店舗案内

Shop Blog

URBAN OFF CRAFT 浜松店ブログ

URBAN OFF CRAFT
浜松店ブログ

カテゴリ「リフトアップ」記事一覧

    • DELICA デリカD5
    • JAOS
    • リフトアップ
    2019/11/22
    デリカD5をリフトアップ★ 消耗品パーツも同時に交換しリフレッシュ★

    ■浜松店リフトアップ施工台数No1のデリカD5にJAOS VFSを取り付け★ 皆さんこんにちはURBAN OFF CRAFT浜松店です('ω')ノ 本日ご紹介致しますお車はコチラになります★ 三菱 デリカD-5です。 本日施工します内容はJAOSのリフトアップキットを取り付け+純正の消耗品のパーツも一緒に交換していきます(´艸`*) 上の写真を見て頂きますとJAOSのサスペンションは写真を撮り忘れてしまいましたので有りませんが 純正のパーツがズラーっと並んでいますね。 フロントのスタビリンク 純正ダストブーツ(フロント、リア) フロントベアリング リアショックのブッシュ フロントキャンバー調整ボルト(アムテックスEZカム) リアのスタビリンクはJAOSの付属品を使用していきます。 かなり種類が有りますが、これらの商品は必要に応じて交換して行きますので、必要な物はコチラで手配させて頂きます。 費用としては、事前にお客様と相談しながら予算に合わせてご準備致しますので、勝手に注文は致しませんでご安心ください。 フロントを交換する際は、純正のアッパーマウントを流用するサスペンションが有りますのでその際は、ベアリングやゴム類 部品は、交換させていただくことが多いですね。ダストブーツは破れている事が多いので、交換は必須ですね。 そして、D-5に良くあるのはフロントのスタビリンク!ここは非常に錆びやすく、固着して外せない事が多いですね。 その為、一度ディーラーさん等に行って外して頂くか、それでも何ともならない場合は、交換しなければいけませんので 当店では、長くお車に乗られていたり、年数が経過しているお車は、交換して頂くことをお勧めしています。 リアも同様に、固着して外せない事が多いですね・・ ですが、商品によっては標準で付属しているものも在りますので、ご購入商品の内容をしっかり確認する必要はありますね(´・ω・`) リアはショックのを固定しているマウントも、中にゴムのブッシュが入っているので(上側下側)、コチラも交換するといいですね。 外して、新品と見比べてもトータルで1cm位は長さが変わってくるので、せっかくリフトアップをするのであれば この1cmにも拘るも良いですね(●´ω`●) 今回は、お車を購入し納車前にリフトアップしてお客様に納車と言う事も有り、リフレッシュ出来るところは 全てリフレッシュして完成です。 完成後はしっかりとアライメントを施工し最高の状態でお客様の元へ(´艸`*) フロントリア共に約30mm程リフトアップ(●´ω`●) パット見でわかるこのクリアランスの変化は嬉しいですね(´艸`*) ガソリン車とディーゼル車では、車高が少し変わってきます( `ー´)ノ今回は ガソリン車の交換になりましたので、リア側が少し高くなります。 フェンダーの隙間が大きく広がり、夢も膨らみますね(●´ω`●) どんな、サイズのタイヤが入るかなど楽しみが増えていきますね( `ー´)ノ 実はホイール交換もする予定でしたが 今回はサスの取り付けまでにホイールが間に合わなかった為、今回はリフトアップのみ作業でした。 ホイールが入荷次第、お取り付けして頂きますので、完璧な完成までは、もう少し、お時間を頂きます。 ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。 完成しましたら、またコチラでご紹介しますので、お楽しみにー(´艸`*)

    • JAOS
    • URBAN OF CRAFT/アーバン オフ クラフト
    • VFCA
    • リフトアップ
    2019/11/10
    サスペンション交換(リフトアップ、ローダウン)に在りがちな注意点。

    みなさんこんにちはURBAN OFF CRAFT浜松店です(*´Д`) 本日はコチラのご紹介です★ JAOS BATTLEZ リフトアップコイルスペーサー 20mm up 荷物の積載時、リヤの車高下がりが気になる方に向けたリア用のコイルスペーサー。1 / 2 インチ (12.5mm)サイズのスペーサーによって、リヤを適度(約20mm)にリフトアップします。積載時のスタイリングを補正できます。 ただし、車高を上げた事でリアのキャンバー角が外側に起きてしまうため 社外のキャンバーを調整するアームが必要になります。 注意事項・補足説明 取付けはリヤコイルスプリングと車体マウントの間に挟込む 2WD車装着未確認 他の商品と同時装着して車高が40mm以上変化した場合、構造変更手続きが必要になる場合があります。 19.02以降のディーゼル車(新型デリカD:5)装着可能   スタイリングを重視すると、車検点検が・・・・悩みますね。 最初からボディーリフト等でリフトアップする方法選択すれば、構造変更して 一回で完結するので、面倒な事はしなくても済みますね。 でも、そこまでは、やりたくない方も多いかと思います。 悩んでしまいますね。(/ω\)   フロントに関して言えばJAOSの調整式のサスキットを使えば前後のバランスはしっかりと 揃えることが出来るので、程よくリフトアップしてスタイリングを重視するのであれば コチラがおすすめですね。 このサスを取り付けしてそれでも、もう少し車高を上げたい方は上の リフトアップコイルスペーサーを使ってみても良いのではないでしょうか? デリカのサス交換は、色々とパーツを追加する事でより一層ワイルドにする事も出来たり 快適に使用したりする事も出来ます。 その中で、リフトアップした際に定番なパーツなのはコチラ アムテック EZカム(キャンバーボルト) リフトアップしたことで走行安定性や、操縦安定性が悪くなったと感じた方は 多くいらっしゃると思います。 それは、車高を上げた事でキャンバー角が外側へ大きく開き、トゥがズレてしまうことで 起きる現象です。 下の画像がキャンバーを表しているのですが こうやって外側に倒れることでタイヤが正常な位置から大きくズレているのが一目瞭然ですね。 ここの角度を補正してくれるのが、このキャンバーボルトになります。 ただ付けるだけでは効果が無いので、取り付けをした際に一緒に アライメントを取ることで、より正確な脚の形へ(正常な状態)と修正することが出来ます。 コチラの画像はトゥです。 イメージ的には男性が、がに股になって歩くと靴のかかと部分が内側だけ減っていくのと同様に タイヤも同じように減っていきます。 タイヤの摩耗だけでなく、タイヤにリンクしているドライブシャフトなどにも悪影響が出てきます。 特に、デリカはリフトアップするとフロントのダストブーツが破れグリスが飛び出る事も有るので 必要な作業ですね。 当店は3Dアライメントテスターを完備しておりますので。 このブログを読んで一つでも当てはまる事が有りましたら一度ご相談ください。 キャンバーボルト等も在庫しており、即日の対応も可能ですので お気軽にお問い合わせください。  

    • DELICA デリカD5
    • URBAN OF CRAFT/アーバン オフ クラフト
    • リフトアップ
    2019/11/09
    デリカ D:5 サスペンション研究★

    皆様こんにちはURBAN OFF CRAFT浜松店です。 本日のブログはデリカのサスペンションについて解説していこうかと思います★   まず!四駆のサスペンションは専門店でしか交換できないのですか? そんな、質問が有りましたのお答えしていきましょう。 答えは勿論Yes!です。 基本的に作業手順はどんなお車も同じような手順を踏んで作業していきますが。 時に専門的な知識、技術が必要となってきます。 安心してお車を使って頂く為には、ショップ選びも重要なポイントとなってきますね。 上の写真を見ていただいて何を作業しているか分かりますか? この作業は、アライメントと言ってサスペンションの補正作業です('ω') 補正作業??って何って感じですかね? これは、お車にとって必要不可欠な作業になっていきます。 この作業をする事で色々なメリットが生まれ来ます。 アライメントについてはまた後日ご紹介しますね★   先ずコチラの作業のご紹介です。 下の画像はJAOSのリフトアップキットを取り付けしている時の画像となります。 コチラがフロント側のサスペンションになります。 純正パーツを再利用して取り付けするので、キットは別にご用意が必要になるパーツも多いので お車を、長く乗られていたり、距離が50000Km~100000Kmほど使用していて、サスの交換が 出来ていないお車は、純正パーツも視野に入れてご検討が必要かと思います。 何故純正パーツが必要かと言いますと。 上の写真で、スプリングの中に蛇腹になった筒状のカバーが見えますか? ここは、ゴム製で出来ていますので、長く使用していると割れたり、亀裂が入り 大事なサスペンションに砂や泥が付着し、サスペンションのオイル漏れやガス漏れの原因を引き起こします。 リアのサスペンションも同様、下の画像がリア側になるのですが右の奥に有りますダンパーの上の方に カバーが覆い被さっているのが分かりますか。 コチラも同様にサスペンションカバーの役割をしています。 このパーツ類を交換することで、新品で交換したサスペンションの寿命は 中古のカバーを使った足と比べますと、大きく異なってきますので、交換必須アイテムですね。 異音の解消や乗り心地にも大きく変化していきますので。 純正のパーツは場所によっては必要不可欠なものも存在しますので、サスペンション交換の際はお気軽に お声掛けください。 純正パーツも当店で取り扱いしておりますので、困った事は何でも、お聞きください★     デリカD:5のカスタムははお任せください★ 自社でデモカーとして所有もしておりますので。デリカのカスタムでのお悩み事はURBAN OFF CRAFTへ★ 当店自慢のデモカーデリカD:5です。 URBAN OFF を追求した一台となっております。 スタイルワゴンさんでも紹介していただいております。

    • Jimny ジムニー
    • オープンカントリー
    • リフトアップ
    2019/11/07
    B23 ジムニー用Set マットな仕様完成編★

    ■JB23ジムニーへ 【185/85R16】サイズのホイールセット装着   皆さんこんにちはURBAN OFF CRAFT浜松店です。 本日のブログは JB23 ジムニー用Set マットな仕様サス取り付け編★の続きとなります。 前回のブログを読んでいない方は上の題からジャンプできます★ サスペンションの取り付けも完成し最後の作業アライメントを施工していきます。 どんな、お車でもサスペンションを交換した際は必ず行うことをお勧めします。 この作業を、やるとやらないとではタイヤの寿命や、走行に大きな差が出てきます。 アライメントについて詳しく知りたい方はこちらも一緒にチェックしてみてください。 アライメント 四駆のアライメントは、しっかりと取りましょう★ タイヤの基礎知識 しっかりとアライメントが施工できたら完成です。   お取り付けしますホイールはコチラ NITRO POWER CROSS CLAW(ナイトロパワー クロスクロウ)16in タイヤはコチラ TOYO OPEN COUNTRY RT 185/85R16 このインパクトはノーマルでは出せませんね! リフトアップ量は35mm~40mm程度ですが、しっかりと上がりましたね↑ ストリートをメインで使われる方でしたら十分なリフトアップですね☆ タイヤも大きくなった事で、純正には無い強いインパクトがプラスされました! タイヤ外径は185/85R16を使用しているので、タイヤだけでも純正に比べると40mm近く外形で大きくなっているので タイヤだけでも20mm近くは車高が上がりましたね☆ タイヤが大きくなってもフェンダーのクリアランスは純正の状態に近いぐらい開いていますね。 リフトアップしてなかったらやはり干渉してしまいそうですね。 大きいタイヤを履くのであればやはり、リフトアップは必須ですね。 こちらがリフトアップ後のタイヤとフェンダーのバランスです。 タイヤが大きくなった事で、フロント側のバンパーとの距離が大分近くなっていますね。 リフトアップしていなければ、干渉しそうな感じがしますね。 因みにフルハンドル時はインナー側のクリアランスも大分狭くなるので、車両の個体差によっては インナー側の加工が少し必要になる事も有ります こちらは、ノーマル状態のフロントになります。 リフトアップ後に確認するとフェンダーの隙間が大きく余裕のある感じが見られますね。 リアはこんな感じです。 良い感じで上がって、悪路でもガンガン攻めて走れそうな感じですね(笑) こちらはリアのノーマル状態です。 YAKIMAのサイクルホルダーが良い味出していますね☆ 遊ぶに相応しいお車に大変身を遂げましたね! これからのジムニーLifeが楽しくなりますね☆ M様この度はURBAN OFF CRAFT浜松店をご利用いただき誠にありがとうございます。 仕上がりは満足頂けましたでしょうか? また何かお困りな事がございましたら、お気軽にお越しください スタッフ一同心よりお待ちしております。

    • JAOS
    • Jimny ジムニー
    • オープンカントリー
    • リフトアップ
    2019/11/06
    JB23 ジムニー用Set マットな仕様サス取り付け編★

    皆さんこんにちはURBAN OFF CRAFT浜松店です★ 本日のご紹介は! 久しぶりの登場! スズキ JB23 ジムニーです☆ お膝元だけあってジムニーオーナ様が多い浜松ではカスタムはもう定番ですね★ そして、今回はサスペンションにプラスタイヤホイールも同時に取り付けてしまいます★ 今回はサスペンションのご紹介です。 お取付させて頂きますサスペンションはこちらです。 BATTLEZ リフトアップセット VFS ジムニー JB23系 基本情報 チタン配合材を使用したヘタリ保証付きのコイルスプリングとハーモフレック機構を搭載した高性能ダンパーを組み合わせたリフトアップキット。 商品内容 フロントコイルスプリング、リヤコイルスプリング、フロントダンパー、リヤダンパー 車高 リフトアップ フロント35〜40mm、リヤ35〜40mm スプリング 線径 フロント 11Φ リヤ 11.5Φ バネレート フロント19.5N/mm、リヤ右20.1N/mm、リヤ左20.5N/mm カラー シルバー ショックアブソーバー タイプ 低圧ガス式ツインチューブダンパー、ハーモフレック_機構 減衰力調整 固定式 減衰力 フロント:伸側4%、圧側-25%(0.3m/sec/純正比) リヤ:伸側16%、圧側-20%(0.3m/sec/純正比) ストローク フロント+20mm、リヤ+30mm ボディ径 フロント45φ、リヤ45φ ピストン径 フロント30φ、リヤ30φ カラー グレーメタリック 早速作業を開始したいと思います! まず始めに全体の車高を測って行きます!これは、作業し終わった後に しっかりと車高が変わったかの確認にも繋がりますので、しっかりと測定していきます! フロント リア 共にクリアランスをチェック! 最後に全体の車高を確認しておきます★ 最初の確認がしっかりと済んだら作業開始です! まずは、リフトアップしてタイヤを外していきます! 店長の真剣な表情が伺えますね! サス交換は危険を伴う作業になるので、常に気が抜けない作業です! 下から見るとこんな感じで車体が宙に浮いているような感じで作業していきます。 その為、下に潜って作業する際は細心の注意をして作業を進めていきます。 そして、細かいパーツ類を外していき足がフリーになった時にブレーキホースや 電装系統の配線を切らない様に進めて行きます。 外したダンパーがこちらになります。 全長が向かって右側のダンパーが長いのがお分かりになりますでしょうか? 上のデーターを見てみるとストロークがフロントは20mmほど長くなっています。 リフトアップの量が約1.5インチ(35mm~40mm)程度上がりますので その分伸び側、縮み側のストロークが変わってしまうのでダンパーを長くし 適正なストロークを確保できるようになりました。 勿論バネだけのリフトアップは出来ますが、乗り心地や、使う用途によって ダンパーも交換がお勧めになります。 良いですね!新調したサスペンションは気持ちが良いですね☆ サスペンションの交換を順調に勧めていくと、最後のお楽しみ! タイヤホイールの取り付けが控えています! このホイールの詳細はこちらから JB23 ジムニー用Set マットな仕様を準備中★ 取り付けが完了し最後の仕上げアライメントを施工し最終仕上げとなります。 全貌は次回のブログで明らかに!お楽しみ☆ 最後まで読んで頂きありがとうございます★ ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください☆

    • HILUX ハイラックス
    • JAOS
    • オープンカントリー
    • リフトアップ
    2019/10/20
    TOYOTA HILUXキャノピーStyleをカスタム!リフトアップ編

    みなさんこんにちは   URBAN OFF CRAFT浜松店です。   本日ご紹介しますお車はコチラとなります。   TOYOTA HILUX キャノピーStyle   サイドステップはスッキリとしたポールスタイルで、まとめてイケイケ仕様にカスタムされております。   この仕様でも十分イケイケですが   ココにワンポイント加えたカスタムと言えば!? そうです!車高です!   リアは、トップ画像を見ていただいてお分かりのように、いい感じに車高が高いですよね   フロントは若干前下がりになっている為、ココが気になる方続出中ですね!   そんな、お悩みを解消するのがコチラ   JAOS BATTLEZ リフトアップSet VFCA・VerA 過去に詳細を記載したブログも御座いますので 覗いてみて下さい。 JAOS BATTLEZ VFCA ver.A で男前リフトアップ☆TOYOTA HILUX 編   勿論、車高だけでは無く乗り心地の改善にも繋がる、ナイスなカスタムです★ ノーマル状態でのフロント車高はこんな感じです。 四駆のお車にしては若干、隙間が狭く 車高が低く見えてしまいますね。 リアは、フロントに比べると既に、いい感じで上がっている様に見えますね★ HILUXオーナー様はリアの突き上げが気になるという方が多く 今回のサスペンションで、あたりがマイルドになるので リフトアップはしたくないが、乗り心地を改善したい方にもオススメのサスペンションです★ そして、サスペンションの交換作業が終わるのを、まだか!まだか!とスタンバッテいるアイテムが、まだいます!   4×4エンジニアリングさんかんら発売されております新作ホイール!   Air/G(エアージー) MASSIVE(マッシブ) 前回ブログで準備編をご紹介しておりますのでお時間がありましたら 下のリンクから見てみてください★ ★★MASSIVE STYLE 降臨★★   早く取り付けがしたい!! トラック好きの私としては待ちきれませんね! 私のトラック愛が詰まったブログはコチラから ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ I LOVE Truckin' さぁサス交換が完了し! アライメントを取ったら!完成です★ アライメントは重要ですからね! 下のリンクもチェックしてみて下さい☆ 四駆のアライメントは、しっかりと取りましょう★ あれ?と思った方「安心して下さい!履いて・・・・」 違いました。 全貌は明日のブログでご紹介致しますのでお楽しみに☆ ブログをココまでご観覧頂有難う御座います☆ また明日をお楽しみに★

    • DELICA デリカD5
    • JAOS
    • VFCA
    • リフトアップ
    2019/09/08
    デリカD-5をワイルドカスタム★サス取り付け編

    夏も終わりに差し掛かってきましたね。 楽しい夏でも有りますが、私みたいな男には辛い暑さから開放される 良い季節に変わろうとしていますね★ 気が早いですが、もう直ぐ食欲の秋に突入してきますので そろそろ胃腸の準備を整えておかないと★     さて本日ですがご紹介させて頂くお車ですが 昨日からのブログの続きになります。 本日ご紹介します車は三菱デリカD-5   お取付しますサスペンションJAOSバトルズ VFCA お店では定番となってきた調整ができるサスペンションとなります。 前傾姿勢が嫌いな方にはオススメのサスペンションとなります★ 減衰力の調整もできて乗り心地を気にする方や ファミリーカーで使われている方にもオススメのサスペンションとなります。 左側に見えるのがフロントのサスペンションとなります フロントは皿の部分を調整し車高の調整をすることが可能となります リアは固定式となりますが 真ん中の辺りに見えるサスペンションの、黒いダイヤルが減衰力を調整するダイヤルとなります このダイヤルを回して減衰力の調整をします(サスペンションの固さ) 今回サスペンションを交換する際に純正品を再利用しますので 再利用にあたる部分を新品と交換していきます。 長く使用されたお車ですと、ベアリングやゴムの部品は劣化し 音の原因になる事が有りますので、お車を長く使用される方は 消耗品のパーツは交換するといいかと思います。 こちらは、ボンネットとフロントガラスの間にある樹脂部分も、色が白く変色していたため こちらも新しいものに交換させていただきます。 樹脂部分が外れると、こういった感じにスペースが作ることができ作業性がよく スムーズに作業を進めていく事が出来ます。 トップナットのアクセスが難しいので、ここまで開くと楽チンですね★ 純正パーツを新品にし組み合わせたサスペンションは見た目にも綺麗で 長くお車を使われる方にはオススメの交換部品となりますね★ リフトアップする際の車両を持ち上げる力が非常に強いため バネを支える部分は負担が大きいので、交換がオススメですね。 デリカD-5は、スタビリンクが非常に固着しやすく 外しづらいため場合によっては外せない場合がありますので事前にチェックしてからの 作業がオススメです★ 一連の作業が終わりましたら、アライメントを取って完成となります。 写真で見ていただく通り今回はタイヤホイルも同時交換させていただきました★ 完成したお車の、ご紹介は次のブログでご紹介させていただきます お楽しみに★  

    • JAOS
    • リフトアップ
    2019/09/06
    ニッサン エクストレイルをリフトアップしていく★完成編

      カスタムにお悩みの皆様へ   当店のブログをご観覧頂き誠に有難う御座います★ 少しでも皆様のカスタムのお役に立てるよう更新して行きますので お気軽に、ご観覧下さい。 気になるカスタムが有れば お気軽にお問い合わせ、ご来店下さいませ★ みなさんこんにちはURBAN OFF CRAFT浜松店です。 本日のご紹介は、前回リフトアップ作業を行ったエクストレイルの後編です。 取り付け完了した後、アライメントを施工し完成となります。 完成した姿がこちらです。 サスペンション JAOS BATTLEZ リフトアップスプリング メーカー予想リフトアップ量 ガソリン車 フロント25〜30mm、リヤ20〜30mm ハイブリッド車 フロント:20~25mm、リヤ30~35mm 今回はハイブリット車となりますのでリフトアップ量は フロント:20~25mm、リヤ30~35mm 実際上がった量としては フロント約20mm リア30mm メーカー基準値より少し低目にはなりますが、良い感じで上がりましたね★ オーバーサイズを飲み込みそうなスペースが確保出来ましたね。 これで、新たな楽しみが広がりますね★ シルバーのスプリングがシッカリ見えていますね! リフトアップがしっかり出来ている証拠ですね★ 実際手を入れてみると、リフトアップ前では全く入らなかった手が 簡単にスッポリと入ってしまいました。 こちらがリア側になりますSUVらしさを感じる上がりっぷりですね アーチ部分が大分上がったので、大きなタイヤサイズもバッチリですね★ フロントに比べリア側のほうがスペースは大分広くなりましたね 手のひらを入れても、これだけスペースが開いたので次なるカスタムが 楽しみになりますね★ この度は遠方よりお越し頂き誠に有難う御座います。 その後、快適に使用できておりますでしょうか? 何かお困りな事が御座いましたら、お気軽にご相談ください。 スタッフ一同心よりお待ちしております。

    • JAOS
    • リフトアップ
    2019/09/05
    ニッサン エクストレイルをリフトアップしていく★

    カスタムにお悩みの皆様へ   当店のブログをご観覧頂き誠に有難う御座います★ 少しでも皆様のカスタムのお役に立てるよう更新して行きますので お気軽に、ご観覧下さい。 気になるカスタムが有れば お気軽にお問い合わせ、ご来店下さいませ★       スタッフ紹介 ★ イケめん 店長 寺田 ★ オモシロ担当 副店長 奥田 ★ お客様の笑顔が大好物 営業 白井ちゃん ★ New スタッフ 車への情熱は誰にも負けない男 営業 風田川 みなさんこんにちはURBAN OFF CRAFT浜松店です。 本日ご紹介しますのは、こちらになります。 ニッサン Xトレイル T32 そして、施工させて頂きます作業はこちらです サスペンション JAOS BATTLEZ リフトアップスプリング リフトアップ量 ガソリン車 フロント25〜30mm、リヤ20〜30mm ハイブリッド車 フロント:20~25mm、リヤ30~35mm 今回はハイブリット車となりますのでリフトアップ量は フロント:20~25mm、リヤ30~35mm フロントはこんな感じで5本までは指が入りませんね。 この車高が一体どんな風に変化するのか、楽しみですね。 スプリングを装着するとこんなん感じです★ 指し込み式のサスペンション形状なので最初の取り外しは、かなり大変でした(笑) リアの車高はこんな感じです。 意外に手のひらが入るくらい空いているかと思いきや 全部は入りきらないくらいの車高です。 こちらが、リアのサスペンションを取り付けした形です。 スプリングの力だけで車体を持ち上げているので、バネ自体相当 「カッチカチ」です。 文明の利器を使用したお陰で、フロントに比べリアは比較的 スムーズに取り付けできました。 取り付け作業が完了した後は バチッと!アライメントを取らせていただき施工完了です。 完全体になった姿はまた、後日アップさせて頂きます★ お楽しみに★

    • 150 Land Cruiser-Prado ランクル-プラド
    • BF Goodrich
    • TOYOTA/トヨタ
    • デルタフォース
    • リフトアップ
    2019/08/30
    TOYOTA 150後期プラドをワイルドにカスタムして行きます★完成編

      カスタムにお悩みの皆様へ   当店のブログをご観覧頂き誠に有難う御座います★ 少しでも皆様のカスタムのお役に立てるよう更新して行きますので お気軽に、ご観覧下さい。 気になるカスタムが有れば お気軽にお問い合わせ、ご来店下さいませ★       スタッフ紹介 ★ イケめん 店長 寺田 ★ オモシロ担当 副店長 奥田 ★ お客様の笑顔が大好物 営業 白井ちゃん ★ New スタッフ 車への情熱は誰にも負けない男 営業 風田川 皆さんこんにちはURBAN OFF CRAFT浜松店 本日は昨日のブログの続きとなります。 前回ブログを、まだチェックしていない方は下からジャンプできます。 TOYOTA 150後期プラドをワイルドにカスタムして行きます★ 本日はTOYOTA 150系プラド後期のリフトアップ最終章です。 順調に取り付けが進んだお車は最後はアライメントを施工し フィニッシュとなります★ 完成した姿がコチラになります★ 見事にリフトアップされた姿!やっぱりカッコいいですね★ ホイールは元々デルタフォースオーバルが装着済みで タイヤサイズは 265/70R17のBF Goodrich KO2が装着されています。 Curt製のヒッチメンバーもGoodですね★ オーナー様はバイクも乗りこなす為、ヒッチを付けバイクを積載する準備もOK! 良いですね★プラドでバイクを運ぶ! カッコいいですね★ こちらはリフトアップ前の車高になります。 やはり若干前傾姿勢なのが気になりますね。 こちらがリフトアップ後の写真になります★ 大きくリフトされた見た目はワイルド感がグッと上がりますね 若干前下がりなのは、バイクを積んだ際に水平になるように考慮し 今回は、少し前下がりにセッティングさせて頂きました。 今回はお客様の使用状況に合わせた、カスタムをさせて頂きました   I様、この度は遠方よりクラフト浜松店をご利用いただき、ありがとうございました。 また何かありましたら、スタッフ一同お待ちしております。