ピット予約 コール
センター
店舗案内

News

ニュース

バックナンバー「2021年6月」一覧

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/06/25
    ヤリス&GRヤリス 普段使いを超える!カスタムコレクション

    ■ 日常のアシから走りの相棒まで。多彩に活躍できるヤリスとGRヤリス トヨタ・ヤリス(旧名ヴィッツ)は、いわゆるBセグメントに位置するコンパクトカー。 幾度かのモデルチェンジを経ても5ナンバーサイズに収まるコンパクトさをそのままに、しっかりとした作り込みによって、世界中で評価されているモデルでもあります。 コンパクトカーだからと妥協せず、ファーストカーとして選ばれるように作り込まれているあたり、トヨタのクルマ作りの“粋”が見事に具現化していると言えるでしょう。 また、スポーツモデルとして登場したGRヤリスにも注目です。 ヤリスの最上級グレードに位置するものの、設計はまったくの別モノ。レーシングドライバーを開発ドライバーに据えて、トヨタが「GR」の名を冠するにふさわしいモデルとして生み出したモデルです。 (GRスープラに続く2台目のGR!) ■ カスタムでパフォーマンスが格段に向上するGRヤリス GRヤリスを選ばれるオーナー様は、やはりクルマが好きで、走りにこだわりのある方ばかり。 自分好みのスタイルにできるよう、クラフトにも多くの相談を寄せて頂いています。 アルミホイールとタイヤのみならず、車高調とそれに伴うアライメント調整。 あるいはマフラー、ボディ補強パーツなどが、GRヤリスのカスタムでは特に人気です。 ■ カスタムするとこんなに変わる、ヤリスの優れた可能性 一方のヤリスだって負けていません。 実は、ヤリスはカスタムすることによって、そのポテンシャルを大きく拡大できるモデル。カスタムのベースモデルとして非常に優れた素質を持っています。 日常使いのクルマでありつつ、しかしこだわるところはこだわりたい。走りの質を向上したい。 そんなオーナー様は、ぜひクラフトでご相談ください! クラフト各店のブログでは、ヤリスおよびGRヤリスに施したカスタムの実例を紹介しています。 これらもぜひチェックしてみてください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/06/18
    スイフト/スイフトスポーツの大きな可能性 コンパクトをもっとエキサイティングに!

    ■ エキサイティング・コンパクト。スイフトとスイフトスポーツの魅力。 さまざまなコンパクトカーをラインナップしているスズキのなかでも、特に人気の高いハッチバックモデルがスイフトです。 また、その派生モデルであるスイフトスポーツも、そのポテンシャルの高さや、パッケージングの素晴らしさからか、クルマ好きの注目を広く集めています。 特にクラフトでは、スイフトスポーツを使いこなすたくさんのオーナー様から、多種多様なカスタムの相談を寄せて頂いています。 今回は、そんなスイフトスポーツのカスタムを紹介いたしましょう。 (スイフトのカスタムも、お気軽にご相談ください!) ■ スイフトスポーツ(ZC33S型)の足元で映えるホイールセレクション クラフトが得意とするカーカスタムといえば、やはりアルミホイールです。 カーカスタムの世界では、アルミホイールのカスタムは最初の1歩。気軽にカスタムできるのにも関わらず、見た目のパワーアップ感がひときわ高いという大きな魅力があります。 人気のアルミホイールをインストールすると、このようになるという例が以下です。 スイフトスポーツ × ADVAN Racing(アドバンレーシング)TC-4 スイフトスポーツ × RAYS VOLK RACING(レイズ ボルクレーシング)TE37SL スイフトスポーツ × ENKEI(エンケイ)NT03RR スイフトスポーツ × WORK MEISTER(ワーク マイスター)S1R いかがでしょう。ノーマルよりグッとカッコ良くなりますね! ボディがコンパクトだからホイールの存在感が大きく感じられて、そのホイールをカスタムすることによって、印象が大きく変わるという点はスイフトシリーズらしい魅力です。あなたはどのスタイルが好みでしょうか。 もちろん、ZC31S、ZC32Sでも、ホイールカスタムによる効果は同様です。 ■ 足まわり、タイヤ、排気系、ボディ補強などなど。スイフトスポーツの多彩なカスタムに対応 スイフトスポーツを愛用されるお客様からご依頼いただくカスタムが車高調の導入です。 スイフトスポーツの純正車高では、タイヤとフェンダー間のクリアランスがとても広いように感じませんか? そこを自在にコントロールできる車高調をインストールすることで、思い通りのスタイルにカスタムできます。アルミホイールだけでは物足りない、と感じる方はお気軽にご相談ください。 スイフトシリーズに適合する車高調キットは、HKS(エッチ・ケー・エス)、BLITZ(ブリッツ)、CUSCO(クスコ)、KW(カーヴェー)、TEIN(テイン)など各メーカーがラインナップしています。 お好みをお伝え頂ければ、適切なアイテムをご提案できますので、お気軽にご相談ください。 なお、車高調整時にはアライメント調整も行い、万全の状態でお渡しできます。 走りにこだわるスイフトスポーツオーナー様には、ハイグリップタイヤはいかがでしょう。 純正タイヤを使い込み、交換するタイミングであれば特にお勧めです。 また、クラフトはタイヤの専門店でもありますので、ご予算にあった各種タイヤをご提案できます。 2本出しマフラーになっているスイフトスポーツは、純正でも十分カッコ良いのですが、お好みのマフラーを装着するカスタムも人気です。 高速走行時やコーナリング時の剛性感を高めるには、ボディ補強パーツがお勧めです。 走りの感触に安定感がプラスしますので、頻繁に乗る人ほど効果を実感しやすく満足度が高いカスタムです。 スイフトスポーツ、そしてスイフトのカスタムにご興味を感じられた方は、スタッフへお気軽にお声がけください。 スイフトスポーツ現行ZC33S型のみならず、ZC31S型、ZC32S型のオーナー様もばっちりサポートいたします。 また、下にはクラフト各店によるブログのうち、スイフトシリーズのカスタム例を紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/06/18
    タイヤ&ホイールの買取り、下取りお任せください

    愛車にばっちり似合うホイールを新しく購入するとき、クルマにもともと付いていたホイールとタイヤは、どうしていますか? タイヤ&ホイールの専門店クラフトでは、タイヤ&ホイールの下取りにもしっかり対応しています。 つまり、下取った金額分だけ、新しいホイールをお安く購入していただくことができるんです。 ❶ 売って、買う。クラフトならではの合わせ技。 ◆欲しかったあのホイールを、お安く購入! もともと付いていたタイヤ&ホイールの価値が仮に5万円としたら・・・ 通常4本セット20万円のホイールが、15万円で買える!   ◆ご家族の車のタイヤを交換! 下取りに出したタイヤ・ホイールの価値が仮に3万円としたら・・・ 通常4本価格3万円相当のご家族の車のタイヤを、 工賃のみで交換OK! ※上記は一例です。   ❷ タイヤ・ホイールはクラフトへ売ろう! ◆自宅の倉庫やガレージに眠っているタイヤ・ホイール、買い取ります ホイールとタイヤのセットはもちろん、純正ホイール、社外ホイールも買い取り可能です!ぜひクラフトにお持ち込みください。   ◆その場で現金化します! お客様がお持ちのタイヤ・ホイールをクラフトにお売りいただれば・・・ 買い取ったその場で現金をお渡しします! 「店頭買い取り」だから安心!   他店で購入したタイヤ・ホイールも買い取りOKです。 お近くのクラフト店舗スタッフまで、どうぞお気軽にご相談ください!

    • 新着ニュース
    • キャンペーン
    2021/06/11
    【キャンペーンは終了いたしました】お得にタイヤ交換! タイヤ“コミコミ”セール開催中!

    このキャンペーンは終了いたしました。 タイヤを購入・交換時の諸費用をもろもろコミコミにした、とってもお得なセールを期間限定で開催中です! また、クラフトメンバー様はさらにプライスオフの特典があります。当日に新規入会されたお客様もご利用いただけますので、この機会にぜひご検討ください。 クラフトメンバーシステムについて   ■ 夏タイヤをリーズナブルに交換できる、クリアでお得なセールを開催しています! タイヤ店でタイヤを購入し、そのまま交換作業も依頼する場合、基本的にはタイヤ価格とは別に、工賃などが発生するものです。 具体的には、タイヤを組み替える工賃と、それに伴うバランス調整の費用。さらに、古くなったタイヤを処分する廃タイヤ処理料。そしてご存じ消費税が、タイヤ本体だけでなく、これら諸経費にもすべて発生します。 店頭でタイヤの価格を見て決めたまではいいけれど、あれよあれよと諸費用で「あれっ!? 思ったより高くなっちゃったな……」と驚いた経験ありませんか? 今回の夏タイヤコミコミセールでは、その心配は不要です! 先に紹介した諸費用をすべてコミコミにした、明瞭プライス(しかもお安い!)のセールです!   ■ 7月31日(土)までの期間限定セールです! 店頭のプライスボードにはそれぞれ適合車種を添えて、ズラリと並べて分かりやすくしております。価格はクラフト各店の店頭にてご確認ください。 また、今回の夏タイヤコミコミセールで登場するタイヤは、日本でおなじみな一流メーカーばかりです。 ・DUNLOP EC202L 低燃費かつ長持ちなエコタイヤです。 ・DUNLOP LE MANS V(ルマンファイブ) いわゆるコンフォートタイヤで快適性に優れます。 ・TOYO NANO ENERGY 3(ナノエナジー3) 基本性能と耐摩耗性を両立した低燃費タイヤです。 ・TOYO NANO ENERGY 3 PLUS(ナノエナジー3プラス) NANO ENERGY 3 の進化形。ウェット性能が向上しています。 ・TOYO TRANPATH mpZ(トランパスmpZ) 燃費性能が高く、ミニバン特有のふらつきを抑えるミニバン専用タイヤです。 いずれも高品質なタイヤばかり。この機会にぜひゲットしてください! ※豊富にご用意していますが、品切れの際は取り寄せまたはご予約となる場合がございます。 【 夏タイヤ コミコミセール 】 期間 : 2021年7月31日(土)まで 内容 : 特選夏タイヤを、期間限定のお得なコミコミプライスで販売中! 店頭のプライスのみでタイヤ交換が完了します。 (タイヤ本体価格+組替え工賃+バランス調整料+廃タイヤ処理料+消費税) その上、クラフトメンバー様はさらにプライスオフの特典があります! ※詳細は店頭スタッフへお問い合わせください。 ※ゴムバルブの場合、ゴムバルブ交換費用(4本1,100円)が別途発生する場合があります。 キャンペーン開催店舗 : クラフト全店 >お近くのクラフトを見つける

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/06/07
    鍛造軽量アルミホイールの代表作VOLK RACING(ボルクレーシング) TE37シリーズの魅力

    ■ 高い人気を誇る鍛造軽量アルミホイール、VOLK RACING(ボルクレーシング)TE37シリーズ 純日本製をつらぬく高品質のアルミホイールメーカーRAYS(レイズ)。 その多彩なブランドのなかでも、とりわけ高い人気なのが、レーシング直系の技術を注ぎ込んだ鍛造スポーツホイールの最高峰ブランドVOLK RACING(ボルクレーシング)です。そして、クラフト各店で高い人気を誇るモデルは、間違いなくTE37シリーズ。どれも胸を張ってお勧めできるものばかり。 今回は、そんなVOLK RACING(ボルクレーシング)のTE37シリーズに注目します。 ■ TE37シリーズ各モデルとクラフトでの装着例 やはり、ホイールを実際に装着したイメージをご覧いただくのが分かりやすいでしょう。 クラフト各店ブログから、TE37シリーズを装着した装着例を簡単にご紹介します。 なお、当記事の下部には、最新ブログから抽出した、TE37を含むVOLK RACING(ボルクレーシング)全体の話題が表示されますので、あわせてご覧ください。 TE37 SL + トヨタ86 もともと軽量さが魅力のTE37を、トレンドに合わせてワイドトレッド化しつつも、さらに軽量化したモデルがTE37SLです。 TE37 ウルトラ トラックエディションⅡ + トヨタGRスープラ レースカーに匹敵するハイパフォーマンスカーに装着すべく開発されたTE37ウルトラに、度重なる進化を施したトラックエディションの第2世代モデル。 TE37 SAGA + ホンダ・シビックタイプR TE37の伝統を維持しつつ、それ以上の強度と高剛性化を果たしたモデルがTE37 SAGA。進化したスポーツカーにこそ打って付けです。 TE37 SAGA + スバルWRX STI こちらも同じくTE37 SAGAの装着例です。なお、ターゲットとしているスポーツカーの馬力は380HPを想定しているそう。 TE37 ソニック + マツダ・ロードスター 比較的コンパクトなモデル向けに開発されたTE37がソニックです。コンパクトだけれど高性能、そんなクルマにお勧めです。 TE37XT + トヨタ・ランドクルーザープラド オフロード用鍛造ホイールのマスターピース、TE37「X」を継承しつつ、さらなる進化を意味するトラックの「T」でモデル名が構成されるとおり、SUVにもTE37シリーズが似合います。 TE37 ソニックSL + ホンダS660 TE37 ソニックから、さらにグラム単位で軽量化を果たした超軽量モデル。コンパクトなハイパフォーマンスカーに最適なマッチングのひとつです。 TE37 KCR + ホンダNBOX Kカー向けに設計・開発されたTE37がKCR。「Kカーにも本物の鍛造ホイールを履かせたい」という要望に対する、最高のアンサーです。 いくつかのTE37シリーズを装着例とともにご紹介しましたが、TE37には、まだまだ魅力的なラインナップがそろっています。詳しくは店頭で実物を見ながらご確認ください。   ■ 話題のニューモデル、TE37 SAGA(サーガ)SL TE37シリーズに関する嬉しいニュース、新モデル「TE37 SAGA SL」をご紹介します。 TE37 SAGAをベースモデルとして、SLすなわち、さらなる軽量化を果たしたニューモデル。ベースモデルより軽いことはもちろん、初代TE37レーシングコンケイブであること、SLの特徴である軽量化の跡が分かるダイヤモンドカットにブラッククリア仕上げであることが特徴です。 「最強の37」とされるTE37 SAGA S-plusとは、また違ったアプローチで究極的な37が登場した格好ですね。 なお、登場は2021年秋予定。実物を店頭でご覧頂けるのも、それ以降になります。 ■ TE37シリーズの実物チェック&購入・装着はクラフト各店でどうぞ クラフト各店では、人気のTE37シリーズをはじめ、VOLK RACING(ボルクレーシング)のホイールを多彩に展示しております。 ぜひ一度、実物を見ながらご検討ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/06/04
    タイヤをしっかり選んでコンディション万全に!

    ■ 愛車のタイヤ、空気圧などしっかりチェックしていますか? 車にとって必要不可欠で、重要なパーツのひとつがタイヤです。 タイヤは車の乗り心地を左右し、燃費性能にも影響します。 また、道路に接している唯一のパーツであり、タイヤや路上のコンディションによっては、パンクやバーストの危険があって、重大な事故になりかねません。特に空気圧が偏っていると、おそろしいバーストなどのトラブルに遭ってしまう危険性が高まります。空気圧の適正値はタイヤによって異なります。ほとんどの場合は運転席ドアの開口部などに、空気圧の適正値を記載したステッカーが貼ってあるはず。一度チェックするようにしましょう。 ロードサービスのJAFが公式Webサイトで公開しているデータを見ると、タイヤ関係のトラブルが非常に多いと分かります。 せっかくのドライブや、大切な仕事の移動を台無しにしないよう、常日頃からしっかりメンテナンスを心がけたいポイントです。 最近は「タイヤはオンラインで安く購入できる」という話が聞こえてきますが、買う場所がどこであれ「できる限りしっかり選んでほしい」というのが、タイヤの専門店クラフトからの提案です。 クラフトWebサイトでは、タイヤ・ホイールの基礎知識 を公開しています。 「タイヤ選びのコツ」など、皆さまに役立つ情報をまとめてありますので、こちらもぜひご確認ください。 ■ タイヤの性能に注目してみましょう タイヤの種類で有名なのは、冬季に選ぶスタッドレスタイヤですね。 ですが、それ以外のいわゆる「夏タイヤ」にも、さらに種類があります。近年はさまざまな性能を持ったタイヤが販売されているのです。 例えば、「エコタイヤ」は燃費性能に優れたもので、車の燃費を良くしてくれる効果があります。また「ミニバン用タイヤ」のように特定車種用に作られたタイヤは、車の重量バランスに合った調整が施されていて、安定した運転に繋がります。 タイヤの性能で意外と忘れられがちなのが、雨の路面でも滑りにくい、ウェットグリップ性能です。 これは、日本自動車タイヤ協会(JATMA)が定める表示制度に従って、会員企業(タイヤメーカー)の各タイヤ製品に表示されているものです。 一番優れている「a」から、性能の低い「d」まで4段階あり、できるだけ「a」に近いものを選びたいというわけです。 特に、天候に関わらず車を運転しないといけない、通勤など日常使いしている人ほど重視してほしいポイント。 雨天時はブレーキの制動距離が増えてしまいます。ウェットグリップ性能の高いタイヤを履いていれば、事故を避けられたということもあり得るのです。 ※店頭で展示されているタイヤのラベルに表示されています ■ タイヤは消耗品。交換時期が来たら交換しましょう 新車時のタイヤがいつまでも使えるというわけではありません。 寿命の判断基準になるのがスリップサイン。タイヤには使用限度を示すスリップサインが、トレッド面に配置されています。 タイヤを使い続けるとやがて摩耗して、このスリップサインが見えてくるというわけですが、実は、このサインが見えるギリギリまで、性能が維持されるというわけではありません。 スリップサインというのは「残り溝が1.6mmになった」ということを表しているだけで、タイヤの性能を保証するものではありません。むしろ、スリップサインが出てしまったら手遅れというぐらい。 なお、スリップサインが1本でも出ていたら、車検に通らなくなり、整備不良と見なされます。 ※画像中央、タイヤの溝を渡る橋のようなものがスリップサイン 日本自動車タイヤ協会(JATMA)が公表している資料によれば、濡れた路面で80km/hからブレーキをかけた場合の制動距離で、残り溝が約4mmの時点から制動距離が伸びはじめ、さらに、スリップサインが見えた残り溝1.6mmの時点では、新品タイヤと比較して制動距離が約10m伸びるそう。 つまり、「あ!危ない!!」とブレーキを踏んでから、新品タイヤだったら停まれたはずの地点から、さらに10mほど進んでしまうというわけです。 その上、ゴム製品であるタイヤは、あまり走っていなくても経年劣化してしまいます。 およそ5年がタイヤゴムの寿命だと言われています。 近年はゲリラ豪雨や大雨の日が珍しくありません。日常的に車を運転している人や、高速道路を走る機会が多い人こそ、タイヤのコンディションには十分に注意していただきたいのです。 ■ タイヤのことならクラフトにご相談ください タイヤの性能は複雑で、少しだけ専門的な知識が必要になります。 カーカスタムの世界では、ホイールとの組み合わせでタイヤサイズを変えられるし、乗り味を大きく改善することもできます。 自分の愛車と使い道では、どんなタイヤを選ぶべきか分からず悩んでしまう人も多いでしょう。 そんなときは、遠慮なくクラフトでスタッフにお声がけください。用途と予算に合ったタイヤをご提案させていただきます。