機能が付いているお車ですので、タイヤ交換時でもおすすめの作業です♪   (ビフォー) (アフター) 一気に変化が楽しめるのもトータルドレスアップの醍醐味 施工経験豊富なクラフトならではのオーダーですのでお気軽にご相談ください   WHEEL:RAYS gramlights 57Transcend SIZE:17インチ 8.5J COLOR:スーパーダークガンメタ/リムエッジDC(H8) TIRE:DUNLOP DIREZZA DZ102 SUSPENTION:HKS HIPERMAX S   見応え十分なコンケイブシルエットを獲得したNDロードスター この車格で“8.5J”を飲み込めるそのポテンシャルには脱帽 攻めのカスタマイズを行えばこその出来栄えです!!   タイヤ・ホイール・サスペンションと走りの性能を意識したアイテム選定で ドライビングも一層楽しめること間違いなしの1台に仕上がりましたね♪   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました またのご用命がございましたらお気軽にご相談ください   ロードスターのカスタム実績豊富 レイズホイール買うならレイズ公認のレイズNo.1ショップのクラフト知立店へ!!  

    • A90スープラ
    • 車高調
    • スプリング交換
    • HKS
    • VOLK
    • ツライチセッティング
    2024/01/11
    GRスープラ(DB02)をトータルドレスアップ!!ローダウン&タイヤ・ホイール交換をご紹介します☆☆

    電子制御ダンパーが生かせる【HKS ハイパーマックツーリング】 鍛造ブランドの名門【VOLK】&ヨコハマのハイグリップタイヤを装着 トータルドレスアップで一気に仕上げました☆☆   クラフト知立店 白井です 本日のご紹介は知立店ではカスタムのご相談が絶えない【GRスープラ】 タイヤ・ホイール・サスペンションのトータルドレスアップをご用命いただきましたのでご紹介します♪   まずはサスペンションパートから ■HKS HIPER MAX Touring 電子制御ダンパーが装着される【GRスープラ】ではご用命が多いアイテム 純正ダンパーはそのままにスプリングと調整機能付きアジャスターを装着 純正ダンパーが車高調整式のサスペンションに変わる優れもの もちろん運動性能の向上も期待できます♪   ■フロント装着後 ご覧の通り調整機能付きのダンパーに変身   タイヤ・ホイールパートに続きます↓ ■RAYS VOLK RACING G025 鍛造モデルの“VOLKシリーズ”の中でも特にRAYSの技術がふんだんに盛り込まれているのがG025 2×5の王道スポーツデザインにこれでもかとコンケイブを効かせたトレンドホイール 鍛造ならではのシャープで細身のスポークは美しいの一言   ホイールセンター周りには軽量化の為の肉抜き&エアーポケットが設けられます 鍛造製法による高剛性から成せる極限の軽量化 スポークウェアにはRAYS特許技術“A.M.T”によるマシニングロゴを刻印 RAYSホイールを選んだからこそ獲得できるプレミアムな意匠 JAPAN MADE由来の繊細な技術で作られる一本は所有する満足感を溢れんばかりに感じられますよ♪   コンケイブシルエットはまさに絶景 それもそのはず“G025”の最大コンケイブサイズなんですよ♪ 懐の深い【GRスープラ】だからこそ履けるプレミアムサイズ 引き込まれそうなくらいに流れるスポークラインが美しい曲線を描いてます   ■YOKOHAMA ADVAN NEOVA AD09 ハイグリップタイヤの中でも個性的なトレッドパターンでご指名も多い【NEOVA AD09】を組み合わせ 従来モデルからの方向性パターンが廃止されIN/OUTの“ネクストネオバパターン”へと進化!! それぞれをドライ性能/ウェット性能に特化させたパターンを採用しています ハイエンドスポーツ【GRスープラ】のパワーを支えるタイヤにはピッタリです☆☆   ■3Dアライメントテスター 車高調・スプリングに関わらずサスペンション作業時には必須となるアライメント調整 もちろん【GRスープラ】でも行います!! お車のアライメント状態をすばやく計測し数値化 “キャンバー・キャスター・トゥ”を適正な値へ調整していきます   WHEEL:RAYS VOLK RACING G025 SIZE:19inch 前後サイズ違い COLOR:HK(シャイニングブラックメタル/リムエッジDC) TIRE:YOKOHAMA ADVAN NEOVA AD09 SUSPENSION:HKS HIPER MAX Touring   もともとの車高もかなり低めにセッティングされている【GRスープラ】 ローダウンすることでさらにスポーツカーらしいシルエットを獲得   装着することによりコンケイブの迫力をより感じられます フロント/リア共にこのコンケイブが獲得できるなんて【GRスープラ】の特権です♪ ハイパー系カラーリングの“HK”が陰影をはっきりさせホイールラインを強調 シルエットがはっきり映し出されホイールの存在感を存分に楽しめます   鍛造ホイールのスマートなシルエットが大きな赤キャリパー引き立てます ホイール/キャリパーの相乗効果で足まわりの魅力が最高潮へ これもビックキャリパー装着車ならではの醍醐味です♪   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました またのカスタムのご用命がありましたらお気軽にご相談ください   GRスープラのカスタマイズ実績多数 クラフト知立店へお気軽にご相談ください!!

    • MAZDA3
    • 車高調
    • BLITZ
    2023/11/29
    マツダ3のローダウン☆☆フルスペック車高調の“ブリッツZZR”を装着しました!!

    ホイール装着前の下準備にローダウンを行いました サイズ選定のことを考えれば車高調装着後がベストです!!   クラフト知立店 白井です 本日のご紹介は【MAZDA3】のサスペンション交換 ホイール交換のご用命もいただきましたがサイズ選定の為 まずはローダウンを行いました!!   ■BLITZ ZZ-R 装着したのは全長調整式、32段減衰調整機能付きのフルスペック車高調 調整幅にも余裕がある為、ドレスアップには打ってつけのアイテム 赤×黒のレーシーなカラーリングも人気の秘訣♪   MAZDA3のインナークリアランスは非常にタイト その為、車高調装着後のクリアランスチェックは大切なポイント どのサイズなら避けられるか、くまなく確認していきます   車高調装着後はアライメント測定・調整へ クラフトでは【アライメント3Dテスター】を完備 アラメントを数値化し、適正な数値へ調整を行います   SUSPENTION:BLITZ ZZ-R スポーツハッチバックに相応しい雰囲気に 車高調らしくフェンダークリアランスをタイトに仕上げました   段階的にアイテムを装着していくのもカスタムの方法 ローダウンに伴うキャンバーの変化でホイールツラが変化します 実車測定を行いホイールサイズを決定しました☆☆   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました 次回はホイール装着編をご紹介させていただきます☆☆  

    • アルファード/ヴェルファイア
    • ローダウン系
    • スプリング交換
    • TANABE
    2023/11/12
    話題の【40系アルファード】にダウンスプリング タナベ NF210を装着しました☆☆

    今が旬の新型車両【40系アルファード】のカスタマイズ ダウンサスの装着でダウンフォルムを獲得しました☆☆   クラフト知立店 白井です 新型車両のカスタマイズはクラフト知立店へご相談ください 話題の新型車両アルファード(AGH40W)にダウンスプリングを装着したのでご紹介します♪   ■TANABE SUSTEC NF210 サスペンション・マフラーなどのGTパーツの総合メーカー“TANABE” ダウンサスマッチングが多く、新型車両のパーツ開発もいち早く着手 1、2を争う速さで40アルファード用のダウンサスをラインナップ☆☆   取付に際して30型と大きく異なることはありません 熟練のスタッフが迅速・丁寧に交換を行わせていただきます 見えない部分ですが綺麗な赤色のスプリングになります   【ビフォー】 【アフター】 フロント・リア共に“ダウン量:20mm~25mm” 大きく開いたフェンダークリアランスはタイヤアーチに沿うようなきれいなダウンになりました +10mmのダウンができる【DF210】もラインナップされています 乗り心地重視のNF210、ダウン量重視のDF210です   DOWN SUS:TANABE SUSTEC NF210 タイヤの外形アップにより腰高感を感じやすくなった40系 やや控えめのローダウンが+αの上品なスタイルへ仕上げてくれます   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました またのご用命がございましたらお気軽にご相談ください   40ヴェルファイアのデモカー展示を行っております!! 40系アルファード/ヴェルファイアのご相談はクラフト知立店まで♪

    • アルファード/ヴェルファイア
    • ローダウン系
    • 車高調
    • RS-R
    • WORK
    2023/10/21
    新型40系アルファードを早速車高調KITでローダウン!RSR Best☆iと21インチホイールを一気に装着!!

    話題の超高級ミニバン! 新型40系アルファードを早速ローダウン♪ WORKの21インチホイールも一気に装着させて頂きました!! 新型40系アルファード、ヴェルファイアのカスタムは クラフトまで是非ご相談下さい('◇')ゞ   弊社にはドレスアップ施工済みの40系ヴェルファイアのデモカーも御座いますので、 基本的には知立店に常駐しておりますが、タイミングによっては 他店にデモカーを展示する事もあります。   弊社のデモカーを見て頂き、ローダウンした状態でのホイールサイズ展開を打ち合わせ 今回はローダウンスプリングでは無く、RSRの車高調KITをセレクトして頂きました。 最速で開発が完了したRSR。 減衰力調整付きになっているので、お好みの乗り心地に調整する事が可能です。   ここで注意点。 過度にローダウンをしてしまうと、ダンパーのストローク量が稼ぐことが出来ず 乗り心地を悪化させてしまう事が御座います。特にリア側ですね!! その為今回は前後35mmのローダウンとなり、メーカー推奨ローダウンよりも気持ち低めの セッティングにさせて頂きました。   車高調を難なく取り付けが終われば、タイヤホイールの交換に移ります。 今回オーダー頂いたホイールはカスタムシーンを牽引するパイオニアメーカーの WORK(ワーク)のグノーシスCVXの21インチ。   フィニッシュカラーは高級感溢れるブラッシュドをセレクト。 職人さんが一枚一枚ディスクを手作業で磨くブラッシュドは何ともいえない上品なホイール。   既にご存知かとは思いますが、今回の40系になってから P.C.Dが120となり、ホイールナットのサイズもM14×1.5に変更になっております。 ホイールナットはモノリス T1/07のグロリアスブラックをセレクト。   こちらのホイールナットは内掛けタイプの弾丸ナット。 多少ナットホールが狭いホイールでも、 ナットホール周辺に傷がつきにくいメリットがあります。   足回りを変更した際には4輪アライメント調整を行い 基準値よりズレてしまったトゥ角の補正を行い、施工完了。   (before) (after) 知立店で初となる新型40系アルファードの最初の施工は RSRの車高調KITで前後約35mmのローダウンに21インチホイール!!   出ヅラもかなり良い感じになっております♪ ローダウン量以外にも車両グレードやオプションパーツによって 注意事項がある新型アルヴェル。私達スタッフも新型車両は日々勉強です♪   オーナー様、この度は数あるショップの中からクラフト知立店を ご利用頂きまして誠に有難う御座いました!! またのご相談、スタッフ一同お待ちしております。   ※10月21日(土)・22日(日)  弊社のデモカー40系ヴェルファイアはクラフト四日市店に展示中です。  10月23日(月)以降はクラフト知立店に戻ってきますので、  デモカーをご覧頂く際に日程にご注意下さい!!

    • SUV
    • MITSUBISHI
    • スプリング交換
    2023/10/15
    三菱エクリプスクロスのローダウン!!“コルトスピード”のスプリングを装着しました☆☆

    三菱カスタムのマスターピース“コルトスピード”の ダウンスプリングをエクリプスクロスに装着しました   クラフト知立店 白井です 車高調で下げる、ダウンスプリングで下げるなどローダウンの方法は様々 今回は【三菱エクリプスクロス】をスプリング交換でローダウンを行いました   ■COLT SPEED ローダウンスプリングキット 三菱カスタムのマスターピースブランド“コルトスピード”のローダウンスプリング 鮮烈なレッドカラーリングに“COLT SPEED”のロゴ入り フロント/リア共に約30mmのダウン(※開発車両実測値)   ビックマイナーチェンジが行われた【エクリプスクロス】 PHEVモデルの“GL3W”に適合するアイテムはまだまだ少ないですが さすが三菱カスタム専門“コルトスピード”はいち早く製品化しています   (ビフォー) (アフター) 前後約30mmのダウン量で腰高感を解消!! レイズ HOMURAを履かせた足元をより洗練させます♪   適合アイテムが少ない車種でしたが... 三菱カスタム専門の“コルトスピード”のアイテムなら 三菱オーナー様からの安心感は大きく違いますよね   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました またのご用命ありましたらお気軽にご来店ください   カスタムのプロがいます!! クラフト知立店へご相談ください 買取り・下取りキャンペーン開催中!! タイヤ・ホイール売るなら今がチャンス☆☆

    • シビック
    • ローダウン系
    • 車高調
    • HKS
    • VOLK
    2023/09/13
    シビック(FD2)のトータルドレスアップ!!【RAYS TE37&HKS ハイパーマックスS】を装着しました☆☆

    ホイール・車高調を一気に装着 鍛造スポーツ【VOLK TE37】にハイグリップタイヤをセット 【HKS ハイパーマックスS】でローダウンも行いました   人気が根強くご相談が絶えない【シビック タイプR(FD2)】をトータルドレスアップ こだわりのアイテムで走りをさらに意識した車両へ仕上がりました☆☆   ■HKS HIPERMAX S 倒立式を採用するHKSの車高調からベースモデルの【S】を選択 全長調整式・減衰30段調整機能付きのフルスペック車高調 ストラット式サスペンションの場合シャフトを太く設計できる倒立式はアドバンテージ大 走りを意識したカスタマイズにはおすすめの車高調です   ■RAYS VOLK RACING TE37SAGA S-plus 言わずと知れた鍛造名門ブランド【VOLK RACING】 6本スポークがアイコンとなる通称“サンナナ(TE37)”を装着しました 幾度のVer.UPを重ね現在の形(SAGA S-plus)へと進化を遂げています 最新技術【A.M.T】によるマシニングを行いプレミアムな意匠もプラス レーシーそれでいて上品なホイールとなっています   タイヤ・ホイール・サスペンションの装着が完了したら【アライメント測定・調整】を行います お車のアライメント状態を【3Dアライメントテスター】を使って数値化 【トゥ・キャンバー・キャスター】を適正に調整を行います   WHEEL:RAYS VOLK RACING TE37SAGA S-plus SIZE:18インチ COLOR:MM(ダイヤモンドダークガンメタ) TIRE:YOKOHAMA ADVAN NEOVA AD08R SUSPENSION:HKS HIPERMAX S   ツライチカスタマイズはプロショップのクラフトへお任せください 実車測定を行い目一杯サイズのホイールにて装着 ツラをしっかり出すことでスポーツカーらしさアップ この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました   クラフト知立店はレイズ公認のレイズNo.1ショップ レイズホイール買うならクラフト知立店へ

    • ロードスター
    • BILSTEIN
    2023/09/12
    NDロードスターRFの走行性能を活かすビルシュタイン B14をインストール!!

    当店十八番車両のMAZDA ロードスターRF(NDERC)の 走行性能を活かすビルシュタイン車高調 B14をインストール。 程良いローダウンも手に入れる。 ロードスターのローダウン施工はクラフト知立店までご相談を。     クラフト知立店金子です。 今回はマツダの代表的なスポーツカー ロードスターRF。 当店でもご来店が非常に多いおクルマとなっております。 スポーツカーは車高が低くてナンボ。 まずはローダウンから!!というご相談頂くオーナー様も多いです^^     今回ご用意させて頂いたアイテムは 【ビルシュタイン B14】 B12のCリング式車高調KITに対してB14はネジ式車高調KIT。 細かなセッティングも可能です。 ノーマル対比 30mm~50mmのローダウンが可能です。     ビルシュタインはアッパーマウントを再利用・移植していきます。 過走行や年数が経過してしまっているおクルマからの移植は 本来の走行性能を引き出す事が出来にくくなりますので そういった場合は新品のご用意があった方が良いですね!! (FRONT) (REAR)   必要パーツの移植が終わったらサクッと取付。 オーナー様のご希望のローダウン量になるようにセッティングしていき、 4輪のアライメント測定・調整を行い施工完了。 (BEFORE) (AFTER)   あまり過激なローダウンにならないように タイヤとフェンダーとのクリアランスを前後同じくらいでセッティング。     ネジ式は全長調整式よりも車高調整範囲は狭いですが その調整車高範囲でのセッティングであれば、間違いなく乗り味も良いのがネジ式。 足が良く動いてくれる印象になりました。     キャンバー角は純正ホイールが気に入っているという事でしたので そこまでこちらも過度にネガティブキャンバーにせず 基準値に則った感じでセッティング。 オーナー様、乗り味はどうですか!? 次はマフラーでしょうか^^ご相談いつでもお待ちしております!!   9月29日までビルシュタイン・アイバッハのキャンペーンを開催中です!! ドイツメーカーの足回りをゲットできるチャンスです。  

    • GR86 ZN8/BRZ ZD8
    • ローダウン系
    • 車高調
    • BLITZ
    • マフラー交換
    • マルチピース
    • WORK
    2023/09/04
    GR86をトータルカスタマイズ!!【WORK EMOTION T5R2P・BLITZ ZZR・SARD Su-Z】を装着しました♪

    経験豊富なクラフトだからこそのトータルカスタマイズ タイヤ・ホイール・サスペンション・マフラーを一気に装着しました♪   本日の紹介は【GR86】のトータルカスタマイズです ワーク特有のオプションカラーホイールで、既に気になる仕様ですね♪ 詳細をご紹介していきます↓   ■BLITZ ZZ-R 全長調整式・減衰力32段調整機能付のフルスペック車高調 (車種により異なりますが)アッパーマウントは調整機能付きピロタイプ 太いホイールやローインセットのホイールを入れ込むには必須の機能 赤×黒のレーシーな見た目が人気のポイントでもあります♪   ■WORK EMOTION T5R 2P ピュアスポーツデザインの5スポークスタイルがGR86にはピッタリ 気になるカラーはワークエクストラセレクトの【アステリズムブラック】 見る角度によって色味が変化するマジョーラ系カラーリング   テーパーを感じる【ディープコンケイブディスク】を選択 この反りが奥行を生み躍動感を与えてくれます♪ インセットの幅が限られるためGR86へのディープコンケイブの装着には ローダウンが必須になってくるチューナーサイズを選ばなくてはなりません そこは経験豊富なクラフトへご相談いただければと思います   ■SARD Su-Z STAINLESS MUFFLER TYPEⅡ レース直系の技術をフィードバックするパーツメーカー【SARD】 115Φテールの2本出しレイアウトで見た目の迫力は抜群 テールエンドはチタンを採用してチタン特有の焼き色にしています 純正から3.1kgの軽量化にも成功しています   タイコ部分に施されたロゴ刻印がプレミアムさを感じさせます 115Φのチタンテールがレーシングマフラーと言わんばかりの迫力ですね♪   装着完了後は【アライメント測定・調整】へ ローダウンの際はアーム位置の変化に伴いアライメントへズレが生じます 【キャンバー・キャスター・トゥ】をアライメントテスターにより数値化 熟練のスタッフにより適正な数値へ調整を行っていきます   WHEEL:WORK EMOTION T5R 2P SIZE:18インチ COLOR:アステリズムブラック(エクストラセレクト) TIRE:NITTO NT555G2 SUSPENSION:BLITZ ZZ-R MUFFLER:SARD Su-Z STAINLESS MUFFLER TYPEⅡ   ブルー・レッド・グリーン・パープルと多彩な色味に変化する【アステリズムブラック】 太陽の光に当たればさらに様々な表情を見せる面白いカラーリング 個性・オリジナリティを意識したカスタマイズにはバッチリですよね☆☆   ドレスアップのカスタマイズなら必須のセンターキャップは主役のカラーリングを邪魔しないブラックを装着 ナットはWORKから発売されている【ビレットナット】を取り付け 流行りのロングの貫通タイプでスポーティなスタイルを追求しました   マフラー交換の醍醐味であるエキゾーストノートはエッジの効いたサウンド 車高調・タイヤ・ホイールの交換を加わり さらに走りを楽しめるGR86が完成しました☆☆   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました   GR86の施工実績多数のクラフト知立店 お気軽にお問合せください

    • RAV4
    • ローダウン系
    • 車高調
    • BLITZ
    • RAYS
    2023/08/29
    RAV4をブリッツ ZZ-Rでローダウン&レイズ ベルサスVV21Sで一気にドレスアップ!!

    RAV4をブリッツZZ-Rでローダウン!! 車高調KITをお取り付け当日にレイズ ベルサス VV21Sの20インチ ブラッククロームコーティングを即決でインストール♪ クラフト知立店金子です。 今回はローダウンからドレスアップの仕様変更まで一気にカスタムさせて頂きます。 まずは早速ローダウンから施工スタート。 お取り付けさせて頂いた車高調KITはブリッツZZ-R(ダブルゼットアール) 32段階の減衰力調整ダイヤル付き、全長調整式の車高調となっております。 何台も施工させて頂いているオクルマなので スムーズに作業も進みます。   過度なローダウンはしたくは無いというオーナー様のご意見もありましたので 今回は推奨車高でのセッティングとなっております。   続いてはタイヤホイールの仕様変更。 車高調KITのお取り付け当日にホイールを気に入って頂いて 当店に在庫のご用意がありましたので 即決でインストールさせて頂きました!! レイズ ベルサス VV21S ホイールサイズは8.5J 20インチ 光り輝くブラッククロームコーティングのホイールカラーをセレクト。 タイヤはニットーのNT421Q タイヤサイズは245/45R20のセットアップ。 静粛性能に優れたSUV向けのタイヤとなっております。 21インチが装着しておりましたが、本当は20インチが欲しかったそうで 今回思い切って仕様変更!!   RAV4のフェンダー形状はアドベンチャーやオプションフェンダー等 グレード等でも異なる場合があります。 今回ブリッツZZ-Rをお取り付けさせて頂きましたので フロントのキャンバー調整がストラットのフランジボルト穴のガタツキにより 調整する事が出来ます。   1ピースの特徴でもあるリムよりディスク面が突出しているVV21Sですので フロントキャンパーを1度30分までネガティブキャンバーに寝かせ 前後のトゥ角の補正をさせて頂きました。 ホイールの特徴を把握しながらセッティングは必要です。   (before) (after)   WHEEL:レイズ ベルサス VV21S TIRE:ニットー NT421Q SIZE:20インチ SUS:ブリッツ ZZ-R 今回のように20インチの大口径ホイールをインストールするのであれば ダウンサスや車高調KITを使用してフェンダーとタイヤの隙間を埋めてあげると 腰高なイメージも無くなります。 装着していた21インチのホイールは下取りさせて頂きました。 皆様のご自宅にも不要となって眠っているアルミホイールセットがあれば 査定させて頂きます!! 現物査定にはなりますので、是非当店にお持ち込み下さい♪ 以前当店でローダウン&22インチタイヤホイールセットをインストールさせて頂いた ご友人様のRAV4と写真撮影させて頂きました。 WHEEL:ロジャム ファスター TIRE:ニットー NT555 G2 SIZE:22インチ SUS:ブリッツ ZZ-R 車高は同じく推奨車高でセッティングしております。 大型SUVをローダウン&大口径ホイール。 私も50ムラーノに乗っている時にローダウンして大口径ホイールを装着していました♪ SUVの大口径カスタムはやっぱり恰好良いですよね!! オーナー様方、この度はクラフト知立店のご利用 誠に有難う御座いました!! またのご相談いつでもお待ちしております('◇')ゞ    

    • GR86 ZN8/BRZ ZD8
    • ローダウン系
    • 車高調
    • BLITZ
    • VOLK
    2023/08/28
    【TE37SAGA S-plus TIME ATTACK EDITION】をGR86に装着!!同時に車高調も取り付けました☆☆

    VOLKの限定モデル【タイムアタックエディション】 GR86の施工実績豊富な当店ならではのトータルカスタマイズを行いました♪   本日のご紹介は【GR86】のトータルカスタマイズ タイヤ・ホイール・車高調の同時装着にて一気に仕上げました   ■BLITZ ZZ-R 車高調には全長調整式・36段減衰調整機能付きのフルスペック車高調である【BLITZ ZZ-R】 赤×黒のレーシーな見た目にリーズナブルな価格設定で人気 カスタム初心者からカスタム玄人まで幅広いカスタムフリークに支持されています   ■RAYS VOLK RACING TE37SAGA S-plus TIME ATTACK EDITION 言わずと知れた鍛造の名門ホイール【サンナナ】の最新モデル トラッドな赤のストロボラインが入る“タイムアタックエディション” SAGA S-plusになって初の“TAEモデル”です♪   標準設定にホワイトがなかっただけに白ホイフリークにはたまらない 【ダッシュホワイト/REDOT(WR)】を選択 ビビッドなレッドが映える“ブラック/REDOT”もございます   TAEモデルの特徴であるレッドのストロボラインは特許技術“REDOT工法”によるもの ホイール対にはこちらも特許技術“A.M.T”によるストロボマシニング レイズならではの意匠がふんだんに使われています☆☆   WHEEL:RAYS VOLK RACING TE37SAGA S-plus TIME ATTACK EDITION SIZE:18インチ COLOR:WR(ダッシュホワイト/REDOT) TIRE:NITTO NT555G2(225/40R18) SUSPENSION:BLITZ ZZ-R   ピュアスポーツの大本命、ホワイトのサンナナは間違いないカスタマイズ モディ色の“ブライトブルー”との相性も抜群◎ 一目でわかる“スポーツ感”がたまりません   GR86/BRZもカスタム実績豊富なクラフトならではのトータルカスタマイズ ローダウン後のマッチングデータも豊富なので、それを見越してサイズ選定 バッチリの出面でセッティングさせていただきました♪   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました   GR86/BRZのカスタマイズは経験豊富なクラフト知立店へお任せください☆☆  

    • インプレッサ
    • 車高調
    • HKS
    2023/07/31
    GVBインプレッサに9.5Jを入れ込む!!HKS ハイパーマックスSを装着!!

    HKS車高調のハイパーマックスSを装着!! GVBインプレッサの足元に9.5Jを入れ込むやり方とは??     クラフト知立店金子です。 今回は名車のインプレッサをローダウン!! 純正車高で9.5Jの極太を履かれていたオーナー様。 少しフェンダーから突出気味だった為、 フェンダー内になんとか収めれる方法を模索しておりました。     そこでご提案させて頂いたのが車高調KIT。 HKS ハイパーマックスSをインストールしていきます。 ハイパーマックスSには車種によって フロントが強化ゴムブッシュアッパーか ピロアッパーかをセレクト出来る事があります。     純正のストラットフランジボルトにはキャンバーボルトが純正装備 されてはいますが、果たしてこの9.5Jを入れ込む事が出来るか不明確。 確実性をもたせる為に今回はフロントピロアッパーマウントの 品番をセレクトさせて頂きました。     そうする事で、インナーのクリアランスを確保しながら キャンパーをネガティブ方向(寝かす)にもっていく事が出来ますので これであればフェンダー内に綺麗に収める事が出来ます^^     出来る限り純正に近い車高で。との事でしたが リヤも入れ込むにはそれなりにローダウンが必要。 なるべくオーナー様の意見を尊重出来るように 出来るだけ高めにセッティング。     サスペンション:HKS S 仕様:フロントピロアッパーマウント     可能な限りを尽くしたインプレッサに!! 9.5Jをフェンダー内に綺麗に収めた仕様の完成です。 乗り心地も単筒式の中でもかなりマイルド。 街乗りメインであれば、間違いないアイテムです!!     オーナー様、この度はクラフト知立店のご利用 誠に有難う御座いました!! またのカスタム相談いつでもお待ちしております('◇')ゞ ローダウンはクラフト知立店にご相談を♪

    • ノア/ヴォクシー/エスクァイア
    • ローダウン系
    • スプリング交換
    • TANABE
    • BBS
    2023/03/30
    90ノアに憧れの鍛造ホイール【BBS】を装着しました☆ダウンサスによるローダウンも同時に行いました!!

    最新車両のカスタマイズもお任せください☆☆ 90系ノアをトータルドレスアップ!! BBS RI-A&DL RV505&TANABE NF210を同時装着   クラフト知立店 白井です 本日のご紹介は『TOYOTA NOAH(MZRA90)』のタイヤ・ホイール&スプリング交換 最新車両の気になるカスタム内容はコチラ↓   ■TANABE SUSTEC NF210 鮮烈なレッドが眩いタナベのダウンスプリング 乗り心地を重視しているNF210、ノーマルフィーリングをリアルに再現 程よくナチュラルなダウン量で『Fr:-25~-30 Rr:-30~-35』となっています   スプリング交換をしたのが一目でわかる鮮やかなレッド 正直見えない部分ですが、カラーでスプリングを選ぶのもアリです 続いてタイヤ・ホイールパート↓   ■BBS RI-A いわずと知れた日本屈指の鍛造ホイール【BBS】 2×5デザインがなんともスポーティな【RI-A】をチョイス 高剛性を実現する鍛造製法だからシャープで肉薄な造形を獲得 BBSの代名詞的カラー“ダイヤモンドブラック”は高級感ある色味に仕上がっています   RI-Aはなんといってもスポークサイドからナットホール付近にかけてのカットに注目 鍛造製法でしか実現できない造形を見事にデザインへおとしこんでいます   ■DUNLOP ENASAVE RV505 エナセーブシリーズのミニバン専用設計の【RV505】を組み合わせました ミニバン特有のふらつき・ロール感を解消すると共に、ミニバン特有の偏摩耗対策も施しています 低燃費性能“AA”を獲得しており、経済性にも優れたタイヤです   WHEEL:BBS RI-A SIZE:18inch-7.5J COLOR:ダイヤモンドブラック SPRING:TANABE SUSTEC NF210   NF210の程良いローダウンはバランスのとれた心地よい車高に 見た目・実用性を兼ね合わせるならこれくらいのダウン量がベスト   18インチに7.5Jサイズのホイールをインストール インナークリアランス・アウタークリアランスを 一度に考慮するなら7.5Jは使いやすさ抜群 やりすぎないちょうどいい出ヅラを獲得できます   一生に一度は履いてみたい【BBS】を最新車へ最速インストール 施工事例の少ない最新車への装着は、話題になること間違いありませんね♪   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました   最新車両のカスタマイズは経験豊富なクラフトへお任せください こちらのモニターキャンペーンも開催中です!! お問合せが非常に多い為、お早めに♪

    • クラウン
    • 車高調
    • TANABE
    • SSR
    2023/03/06
    220系クラウンを一気にカスタム!!タナベ ZT40 車高調とSSR GTX02 19インチホイールでバチバチコーデ♪

    220系クラウンを一気にカスタム!! タナベのZT40の車高調KITとSSRの1ピースモデルGTX02で トータルバチバチコーディネート♪     クラフト知立店 金子です。 今回はトヨタ クラウン(220系)のご紹介です。 まずはセダンカスタムにおけるマストアイテム(車高調KIT)をお取り付けさせて頂きます。     お取り付けさせて頂きました車高調KITはタナベのZT40。 タナベシリーズ最高峰といわれているモデルのZT40は ツインバルブシステムの搭載によって極低速の領域においても確実に減衰力を発生させ、 全速度域で安定した乗り心地を手に入れる事が出来ます。     ZT40は220系クラウンに純正装備されているAVS機能をそのまま再利用する事は出来ません。 その為、純正ダンパーと接続されているカプラーは絶縁テープを巻き付け 水などが入り込まないようにしていきます。 最後に配線類がブラブラと遊ばないようにまとめます。     (SSR GTX02) 続いてはタイヤホイールのお取り付けへ。 ディスクはレースシーンで実績のある10スポークをベースとするハイパーメッシュで スポークのスリム化と駄肉をとことんそぎ落とした超軽量ディスクながら、 十分な剛性と強度を確保しております。     GTX02はサイズによってスタンダード・コンケイブ スーパーコンケイブと中心への落ち込みが異なります。 こちらはフロントに取付する8.5Jのコンケイブ。     こちらはリヤに取付する9.5Jのスーパーコンケイブ。 フロントも十分に中心への落ち込みはありますが、 リヤはフロントよりもさらに深い落ち込みを獲得し 前後のメリハリをつけていきます。     SSRのハブ径は比較的大きくあいている事が多く ホイールセンターを出しやすくする為に、 オプション設定品になりますがハブリングというアイテムが設定されております。 上記で述べたように、ホイールセンターが出しやすくなりますので 結果的にハンドルの振れの抑制に繋がります。     センターキャップもオプション設定アイテムとなります。 車種、サイズによってセンターキャップの高さが異なります。 ホイールナットは大人気アイテムのモノリスT1/06 グロリアスブラックを同時に取付させて頂きました。     NEWタイヤホイールを装着し、オーナー様の理想の車高までローダウンが完了すれば 4輪のアライメント調整へ作業を移ります。 220クラウンの場合、前後のトゥ角の調整が可能です。 バラバラになった角度を適正値まで補正し、作業完了です。 (BEFORE) (AFTER)   WHEEL:SSR GTX02 TIRE:MICHELIN パイロットスポーツ5 SUSPENSION:TANABE ZT40 NUT:MONOLITH T1/06     ダークシルバーのホイールカラーとホワイトのボディカラーとの相性も良いですね(^^♪ バチバチに攻めたリヤサイズ。 リヤに最大コンケイブフェイスを手に入れる為には車高調でのローダウンは必須ですね!!     タイヤは拘りのミシュラン パイロットスポーツ5。 当店ではトップクラスの人気モデル。 トレッド部分(地面に接する部分)はハードに サイド部分はソフトに作られている為、インチアップサイズの中で クッション性も良いスポーティタイヤといっても良いと思います^^     パーツの1つ1つに拘りを感じる一台に仕上がりました♪ オーナー様、納期の件は大変ご迷惑をお掛けしてしまい 大変申し訳御座いませんでした(^-^; またのご利用、いつでもお待ちしておりますね!!

    • アルファード/ヴェルファイア
    • スプリング交換
    • RS-R
    • RAYS
    2023/02/18
    30アルファードをローダウン&ホイール交換を同時に行い一気に仕上げました!!

    人気のプレミアムモデル“JET BLACK EDITION”の2×9を 30アルファードにインチアップサイズにて装着しました!! 同時にローダウンも施工、一気に仕上げました♪   クラフト知立店 白井です 本日のご紹介は30アルファードのスプリング&ホイール交換 施工経験豊富なクラフトならではのトータルカスタマイズ   ■RSR Ti2000DOWN 新型車のマッチングが早く、国産から輸入車まで豊富なマッチングを有する【Ti2000シリーズ】 チタン配合の新素材で耐ヘタリ性能に強く、【ヘタリ永久保証】が嬉しいダウンサス♪ ダウン量が控え目なハーフダウンなどもラインナップしてます   ■RAYS HOMURA 2×9PLUS JET BLACK EDITIONⅢ メッシュデザインをベースとする【HOMURAシリーズ】から人気のJET BLACK EDITION 通常カラーでは選べない【ブラッククロームコーティング】が特徴的 スポーク多めの9対デザインで煌びやかさに拍車がかかります♪   センターキャップは【JET BLACK EDITION】ならではの特別な意匠 グラデーションしたベースキャップに立体ロゴ文字がプレミアムな装いに マシニングした文字の周りが七色に輝くのもブラッククロームコーティングの醍醐味   スプリング・ホイールの装着が終われば【アライメント測定・調整】を行います ダウン時にアームにズレが生じてアライメントにも影響、適正な数値へ調整を行います 走行に応じてアライメントにズレが生じてくることもあるので足回り交換時だけでなく 定期的なアライメントの調整を行っていただいた方がベストです(中でもタイヤ交換時は特におすすめです♪)   【ビフォー】 【アフター】 2インチアップの20インチセッティングにダウンサスによるローダウンで バランスの取れたカスタムフォルムを獲得しました☆   WHEEL:RAYS HOMURA 2×9PLUS JET BLACK EDITIONⅢ SIZE:20inch COLOR:YNK(ブラッククロームコーティング) TIRE:NITTO NT555G2 SPRING:RSR Ti2000DOWN   柔らかな丸みのある造形で吸い込まれるような奥行感を纏います 光の当たり方で雰囲気を変える【ブラッククロームコーティング】 陰影がはっきりとして2×9デザインにメリハリをつけます   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました   レイズ公認のレイズNo.1ショップのクラフト知立店 レイズホイール買うならクラフト知立店へ

    • シビック
    • スプリング交換
    • その他サス
    2023/01/24
    ホンダ シビック(FL1)にスプーンスポーツのスポーツスプリングでローダウン!!

    クラフトではスプーンスポーツの取り扱いございます シビック(FL1)のスプリング交換をご紹介 ローダウンでスポーツカーらしいスタイリングを獲得   クラフト知立店 白井です 本日のご紹介は【ホンダ シビック(CL1)】のダウンサス装着 HONDA車御用達のスプーンスポーツのスプリングを選択されました   ■SPOON SPORTS PROGRESSIVE SPRING 鮮烈なブルーカラーが特徴的なダウンスプリング 快適性はそのままに、よりスポーティに仕上げることを目標に開発 樽型スプリングの採用でLOWレート・HIGHレート部分を作り出し相反する性能の両立を可能にしています   発色の良いカラーリングで存在感あるスプリングに仕上がっています ダウン系だとあまり見えない部分ですがスプリングカラーは 個性を演出するポイントとして押さえたいですね   【ビフォー】 【アフター】 フロント・リア共に約25mmDOWN 実用性とスタイルが両立できるバランスの取れた車高になりました   SPRING:SPOON SPORTS PROGRESSIVE SPRING DOWN量:フロント-25mm/リア-25mm   HONDA車を知り尽くした“スプーン”が開発するスポーツスプリングは安心感が違います モーターレーシング直継の技術で走りも快適性能も損なわない妥協のないスプリングです   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました   クラフト知立店はスプーンスポーツ取り扱いございます ローダウンならクラフト知立店へお任せください

    • ロードスター
    • ローダウン系
    • 車高調
    • HKS
    2023/01/23
    ロードスターRF(NDERC)のサスペンション交換!!HKS ハイパーマックスSを装着しました☆

    スポーツフリーク御用達のHKSサスペンションをロードスターRFに装着 合わせてスタビライザー位置を補正するショートスタビリンクも同時装着   クラフト知立店 白井です 本日のご紹介はロードスターRF(NDERC)のサスペンション交換 レースシーンでも活躍する【HKS】のストリートユース向け車高調を装着しました   ■HKS ハイパーマックスS HKSのストリートユース向け車高調である【ハイパーマックスS】 全長調整式・減衰30段調整機能付きのフルスペック車高調 シリーズ統合により“ストリートオールマイティ”を掲げているモデルで ミニバン・SUV・セダン・スポーツカーと車種毎にベストなセッティングを施しています 伝統的なホワイトスプリングはそのままにシェルケースはグレーに刷新したプレミアムなスタイリング   ■Odula ショートスタビリンク(フロント) ローダウンに伴い変化してしまうスタビライザー位置を補正するパーツ ローダウンのご用命の際は同時注文が増えている人気商品 リア用のショートスタビリンクもOdulaより発売しています   サスペンション装着後は【アライメント測定・調整】を行います ローダウンに伴うアーム位置のズレがアライメントへ影響を与えます 3Dアライメントテスターによりトゥ・キャンバー・キャスターを 数値化し適正な位置へ補正を行います   【ビフォー】   【アフター】 もともと低床なロードスター、ローダウンしたときのスタイリングの変化は絶大 フェンダークリアランスは隙間なく詰まりました   SUSPENTION:HKS HIPERMAX S OTHER:Odula ショートスタビリンク   BBS製17インチホイールにブレンボキャリパーを履きこなすロードスターRF ローダウンでさらにスポーティなスタイルを追求しています   ローダウンに伴うスタビライザー位置の変化は乗り心地にも直結 車種によってはスタビライザーがつっぱり固い乗り味になってしまうことも スタビライザー位置の補正で劇的な変化が得られます   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございます   NDロードスターのカスタム実績多数 車高調取り付けも経験豊富なクラフト知立店にお任せください

    • スイフト/スイフトスポーツ
    • ローダウン系
    • 車高調
    • HKS
    • WORK
    2023/01/19
    スイフトスポーツのカスタマイズは18インチで決まり!!HKS ハイパーマックスS&WORK EMOTION ZR10を装着しました☆

    スイフトスポーツに大口径18インチをインストール 車高調の同時装着で理想の出面を実現 唯一無二、個性的な一台に仕上がりました☆   クラフト知立店 白井です 本日のご紹介は【SUZUKI スイフトスポーツ(ZC33S)】のトータルドレスアップ ローダウンに合わせて、18インチのスポーツスタイルホイールを装着しました   ■HKS HIPERMAX S シリーズ統合され車種毎にベストなセッティングを施す【ハイパーマックスS】 全長調整式・減衰30段調整式で好みの車高・好みの減衰へ調整が可能 (※車種によっては減衰調整機能がないモデルもあります) なんといってもハイパーマックスSは“倒立式ダンパー”を採用 国産車はストラット式サスペンションを採用している車種が多く サスペンション自体がアームの一端を担っているため剛性は高い方が有利 倒立式ダンパーはシャフト径を太く作れるため剛性を確保できるメリットがあります   ■WORK EMOTION ZR10 エモーションシリーズ最軽量を謳う【ZR10】 応力分散に適した等間隔の10本スポークを採用、まさにスポーティデザイン 赤×黒の配色を施した【kurenaiモデル】で個性的な一台へ   ラウンドしたスポークは奥行を感じさせ、リム感を強調しています ダイヤカット部はセンターに向かい斜めにカットすることでよりシャープに さらに実際よりも奥行感があるような工夫が施されています   ■NITTO NT555G2 スポーティなVパターンのトレッドウェアを採用するNT555G2 その見た目からスポーツカーユーザーからミニバンまで幅広く支持されています サイズ展開が豊富でドレスアップシーンでは組み合わせることが多いタイヤです   【ビフォー】 【アフター】 インチアップに伴い、タイヤは45扁平から35扁平へ 18インチ化でタイヤの薄さが際立ちますね   ホイール:ワークエモーションZR10 サイズ:18インチ カラー:BRM(kurenai) タイヤ:NITTO NT555G2   フローフォーミング製法を採用しており軽量性・高剛性を実現 スポーツファンには欠かせない性能を獲得しています 奥行感が出せるデザインがこの角度からの見た目がGOOD   スイフトスポーツの18インチカスタムはチューナーサイズ気味になりやすい為ローダウンはマスト 18インチサイズの装着を見越してのサスペンションの取り付けをしました トータルドレスアップをした方だけの特権カスタムです   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました   スイフトスポーツのカスタム施工実績多数 スポーツカードレスアップのご相談はクラフト知立店まで  

    • ロードスター
    • ローダウン系
    • 車高調
    • BLITZ
    • ADVAN
    2023/01/06
    NDロードスターをトータルドレスアップ☆☆ダウンサイズの15インチの【ADVAN TC4】を装着しました!!

    NDロードスターにコダワリの15インチを装着 フルスペック車高調の【BLITZ ZZ-R】 人気の5スポークホイール【TC4】をインストール!!   クラフト知立店 白井です 本日のご紹介はカスタムのご用命をたくさんいただいております【NDロードスター】 ローダウンにタイヤ・ホイール交換とトータルドレスアップを行いました   ■BLITZ DAMPER ZZ-R 全長調整式・減衰32段調整式のフルスペック車高調 赤×黒のレーシーなスタイルも人気の一つとなっています スポーツカーに限らず様々なドレスアップユーザー様から支持されている車高調です   ■Odula ショートスタビリンク(フロント) マツダ系パーツを数多く展開する【Odula】 ローダウンに伴い変化するスタビライザー位置を適正位置に補正します リア用もラインナップされています   ■YOKOHAMA ADVAN TC4 5スポーク×コンケイブと昨今のツボを押さえたホイール フローフォーミングにより軽量性と高剛性を実現しています スポーツホイールらしいサイドカットが施されておりさらなる軽量さを追求しています ■YOKOHAMA ADVAN FLEVA Vパターントレッドデザインがなんともスポーツタイヤらしい 高速走行も意識したタイヤでありながら 低燃費性能“A”・ウェット性能“a”を獲得した実用性も抜群なタイヤです   YOKOHAMA ADVANシリーズは基本的にセンターキャップが別売り オプションにて用意したのはボディ色に合わせたレッドカラー レッドはワンポイントに人気のカラーリングです   ホイールにあわせて“ADVAN ロゴ”の入ったナットを選択 貫通タイプのレーシングナットでややロングタイプになっています   すべてのアイテムの取り付けが終了したら【アライメント測定・調整】へ ローダウンに伴い変化してしまうアライメントのズレを適正値へと修正していきます 特にNDロードスターはキャンバー・キャスター・トゥのすべてを調整できる車両 アライメント調整はマストであり重要な作業となります   【ビフォー】   【アフター】 ローダウンによる車高変化でボディの腰高感は解消 インチダウンの15インチでセッティング、タイヤの肉厚感が増しスパルタンな印象   ホイール:YOKOHAMA ADVAN RACING TC4 サイズ:15インチ カラー:アンバーブロンズメタリック&リング タイヤ:YOKOHAMA ADVAN FLEVA サスペンション:BLITZ DAMPER ZZ-R   本日取り付けしたTC4はコンケイブの効いた【GTRデザイン】 立体感のある仕上がりは見る角度によって表情を変えるので360°楽しめます   ユーザー様コダワリの15インチサイズ NDロードスター最小径サイズになります スタイルも良し、乗り心地も良しのいいとこどりサイズ   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました   NDロードスターの施工実績多数 トータルドレスアップはクラフト知立店へお任せください

    • アルファード/ヴェルファイア
    • ローダウン系
    • 車高調
    • BLITZ
    • レオンハルト
    • ツライチセッティング
    2022/12/07
    30アルファードをトータルドレスアップ☆3ピースの大本命【レオンハルト】をこだわりのオーダーメイドで装着!!

    タイヤ・ホイール・サスペンションを一度に装着☆ こだわりの3ピースホイールをツライチセッティング!!   クラフト知立店 白井です 本日はトータルドレスアップした【30アルファード】をご紹介 3ピースならではのオーダーカスタマイズを施したこだわりのホイールを装着しました   ■BLITZ DAMPER ZZ-R 全長調整式・減衰32段調整機能付きのフルスペック車高調 赤×黒カラーリングでスタイルからも人気を博す車高調 下げ幅に定評がありドレスアップユーザーから高い支持を受けています ブラケットが長穴加工され若干のキャンバー調整ができるのも嬉しいポイント   ■玄武 バンプストッパー(リア) 30系アルファード・ヴェルファイアのローダウン時に併せて付けたいアイテム サスペンションの一部として機能させることを前提にしたバンプストッパー バンプタッチで発生する不快な突き上げ感を軽減させてくれます 4段階のハイト調整可能で自分好みのストッパー作動ポイントをコントロールできます   ■スーパースター レオンハルト アングリフ 3ピースの大本命ホイール【レオンハルト】シリーズ 2×5のスポークデザインをベースに高低差を設けた造形やエアホールなどトレンドを盛り込んでいます サイズはアルヴェルカスタムのトレンドサイズ【21インチ】   アングリフの21インチはステップリムのみ選択可能 立体感がでて高級感がプラスされるステップリムですが口径感がぼやけてしまうのが難点 今回はリムに被さる様にスポークが配置される【オーバーリムデザイン】でオーダー 21インチの口径感を最大まで主張します   カラーは【ブラックメタル/ポリッシュ】を選択 クローム系のカラーリングは注目されること間違いなしの一本に 光の当たり方で表情を変える二面性のある楽しめるカラーです   インナーリムはオプションにてマットブラックをオーダー アルマイトでは光の反射などいよりディスクデザインがぼやけてしまうことが ブラック系のカラーにすることで陰影がはっきりしてデザインがしまります   ナットはブランド合わせでレオンハルトのフォージドナットをチョイス 天面にロゴが入ってデザイン性は満足の仕上がり アルミナットなので軽量性も兼ね備えます   すべてのアイテムの装着が完了したら【アライメント測定・調整】へ ローダウンに伴いアライメントのずれが生じるのは必然 トゥ・キャンバー・キャスターを可視化し調整を行っていきます(※車種によって調整可能箇所が異なります)   【ビフォー】 【アフター】 ローダウン、タイヤ・ホイールの交換で雰囲気は一変   ホイール:SUPER STAR LEON HARDIRITT Angriff サイズ:21インチ カラー:BLACK METAL/POLISH タイヤ:NITTO NT555G2 サスペンション:BLITZ DAMPER ZZ-R 用品:玄武 バンプストッパー   前後9.5Jサイズのツライチセッティングは見応え抜群 車高調同時装着で可能になる特権サイズです リムオーバーディスクデザインはリム感もプラスに感じさせる造形に仕上がっています   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました   車高調・タイヤ・ホイールのトータルドレスアップは 経験豊富・施工実績多数のクラフト知立店へお任せください

    • GR86 ZN8/BRZ ZD8
    • ローダウン系
    • 車高調
    • BLITZ
    • WORK
    2022/11/20
    【WORK EMOTION ZR10】&【BLITZ ZZ-R】でGR86をスポーツカスタマイズ!!

    ローダウンとタイヤ・ホイール交換でトータルドレスアップ スポーツフリークに人気の外さないアイテムでカスタム スポーティな【GR86】が完成しました   クラフト知立店 白井です デモカー効果もあり、カスタムのご用命を多くいただいております【GR86】 本日はタイヤ・ホイール・サスペンションを一度に交換していきます   ■BLITZ DAMPER ZZ-R 全長調整式・減衰32段調整機能付きのフルスペック車高調 スタイルからも人気を博す車高調で赤×黒のレーシーなカラーリング 車高調整幅には定評がありドレスアップユーザーからも絶大な支持を受けています   フロントには調整式ピロアッパーマウントを採用しています(※車種によって異なります) 加えてブラケット部は長穴加工が施されています どちらもキャンバーの角度をつかさどる為、調整範囲が通常より広くとれるのが特徴的   ■WORK EMOTION ZR10 エモーションシリーズ最軽量モデルの【ZR10】 応力分散に優れた等間隔の10スポークデザインのホイール 角を立たせてテーパーするスポークはコンケイブ感を実際よりも大きく見せてくれます レーシーなブロンズ色の【チタン】、リップダイヤカットが入り口径感を最大限主張   スポーツモデルのエモーションシリーズは基本的にセンターキャップはオプション 見た目のカスタマイズも考えるとセンターキャップ装着はマスト ホイールやナットの色味を考えてブラックを選択しました   ■KYOEI Kics LEGGDURA RACING EL53 コアナット・アルミシェルの2部構成が人気のロングナット コアナットは剛性には信頼のあるクロモリ製 発色の良いアルミシェルを採用しておりそれぞれの良さを生かしています   タイヤ・ホイール・サスペンションの装着後は【アライメント測定&調整】を行います ローダウンに伴いアライメントずれが生じる為、ハンドルセンターズレ・ブレなどの症状やタイヤ偏減りの原因に繋がります アライメント測定&調整はローダウン施工時にはマストな作業になっています   【ビフォー】 【アフター】 ローダウンに続くタイヤのサイズアップによりフェンダークリアランスが詰まり腰高感解消 実用性も確保できるフェンダークリアランスは指2本でセッティングしました   ホイール:WORK EMOTION ZR10 サイズ:18インチ カラー:チタンリップダイヤカット(HGLC) タイヤ:NITTO NT555G2 サスペンション:ブリッツ ZZ-R   デヅラは出すぎない【8.5J】のリム幅サイズを選択 ローダウンと組み合わせると見た目はもちろん実用性も意識できるサイズ選定 タイヤサイズは純正よりサイズアップの【225/40R18】を組み合わせ 18インチカスタムの定番サイズは肉厚でクッション性能があがりますしトレッド幅も広がりいいことづくめ   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました   クラフト知立店はデモカーGR86が居るお店 GR86のカスタマイズは大得意☆ ワークホイール買うならクラフト知立店へ

    • ハリアー
    • ローダウン系
    • 車高調
    • BLITZ
    • RAYS
    2022/10/26
    80ハリアーにBLITZ ZZ-R&HOMURA 2×7FT・PROXES CL1 SUVを一度に装着しました☆

    足回りとタイヤ・ホイールのトータルドレスアップは 作業実績が豊富なクラフト知立店にお任せください 80ハリアーのカスタマイズをご紹介します   クラフト知立店 白井です 本日のご紹介は80ハリアーのトータルドレスアップ ローダウンに加えてタイヤ・ホイールを装着しました!!   まずはサスペンションパート ■BLITZ ZZ-R 赤×黒がレーシーな雰囲気の車高調は【BLITZ ZZ-R】 そのスタイルからも人気を博している車高調 全長調整式・減衰32段調整機能付きのフルスペック車高調 お客様のニーズに合わせて車高・減衰が調整出来ます スタイル重視も良し、走り重視も良しの車高調です   続いてホイールパート ■RAYS HOMURA 2×7FT メッシュデザインを基調とするHOMURAシリーズから 直線的なデザインがシャープな2×7FT 20インチの口径感をしっかり主張できるデザインとなっています   丸みの少ないスポークはテーパー具合も強調 カラーは【YNJ(ブラッククロームコーティング)】 メッキのような輝きのあるカラーリングは 見る角度や明るさによって表情を変える面白いカラーリングです   続いてタイヤパート ■TOYO PROXES CL1 SUV トーヨーの最新SUVタイヤのPROXES CL1 SUV 従来モデルに比べて約22%のパターンノイズの低減に成功 SUV専用設計によるロングライフを実現 ナノバランステクノロジーにより低燃費性能とウェット性能を両立させています   ■RAYS フォーミュラナット(FN2) ナットにはホイールメーカーと併せたレイズの人気のナットを選択 ナット本体にはクロモリ(SCM435)を使い強度面はバッチリ キャップ部分にはアルミ製のキャップを使い発色の良いカラーをプラス 落ち着きのあるブラックを装着しました   【ビフォー】 【アフター】 純正車高が高めな車両だけあって下げ幅には余裕があります 今回は前後50mmダウンにてセッティングいたしました   ホイール:RAYS HOMURA 2×7FT サイズ:20インチ カラー:YNJ(ブラッククロームコーティング) タイヤ:TOYO PROXES CL1 SUV ナット:RAYS フォーミュラナット(FN2)   80ハリアーの20インチでは245/45R20のタイヤサイズを使うのが定番 大口径の20インチですが【45扁平】での組み合わせは実用性もバッチリ SUV専用設計タイヤの組み合わせでより快適です   RAYSでは様々なシリーズで採用されているブラッククロームコーティング 日光に当たればギラッと輝く陰った場所ではダークな雰囲気も出る スポーツシリーズにも投入されている人気カラーです   フォーミュラナット(FN2)はトレンドのロングタイプナット ナットホールが深めの今回のようなホイールでも頭がしっかり顔を出すので フォーミュラナットの良さがしっかり出ますよ   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました   タイヤ・ホイール・サスペンションの事ならお任せください クラフト知立店はレイズ公認のレイズNo.1ショップ レイズホイール買うならクラフト知立店へ  

    • GR86 ZN8/BRZ ZD8
    • ローダウン系
    • 車高調
    • BLITZ
    • RAYS
    2022/10/17
    BLITZ ZZ-R&Gram Lights 57CRを同時装着して新型BRZをスポーツメイク☆

    新型BRZ&GR86のカスタマイズはデモカーが居るクラフト知立店へ 経験豊富な当店ではトータルカスタマイズでもお任せください 車高調・タイヤ・ホイールを同時装着しました   クラフト知立店 白井です 本日ご紹介するのは【新型BRZ】のトータルカスタマイズ 車高調&タイヤ・ホイールの装着でスポーツシーンが似合う一台が完成しました♪   まずはサスペンションパート ■BLITZ ZZ-R 赤×黒のカラーリングが特徴的なブリッツの車高調 レーシーな見た目でスタイルからも人気を博しています フルスペック車高調なので性能も抜群 全長調整式・32段減衰調整式なので理想の車高・乗り心地を求めやすい ストラット車ではブラケットが長穴加工済みでドレスアップにも最適 スポーツシーンでもドレスアップシーンでも大活躍の車高調   続いてホイールパート ■RAYS Gram Lights 57CR スポーツメイクでは定番の5スポークデザイン 実際のレースシーンにも供給されている【Gram Ligts 57CR】 鋳出しで【RAYS】【57】の文字がスポークに配置されスポーツマインドを刺激する造形   ディスクはテーパーの効いたコンケイブフェイス 見応えのあるフェイス2サイズでご用意しています   オプションのセンターキャップも取り付けしました 【GL CAP BK/BK】はベースブラックの文字ブラックタイプ ワンポイントにカラーをプラスできるタイプもあります   続いてタイヤパート ■NITTO NT555G2 トレッドはスポーツらしいアグレッシヴなVパターンデザインを採用 操縦安定性能・ウェットグリップ性能を意識したUHP(ウルトラハイパフォーマンスタイヤ) 国内問わず海外のユーザーからも支持される人気のタイヤ 定番の225幅で用意したので8.5J幅と組み込んでも引っ張り過ぎないスタイルに   経験豊富なスタッフが装着作業を進めますので安心してお任せください サスペンション・タイヤ・ホイールの装着が完了したら【アライメント測定・調整】へ キャスター・キャンバー・トゥを適正値に調整していきます (※調整可能箇所は車両によって異なります)   【ビフォー】   【アフター】 一気に変化を楽しめるのがトータルドレスアップの醍醐味 経験豊富なクラフトならではのオーダーです   ホイール:RAYS Gram Lights 57CR サイズ:18インチ カラー:グロッシーブラック タイヤ:NITTO NT555G2(225/40R18) サスペンション:BLITZ ZZ-R   GR86のローダウン車両には【8.5J】がバランスが取れてしっくりきます スポークホイールの醍醐味であるコンケイブも確保できるので 見た目と実用性を求める方には8.5Jはベストサイズです   グロッシーブラックはスポーティさに加えて高級感も併せ持ちます シンプルな5スポークは軽量感を感じられるシルエット スポーツシーンに似合う足元に変身しましたね   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました   新型BRZ・GR86のカスタマイズはデモカーが居るクラフト知立店へ レイズ公認のレイズNO.1ショップ【クラフト知立店】 レイズ買うならクラフト知立店へ  

    • S660
    • ローダウン系
    • 車高調
    • HKS
    • VOLK
    2022/10/16
    鍛造ホイール装着!!HONDA S660をスポーツメイク、HKS HIPERMAX S&VOLK TE37 SONIC SLを同時装着☆

    スポーツシーンで活躍するコダワリのアイテムで HONDA S660をトータルカスタマイズ スパルタンモデルの投入で走りを意識☆   クラフト知立店 白井です 軽スポーツの中でもMR(ミッドシップ)車で多くのファンを魅了する【S660】 スポーツシーンで人気を博すサスペンションにコダワリのサイズ選定を行ったホイールを装着していきます   まずはサスペンションパート ■HKS HIPERMAX S レースシーンでも活躍する【HKS】のフルスペック車高調 全長調整式(フロントはネジ式)・減衰30段調整機能付き S660用のHIPERMAX Sはフロント・リア共に【倒立式】を採用しています シャフトを太く作れるメリットはサスペンション剛性に直結 サスペンションがアームの一端を担うストラット式構造の足回りでは倒立式は有利です なかでも前後ストラット式のS660にとってはベストチョイス   S660は欧州車に多い“差し込み式”のサスペンション形状 国産車の中では作業難易度が上がる車両ではありますが クラフトでは経験豊富な熟練のスタッフが在籍 安心してお任せください   続いてホイールパート ■RAYS VOLKRACING TE37SONIC SL K-Car、コンパクトカー向けの【TE37】であるSONIC SL(スーパーラップ)の名を冠した本モデルは究極の走りを実現するスパルタンモデル 軽量化に対する追及はセンター切削化と同時にキャップレス化、リムフランジにもカットを入れ 各部の補強も怠りなく行い“-100g”の軽量化を実現   オリジナルモデルのTE37 SLと同一の【PG(プレスドグラファイト)】を採用 SLモデルの証であるスポークステッカーはSONIC専用の新たな装いで登場   TE37SONICの醍醐味であるコンケイブはかなりの見応え フロントFACE2、リアFACE3のコンケイブディスクをご用意しました 車高調装着車ならではの特権サイズです   ナットパートに移ります ■KYOEI LEGGDURA RACING EL53 Shell Type Nut 2ピース構造でお馴染みになっているロングタイプのカラーナット コアナットにスチール、シェルにアルミを採用することで 互いの欠点を補い、利点を最大限活かすベストマッチなナット 強度面での不安もなくなったうえでアルミならではの発色の良いカラーを楽しめます   【ビフォー】   【アフター】 フロント15インチ、リア16インチはそのままにローダウン&ホイール交換を行っています   ホイール:RAYS VOLKRACING TE37SONIC SL サイズ:F/15インチ・R/16インチ カラー:PG(プレスドグラファイト) サスペンション:HKS HIPERMAX S   圧巻のコンケイブはFACE2・FACE3 コンケイブが求めにくいK-Carサイズですが前後異形サイズのS660は 特にリアのクリアランスが広い為、見応えのあるFACE3も履きこなします もちろん車高調等などのサスペンションセッティングは必須です   サイズの選択肢が豊富でK-Carカスタムでも人気のS660 プロショップのクラフトではカスタム経験豊富ですので 「こんなカスタマイズがしたい!」等ご要望がございましたら お気軽にクラフト知立店へご相談ください   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました   クラフト知立店はK-Carカスマイズも得意 レイズ公認のレイズNo.1ショップのクラフト知立店 レイズ買うならクラフト知立店へ ここで展示会についてお知らせです。 10/22(土)10/23(日) の二日間【クラフト知立店秋の鍛造ホイールフェス開催!!】 TWS、BBS、RAYSホイール、ダンロップタイヤを展示します。 更にサスペンションメーカーはビルシュタインが出来立てホヤホヤのデモカーGR86を装着し参加決定!! もちろん各メーカー購入特典もありますので是非ご来店下さいね(^^)/

    • セダン
    • LEXUS
    • スプリング交換
    2022/10/01
    新型レクサスIS300h特別仕様車のF SPORT Mode Black Ⅲをエスペリアのダウンサスでローダウン。

    特別仕様車の新型レクサス IS 300hを エスペリアのスプリングでローダウン!! 完成形をさらに進化させます。 ローダウンの事なら、三河の落とし屋クラフトへご相談を。     すでに完成形では無いかというくらい純正状態で出来上がっているオクルマ。 クラフトがさらに進化させて頂きます♪ 足元にはF SPORT Performance First EditionとF SPORT Mode Black Ⅲで専用になっている BBS製の鍛造19インチホイール。 マットブラックでかなり足元が引き締まっております♪ いやぁ~実にホイール屋泣かせな仕様です(*´▽`*)     ノーマル車高より少しだけ下げれれば大丈夫! という事でしたので、程よく下がるエスペリアのローダウンスプリングをご用意させて頂きました。 絶対にここまで下げたい!!これ以上は下げたくないという強いご希望があれば 間違いなく車高調一択でしょうが、おおよそこれくらい下げれれば良いかな~という感覚であれば ローダウンスプリングでもアリでしょう。     純正で電子制御ダンパーが装備されている場合、 この機能を生かすには純正ダンパーをそのまま使ってローダウンスプリングを入れる方法と 電子制御ダンパーの機能がそのまま使用できる車高調KITを入れる方法の2択。 後者の車高調KITは種類もそこまで豊富ではないです。     何台か施工させて頂いているオクルマですので、スムーズに施工が進みます♪ フロント側だけ設定にあったスーパーダウンサスラバーも同時に取り付け。 ローダウンしたら、バンプラバーと呼ばれるダストブーツ内に装備されているパーツが ダンパーに底付きしやすくなり、乗り心地の悪化や異音の原因にもなる可能性があります。 予防策として同時にお取り付けさせて頂きました。     フロントはダブルウィッシュボーン、リヤはマルチリンクの足回り形状。 セダン系のおクルマによく使用される快適性重視の足回り形状です。 難なく取り付け施工も終わり、4輪アライメント調整も施し全施工完了です。 (BEFORE) (AFTER)     SUSPENSION:エスペリア ダウンサス OPTION:(Fr)エスペリアスーパーダウンサスラバー ローダウン量:(Fr)20~25mm (Rr)18~23mm     完成形からさらなる進化。 前後程よくローダウンされた特別仕様車のIS300h。 これくらいのローダウンが道を選ばずに走る事も出来ますし さりげない感じが個人的に好きです♪ 大人カスタムに仕上がりましたね^^   オーナー様、この度は数あるショップの中から クラフト知立店をご利用頂きまして誠に有難う御座いました。 またのご相談、いつでもお待ちしております♪

    • セダン
    • LEXUS
    • RS-R
    • ENKEI
    2022/08/16
    レクサスGSをローダウンして『ENKEI RS05RR』の最大コンケイブ“R FACE”を装着する!!

    車高調にはAVSを活かせる“RSR BESTi ACTIVE” トータルドレスアップだからこそ付けられる スペシャルサイズのホイールを装着しました☆   クラフト知立店 白井です 本日はタイヤ・ホイール&車高調でトータルドレスアップ コダワリの車高調とサイズセッティングで最大コンケイブ“R FACE”を装着しました!!   車高調は“RSR BEST i ACTIVE”を装着 本日入庫のGSは電子制御サスペンションが標準装着 それを活かしたまま車高調へ交換できるサスペンションになっています   さらに“BEST i ACTIVE”は減衰力調整が可能なモデル 電子制御のセレクトに加えてベースの減衰力がセッティングできます とことんこだわりたいかたにはオススメの車高調   装着していくホイールはスポーツフリークから絶大な支持を受ける“ENKEI RS05RR” フィンタイプデザインの細身スポークがスマートで軽量感を感じさせるデザイン ENKEIのリム成型技術“MAT PROCESS”をさらに進化させた“MAT-DURA FLOWFORMING”の採用で 軽量性に加えて高剛性を実現したレーシングモデルホイール   リムエンドまで余すことなく伸びたスポークが口径感をとことん主張 せっかくの20インチをしっかりと活かせるデザインになっています   見応えバッチリの“R FACE”はRS05RRの最大コンケイブフェイス GSへの“R FACE”装着には繊細なセッティングを行うのが必須 車高やタイヤの組み合わせなどが重要になってきます   タイヤには国内外問わずカスタムシーンで人気を博す “NITTO NT555G2”は見た目にもスポーティなVパターンデザイン   ナットには“モノリスT1/06”を装着 内掛けタイプになっているのでナットホールを傷つけにくいメリットや 特殊形状なので防犯性能にも定評があります メタル感のあるグロリアスブラックを選択   ・ビフォー ・アフター “R FACE”サイズの装着に伴いしっかりとローダウンさせていただきました   ホイール:ENKEI RS05RR(Fr:M FACE Rr:R FACE) サイズ:18インチ カラー:マットダークガンメタ タイヤ:NITTO NT555G2   見応えばっちりのコンケイブフェイス なかなか見ることのできない落とし込みは トータルドレスアップならではの完成度   コンケイブしたホイールではキャリパー干渉が気になるところ GSは大き目のキャリパーを装着しておりますがベストなサイズチョイスで難なく回避   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございます   タイヤ・ホイールや車高調でのトータルドレスアップは 実績豊富なクラフト知立店へお任せください ~夏季休業のお知らせ~ まことに勝手ながら8月14日(日)から8月18日(木)まで 夏季休業とさせていただきます 8月19日(金)10時30分より通常営業となります 宜しくお願いします

    • アルファード/ヴェルファイア
    • ローダウン系
    • 車高調
    • TANABE
    2022/06/21
    乗り心地を意識したローダウン、30アルファードにタナベ ZT40&玄武 バンプストッパーを装着!!

    30アルファードに乗り心地を意識したローダウンを施工 40段の減衰調整でお好みの硬さにセッティング 突き上げ軽減の為、ショートバンプストッパーも同時装着   クラフト知立店 白井です 本日のご紹介は30アルファード ローダウンでかっこよさを求めるのと同時に乗り心地も考慮したい 乗り味重視のアイテムで30アルファードをローダウンしました   取付したのは“TANABE SUSTEC PRO ZT40” 全長調整式・減衰40段調整式のフルスペックモデルの車高調 純正ショックを手掛ける“KYB”との共同開発 ツインバルブシステムの採用で低速時でもリニアに減衰を発生させます   30アルファード/ヴェルファイアのローダウン時には是非合わせて取り付けたいのが “玄武 ショートバンプストッパー” リアのバンプラバーをショート化することでリアの突き上げ感を低減 2枚のアジャストプレートが同梱されており 車高の高さに応じてバンプラバーの高さを変化させることが出来ます   ・ビフォー ・アフター メーカー推奨値のセッティングでバランスの取れた車高   サスペンション:TANABE SUSUTEC PRO ZT40 バンプラバー:玄武 ショートバンプストッパー   30アルファード・ヴェルファイアは元の車高が結構高め 故にローダウンのご相談も多い車両 しかし、ミニバンですのでフル乗車での走行も想定したい おのずと車高調の選択は決まってきます 乗り心地も意識したい方には“ZT40”はピッタリです   ローダウン時の不快感として多いのが“リアの突き上げ” 玄武のショートバンプストッパーの取り付けで結構変わります 車高調のみならずダウンサス装着時も合わせて取り付けてもいいと思います   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございます   サスペンション交換ならクラフト知立店へお任せください!! クルマ好き必見のイベント「クラフトカスタムフェア」が知立店で開催決定! 最新ホイールの大量展示やデモカーの体感試乗会など盛りだくさん! 7月30日(土)・31日(日) クルマ好きは知立店に全員集合! ↓↓↓詳しくはクリック↓↓↓

    • スカイライン
    • 車高調
    • TEIN
    • WEDS
    2022/06/06
    37スカイラインをトータルカスタマイズ~Weds Sports SA25R&NITTO INVO&TEIN FLEX Z~

    ローダウンとタイヤ・ホイールの交換で足回りを一度にチェンジ お車の雰囲気もガラリと変化しました 37スカイラインをスポーティなアイテムで仕上げました   クラフト知立店 白井です 本日は37スカイラインのサスペンション&タイヤ・ホイール交換のご紹介 大口径のスラムドカスタムも人気の車両ですが 今回は走りを意識したスポーティスタイルでまとめましたのでご紹介します   グリーンの車高調といえばMADE IN JAPANのサスペンションメーカー“TEIN” 本日の取り付けは全長調整モデルの車高調“FLEX Z”になります 16段の減衰調整も兼ね備えたフルスペック車高調です   TEINは“復筒式”のショックアブソーバーを採用しており マイルドな乗り心地を実現、乗り心地には定評のある車高調   ホイールにはWedsのスポーツライン“Weds Sports”を選択 2×5のデザインは王道スポーツデザインの“SA-25R” スポーティなメタリックブラックカラーは ドレスアップにもふさわしい万能カラー 純正でエアセンサーを採用している37スカイライン 純正より移植させていただきエアーセンサーを活かしました   前後違いのサイズにて用意したのは8.5J/9.5JはF-FACEとR-FACE 写真のホイールはテーパーを効かせたR-FACE センターへの強烈な落とし込みは見応えありのFACE コンケイブに加えてリムを大きく見せたい場合は1ピースホイールがマスト   斬新なトレッドパターンをしている、こちらのタイヤは“NITTO INVO” 熱狂的なファンも多いこちらのタイヤはMade in japanの国内生産 見た目もさることながら性能面にも寄与するトレッドパターン アウトサイドショルダーにラージブロックを配置してドライ・ウェット性能を発揮 センターに作られたツインワイドグルーブによりウェットパフォーマンスも問題ありません 車のパワーに負けない245/275の極太タイヤで組み合わせしました   サス交換には欠かせないのがアライメント調整 ローダウンに伴いトゥ・キャンバー・キャスターに狂いが生じます 3Dアライメントテスター配備のクラフトではアライメント状態を数値化 熟練のスタッフが施工するので、細かな調整もお任せください (※アラインメント調整箇所は車種によって異なります) 車高調交換のみならずタイヤ・ホイールの交換の際にもオススメの作業です   ・ビフォー   ・アフター   ホイール:Weds Sports SA-25R サイズ:19インチ カラー:METAL BLACK/F タイヤ:NITTO INVO サスペンション:TEIN FLEX Z   高低差を感じられる程のテーパーが効いたディスクはR-FACEの特権 ホイールの太さに負けないタイヤサイズの選択で 角がしっかり立ちあがったフォルムはセダンに相応しい佇まいになりました 独特なトレッドパターンのタイヤですので太ければ太いほど迫力も出ますね   ブラック系のカラーはタイヤとのメリハリがなくなり 小さく見えてしまう事もしばしばあります SA-25Rのメタルブラックはリムに切削を加えることでメリハリが付き ホイールの口径感がくっきりします 19インチの口径を最大限に活かせるセッティングになっています   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました スポーティセダンらしいこだわった一台に仕上がりました   サスペンション・タイヤ・ホイールのトータルカスタマイズは クラフト知立店にお任せください

    • WRX
    • KW、ST
    2022/05/31
    世界最高峰のサスペンションメーカー!!WRX STIにKW(カーヴェー)V3をインストール!!

    世界最高峰のサスペンションメーカー”KW(カーヴェー)” WRX STIにV3(=バージョン3)でローダウン&走行性能UP!! 別タンク(通称ベッタン)搭載の車高調で最高の乗り味に♪ KW・STはクラフト知立店にお任せを。     クラフト知立店 金子です。 当店を何度もご利用頂いているオーナー様のWRX STI。 タイヤホイール、ホイールナットは純正仕様から変更済み。 早速人気急増中の世界最高峰のサスペンションメーカー KW(カーヴェー) ”ストリートパフォーマンス”のジャンルのV3(=バージョン3)を 足元へインストールさせて頂きます。     KWは街乗りの乗り心地重視の複筒式車高調で、 ストリートメインでワインディングを楽しみたい方に非常にオススメなアイテムです。     別タンクが付いているという事は、 メインの筒の中に入っているオイルの油量に加えて増やすことが出来ます。 その分乗り心地にも差を付ける事が出来ますし、 乗り味にも大きく影響してくるんです。     ネジ式の車高調なので過度なローダウンをされる方にはオススメ出来ません。 その場合は他メーカーの全長調整式(フルタップ式)の車高調をオススメしますが メーカーが設定している推奨値のローダウン量であれば、間違いなくオススメ出来るアイテムだと思います。     V3(以前はバージョン3という名称)は伸び側と縮み側の 上下の減衰力を調整する事が出来ます。 何が言いたいかというと、ダンパーが下に沈んだ時(縮み側)と ダンパーが伸びる時(伸び側)どちらも乗り心地を変えれる事が出来る やばいアイテムって事です^^     今回のKW V3のWRX STI用にはメインスプリングとこのヘルパースプリングがセットされます。 ネジ式でローダウンをする場合、メインスプリングだけでは プリロードが足らずスプリングが遊んでしまい乗り心地の悪化につながるという事もあります。 基本的にはメーカーが設定しているローダウン量で車高を調整するのであれば、 ストローク量も確保は十分に可能です。 KWはINOX-LINEのステンレススチールという素材を使用しております。 これは塩水の耐久性が非常に高く、錆にくい性質を持ちます。     そしてスプリング下のロックシート(スプリングシート)というパーツ。 これを上下に位置をずらす事で車体を上げたり下げたりと車高の調整をします。 このロックシートはポリアミド樹脂とステンレスで作られております。 この素材を用いる事で、スプリングとロックシート金属同士で発生しやすくなる 異音のトラブルが発生しにくくさせる設計になっております。     そしてINOX-LINEとこのポリアミド樹脂×ステンレスを組み合わせる事で 固着や腐食を防いでいるんですよね^^ 今回のKW V3はアッパーマウントは純正を流用します。 耐久性や乗り心地に優れた純正アッパーマウントを使用する事で 乗り心地の確保、アッパーマウントから発生しやすくなってしまう異音も出にくいという利点があります♪     ただし耐久性が良いと言えど、純正アッパーマウントも半永久的に使えるものではありません。 走行距離が伸びている、またはおクルマの使用年数によっては 経年劣化を起こしている場合もありますので、 その際は純正アッパーマウントを新しくした方が メーカー様のベストな車高調の乗り心地を体感出来ますよ。     スバル車の中にはフロントストラットの上側に このようなキャンバーボルトが純正で取り付けられている事があります。 事前に取り付け前にボルトとナックルに同じ高さ、角度でマーカーを付けておきます。 これをすればボルトを抜いてから、いざ車高調を取り付ける時に ボルトの向きや角度について悩まずに済みますよね♪ マーカーを引くというたったこの一手間だけで、作業の進み具合も違うんです^^     減衰力に関して、フロントはボンネットを開ければ伸び側の調整が可能。 この紫のダイヤルは普段は付きっぱなしではありません。 このようにダイヤルを差し込んで時計回りでハード、反時計周りでソフトになります。 調整が終わればこのダイヤルは取り外します。     これはリヤ側のトランク内の写真です。 他のメーカー様の車高調では、このあたりの部分の内装に穴を空けなければ 内装が綺麗に納まらないという事がありますが、 KWの場合は特に穴あけの加工を施さなくても内装は綺麗に納まります。 フロント側と同様の紫のダイヤルを同じようなやり方で調整を行います。 そして調整が終われば紫のダイヤルを取り外します。 リヤの場合、奥側両サイドのクリップ2個(計4個)を外せれば 減衰力を調整出来るところまでアプローチ出来ますよ^^ 今回はまずメーカー様推奨値の減衰力でセッティング。     オーナー様のご希望のローダウン量までセッティングが出来れば 4輪アライメント調整作業へ移ります。 フロントはキャンバー、トゥ リヤはトゥの調整が可能です。 今回はフロントキャンバーをフロントとリヤの出ヅラが同じになるようにセッティング。 (BEFOR) (AFTER)   WHEEL:RAYS グラムライツ57CR TIRE:TOYO プロクセススポーツ NUT:DIGICAM チタンレーシングナット SUSPENSION:KW V3     ローダウン量は前後約30mmのローダウン。 フェンダーとタイヤホイールのクリアランスは指1本でセッティング。 セッティングが終わって異音やハンドルのセンターがしっかり出ているか 試走を行いましたが、やはり別次元の車高調です。     気持ちの良い乗り心地、乗り味を私も久ぶりに体感させて頂きました^^ 走るのがますます楽しくなります♪ 減衰力もメーカーの推奨ストリートセッティングで行いましたが、かなり気持ち良い!! KWの場合、減衰力も1段クリックするだけでかなり違う乗り心地になりますので、 オーナー様の好みのセッティングを探して頂けたらと思います。     オーナー様、世界最高峰のサスペンションは如何でしょうか?? またご感想も頂けたら幸いです♪ 次のアイテムもまた入荷したらご連絡差し上げますね!! いつもクラフト知立店のご利用誠に有難う御座います。   KW、ST車高調はクラフト知立店までご相談下さい。

    • GR86 ZN8/BRZ ZD8
    • ローダウン系
    • 車高調
    • KW、ST
    • RAYS
    2022/05/26
    GR86に車高調を装着!!人気沸騰中の“ST”を取り付けしました

    デモカーのGR86にも装着しております“ST” KWサスペンションの技術をフィードバックした本格派   クラフト知立店 白井です 弊社オリジナルモデルである“TE37SAGA S-Plus”を纏ったGR86 以前、当店にてお取り付けえをさせて頂きました車両になります 本日は、仕上げの車高調の装着を行いましたのでご紹介です   巷で人気沸騰中のサスペンションメーカー“ST” プロレーサー達も絶賛するスペックの折り紙付き   ショックに“複筒式”を採用しストローク長を確保 乗り心地には定評のあるモデルです 本日はST車高調の中でもネジ式減衰固定式の“X”をご用意しました   ヘルパースプリングの採用によりリバウンド(伸び)ストロークを 長くし乗り味にマイルドさを出しました また、車種毎の専用設計・専用セッティングのショックによる恩恵も絶大です   ロックシート部分に耐摩耗性に優れた“ポリアミド樹脂”を採用 酸化を防ぎロックシートの固着や腐食を防ぎます また、金属同士よりも異音の発生も減少させます   ・ビフォー   ・アフター フロント約30mm、リア約35mmのローダウン 推奨よりも少し低めにセッティング   サスペンション:ST COILOVERS X 複筒式の恩恵やヘルパースプリングの採用で調整幅に余裕のある車高調 普段使い重視の車高、ドレスアップ重視の車高など お好みに合わせてセッティングが可能   クラフトオリジナルサイズの“TE37 SAGA S-Plus” GR86を意識したサイズ設定にローダウンも加わり スポーティなGR86が完成しました   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました またのご利用お待ちしております   GR86のカスタマイズはGR86が居るお店 クラフト知立店にお任せください  

タイヤ&ホイールの高値買取・下取りも実施中!

0566-85-0811 クラフト知立店