ピット予約 コール
センター
店舗案内

News

ニュース

バックナンバー「2021年9月」一覧

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/09/30
    スタッドレスもスタイル追求カスタムを提案

    ■ 冬のスタッドレスタイヤでもクールなカーライフ。 「冬の道路でも頼もしい」というスタッドレスタイヤの機能性を備えつつ、なおかつ愛車をカッコ良く見せたいというニーズを、クラフトは全力でサポートいたします! 店頭ではさまざまなデザインのアルミホイールを豊富にそろえ、車高調などのカスタムにも柔軟に対応。 スタッドレスタイヤを購入したついでにホイールも新調するといったニーズに打ってつけです。 どんな相談でも店頭スタッフへお気軽にお声がけください。 「本格的に寒くなったらスタッドレスタイヤが履けるから楽しみ」 そんなカーライフをクラフトで実現しましょう! ■ スタッドレスタイヤの新入荷情報やレビューはクラフトWebでチェック! こんな道路でもスタッドレスタイヤで突破できるのかどうか。 これは、以前にクラフト厚木店スタッフがまとめたブログの一例です。 ダンロップ ウィンターマックスWM03にて雪山に挑んで来ました!! クラフト各店のブログでは、各店へ入荷した新作スタッドレスタイヤの紹介や、スタッフが体感したスタッドレスタイヤの性能チェック、スタッドレスタイヤと組み合わせたホイールのカスタムスタイルなど、スタッドレスタイヤにまつわるあれこれをご紹介しています。 スタッドレスタイヤの最新情報が詰まった各店ブログは、以下から閲覧できますので、これらもぜひチェックしてください!

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/09/27
    LEXUSカスタムコレクション

    ■ 日本車のトップブランドLEXUS(レクサス)もカスタムしたい! トヨタ自動車が展開するLEXUS(レクサス)ブランドといえば、日本車のなかでもトップクラスのクオリティを誇る憧れの象徴です。 ラインナップが増え、街中で見かけることも珍しくない昨今ですが、純正そのままではなくホイールなど少しカスタムしたレクサスも街中で多く見かけるようになってきました。 もともとスタイリッシュなホイールをインストールしているレクサス各モデルですが、そこから自分好みにしたい、長く乗ってきたからイメチェンしたい、などのニーズがあるご様子。クラフト各店にも多くのご相談を頂いております。 今回は、そんなクラフト各店でお手伝いさせていただいたレクサスのホイールカスタムから、数件をダイジェストでご紹介します。 ■ 良いクルマには良いホイール。これが理想のカスタムです。 レクサスを愛用されるオーナー様は、やはり上質なホイールをお望みになる傾向が強いようです。 クラフトとしては、良いホイールを正しく理想どおり取り付けることが命題。その作業には(車種を問わず)細心の注意を払っております。 以下は一例です。それぞれ各店ブログへのリンクもございますので、気になるカスタムがあればぜひチェックしてください! LEXUS IS × WORK GNOSIS CVX(ワーク・グノーシスCVX) LEXUS IS × WORK EMOTION T5R 2P(ワーク・エモーションT5R 2P) LEXUS RX × WORK GNOSIS CVX(ワーク・グノーシスCVX) LEXUS RX × AIMGAIN GTM(エイムゲインGTM) LEXUS NX × ENKEI RS05RR(エンケイRS05RR) LEXUS RC-F × WORK EMOTION T5R(ワーク・エモーションT5R) LEXUS RC-F × YOKOHAMA ADVAN Racing GT BEYOND(ヨコハマ・アドバンレーシングGTビヨンド) LEXUS LC × MAVERICK 1307M(マーベリック1307M) LEXUS LC × WORK ZEAST ST1(ワーク・ジーストST1) ■ レクサスのタイヤ×ホイール交換も、実車計測でジャストフィットをお約束します! カー用品の量販店では断られてしまうこともあるレクサスのホイールカスタム。 しかし、クラフトなら心配は不要です。実車計測による精密セッティングで、ローダウンなどしてあるレクサスでもジャストフィットを実現します。こだわりのツライチだって、ご希望は何でもお伝えください。 レクサス各モデルへカスタムを実施したこれまでの実例は、クラフト各店のブログ記事でまだまだご紹介しています。 この記事下から、気になる記事をぜひチェックしてみてください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/09/17
    憧れの“一生モノ”日本が誇る鍛造ホイールブランドBBS

    ■ 日本製ホイールの最高峰ブランドBBSには「いつかは手に入れたい」と思わせる魅力がある。 2020年に50周年を迎えたBBSは、クルマ好きの間では「憧れの鍛造ホイール」と、常に羨望の目を集める存在です。 歴史が長いということも然ることながら、製品の高品質さに定評があり、流行に左右されないデザイン性も魅力。 「いつかは手に入れたい」と憧れられるホイールブランドとしての地位にあります。 なお、BBSはドイツで生まれたブランドですが、現在は日本の「BBSジャパン」が製造を行っています。 「日本が誇る鍛造ホイールブランド」と呼ばれるのは、そういうわけです。 ■ BBSの売れ筋モデル さまざまなホイールをラインナップしているBBS。 ここでは、特に人気が高く、クラフトで売れ筋になっているモデルを中心にご紹介します。 BBS RI-A(アルミ鍛造1ピースホイール) 国内最高峰のレース「SUPER GT」に投入されているホイールと同じ思想・造形でつくられ、極限領域での機能性・信頼性を継承した究極のレース仕様ホイールです。 エアーバルブは金属ではなく、レースシーン同様にゴムバルブが付属されています。スタイル重視ならオプションの金属製エアーバルブがおすすめです。 18インチをメインに国産車から輸入車まで、幅広くサイズが設定されています。 BBS LM(アルミ鍛造2ピースホイール) 「ル・マン24時間耐久レース」参戦マシンが常に選んできたホイールをベースに、レース名「Le Mans」を冠したアルミ鍛造2ピースホイールです。 風格漂うベーシックなスタイルで、1994年の登場以来、愛され続けるロングセラーモデル。 BBSといえば伝統あるこの「LM」を連想される方も多いことでしょう。 17インチから21インチまで、BBSの中でも最多のサイズラインナップを誇ります。 BBS RE-V7(アルミ鍛造1ピースホイール) レースシーンからのノウハウを集約した、一目でBBSと分かる機能美にあふれる伝統のクロススポークデザインで、走りも美しさも妥協しないユーザーに向けてリリースされた、BBSの最新モデルです。 18インチを中心に設定されています。 BBS RP(アルミ鍛造1ピースホイール) 国産コンパクトスポーツ、軽自動車をメインターゲットにした、8本クロススポークのアルミ鍛造1ピース軽量モデルです。 15インチから16インチの設定で、S660向けには専用サイズを設定しています。 BBS RF(アルミ鍛造1ピースホイール) 中心からリムに向かって伸びる細身の5本クロススポークから、見た目にも「軽さ」が伝わるアルミ鍛造1ピースの軽量モデルです。 もちろん見た目だけでなく、走り出しの軽さ、シャープなステアリングフィールも感じられるはずです。 17インチから18インチがメインで設定されています。 BBS RI-D(超超ジュラルミン鍛造1ピースホイール) 究極の超軽量モデル! ジュラルミン素材の中でも最高の強度と耐性を持つ、航空機用金属として知られる「超超ジュラルミン」を使用した超軽量ホイールです。 自動車メーカー各社のハイクラスカー向けに、19インチから21インチまで設定されています。 ■ 正統派デザインの中にも個性を演出 BBSの各モデルにはほとんどの場合ブラックのセンターエンブレムが付属しますが、個性を演出するアイテムとして、レッド、ブルー、プラチナの各カラーセンターエンブレムがオプション設定されています。 伝説的な人気のF1チャンピオン限定モデル「チャンピオンエディション」で付属されていた「レッド」は常に人気ですが、最近は高級感ある「プラチナ」の人気も高まっています。 ■ “一生モノ”だからこそセキュリティも万全に! 付属の取付ナット・ボルトの頭には「BBS」のロゴが刻印され特別感がありますが、BBSが設定する盗難防止ロックナット・ボルトにも「BBS」のロゴが入ります。 しかも、盗難防止ロックナット・ボルトはそのセキュリティ性の高さから「世界最強のロックナット・ボルト」とも謳われる「マックガード社製」。 インストレーションナットにはブルーレインボーカラーも設定されており、昨今ではセンターエンブレムだけでなく、取付ナットでも個性を演出できると人気です。 ■ BBS各モデルの実物チェック、購入・装着はクラフト各店で! クラフト各店では、BBSのホイールを多彩に展示しております。 ぜひ一度、実物を見ながらご検討ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/09/06
    あらゆるSUVをクールにカスタム! “アーバン・オフ・スタイル”でキメようぜ!

    ■ SUV、クロカンのカスタムはアーバン・オフ・スタイルで始めよう! アーバンオフクラフトでは、SUV・クロカン向けのタイヤ&ホイールセットをはじめ、さまざまなカスタムパーツを取り扱っています。 SUVやクロカンのカスタムと言えば、最近はプラドやハイラックスの人気が高いものの、アーバンオフクラフトでは、さらに多彩なモデルへのカスタムにも全力でお応えしています。 例えば、スバルのフォレスター、XV、レガシィ・アウトバック、トヨタのハリアー、ライズ、ダイハツのロッキー、マツダのCX-5など。 SUVやクロカンのカスタムに興味はあるけれど、どんなカスタムができるのかよく分からないとお悩みの方は、アーバンオフクラフト各店でお気軽にスタッフへお声がけください。ご希望や予算に合わせて、柔軟にご提案させていただきます! ■ 実例サンプル「アーバン・オフ・スタイル」 カーカスタムは奥が深く、どんなスタイルにしようか決めかねるという声を多く聞きます。 そこで、ご提案のひとつとして挙げたいのは「アーバン・オフ・スタイル」。 オフロード系ならではのワイルド感を生かしたカスタムスタイルであり、具体的には、オフロード系のゴツめのタイヤ&ワイルドデザインのホイールからスタートすること。店名どおりアーバンオフクラフトが積極的に提案しているカスタムスタイルです。 カーカスタムとしては比較的低コストながら、愛車を自分好みにアレンジできて満足感が高いという、コストパフォーマンスに優れたカーカスタムでもあります。 実例をいくつかご紹介しましょう。 スバル・フォレスターのアーバン・オフ・スタイル スバルXVのアーバン・オフ・スタイル スバル・レガシィ・アウトバックのアーバン・オフ・スタイル トヨタ・ハリアーのアーバン・オフ・スタイル トヨタ・ヤリスクロスのアーバン・オフ・スタイル トヨタ・ライズのアーバン・オフ・スタイル ニッサン・エクストレイルのアーバン・オフ・スタイル マツダCX-5のアーバン・オフ・スタイル タイヤ&ホイールのカスタムからスタートして、好みに応じてリフトアップなど車高調も追々検討していく。 そんなスタイルが、カスタムの入門としてお勧めですよ! ■ アーバンオフクラフトは、皆さんのカスタムを応援します! アーバンオフクラフト4店舗(中川店、岐阜長良店、鈴鹿店、浜松店)では、タイヤとホイールの専門店「クラフト」が培ってきた豊富なノウハウを背景に、SUV、4×4の最新カスタマイズスタイルをご提案しています。 アーバンオフクラフトについて詳しくは「アーバンオフクラフトとは」もご覧ください。