コールセンター 店舗案内

News

ニュース

バックナンバー「2020年12月」一覧

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/12/22
    実例から考える新型ハリアーカスタム/ドレスアップ

    ■国産プレミアムSUVの雄、トヨタ新型ハリアー トヨタがラインナップするクロスオーバーSUVハリアーは、2020年に4世代目(MXUA8# / AXUH8#)へフルモデルチェンジを果たし、流麗なボディラインで生まれ変わりました。 この美しいプロポーションは、純正ノーマルでもちろんカッコいい。そしてさらに、クーペよろしくカスタムやドレスアップをしても「映える」という魅惑的な存在です。 新車で購入してすぐカスタムやドレスアップを進める人は相当の好きモノ(褒め言葉です!)でしょう。 とはいえ、純正ノーマルでしばらく乗りこなしたあと、少しずつカスタム/ドレスアップを進めていくというオーナーは、けして珍しくない。愛車がますますカッコ良くなる。こんなに嬉しいことはありませんから! そして、年月が経つにつれ、多様なスタイルが続々と市場に流通することは間違いありません。 また、モデルチェンジがあると、前型(ZSU6#W / ASU6#W / AVU65W)の中古車市場も活性化するものです。多少の時間が経っていても、3世代目はスタイリッシュでクールなクロスオーバーSUV。4世代目とはまた違った魅力を持った、やはりカスタム/ドレスアップ映えする魅力的な存在ですから、アフターマーケットの選択肢が気になってくるわけです。 ■インチアップ? ローダウン? リフトアップ?ハリアーのプロポーションをどう生かすかが悩みどころ さて、そんなハリアーのカスタム/ドレスアップは、どのように進めるべきなのでしょう。 実用性を睨んで、冬季スタッドレス用に純正ホイールを回し、サマータイヤ用のホイールで遊ぼうか。 あるいは、いっそ純正ホイールを手放して、夏冬の両方ともスタイリッシュなホイールにしようか。 そうするとインチアップ、はたまたローダウン、いやいやリフトアップだって……。うーん、嬉しい悩みはつきませんね。 ■実例から学ぶハリアーのカスタム/ドレスアップ こうして悩んでいる時間はとても楽しいものですが、先人の実例を眺めてみるのもまた楽しいものです。 クラフト各店では、実店舗でハリアーに施したカスタム/ドレスアップの実例をブログで紹介しています。これらを見ながら、自分だったらどうするかを考える時間は、また格別のものです。 機会があれば、遠慮なく実店舗でスタッフに声をかけてみてください。 経験豊富でクルマ好きな、クラフト各スタッフがお客様と一緒に悩みながら、ハリアーがより魅力的になるよう、カスタム/ドレスアップの提案をさせて頂きます!

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/12/07
    リフトアップ、ローダウンどちらも似合う! RAV4カスタムトレンド

    ■カスタムパーツがそろってきた旬なクルマ、RAV4 トヨタのクロスオーバーSUV、RAV4の5世代目(XA50系)は、2019年4月にデビューすると瞬く間に大ヒット。2019-2020年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したばかりか、2019年の世界販売台数ランキングでは堂々の3位をマークしています。 世界で3番目になるほど大ヒットしているモデルだけに、街中で見かける機会が増えたことにも頷けます。 しかしそうすると、オーナーにとって気になるのが他との差別化、カスタムですね。 カスタムにより「自分のRAV4は他より少しカッコ良く見える」。この「自分だけの特別感」は、経験者にしか分からない愉悦と言えます。 ■オフロードからアーバンスタイルまでオールOK! だからこそ難しいRAV4カスタム さて、RAV4カスタムのトレンドはどうなっているのでしょう。 実は、クロスオーバーSUVとりわけRAV4のカスタムは、定番があってないような、初心者には難しい状態になっています。 ホイール&タイヤだけを見ても、ホイールをインチダウン&ワイルドなタイヤを組み合わせて「オフロード」テイストを強めるのもアリ。逆に、スポーツテイストの強い大径ホイールと薄いタイヤをインストールした「オンロード」系もアリ。はたまた、両者のいいとこ取りで「アーバンオフ」なスタイルもアリ。どれもアリ=正解というわけです。 一方、車高を考えてみると、RAV4は上げ下げしなくても十分にカッコ良いのは嬉しいポイント。ただし、リフトアップしてもローダウンしても、上手にまとめることができれば、自由自在に印象を変えることができる。やはりどれも正解という状況。 カスタムの懐が深い。これもまた、RAV4の魅力なのでしょう。アフターマケットにパーツがでそろってきた昨今は、さらにその魅力を増したというわけです。 ■やっぱりカスタムの基本はホイールとタイヤから とは言え「カスタムの基本はホイール&タイヤから」という金言は、RAV4でも同じだと考えます。 まず、自分好みのホイールを見つけて、それに合うタイヤを選んで、そうして徐々に進めていく。この道筋こそが結局のところ定番であり、今も昔も変わらないカスタムの王道。少しずつ自分色に染めていく課程もまた、カスタムの醍醐味です。 あなたのお好みはオフロードスタイルですか? はたまたスポーティなアーバンテイスト? ラグジュアリー系もどんとこい! クラフト各店で実際に施したRAV4カスタムの実例を、各店舗ブログで紹介しています。これらも是非参考にしてください。 また、なんとなくのカスタムイメージをクラフト各スタッフにお伝えくだされば、多くの実例からアドバイスをさせて頂きますよ。

    • 新着ニュース
    2020/12/05
    新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

    平素よりクラフトの店舗をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。 新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々、ご家族の皆様に謹んでお悔み申し上げます。 また、罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 【新型コロナウイルス対策について】 クラフトでは、新型コロナウイルス感染拡大防止に関して以下の感染症対策を行っています。 ・毎朝、従業員の健康状態のチェック ・従業員の就業前、手洗い、うがいの徹底 ・店舗のカウンターやドアノブなどの消毒液での清掃 ・カウンターにビニールカーテンを設置し飛沫の抑制 なお、店舗の混雑状況により店内への入場制限をさせていただく場合がございます。 何卒ご理解のほどお願い申し上げます。