ピット予約 コール
センター
店舗案内

News

ニュース

バックナンバー「2021年11月」一覧

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/11/26
    傑作ワンボックスカーはカスタム次第で百花繚乱 ハイエース カスタムトレンド最前線

    ■ ワンポイントでガラリと変わる! ハイエースはタイヤ&ホイールカスタムがおすすめ! ハイエースというクルマは活躍のシーンが極めて多彩です。 「仕事のアシ」の商用車としてはもちろん、個人ユーザーの愛車としても高い人気を誇っているのは皆さんご存じのとおり。 頑丈で便利、リセールも高値が期待できるのですから、人気があるのも頷けるというものです。 ハイエースの「THEワンボックス」とでも表現するような、シンプルイズベストなルックスはそのままでも渋くて良いのですが、商用車然としてしまうことは仕方の無いことです。 しかし、ほんの少し、たとえばタイヤとホイールをカスタムするだけで、雰囲気がガラリと変わってカッコ良くなりますね。 クラフトではさまざまなハイエースユーザー様のカスタムをお手伝いさせていただいております。 ■ ハイエースにアーバンオフ系カスタムが流行! そんなハイエースのカスタムですが、最近はオフロード系のタイヤとホイールをインストールする、アーバンオフ系カスタムのニーズが高まっています。 トヨタ系のカスタムパーツ「TRD」でもオフロードをイメージしたパーツがラインナップされていますので、メーカーとしてもそのポテンシャルを認めているということなのでしょう。 これは、TRDパーツを装着したハイエースのカスタム例です。 タイヤはTOYOオープンカントリーRT(16インチ)、ホイールはクリムソン ホクトレーシング零式S。 >URBAN OFF CRAFT 鈴鹿店ブログ そしてこちらは、クラシックテイストをプラスしたオフ系カスタム。 タイヤはTOYOオープンカントリーRT(16インチ)、ホイールはDEANクロスカントリー(マーガレットホワイト)です。 >知立店ブログ これもクラシック系でカッコいいですね! こちらはCRIMSONさんのデモカーですが、DEANブランドの新モデルCOLORADO(コロラド)の装着例です。 写真のホイールカラーはマットチャコールブラックですが、反対側はスティールグレーをインストール。詳しくはリンク先でご確認ください。 >URBAN OFF CRAFT 浜松店ブログ ■ 多彩なカスタムを許容するハイエースという傑作 ハイエースカスタムでオフ系が流行の空気を感じているクラフトですが、さまざまなニーズへ柔軟に応えられる点もクラフトの特徴です。 例えば不朽の名作TE37SB(2020年限定REDOTモデル)というレーシング系ホイールもやっぱりカッコ良い! なお、タイヤはヨコハマのパラダスペックC(18インチ)です。 >知立店ブログ ハイエースのカスタムについても、ユーザー様のニーズに合わせて多彩なご提案をさせていただきます. ぜひお気軽にご相談ください!

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/11/11
    新型GR86&BRZカスタムニュースをピックアップ!

    新型GR86&新型BRZのカスタムに関するニュースを集めました。 ■ NEWデモカー 新型GR86がクラフト知立店に納車されましたのでご紹介いたします♪ クラフトの新しいデモカー、新型GR86(ZN8)が納車されました。 デモカーカスタムの情報は、これからもどんどん発信してまいります。 >知立店ブログ ■ 新型BRZ初来店☆ TEIN フレックスZで早速ローダウン! 新型BRZのローダウン記事。 アイテムはTEIN フレックスZです。 >浜松店ブログ ■ 新型BRZのノーマル車高にはこのサイズ。SSRフォーミュラーエアロメッシュ装着でネオクラカスタム。 新型BRZでローダウンに続いてアルミホイールをセットアップした記事です。 テーマは「ネオクラシック」! >知立店ブログ ■ 【ZD8 BRZ】カスタムのご相談来てますよ!!車高調取り付け時にタワーバーも同時装着!! 新型BRZのローダウンカスタムに関する記事です。 車庫調カスタムのご参考にどうぞ! >多治見店ブログ ■ 【ZD8 BRZ】多治見店最速!!新型BRZはどれだけ落ちるのか!?そして、ローダウンスタイルはどんな姿になるのか!? 新型BRZのローダウンカスタムに関する記事です。 車庫調カスタムのご参考にどうぞ! >多治見店ブログ ■ 【GR86】車高調情報!!先行予約を受け付け中のメーカー様が・・・!? 新型GR86用の新しいカスタムパーツ情報です。 車庫調についての各メーカー情報をご紹介しています。 >多治見店ブログ ■ 新型BRZを車高調でローダウン。ブリッツダンパーZZRを装着しました。 新型BRZのローダウンカスタムに関する記事です。 車庫調カスタムのご参考にどうぞ! >知立店ブログ ■ 新型BRZホイールサイズ。新型BRZ/86に9.5Jのホイールはすんなり装着できる⁈ 新型BRZのホイールサイズおよび足まわりカスタムに注目した記事です。 足まわりカスタムのご参考にどうぞ! >知立店ブログ ■ 新型BRZのホイール構想。リアルマッチングしてみました(*^^*) 新型BRZのホイールカスタムを検討するに際し、リアルマッチングをしてみたという記事です。 ホイールカスタムのご参考にどうぞ! >知立店ブログ ■ クラフトNEWデモカー!新型GR86予約しちゃいました! クラフトの新デモカーとして、新型GR86をオーダーしたというニュースです。 納車され次第、デモカーとして具体的なご提案をお届けできる予定です。 >鈴鹿店ブログ

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/11/01
    心揺さぶる“マイクロスーパーカー” ホンダS660 カスタムスタイリング

    ■ “マイクロスーパーカー” ホンダS660を自分色に染めよう! ホンダS660と言えば、かつてのホンダ・ビートを彷彿とさせる、ミッドシップレイアウトのコンパクトオープン2シーター。 抜群の個性は、ホンダ自身が「マイクロ・スーパーカー」と表現するほど特別なものです。 そんなS660は、ノーマルで十分カッコいいモデルであるものの、カスタムするとさらにカッコ良くなります! というのがクラフトからのご提案。 そして、やはり最初にお勧めしたいのはホイールです。 ホイールは、コストパフォーマンスが高く「カッコ良い!」を実感しやすいマストアイテムですから。 ■ 1ピースホイールかマルチピースホイールか、それが問題だ さて、S660のホイール選びは、方向性が2つに大別されます。 ひとつは1ピースホイール、もうひとつはマルチピースホイールです。 1ピースホイールとは、ホイールを構成するパーツが1、つまり、ひとかたまりであること。剛性を強くしやすく、本格的なスポーツホイールは多くが1ピースホイールです。 一方のマルチピースとは、ホイールを構成するパーツが2つ以上のもの。2ピースなら2つ、3ピースなら3つのパーツを、溶接やピアスボルトで組み合わせたものです。複数のパーツを組み合わせていますから、デザイン性の高いホイールを作りやすいというメリットがあります。 そんなわけで、スポーティ感や剛性を重視するなら1ピースホイールとなり、見た目や個性的なデザインを重視したいならマルチピースが最初の選択肢になるというわけです。 実例を見ていきましょう。 1ピースホイールの例:RAYS Volk Racing TE37 SONIC SL(レイズ・ボルクレーシングTE37ソニックSL) マルチ(2)ピースホイールの例:WORK MEISTER S1R(ワーク・マイスターS1R) どちらもカッコ良い! のはお分かり頂けると思います。 それぞれ、実例の詳細は過去のクラフトブログで紹介していますので、興味のある方はぜひリンク先もご覧ください。 ■ S660のマフラー、スプリング、タワーバーなどのカスタムもお任せください! さあ、ホイールだけでは満足できないというS660オーナーの皆さまには、まだまだお勧めしたいパーツがたくさんあります。 マフラー交換の例:SPOON N1 Muffler(スプーンN1マフラー) スプリング交換の例:SPOON PROGRESSIVE SPRING(スプーン・プログレッシブ・スプリング) ボディ補強の例:BLITZ StrutTowerBar(ブリッツ・ストラットタワーバー) ダイジェストでご紹介してきましたが、クラフト各店ではまだまだたくさんのS660カスタムをお手伝いさせて頂いております。 この記事下にはS660に関する過去のブログ記事が表示されていますので、こちらもぜひチェックしてください。 S660をさらにカッコ良くしたいオーナーの皆さま! 是非クラフトへご相談ください!