装着事例
を探す
ピット
予約
コール
センター
店舗案内

話題の【40系アルファード】にダウンスプリング タナベ NF210を装着しました☆☆

2023/11/12
  • アルファード/ヴェルファイア
  • ローダウン系
  • スプリング交換
  • TANABE
今が旬の新型車両【40系アルファード】のカスタマイズ

ダウンサスの装着でダウンフォルムを獲得しました☆☆

 

クラフト知立店 白井です



新型車両のカスタマイズはクラフト知立店へご相談ください

話題の新型車両アルファード(AGH40W)にダウンスプリングを装着したのでご紹介します♪

 



■TANABE SUSTEC NF210

サスペンション・マフラーなどのGTパーツの総合メーカー“TANABE”

ダウンサスマッチングが多く、新型車両のパーツ開発もいち早く着手

1、2を争う速さで40アルファード用のダウンサスをラインナップ☆☆

 



取付に際して30型と大きく異なることはありません

熟練のスタッフが迅速・丁寧に交換を行わせていただきます

見えない部分ですが綺麗な赤色のスプリングになります

 

【ビフォー】



【アフター】



フロント・リア共に“ダウン量:20mm~25mm”

大きく開いたフェンダークリアランスはタイヤアーチに沿うようなきれいなダウンになりました

+10mmのダウンができる【DF210】もラインナップされています

乗り心地重視のNF210、ダウン量重視のDF210です

 



DOWN SUS:TANABE SUSTEC NF210

タイヤの外形アップにより腰高感を感じやすくなった40系

やや控えめのローダウンが+αの上品なスタイルへ仕上げてくれます

 



この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました

またのご用命がございましたらお気軽にご相談ください

 

40ヴェルファイアのデモカー展示を行っております!!

40系アルファード/ヴェルファイアのご相談はクラフト知立店まで♪



 

「アルファード/ヴェルファイア」「スプリング交換」の記事一覧

  • 知立店
    • アルファード/ヴェルファイア
    • ローダウン系
    • スプリング交換
    • TANABE
    2024/02/20
    新型40系アルファードにタナベのダウンサス【DF210】でローダウン!!

    新型40系アルファードの足元にタナベのダウンサスペンション 【DF210】でローフォルムを手に入れる。 ローダウン施工はクラフトまで是非ご相談下さい。 クラフト知立店金子です。 今回は新型40系アルファードのローダウン施工。 最近街中でもお見掛けする事も増えて来ましたね♪ 新型40系アルファード、ヴェルファイアのご来店も増え、有難い限りです☆ 装着させて頂きましたアイテムは タナベのローダウンスプリング【DF210】 程よく下げるNF210では無く、さらにローフォルムを狙ったカスタムです。 純正ショックアブソーバーを流用して スプリングのみ交換の施工が基本的なダウンサスの交換方法。 先代の30系アルファード、ヴェルファイアでも ローダウンした際にリヤの乗り心地を少しでも改善する為に 玄武のバンプストッパーをよく使用しておりました。 今回の適合が出ておりましたので、おススメさせて頂き 40系アルファードにもお取り付けさせて頂きました。 右側の黒いパーツの上部が純正のバンプラバー。 ローダウンすると、ロアアームに都度バンプタッチしてしまい セカンド、サードシートの乗り心地が悪化しやすいんです。 少し写真がぼやけておりますが、 (左)玄武 バンプストッパー 【SBB03A】 (右)純正バンプストッパー ご覧頂いたらお分かりかと思いますが、長さが違いますよね(*'▽') バンプタッチする事が全て悪という訳ではありません。 第二のショックアブソーバーと言われる程、 このパーツってすごく大事。 車両をそれ以上に下げないようにする為もありますが ショックアブソーバーを守る役割も兼ねております。 ある程度バンプタッチしつつ、ショックアブソーバーを守りながら 乗り心地を少しでも良くするアイテムです。 後から装着する事ももちろん可能ですが アライメントの数値がズレやすくなってしまい、 強制ではありませんが測定してみるとやはりトゥ角がズレており アライメントを調整し直す事が多いです。 やるのであれば一気にやっても良いかもしれませんね♪ サスペンションの交換が終われば4輪アライメント調整へ。 基準値よりズレた4輪のトゥ角を補正し ハンドルセンターがズレていないか試走させて頂き施工完了です。 (before) (after) SUSPENSION:タナベ DF210 WHEEL:モデリスタ TIRE:ミシュラン SIZE:20インチ ダウンサスは一発勝負! 車両誤差も出やすいおクルマですので、 あくまでもメーカーのホームページ上のローダウン数値は「参考値」です。 オーナー様1人1人考え方も異なりますので お話をさせて頂きながらアイテムをセレクトしていきましょう♪ 良い感じにローダウンも完了し腰高なイメージも払拭♪ オーナー様の理想の車高になったのではないでしょうか(*'▽')             オーナー様、この度はクラフト知立店のご利用 誠に有難う御座いました!! またのご相談、スタッフ一同お待ちしております♪ 最新ホイールが大集合!! WORK・Weds・SUPER STAR・MID・MLJの合同ホイール展示会を開催 デモカー40ヴェルファイアの同乗試乗体験会も同時開催☆☆ 3月2日(土)・3月3日(日)の2日間はクラフト知立店へ

  • 相模原店
    • アルファード/ヴェルファイア
    • ローダウン系
    • スプリング交換
    • マルチピース
    2024/02/05
    40ヴェルファイアに大口径メッシュ!エイムゲインGLM 21インチ装着!

    こんにちはクラフト相模原店です! 本日ご紹介するのはトヨタ 40系ヴェルファイアのインチアップとなります(^^) GRエアロが装着されたこちらのお車は、昨年末にスプリング交換にてローダウンをさせていただいたお車。 今回は待ちに待ったホイール交換となります♪   選んでいただいたのは「エイムゲイン GLM」 VIPやミニバンオーナー様御用達のカスタムブランド エイムゲインさんのホイールになります( ̄ー ̄) GLMは細身のスポークが特徴的でスタイリッシュな印象のメッシュタイプ。 他メーカーのメッシュとは雰囲気が大きく異なり、エイムゲインさんならではの仕上がりです☆   豊富なカラー設定から選んでいただいたのは「ハイパーブラック」 エイムゲインホイールの中でも一番人気のカラーとなります(^^) 深みのある色合いで高級感抜群の仕様。 選べるセンターキャップはレッドキャップをチョイス。 拘りのワンポイントとなります♪   純正は19インチが装着され、車高はタナベ DF210にてローダウン済。 フェンダーの隙間が埋まり、この時点でもカッコイイですが さらにカッコ良さを追求した21インチ装着後が・・・   このような感じに♪ 純正から2インチアップでかなり雰囲気が変わりました(^^) タイヤは40扁平となり、薄すぎず丁度良いサイズ感となっております。 通常インチアップのみ行うとフェンダーの隙間が気になりますが ローダウンと組み合わせることで自然なスタイルへと仕上がります!   GLMを選んでいただいたポイントの一つが「フルリバースリム」である点。 2ピースホイールの21インチの主流はまだまだステップリムが多く ステップリムですと20インチディスクを使用するので、ホイールが少し小さく見えてしまいます。。。 今回のフルリバースですとダイレクトに21インチ感が伝わるので ボディサイズの大きい40ヴェルファイアには重要なポイントとなってきます( ̄ー ̄)   2ピースホイールなのでインセットは1mm単位で調整可能。 いつも通りローダウンしてから実車測定を行い、車高に合わせたサイズにてオーダー済です。 今回もバッチリ仕上がりました♪   当店では40系のカスタムが増えてきており、ある程度データも揃ってきました。 納車済の方は現車合わせのセッティングにてホイールオーダーをさせていただきますし 納車後すぐにカスタムしたい!という方も、事前オーダーが可能ですので サイズ感も含めてご相談下さい☆   今回のカスタムスペック ホイール:エイムゲイン GLM (F/R)9.0J-21インチ カラー:ハイパーブラック サスペンション:タナベ DF210   40系アル・ヴェルのカスタムは是非お任せ下さい♪ 今回も当店をご利用いただきありがとうございます(^^)

  • 相模原店
    • アルファード/ヴェルファイア
    • ローダウン系
    • スプリング交換
    • RS-R
    • マルチピース
    • WORK
    2024/01/21
    40アルファードにWORKグノーシスCVX 20インチ&RSR Ti2000でローダウン!

    こんにちはクラフト相模原店です! 本日も新型40系アルファードのローダウン&インチアップのご紹介です(^^) こちらの車両にもマルチピースホイールの装着と 同時にローダウンスプリングの取付・アライメントまで施工させていただきました♪   装着ホイールはWORK グノーシスCVX 20インチ。 ヒネリ系メッシュ×コンケイブフェイスが特徴のWORKホイール人気モデル☆ 30系アル・ヴェルにも当店では何台も取付させていただいたシリーズとなります( ̄ー ̄) PCDが変更になった40系ですが、グノーシスシリーズですと 標準でPCD120の設定があるので特殊オーダーでなくても取付が可能となります!   カラーは超拘りの「コンポジットバフブラッシュド」 スポーク天面がブラッシュド加工で、サイド面がバフ仕上げという豪華な仕様です。 特にCVXの場合ですとスポークサイド面の造形が複雑な為 天面・サイドでメリハリがつき、ホイール全体の立体感がアップしてくれます( ̄ー ̄)   FACEは前後ミドルコンケイブを使用。 ミドルでも中々のコンケイブ具合となっております☆ CVXにはミドル・ディープと2種類のデザインがありますが ミドルの方がリム深度が深くなるので、コンケイブ+深リムを両立させることができます。   今回もインチアップと同時にローダウンの施工となります! モデリスタエアロ装着車でバンパー下のクリアランスは狭くとも タイヤとフェンダーの隙間は空き気味の純正車高。 その隙間を埋める為、こちらの車両にもローダウンスプリングをお取付けです(^^)   取付けしたのはRSR Ti2000。 ダウンサスといえばRSR。サスペンションの老舗メーカー様となりますね( ̄ー ̄) 程よいローダウン量に加え、チタン配合で耐久性もバッチリ。 Ti2000シリーズになりますと「ヘタリ永久保証」もついてきます。   Before   After 40系のローダウンスプリングですと今回使用したRSRさんとタナベさんの取付けが多いですが RSRさんはガソリン・ハイブリッド共にリアの落ち幅が若干少な目なセッティングとなります(^^) ですので、後席に乗車される方が多い場合や荷物などを常に積まれる方は こちらを選ばれた方が良いかもしれませんね!   ローダウンに加え、17インチから20インチへの3インチアップで エアロ付きボディにさらに迫力が出てくれました♪ ブラッシュド+バフカラーの組み合わせでアルファードならではの高級感もバッチリです☆   2ピースホイールとなるので出ヅラは1mm単位で調整可能。 今回はローダウンと同時施工でしたので、これまでのクラフトのデータから ダウンサスに合わせたインセットで事前オーダー済となります。 狙い通りのイイ感じのツラ具合に仕上がりました♪   今回のカスタムスペック ホイール:WORK グノーシスCVX (F/R)9.0J-20インチ カラー:コンポジットバフブラッシュド タイヤ:TOYO プロクセスコンフォート2S (F/R)245/45R20 サスペンション:RSR Ti2000   40系アルファード・ヴェルファイのカスタムは是非お任せ下さい♪ 今回は当店をご利用いただきありがとうございます(^^)

  • 相模原店
    • アルファード/ヴェルファイア
    • ローダウン系
    • スプリング交換
    • TANABE
    • マルチピース
    • SSR
    2024/01/20
    40ヴェルファイアにSSR ミネルバ 20インチをツライチ装着&タナベDF210でローダウン!

    こんにちは中島です! 本日ご紹介するのはトヨタ 40系ヴェルファイアのローダウン&インチアップです(^^) こちらのお車には拘りの3ピースホイールを装着となります♪   装着モデルはSSR ミネルバ 20インチ。 VIPセダンを中心に大人気だった名作ホイールの復刻モデルとなります( ̄ー ̄) ミネルバならではの独特なヒネリの入ったスポーク等のデザインは当時のまま 新設計のディスクにより幅広い車種に対応出来るようになっております! PCDが特殊な40系ヴェルファイアにももちろん装着可能となります♪ 昔ながらのデザインを最新のお車に装着するギャップも良いですね☆   今回はホイール装着に合わせてローダウンも同時施工。 30系に比べタイヤ外径が大きくなった分、フェンダーの隙間も純正で狭い40系。 純正車高でも違和感の無いお車になりますが、あとちょっと隙間が無くなればさらにカッコイイ仕上がりになります。 今回のオーナー様にも、この「あとちょっと」に拘りローダウンを施工させていただきました( ̄ー ̄)   ローダウン&ホイール交換後がこちら! 今回選んでいただいたのは前後程よい落ち幅で人気の「タナベ DF210」 30mm前後のダウン量で、やらしくない大人な雰囲気にローダウンが可能となります! これぐらいのローダウンですと、肉厚なタイヤを使用する20インチホイールとの相性もすごく良いですね(^^)   車両全体の雰囲気の変化も見ていきます。 Before   After 力強いツインスポークデザインのミネルバ。 車高単セダンだけでなく、ボディサイズの大きいミニバンにもめちゃくちゃ似合ってくれました♪ マルチピースでは珍しいSBCカラーも見所。 メッキパーツの多いヴェルファイア・アルファードにはピッタリの組合せですね(^^)   3ピース構造なのでインセット等はいくつかの組合せから選ぶ形に。 40系ヴェルファイア向けのサイズとしてはノーマル車高用の安パイサイズと ローダウン車向けのチューナーサイズが丁度良いインセットで設定されています。 今回は深リムを求めてチューナーサイズをチョイス! リムの深さもイイ感じに仕上がってくれました♪   PCDに合わせてナットサイズも変更になった40系ヴェルファイア。 今回はSBCのディスクカラーに合わせて、キョーエイモノリスのネオクロをチョイス。 ディスク面に虹色が反射してこちらもカッコイイ組合せとなります☆   ローダウン&インチアップでより迫力が増した40ヴェルファイア。 40系の各種カスタムは是非当店にお任せ下さい♪   今回のカスタムスペック ホイール:SSR ミネルバ (F/R)9.0J-20インチ カラー:SBC タイヤ:ダンロップ SPスポーツマックス060+ (F/R)245/45R20 サスペンション:タナベ DF210   妥協のないサイズチョイスでめちゃくちゃカッコ良く仕上がりましたね♪ 今回も当店をご利用いただきありがとうございます(^^)

  • 厚木店
    • アルファード/ヴェルファイア
    • スプリング交換
    • RS-R
    2023/12/18
    40アルファード・ヴェルファイアのカスタム。。。厚木店でもついに始まりましたよっ♬♬

      ここの所、実車でのご来店が増えて来た40アルファード・ヴェルファイア。 スタッドレスにホイール交換、そしてローダウン作業もスタートですっ🔧🔧     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   本日のご紹介はT様・40ヴェルファイア(TAHA40W)のローダウン作業。   先日、TEINさんからも車高調が発売されたと言うお話をさせていただきましたが。。。   本日は ダウンスプリング でのローダウンを行います🔧🔧     装着するのは 「 RS☆R TI2000 ハーフダウン 」 ですっ✨   T様の1つ前の愛車は30アルファード。   その時のダウン量をイメージした時にコチラのローダウンスプリングが候補にあがりました。   ボクの印象では、30アルファードのノーマルフェンダークリアランスより、40ヴェルファイアのノーマルフェンダークリアランスの方が少~し狭いように感じました。     ちなみに、上の画像はご入庫時のノーマル車高。   ワタクシ佐藤がクリアランスの確認を行った所、指4本(手のひら)が入る位のクリアランスでしたね。   たしか。。。30アルファード・ヴェルファイアのノーマル車高はもう少しだけ広かった印象。   もしかすると、純正装着タイヤのサイズが一回り大きくなった事も理由の1つかも知れませんね!     そしてコチラがローダウンを行った40ヴェルファイア。   ローダウン後は指2本少々のクリアランスへと進化!!   こうして見ても適度なローダウンスタイルに見えますよねっ✨   ちなみに、本日装着のダウンスプリングは 「 RS☆R TI2000 ハーフダウン 」   ダウン量は 「 Fr:-20~25mm 」「 Rr:-15~20mm 」 となります。     フェンダークリアランス部に Zoom Up 📷   いかがでしょう、ナチュラルスタイルと言った所でしょうかねっ♬♬   適度なローダウン量のお陰で 「 もしかして新しいヴェルファイアはこれがノーマル車高??」 ってな感じに思う方もいるかもですね。笑   ちなみに、RS☆Rさんから発売中の TI2000シリーズ はもう少しダウン量が多いモデルもアリ。     本日装着のアイテムはローダウン量控えめな TI2000 ハーフダウン。   もう1つは TI2000 ダウン と言うモデル。   気になるダウン量は 「 Fr:-30~35mm 」「 Rr:-25~30mm 」 となります!!   ハーフダウンよりあと-10mm程下がると言う事ですねっ 👀   皆様、どっちがお好みでしょうか!?   それとも、車高調でいける所までいっちゃいますかね!? 笑   ■ フロントクリアランス(ノーマル) ■ フロントクリアランス(ローダウン後) ■ リアクリアランス(ノーマル) ■ リアクリアランス(ローダウン後)   当店でも40アルファード・ヴェルファイアのご来店が増え始めてきました!!   先代の30アルファード・ヴェルファイアも数多く施工させていただきましたが。。。   これからは40のカスタムで盛り上がりそうですねっ✨   皆様からのご相談お待ちしておりま~す♬♬     T様、この度はご利用誠にありがとうございました!!   納車間もないおクルマをお預かり出来て大変光栄でしたっ♡♡   そしてカッコ良く変身する姿を見る事が出来て楽しくもあり嬉しくもありましたよぉ~♬♬   例のホイール情報が分かりましたらすぐにご連絡させていただきますね!!   それではまたのご利用よろしくお願いしま~す☆☆

  • 相模原店
    • アルファード/ヴェルファイア
    • ローダウン系
    • スプリング交換
    • TANABE
    2023/12/17
    40系ヴェルファイア GRエアロ装着車をタナベDF210でローダウン!

    こんにちは中島です! 本日は40系ヴェルファイアのローダウンをご紹介となります(^^) 40系のカスタム依頼が多い当店ですが、意外とヴェルファイアの入庫は初となります! インチアップも含めたトータルカスタムをご依頼いただき まずはローダウンからの施工となります♪   取付けさせていただいたのはタナベ DF210。 真っ赤なスプリングが特徴的なタナベローダウンスプリングをチョイスです( ̄ー ̄) ヘタリ永久保証付きで乗り味も良く、30系の時から取付実績の多いスプリング。 落ち幅も程よくあるので、サラッとローダウンされる方にはオススメのスプリングとなります☆   ヴェルファイアとなるので純正ホイールは19インチが装着済。 30系よりもタイヤ外径が大きく、純正でもタイヤとフェンダーの隙間は埋まり気味ですが カスタムユーザー様にはこの隙間も気になってしまいますよね。。。 また、20インチくらいまでのインチアップですと純正車高でもバランス良く取付できますが 21インチ以上のホイールを取付予定の方にはローダウンがオススメです♪   ローダウンスプリング取付後がこちら。 今回選んでいただいたのはダウン量の大きいDF210。 ダウン量は前後30~35mm程となり、イイ感じに隙間が埋まってれました♪   車両全体のバランスも見ていきましょう! まずはノーマル車高の状態。 ローダウン後は・・・   このような感じに仕上がりました♪ 前後でタイヤとフェンダーの隙間が丁度同じくらいとなり バランスの良いローダウンフォルムとなりますね! 今回の車両はGRエアロ装着となり、より迫力も増しております(^^)    取付後はアライメント調整を施工。 サスペンションを交換するとタイヤの角度がズレてしまい 走行性能の低下やタイヤの編摩耗に繋がってしまいます。。。 当店は3Dアライメントテスター設置店となるので、そのまま自社内で施工可能となりますよ~   今回はホイール交換も前提となっていますので、ローダウン・アライメント調整後に 現車に合わせてホイールサイズを測定していきます! ダウン量やキャンバー角の調整によってホイールサイズは大きく変わってしまいます。 拘りのサイズを選ぶ方にはローダウンからの施工をオススメします(^^)   測定も終わり無事にホイールサイズが決まりました( ̄ー ̄) 今回選んでいただいたのは1mm単位でサイズオーダー可能な2ピース。 オーダー品となるので納期は掛かってしまいますが、その分仕上がりの満足度は高くなります! 春頃までには取付できると思いますので、完成は楽しみにお待ちください♪   40系アル・ヴェルのカスタム依頼の多い当店。 ローダウンやインチアップは是非お任せ下さい♪

  • 知立店
    • アルファード/ヴェルファイア
    • ローダウン系
    • スプリング交換
    • TANABE
    2023/11/12
    話題の【40系アルファード】にダウンスプリング タナベ NF210を装着しました☆☆

    今が旬の新型車両【40系アルファード】のカスタマイズ ダウンサスの装着でダウンフォルムを獲得しました☆☆   クラフト知立店 白井です 新型車両のカスタマイズはクラフト知立店へご相談ください 話題の新型車両アルファード(AGH40W)にダウンスプリングを装着したのでご紹介します♪   ■TANABE SUSTEC NF210 サスペンション・マフラーなどのGTパーツの総合メーカー“TANABE” ダウンサスマッチングが多く、新型車両のパーツ開発もいち早く着手 1、2を争う速さで40アルファード用のダウンサスをラインナップ☆☆   取付に際して30型と大きく異なることはありません 熟練のスタッフが迅速・丁寧に交換を行わせていただきます 見えない部分ですが綺麗な赤色のスプリングになります   【ビフォー】 【アフター】 フロント・リア共に“ダウン量:20mm~25mm” 大きく開いたフェンダークリアランスはタイヤアーチに沿うようなきれいなダウンになりました +10mmのダウンができる【DF210】もラインナップされています 乗り心地重視のNF210、ダウン量重視のDF210です   DOWN SUS:TANABE SUSTEC NF210 タイヤの外形アップにより腰高感を感じやすくなった40系 やや控えめのローダウンが+αの上品なスタイルへ仕上げてくれます   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました またのご用命がございましたらお気軽にご相談ください   40ヴェルファイアのデモカー展示を行っております!! 40系アルファード/ヴェルファイアのご相談はクラフト知立店まで♪  

  • 相模原店
    • アルファード/ヴェルファイア
    • ローダウン系
    • スプリング交換
    • TANABE
    • RAYS
    2023/10/23
    40系アルファード タナベDF210でローダウン&ベルサス ヴォウジェ 20インチを装着!

    こんにちは中島です! 本日ご紹介するのはトヨタ 40系アルファードのローダウン&インチアップとなります(^^) 連日40系アル・ヴェルのカスタム相談が続く当店。 今回の車両もカッコ良く仕上げさせていただきました♪   まずはホイールからご紹介。 選んでいただいたのはRAYS ベルサス クラフトコレクションヴォウジェ2223。 以前にもモデリスタ付きの40アルファードに装着させていただいたモデルとなります( ̄ー ̄) ヴォウジェというとスパッタカラーで派手な印象のあるホイールですが こちらは限定カラーの「グロッシーブラック」 落ち着いた雰囲気で40系アル・ヴェルには間違いなく似合うモデルとなっております☆   組み合わせたタイヤはTOYOプロクセスコンフォートⅡs。 乗り味と静粛性に特化したタイヤでセダン・ミニバンオーナー様に人気のモデル。 40系は245/45-20と30系よりも少し外径の大きいタイヤを使用します。 ただこのサイズではロードインデックスが99と103XLの2つの規格が混在しており 40系アル・ヴェルには103XLを選ばないといけません。 プロクセスはもちろん103XLなので、安心して取付が出来るモデルとなりますよ~   ナットサイズも30系と異なる新型アルファード。 今回もRAYS 19HEXロックナットセットにてお取付け。 他メーカーモデルよりも細身のナットで、ホイールに傷が付くリスクが低減できます(^^) トップに描かれたRAYSロゴも良い感じですね♪   そして、今回はホイール交換と同時にローダウンも施工させていただきました! 選んでいただいたのはクラフトデモカーの40ヴェルファイアにも装着されている「タナベ DF210」 カタログ記載のダウン量は前後30~35mmと比較的多めなダウン量。   まずこちらが入庫時のノーマル車高の状態。 タイヤ外径が大きいこともあり、フェンダーの隙間は30系よりも狭め。 ただ、あとちょっとの隙間を埋めていきたいですよね! ローダウン&ホイール交換後は・・・   このような感じに♪ サラッと大人な感じでローダウンすることが出来ました( ̄ー ̄) ノーマル車高でホイール交換のみの施工でも十分カッコイイですが 程よいローダウンでさらにスタイリッシュに仕上がります☆   全体のバランスはこのような感じ。 Before   After 前後共にバランス良くローダウンすることが出来ました! ちなみに実測でのダウン量は約25mm。 カタログ値より少し高めですが、馴染み切ると丁度30~35mmダウンになりそうですね。   40系は初めてローダウンの施工をさせていただきましたが フロントストラットの取付部分のガタが意外と大きく、若干のキャンバー角の調整が出来そうです。 今回はローダウンをしてホイールが引っ込み過ぎないか心配でしたので少し起こし気味で取付。 8.5Jサイズのホイールでもいい感じの出ヅラです♪ アライメント時に数値も確認しましたが、ローダウンをしても基準値のほぼ真ん中くらいを維持できたので 走りの性能やタイヤの摩耗に対しても効果的ですね。   今回装着したクラフトコレクションヴォウジェ2223は再度在庫分をオーダー中。 次回分の入荷予定は12月頃を予定しており、ご予約受け中となります! 他にも色違いのヴォウジェやホムラシリーズは即日取付け可能なモデルが多数ございます。 40アル・ヴェルのホイール交換は是非お任せ下さい♪   今回のカスタムスペック ホイール:RAYS ベルサス クラフトコレクションヴォウジェ2223 (F/R)8.5J-20インチ カラー:グロッシーブラック タイヤ:トーヨー プロクセスコンフォートⅡs (F/R)245/45R20 サスペンション:タナベ DF210   納車仕立てお車を速攻で仕上げた1台。 よりお車のカッコ良さが引き立ちましたね♪ 今回は当店をご利用いただきありがとうございます(^^)   只今開催中のキャンペーン

  • 浜松店
    • アルファード/ヴェルファイア
    • ローダウン系
    • 車高調
    • スプリング交換
    • イベント・キャンペーン情報
    2023/10/21
    40系アルファード・ヴェルファイアオーナー様は生誕祭に大集合( *´艸`)

    ■40系 アルファード ヴェルファイアのカスタムはお気軽にご相談ください★ 画像:知立店さんよりお借りしました(^^♪ こんにちは!クラフト浜松店 です。 本日のブログは 10月28日【土曜日】10月29【日曜日】に開催されるキャンペーンに登場する デモカーのご紹介になります(∩´∀`)∩ 現在知立店のイケメン店長の手により着々と進められている40ヴェルファイアのカスタム計画★ 一体どんなデモカーが到着するのか楽しみな方も多いと思います(*´ω`) 実際私も同じ会社にいながら現車はまだ一度も見る事が出来ていません(;^ω^) 正直私も到着が楽しみな一人でもあります( *´艸`) でわ!一体どんなカスタムが進められているのでしょう? 知立店さんのブログを参考に少しご紹介いたします。 カスタムが好きなオーナー様は乗り心地や、見た目のバランス気にするオーナー様が多いのでは無いでしょうか? そんな方が最初に行うカスタムは?と言いますと、やはりローダウンですよね(*´ω`) 現在デモカーは腰高だった見た目を程よくローダウンし街乗りしやすい高さへローダウンがされています( *´艸`) 現在ではまだまだ足回りの設定が少ないのが現状ですが一部メーカー様は車高調や スプリングなどの開発は完了しており、発売もされています(*´ω`) 30系に比べタイヤサイズやPCDなども変更が入っているため どんなカスタムをしていいかお悩みの方も多いと思います(^^♪ そんな方はこの機会に是非現車を見てカスタムのイメージを膨らませてみてくださいね(*´ω`) 今回のキャンペーンの対象メーカー様以外の 商品でも臨機応変に対応いたしますので お気軽にご相談にお立ち寄りください★   コチラは知立店さんが行っているカスタムの記録をご紹介しています。 気になる方は是非チェックしてみてください★ デモカー新型40系ヴェルファイア カスタムプラン STAGE.1【ダウンサスで程よくローダウン!!】 デモカー新型40系ヴェルファイアのカスタムプランSTAGE.2【クレンツェホイールでドレスアップ】   Craft浜松店生誕15周年記念セール 出店メーカーさんのご紹介 >TWS RAYS Weds WORK HKS ブリッツ KW ST  >開催期間中にご成約頂けたお客様には特別キャンペーン価格orご成約ノベルティプレゼントをご用意しております!この機会に是非ご検討ください! Craft浜松店生誕15周年記念セール限定で当社デモカー40系ヴェルファイアが来店!   >まだまだ街中でも見かけない最新のお車を一早くドレスアップ! >納車待ちの方や、購入を検討されてる方はこの機会に是非遊びにお越しください! (※デモカーはただいま作成中のためイベント当日の仕様と異なります。お楽しみに!)   キャンペーン情報はコチラからチェックできます。     浜松店/URBAN OFF CRAFT 浜松店 住所〒435-0016 静岡県浜松市東区和田町844 電話番号053-462-7611 営業時間【平日・土曜】10:30~19:30 【日曜・祝日】10:00~18:00 作業受付時間【平日・土曜】18:30まで、【日曜・祝日】17:00まで

  • 知立店
    • アルファード/ヴェルファイア
    • スプリング交換
    • TANABE
    • クラフト40系ヴェルファイア デモカー
    2023/09/15
    デモカー新型40系ヴェルファイア カスタムプラン STAGE.1【ダウンサスで程よくローダウン!!】

    新型40系ヴェルファイア カスタムプランSTAGE.1 【ダウンサスで程よくローダウン!!】 新型40系アルファード、ヴェルファイアのご相談も是非当店まで♪     クラフト知立店金子です。 今回は弊社デモカーの40系ヴェルファイアのカスタムを本格的に始動します!! まずはローダウンから施工させて頂き、純正車高とローダウンした車高で ホイールの出ヅラがどれくらい差が出るのかチェック♪     まず作業を始める前に純正車高のチェック。 フロントとリヤが地面からフェンダーアーチのトップまでどれくらいあるのかを確認。 (フロント) 地面からフェンダーアーチのトップまで763mm (リヤ)   地面からフェンダーアーチのトップまで760mm 車高調KITはまだ開発している所が多いので、 手始めにローダウンスプリングを取り付けして このタイヤとフェンダーのクリアランスを埋めていきます。     サスペンション、ホイールなどのトータルカスタムメーカーの 「TANABE」からDF210とNF210が開発が終わり、市販化されております。 今回はローダウン量が多めのDF210をオーダー♪     フロントはストラット、リヤはマルチリンクと 施工方法に関しては30系と大きな違いはありませんが ダンパーの全長やスプリングの長さ、スタビリンクの取り付け部分。 アッパーマウントなどは30系とかなり違いを確認する事が出来ました。 (フロント) (リヤ)   といってもやる事は同じなので、 特に難なく施工が完了。 フロントやリヤの足回り形状の変更点もいろいろありました。 車高調やダウンサスの30系から40系への足回りの移植は出来ません。 30系オーナー様、諦めましょう(;'∀')     足回りを交換したら4輪のアライメント調整へ。 基準値からズレてしまった4輪のトゥ角を補正し、施工完了♪ (ビフォー) (アフター)   (ビフォー) (アフター)   これで気になる隙間は程よく埋まりました♪ 続いて取り付けしてローダウン量を確認。 (フロント)   フロント側はダウンサス取り付け後は地面からフェンダーアーチのトップまで735mm。 ノーマル車高では763mmだったので、28mmのローダウン。 (リヤ)   リヤは地面からフェンダーアーチのトップまで734mm ノーマル車高では760mmだったので、26mmのローダウン。 DF210のメーカーローダウン参考地は フロント、リヤ共にノーマル対比-30mm~-35mm あくまでもメーカーのローダウン表記は参考地となります。 車両誤差もありますので、ダウンサスは確実にメーカーの参考地まで下がるとは言い切れません。 絶対ここまで下げたい!というご希望があれば 間違いなく車高調KITにするのがおススメです。 (ビフォー) (アフター)   とはいえ、まずは気になっていたタイヤとフェンダーのクリアランスは埋まりました。 オプションでユニバーサルステップを付けているおクルマであれば これくらいのローダウン量でも良いかもしれませんね♪   ノーマル車高とローダウンした状態でのホイールサイズもチェック。 やはりこんな感じね!!と頭の中で思っていた感じになりました。 次のカスタムプランSTAGE.2はタイヤホイールを変更していきます!! 近日中にUPしますので、是非お楽しみに(*'▽')

  • 厚木店
    • アルファード/ヴェルファイア
    • スプリング交換
    • RS-R
    • RAYS
    2023/08/15
    30アルファード × HOMURA 2×9Plus ローダウンスプリングも同時施工です!!

      RAYS ホムラ2×9 Plus は新型40系アルファード・ヴェルファイアにも装着OK!! サイズ設定は 「 19・20・21・22インチ 」 と幅広く設定されていま~す♬♬     いつもありがとうございます、クラフト厚木店・佐藤です!!   本日のご紹介はH様・30アルファード。   インチアップにローダウンのご依頼ですっ✨     ご購入いただいたホイールは 「 RAYS HOMURA 2×9 Plus 」   サイズは20インチ、カラーはグレイスシルバー(QNK)をチョイス!!   歴史の長いHOMURAシリーズですが、2×9は人気No.1と言っても過言ではない程の人気ぶり。   そんな人気のホムラ2×9も時代と共にリニューアル。     ホイールデザインはそのままにホイールカラーやセンターキャップのデザインを変更。   以前のホムラ2×9のシルバーは明るくシンプルなシルバーでしたが、今回のシルバーは深みのあるシルバー。   カラーネームはグレイスシルバーと呼ばれ、ハイグロスな濃いめのシルバーへと変更。   それにより同じシルバーでも高級感が増した印象!!     RS☆R TI2000ダウン(ローダウンスプリング)も同時装着し、程良いローダウンスタイルへと仕上がりましたっ✨   RS☆Rさんと言えば新型車への商品投入をいち早く行ってくれるメーカーさん。   まずはローダウンスプリングが発売され、続いて車高調がリリースされる訳ですが。。。   先日メーカーさんのSNSをチェックしていると 「 40アルファード  車高調 開発完了っ! 」 と言う記事が載っていましたよっ♬♬     そのメーカーさんの記事より画像をお借りしましたが。。。   カッコいぃ~♡♡   やっぱりカスタムCarはローダウンした姿が似合いますねっ✨   RS☆Rさん、早くリリースお願いしま~す。笑   40アルファード・ヴェルファイアオーナー様、インチアップのご相談、車高調のご相談は納車前でもOK!!   皆様からのご相談を担当佐藤がお待ちしていますよぉ~♬♬     カスタムのご相談時、夏休みのお出掛けにはカッコ良く仕上がった状態で出掛けたい。。。   そんなご希望をいただいておりました。   ご注文いただいたアイテムはメーカー在庫有りとなっていたので、そんなご希望にもお応えする事が出来たんですよっ 👍   RAYSさんと言えば人気のアイテムが多いメーカーさん。   そんな事情もあり欠品中である事もしばしばあったりします。     そんな場合でもクラフトならすぐにご用意出来る事もあったりしますよっ 👍   クラフト厚木店の在庫状況、そしてクラフト全店の在庫状況からお求めの商品をすぐにご用意出来ないかお調べいたします!!   愛車のカスタムはクラフト厚木店までぜひご相談下さいねっ✨     H様、この度はご利用誠にありがとうございました!!   ご希望されていたアイテムがすぐに装着出来て良かったですね。   何より、お出掛けの予定に間に合ってくれた事が良かったです!!   カッコ良く仕上がった愛車でお出掛けを楽しんで下さいね、それではまたのご利用よろしくお願いしま~す☆☆

  • 知立店
    • アルファード/ヴェルファイア
    • スプリング交換
    • RS-R
    • RAYS
    2023/02/18
    30アルファードをローダウン&ホイール交換を同時に行い一気に仕上げました!!

    人気のプレミアムモデル“JET BLACK EDITION”の2×9を 30アルファードにインチアップサイズにて装着しました!! 同時にローダウンも施工、一気に仕上げました♪   クラフト知立店 白井です 本日のご紹介は30アルファードのスプリング&ホイール交換 施工経験豊富なクラフトならではのトータルカスタマイズ   ■RSR Ti2000DOWN 新型車のマッチングが早く、国産から輸入車まで豊富なマッチングを有する【Ti2000シリーズ】 チタン配合の新素材で耐ヘタリ性能に強く、【ヘタリ永久保証】が嬉しいダウンサス♪ ダウン量が控え目なハーフダウンなどもラインナップしてます   ■RAYS HOMURA 2×9PLUS JET BLACK EDITIONⅢ メッシュデザインをベースとする【HOMURAシリーズ】から人気のJET BLACK EDITION 通常カラーでは選べない【ブラッククロームコーティング】が特徴的 スポーク多めの9対デザインで煌びやかさに拍車がかかります♪   センターキャップは【JET BLACK EDITION】ならではの特別な意匠 グラデーションしたベースキャップに立体ロゴ文字がプレミアムな装いに マシニングした文字の周りが七色に輝くのもブラッククロームコーティングの醍醐味   スプリング・ホイールの装着が終われば【アライメント測定・調整】を行います ダウン時にアームにズレが生じてアライメントにも影響、適正な数値へ調整を行います 走行に応じてアライメントにズレが生じてくることもあるので足回り交換時だけでなく 定期的なアライメントの調整を行っていただいた方がベストです(中でもタイヤ交換時は特におすすめです♪)   【ビフォー】 【アフター】 2インチアップの20インチセッティングにダウンサスによるローダウンで バランスの取れたカスタムフォルムを獲得しました☆   WHEEL:RAYS HOMURA 2×9PLUS JET BLACK EDITIONⅢ SIZE:20inch COLOR:YNK(ブラッククロームコーティング) TIRE:NITTO NT555G2 SPRING:RSR Ti2000DOWN   柔らかな丸みのある造形で吸い込まれるような奥行感を纏います 光の当たり方で雰囲気を変える【ブラッククロームコーティング】 陰影がはっきりとして2×9デザインにメリハリをつけます   この度はクラフト知立店をご利用いただきありがとうございました   レイズ公認のレイズNo.1ショップのクラフト知立店 レイズホイール買うならクラフト知立店へ

  • 鈴鹿店
    • アルファード/ヴェルファイア
    • スプリング交換
    • RS-R
    • マルチピース
    • WEDS
    • ツライチセッティング
    2022/12/31
    アルファードにはクレンツェを履いて欲しい!クレンツェウィーバルで大人ツライチ仕上げ!

    本年最後のご紹介は30アルファード。 一昔前ならばクレンツェ=セダンのイメージだったかと思いますが 今高級国産車の代名詞と言えば30系アルファード、ヴェルファイアですよね。 となればワタクシの「履いて欲しい」イメージはそうなるワケです(笑) クラフト鈴鹿店の小林です。 モデル末期でありながら情勢も伴ってプレミアムな存在と人気が続く30アルファード。 流行のSUVの勢力も強いですが、王者の風格は健在ですね。 だからこそ足元もプレミアムに。 と、その前に。 やっぱりノーマル車高じゃあカッコがつかないですよね? 目的はライトに分かり易く「全体のバランスを整えてあげる」であればローダウンサスもイイですよ。 メーカーが公表する落ち幅にバラつきがないRSR Ti2000は個人的にもオススメ。 それもこれもコチラのキングオブラグジュアリーホイールを履くための御膳立て。 ■クレンツェ ウィーバル 3ピース 20インチ クレンツェにはエントリーモデルの1ピースタイプとハイエンドモデルの3ピースタイプがございます。 いわゆる組み立てホイール(マルチピースホイール)と言われるのが今回の3ピースタイプで ディスク、アウターリム、インナーリムが3ピースを指し、ピアスボルトで組み上げられます。 デザイン(カラー)とサイズの自由度(太さ)が効き、そして何より圧倒的な高級感がステータス。 ダウンサスであってもアライメントは必須。 「少し下げるだけだから」であってもトゥは確実にずれ、 まっすぐ走らないことはおろか、タイヤの摩耗速度やロードノイズの発生に起因します。 Wheel:クレンツェウィーバル3P 20インチ 5/114.3 SBC/PO & ゴールドピアスボルト Tire:ダンロップ ビューロVE304 煌びやかなSBCポリッシュに更に華を添えるゴールドピアスボルト。 高級オプションでありながらクレンツェだから自然に堂々と成り立つ 嫌みの無さがまたイイんですよね~。 ローダウンでフェンダーとタイヤの隙間は指3本まで縮まりました。 僅かではありますが、これがあるのとないのとでは一体感が大きく変わります。 注目すべきはタイヤもハイコンフォートのビューロを合わせたこと。 ここまで完璧だとため息がこぼれます(笑) 絶妙なサイズでツライチをセットできたのもローダウンあってこそ。 これぞ大人のアルファードでしょう! ご用命ありがとうございました!!

  • 鈴鹿店
    • アルファード/ヴェルファイア
    • ローダウン系
    • スプリング交換
    • RS-R
    • WEDS
    2022/09/13
    30アルファードを乗り心地重視の19インチ&ローダウン仕上げ。

    素性が良いだけに、19インチ仕様も定期的にご用命いただく鈴鹿店。 本日は30アルファードのローダウン&インチアップスタイルのご紹介と共に 乗り心地を悪化させることなく両立するポイントも ピックアップしていきましょう。 純正17インチ仕様でご入庫。 まず"交換することで乗り心地が変わる部分"のおさらいですが 大きく分けて二つあります。 ・タイヤの扁平の変化(ホイールのインチ) ・サスペンションの交換(ローダウン) ですよね? ホイールのインチを上げていくと直径外径を維持するために タイヤの扁平(薄くしていく)を落とすしかありません。 外径を無視して扁平を落とさないと干渉やスピードメーターの大きな狂い、 そもそも車高が落ちないなど、本末転倒となります(汗 今回のドレスアップの主旨は「乗り心地を損なわずカッコ良く」です。 先程挙げたポイントからホイールのインチは19インチに。 純正が17インチのお車なので2インチアップとなり迫力アップが期待できます。 タイヤは245/45R19である程度の扁平をキープできることから 大きな乗り心地悪化には繋がりません。 もちろんタイヤは国産ミニバンタイヤ。 乗り心地を重視するのであればここは絶対外せないところですね。 お次はローダウン。 乗り心地を保ちたいならば車高は純正のままが・・・ いやいや、せっかくインチアップするのに車高がノーマルではカッコがつきません(笑) 30アルファードは足回り構造が非常に良く、程良いダウン量のダウンサスを選べば こちらも大きく乗り心地を損なうことはないですよ。 今回は全体を整えるという意味と乗り心地を配慮し、ハーフダウンタイプを使用。 最後はアライメントで総仕上げ。 ダウン量が10ミリでも60ミリでも足回りを交換したら 必須の作業項目です。 せっかく良いタイヤを履いても骨格がずれて変な角度でついていたら 目も当てられない走行性能とロードノイズが発生します! Wheel:ウェッズ レオニスVX 8.0J-19in 5/114.3 BMC1 Tire:ダンロップ エナセーブRV505 Sus:RSR Ti2000ハーフダウン 【 ↓ BEFORE NOMAL ↓  】 【 ↓ AFTER ↓ 】 ハーフダウンは従来のTi2000と比べ落ち幅は控えめ。 15ミリ~20ミリのダウン量ですが、見た目が全然違いますよね。 僅かなダウン量でも全体のバランスに大きく影響することが分かります。 手のひらがスッポリ入っていたフェンダーもこの通り。 落ち幅を抑えた分、ストローク量をキープできますので 純正とほとんど乗り心地が変わりませんよ。 ホイールは往年の名作レオニスVX。 BMC1というBMCコート一色のカラーリングで足元を引き締めます。 タイヤはダンロップエナセーブRV505で乗り心地と静粛性を確保。 ミニバン用設計なのででふらつきも抑制します。 見た目特化のカスタムも得意ですが、こういったご要望を形にするのも得意です。 ご相談はクラフト鈴鹿店へぜひドウゾ。 ありがとうございました。 クラフト鈴鹿店ブログはスマホで「お気に入り」登録! https://craft-web.co.jp/blogs/suzuka/  

タイヤ&ホイールの高値買取・下取りも実施中!

0566-85-0811 クラフト知立店