ピット予約 コール
センター
店舗案内

News

ニュース

バックナンバー「2021年8月」一覧

    • 新着ニュース
    • キャンペーン
    2021/08/31
    【キャンペーンは終了いたしました】アライメントキャンペーン開催中! 愛車のアライメント調整が4店舗限定でリーズナブルに!!

    このキャンペーンは終了いたしました。 カーメンテナンスのひとつ「アライメント調整」をご存じですか? アライメント調整とは、クルマにおいて車輪の向きや四輪の方向を正しく調整すること。 クルマを運転していると、わだちでハンドルを取られたり、クルマが勝手に左右へ寄っていったり、振動が増えたり、タイヤが片方側だけ減ったりといった違和感に気づいたことがありませんか? こうした現象がおこる原因のひとつが、アライメントのズレです。 クルマは、使っているうちにアライメントが少しずつズレていくものなのです。 ということは、定期的にアライメントを調整すれば、タイヤの持ちが良くなったり、燃費が良くなったり、運転が気持ちよくなったりと良いことずくめ。 愛車の運転で違和感を感じたことがある人は、ぜひ一度、専門店でアライメントを調整してみましょう。 クラフト4店舗(一宮店、ナゴヤドーム西店、多治見店、岐阜長良店)ではアライメントキャンペーンを開催しています。 通常価格から5,000円オフのリーズナブルなチャンスです。 アライメントキャンペーン 期間   : ~2021年9月30日(木) 対象店舗 : 一宮店、ナゴヤドーム西店、多治見店、岐阜長良店 対象者  : 対象店舗でアライメント調整をご注文いただいたすべてのお客様 概要   : アライメント調整工賃を通常価格から5000円オフ! 参考価格 : アライメント調整工賃(一般) : 25,400円(税込) → 20,400円(税込) 参考価格 : アライメント調整工賃(メンバー) : 20,300円(税込) → 15,300円(税込) ※国産車、輸入車の一部車種、特殊車両は除く。お車や作業内容によっては別途作業工賃が発生する場合、作業がお受けできない場合がございます。詳しくは店舗スタッフまでご相談ください。 クラフトは、全店でアライメント調整のできる環境を整え、ホイールカスタムの適切なインストールに役立てています。 詳しくはこちらもご覧ください。 ホイールアライメント調整

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/08/23
    ホイールカスタムから始めよう! カローラシリーズのカスタムスタイル

    ■ カスタムのポテンシャルが高い現行カローラシリーズ トヨタ車のなかでもとりわけ歴史が長く、世界中で愛され続けているカローラシリーズ。 現行モデルは12代目にあたり、ハッチバックモデルのカローラスポーツ、スタンダードなセダンタイプのカローラ、ステーションワゴンタイプのカローラツーリングがラインナップされています。 現在のカローラシリーズは、ホイールカスタムによって見違えるほどスタイルの雰囲気がアガるモデルです。クルマとしての完成度が高く、カスタムを受け入れられるだけの広い度量を持っているということなのでしょう。 特に、純正で少し引っ込んだ印象のあるホイールを交換するだけで、雰囲気がワンランク上がること請け合い。コストパフォーマンスが高く、おすすめのカスタムです。 実は、現行のカローラになって車格が5ナンバーから3ナンバーになり、ホイール仕様が4穴から5穴になったことで、ホイール装着サイズの選択肢が大幅に広がったという背景があります。 そのため、ホイールカスタムの流行で憧れのまなざしを向けられる「ディープコンケイブ」や「ディープリム」、「ツライチ」といった仕上がりが、現行型なら比較的簡単に実現できるようになりました。 カローラのホイールカスタムは、自由度が高く、独自のカスタムセンスを発揮できる理想的なキャンバスというわけです。 ■ カローラスポーツのホイールタイプ別カスタムスタイル カローラスポーツのホイールカスタム例を見ていきましょう。 まずは「ディープコンケイブ」。 コンケイブとは、ホイールの中央へいくに従って凹んでいるデザインのことを指し、力強くスポーティな雰囲気になるホイールタイプのトレンドです。立体的つまり中央が深いものは特に「ディープコンケイブ」と呼ばれます。 もうひとつ人気のホイールトレンドが「深リム」です。リムとはホイールのフチ部分のこと。このリム部分が大きく外側に張り出ているものを特に「深リム」と呼びます。 ハッチバックタイプである「カローラスポーツ」に関するトピックスですが、スポーツは、他のセダンやツーリングと比較して、タイヤハウスの懐が深いことから太いホイールが履けるという特徴があります。 そのため、流行の深いコンケイブホイールや、深リムホイールを選びやすいというわけです。 ■ カローラセダン、ツーリングのカスタムスタイル 先に紹介したように、ホイールカスタムではスポーツに有利な点があるものの、カローラ(セダン)やカローラツーリングでもホイールカスタムはお勧めです。ホイールだけでもスタイルが大きく変わります。 ファミリーユースに適したセダンの実例ではこのようなスタイル。 あるいは、荷物を載せる機会が多いカローラツーリングがこうなります。 カローラシリーズのホイールをカスタムするだけで、印象が大きく変わるとお分かり頂けるでしょう。 なお、こうしたカスタムの実例を紹介したブログ記事が、この記事の下にズラリと並んでいます。 これらは、今までにクラフト各店舗が紹介してきたブログ記事。お気に入りのカスタム例がきっと見つかりますので、ぜひチェックしてください。 ■ カローラ用の豊富なカスタムパーツを用意しています クラフト各店でのカスタムは、ホイールやタイヤに代表される足まわりだけではありません。 マフラーやボディ補強用パーツなどにも広く対応しております。 カローラのカスタムをお考えのユーザー様は、ぜひお近くのクラフトでお声がけください。 お客様と一緒に、素敵なカスタムを実現します!

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/08/06
    新型GR86&BRZカスタムシーン先取り情報!

    ■ 私たちも楽しみにしています。新型GR86と新型BRZのカスタム トヨタとスバルの共同開発で生まれたスポーツカー、86(ハチロク)とBRZが、2012年のデビュー以来、ついに2世代目へとフルモデルチェンジしますね。 新型の発表は2021年春。GR86の発売スタートは同年秋以降とされていますが、BRZは一足早く7月下旬に発売スタートしました。クルマ好きばかりのクラフトスタッフは、早くも色めきだっています。 86はGRブランドになってGR86という名称になり、兄弟車BRZともどもパワーアップの具合は各メディアで報じられています。 新しい外観はすでに公開されていますから、さて、これにどんなホイールが似合うか、他のパーツはどうかと、脳内シミュレーションしているわけです。 というのも、アフターパーツメーカーのいくつかは新型GR86、新型BRZ用のパーツ開発に積極的で、公式サイトでデモカービジュアルを公開、さまざまな情報をリリースしています。 これらを眺めるだけでも楽しいのですが、クラフトとしてはお客様にご提案する立場。じっくり情報を精査しながら、それぞれの特徴を探っているのです。 今回は、そうしたパーツメーカーの公式サイトをご紹介しましょう。もちろん、クラフト全店で取り扱っているパーツブランドです。GR86とBRZがリリースされて、パーツが完成した以降には、クラフトの実店舗でもご紹介できる予定です。 9月下旬追記 新型GR86(プロトタイプ)の展示会に行ってきました! 去る9月初旬、GR GARAGE高辻店さんにて新型GR86(プロトタイプ)の展示会がありましたので、クラフトスタッフも足を運んでまいりました! そして実は、GR86を1台オーダーいたしました! オーダーした新型GR86が納車され次第、クラフトのデモカーとして活躍してくれることになるはずです。 さまざまなカスタムを提案するつもりですので、どうぞご期待ください。スタッフ一同、今から楽しみです! ■ HKS GR86 PROJECT HKSのパーツ開発は、エキゾースト(マフラー)、サスペンション、エレクトロニクス(ECU)、オイルクーラー、スーパーチャージャーシステム、エアロパーツ(フロントリップ、サイドスカート、リアアンダースポイラー)、さらにボディキットオプション(フロントカナード、GTウイング、ダックテール)など。 これほどのフルカスタムともなれば、ホイールもやはりレーシーなもので考えたいところですね。 詳しくは、HKS公式サイトのHKS GR86 PROJECTをご参照ください。 ■ BLITZ GR 86 Concept BLITZが開発中としているパーツも豊富です。 エアクリーナー、フルチタン製エキゾースト(マフラー)、エレクトロニクス、3連レーシングメーターパネル、サスペンション各種、ブレーキのビッグキャリパーキット、レーシングオイルクーラーキット、レーシングラジエーター、同ホースキット、エアロパーツ(フロントバンパースポイラー、サイドスポイラー、リアバンパー、GTウイング、フロントフェンダー、リアフェンダー)、さらにアクセサリーとしてオイルフィルターキャップ、ステアリングホイール、シフトノブ、ハンドブレーキカバー、ラジエターキャップ。 なお、BLITZのデモカーはホイールにエンケイRacing Revolution RS05RR(18インチ9.5J)、タイヤはDUNLOPのDIREZZA ZⅢ(FRとも255/35 R18)をインストールしています。 こちらも詳しくは、BLITZ公式サイトのBLITZ GR 86 Conceptページでご確認ください。 ■ クラフトは、新型GR86、新型BRZのカスタムも全力サポートします! クラフト各店では、GR86およびBRZのカスタムについてのご相談に喜んでお応えいたします。 また、これまでのトヨタ86とスバルBRZへのカスタム例が下に並んでいますので、ぜひチェックしてください。