コールセンター 店舗案内

News

ニュース

カテゴリ「特集」一覧

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/04/30
    ノア/ヴォクシー/エスクァイア カスタムスタイル最前線

    ■ 「NOAH(ノア)、VOXY(ヴォクシー)、ESQUIRE(エスクァイア)をカスタムしたい」に応えます! ミドルクラスミニバンで人気の高い、NOAH(ノア)、VOXY(ヴォクシー)、ESQUIRE(エスクァイア)。 実はこの3モデル、フェンダー外側とタイヤハウス内側が、どちらもサイズに余裕が少なく、カスタムの選択肢は意外と厳しい。つまり例えば、アルファードやヴェルファイアと比較すると、自由度は控えめなのです。 しかし、だからこそ適切にカスタムできれば、それで他車との明確な差が付けられます。車高セッティングやサイズ感、リムの深さ、コンケイブ具合などにこだわれば、なおさら満足度の高い1台になるというわけです。また、ホイールにはオーダーカラーの設定があるモデルもあります。そんなカスタムカラーを選べば、個性の演出は「鬼に金棒」ですね! 例えば19インチで考えるなら、次のような実例になります。         リムの深さやコンケイブ具合など、ホイールのサイズが影響する部分にこだわりたいなら、2ピースホイールでミリ単位のサイズ設定が可能な、WORK(ワーク)の「Lanvec(ランベック)」や「SCHWERT(シュバート)」、Weds(ウェッズ)の「MAVERICK(マーベリック)」といったモデルがおすすめです。 ■ 理想のスタイルを手に入れるには車高調がキモです! スタイルをバチッとキメるなら、やはりローダウンも検討したいところ。 ローダウンでは車高調を使用すれば、細やかなセッティングが可能となり、理想のスタイルを手に入れやすくなります。 こだわりの1台を求めるなら、やはり車高調パーツはおすすめです。   ■ NOAH(ノア)、VOXY(ヴォクシー)、ESQUIRE(エスクァイア)に18インチという選択肢も スタイルは求めたい。しかし、ミニバンなのだから同乗者の乗り心地・乗り味が気になるといったユーザー様には、18インチでのカスタムもおすすめです。 18インチならばタイヤの厚みが確保しやすく、セットできるタイヤのラインナップが豊富。快適性や走行安定性など、乗り心地・乗り味を重視したカスタムが考えやすくなります。 その場合のホイールは、18インチながら実サイズよりも大きく魅せるデザインのものはいかがでしょう。鋳造でなく鍛造を選ぶなど、製法にこだわってみても良さそう。       ■ クラフトで、一緒にカッコいいミニバンをつくりましょう! クラフトの各店ブログでは、これまでにお手伝いさせて頂いた、NOAH(ノア)、VOXY(ヴォクシー)、ESQUIRE(エスクァイア)のカスタム例をご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。 クラフトで、あなただけのカッコいいミニバンを、一緒につくりましょう!

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/04/19
    スバル・レヴォーグ カスタムbyクラフト

    ■ 上質ステーションワゴン、レヴォーグ(VN5型 / VM型)のカスタムトレンド スバルを代表する伝統的名モデル、レガシィツーリングワゴンの系譜に繋がる上質ステーションワゴンが、レヴォーグです。 2014年にデビューしたVM型からして、数回のリファインを経て完成度を高めて確固たる高評価を得た上で、2020年からのVN5型ではデザインを大きく刷新。上質感をさらに磨き上げています。 レヴォーグが持つ大きな魅力のひとつは、スバル車らしいということ。 レガシィで蓄積したノウハウを洗練させて形にして、そうしてユーザーの期待を上回る品質に仕上げてくる。 手堅いクオリティが頼もしい一方で、グレードによってはスポーティな装備が標準装備になっていたりと「運転する楽しみ」を大切にする、メーカーのこだわりや、遊び心のようなものが細部で感じられます。 スバルには熱烈なファンの方が多い傾向です。そうして応援したくなる気持ちは、レヴォーグに触れれば触れるほどよく分かるというものです。 さて、クラフト各店に持ち込まれるレヴォーグのカスタムで多いのは、やはりホイールです。 惚れ込んだクルマだからこそ、ホイールも気に入ったものにしたい。そうしたユーザーさんのご相談が多い傾向です。 ■ 走り&スタイルの完成度を高めるサスペンション交換もおまかせください! レヴォーグは走りにこだわるオーナー様が多いからか、サスペンションパーツのニーズが高いように感じます。 新型でいえば、HKS、BLITZ、TEINといった各メーカーは開発中あるいは開発予定としていますし、RSRはすでに発売中(2021年4月現在)。 レヴォーグ用の新型サスペンションが登場すれば、装着例などをクラフトのブログで紹介できる機会があるはずですので、ぜひチェックしてください。 クラフト各店のブログでは、レヴォーグに施したカスタムの実例を紹介しています。 あなたのレヴォーグにとって、参考になる記事がきっと見つかります。

    • 新着ニュース
    • キャンペーン
    2021/04/16
    RAYS VERSUS「VS250LC」「VV21S 20inch」デビューキャンペーン開催中!

    RAYSがラインナップする欧州テイストのアルミホイールブランド「VERSUS(ベルサス)」シリーズに、新モデル「VS250LC」と、「VV21S」の新サイズ20インチがデビュー! この誕生を記念して、貴重なノベルティグッズをプレゼントするデビューキャンペーンを開催中! クラフト全店も参加店です。 (※全国ベルサスキャンペーン参加店で先着400名様)   【 キャンペーン期間 】 2021年7月20日(火)まで ※メーカーのプレゼント品が無くなり次第終了となります。 【 キャンペーン対象商品 】 ・VERSUS(ベルサス)VS250LC / 20インチ ・VERSUS(ベルサス)VV21S / 20インチ 【 キャンペーン内容 】 対象アイテムをご購入いただいたお客様に、VERSUSロゴが立体刺繍された「オリジナルベースボールキャップ」を全国で先着400名様にプレゼント。 (※全国ベルサスキャンペーン参加店で先着400名様) 【 VS250LC 】 クルマが目まぐるしく変化する一方、ホイールのリム(ホイールの外縁部分)デザインには長年新しい提案がないという課題。 VERSUS VS250LCは、そんな積年の課題に対するRAYSの回答です。 VS250LCで初採用された新しいリムフランジ意匠は「RALC(レイズ アラウンド リップ コンセプト)」。 リムとディスクのデザインを融合することで、これまでにない新表現を打ち出し、ホイール回転時のインパクトに新境地を見いだしています。 VERSUS VS250LC マットダイヤモンドカット / サイドマットスーパーダークガンメタ(ACJ) VERSUS VS250LC クロモイブリード(SAJ) 【 VV21S 】 「MADE in JAPAN」と「MADE in HOUSE」を掲げるレイズだからこそ可能な、高い技術力を体現したモデルのひとつがVERSUS VV21Sです。 プレミアムな質感をもたらすために、レイズ独自の先進切削加工技術「A.M.T.(アドバンスド マシニング テクノロジー)」をふんだんに用い、さらに、スポークサイドでは「リリーフポケット」で不要な駄肉をカット。軽量化しつつも高い強度/剛性をキープしており、機能美を感じさせるディティールとなっています。 VV21Sは、これまで19インチのみのラインナップでしたが、今回、待望の20インチサイズが追加された形です。 VERSUS VV21S マットスーパーダークガンメタ(ACJ) VERSUS VV21S ジェットブラック(YNJ) ※特典は数に限りがございます。品切れの際はご容赦ください。 ※RAYSホイールの詳細については、メーカーWebサイトをご参照ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/04/13
    高性能と洗練デザインの両立 アドバンレーシング ホイールセレクション

    ■ ADVAN Racing Wheel(アドバンレーシングホイール)に注目! 日本が誇るタイヤメーカー、横浜ゴムのスポーツ系アルミホイールといえば「ADVAN Racing Wheel(アドバンレーシングホイール)」。 タイヤに詳しい方ならご存じのとおり、タイヤにも「ADVAN」のブランド名があります。「YOKOHAMAのADVAN」といえば、高性能の代名詞なのです。 ここでは、クラフト各店で実際に人気がある、アドバンレーシングホイールの各モデルと装着例をご紹介します。 【 GT BEYOND 】 不変デザインで知られる「ADVAN Racing GT」をベースとした、初のマイナーチェンジバージョンが「GT BEYOND」です。 A6061アルミ合金による製法で最高峰のホイール性能を発揮する一方、バレルリム形状により、近年大型化するブレーキシステムにも対応可能。 なんといっても立体的なコンケイブデザインが、筋肉質なボディデザインのスポーティカーによく似合うというわけです。 (※コンケイブとは……ホイールのディスク面に施された、くぼみのような意匠のこと。凹部を意味する英単語 concave から。カタカナでは「コンケーブ」と表記する場合もあります) ラインナップは19インチからスタートし、18インチ、20インチへもサイズ展開を予定しているそうです(2021年4月現在)。 【 RS Ⅲ 】 その名のとおり、RSシリーズの3世代目モデルが「RS Ⅲ」です。 アドバンレーシングホイールのRSシリーズは、伝統的に細身の10本スポークデザインを採用しているのが特徴。 スポークは細身ですが、その両サイドには「アドバンスド・サイドカット」が施されており、高い強度を維持しています。 サイズによって「スタンダード」「GTR」、そしてⅢで追加された「スーパーGTR」という3種類のデザインがあり、それぞれのサイズでもっとも迫力あるコンケイブになるよう設計。精悍な印象を感じさせるグラマラスなデザインが人気です。 【 RZ Ⅱ 】 YOKOHAMAが「クロスオーバーデザイン」と称する独特の意匠を持つRZシリーズ2世代目「RZ Ⅱ」。 「ツイン5本スポーク」と「均等10本スポーク」。合計10本という意味では同じながらも、どちらとも断定できない融合したデザインが魅力のひとつです。 ツインスポークの広角側では「アドバンスド・サイドカット」を採用。一方の狭角側は段付き形状になっており、こうした細かな意匠が美しいデザイン性を感じさせてくれます。 15~19インチもの幅広いラインナップを持ち、基本的なデザイン設定では「スタンダード」とコンケイブの効いた「GTR」の2択。ただし、スポーツ用途の多い18インチでは特別に「スーパーGTRデザイン」を設定しています。 【 TC-4 】 名前から分かるとおり「TCⅢ」からの進化版として誕生し、4世代目「TC-4」で新たなコンセプトとデザインを与えられて、フルフェイス5本スポークになったモデルです。 スポークのサイドカットは、スポークの股と先端部分のみに施してあり、これは強度と軽量化のバランスを最適化したもの。ダイナミックなデザインと高い強度を持っているのは、さすがのADVAN Racing Wheelです。 当初は18インチのみのサイズ展開でしたが、その後順調にサイズバリエーションを増やし、現在は15~18インチという充実ぶりです。 【 RG-D2 】 「RG-D」の後継として誕生した鋳造1ピース構造の「RG-D2」。 15~18インチの幅広いラインナップを持ち、サイズによってリム幅とインセットで設定した3種類のデザイン(スタンダード、GTR、スーパーGTR)が採用されています。 軽カーやコンパクトカーでマッチするサイズがある一方、18インチサイズでは大口径ローターのブレーキシステムにも対応できる(組み合わせるキャリパーによる)など、機能性にも配慮しているのは嬉しいポイント。 どのデザインもスタンダードな6本スポークを基本としつつ、いずれも力強いコンケイブが魅力です。 全体的にダイナミックな印象を感じられますので、足もとの力強さを演出するのに打って付けだと言えます。 ■ アドバンレーシングホイールの新作モデル/人気モデルはクラフトでチェック! クラフト各店のブログでは、アドバンレーシングホイールの装着例を紹介したり、展示会などの催しを告知したりしています。 アドバンレーシングホイールの実例や実物を見たいという方は、ぜひチェックしてください!

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/03/30
    輸入車もクラフトにお任せ! インポートカー・カスタム・セレクション

    ■ クラフトはインポートカーも得意です! 国産車ユーザーのお客様が多いクラフトですが、実はインポートカー(輸入車)ユーザーのお客様からも多くのご相談をいただいております。 日本で人気があるインポートカーは、BMW、MINI、フォルクスワーゲン、メルセデス・ベンツ、アウディといったドイツ車勢ですが、熱烈なファンの多いフィアット、アバルトなどイタリア車、ルノー、プジョーなどフランス車ユーザーの方も近年は増えています。そうしてユーザーさんが増えてくると、やはり他との差別化としてカスタムを考えたくなるのでしょう。 クラフトでは、幅広い品ぞろえと実車計測にて、インポートカーのホイールやタイヤをフィッティングしています。つまり、基本的にはどんなインポートカーであっても、よほどレアでないかぎり対応できるというわけです。   ■ ホイール&タイヤだけでもインポートカーの魅力がアップ! インポートカーユーザー様からのご相談で多いのは、やはりホイールとタイヤのカスタムです。 純正品には純正品の良さがありますが、過剰に高価だったり、乗り味を少し変えてみたいと思ったり。そうした場合には、特におすすめのカスタムメニューとなります。 特にインポートカーは、国産車とは異なるしっかり・しっとりした乗り味に惚れているといったファンの方がいらっしゃいます。そうした好みの乗り味があるのならば、タイヤを換えるだけでも、その影響の大きさに驚かれるでしょう。上手にタイヤを選ぶことができれば、より自分好みの乗り味に変えられるのです。 ■ 足まわり、マフラー、ボディ補強などのチューニングもご相談ください! さらに、乗り味を直接的に調整できる足まわりのカスタムや、マフラー、ボディ補強パーツなども、クラフト各店では幅広くそろえております。もちろん、インポートカー対応をメーカーが保証しているものです。 また、クラフトでは、これまで各店で施してきたお客様へのカスタム情報ノウハウを共有し、さらに多くのお客様へ還元しております。これまでの実例は、この記事下にあるリンクからご確認いただけます。 ■ インポートカーのことも、なんでもクラフトへご相談ください インポートカーユーザーのなかには、今まで愛車のサポートを正規ディーラーだけで完結していたというユーザー様が多いかもしれません。しかし、クラフトでは幅広い品ぞろえと価格帯にて、お客様のインポートカーをサポートできます。なんでもお気軽にご相談ください。

    • 新着ニュース
    • キャンペーン
    2021/03/19
    クラフト厚木店リニューアルオープン!

    クラフト厚木店がリニューアルオープン! ますます充実の品ぞろえで、皆さまのご来店をお待ちしております!!   【ホイール特別展示コーナー新設】 RAYS(レイズ)、TWS、WEDS(ウェッズ)、WORK(ワーク)の特別展示コーナーを新設しました。 それぞれのメーカー/ブランドのテイストをふんだんに感じていただけるスペースになっており、今まで以上に具体的な検討に役立てていただけます。 【アゲ系4WDコーナー新設】 クラフト厚木店ではリフトアップを前提とした4WDカスタムにも注力しています! アゲ系4WDカスタムをご検討の方はぜひお気軽にご相談ください。 【サスペンション・マフラー・ボディ補強パーツコーナー拡大】 好評だったサスペンションやマフラー、ボディ補強パーツといった、ホイール/タイヤ以外のパーツをさらに充実させました! 愛車のポテンシャルに影響するカスタム/チューニングに、幅広い選択肢をご提案いたします。 【人気メーカー/ブランドのアパレルコーナー新設】 人気メーカー/ブランドがリリースしているアパレルグッズにもぜひご注目ください。 クルマ好きならビビッとくること請け合いな、RAYS(レイズ)、WORK(ワーク)など人気メーカーのアパレルコーナーを新設しています! 【愛車をキレイに保つケアグッズコーナー新設】 カーケア用ケミカル製品のラインナップを拡充、ケアグッズコーナーを新設しました! 愛車の美しいコンディションを保つことができる、上質なアイテムをご用意しております。 新設ケミカルメーカー/ブランド     GYEON(ジーオン) 洗車用カーシャンプーに撥水能力をプラスした撥水コーティングinシャンプー「Q2M Bathe+(バスプラス)」など   VOODOO RIDE(ブードゥーライド) どこでも即行カーケアを実現する無水洗浄&ポリマーコーティングスプレー「All Surface Speed Detailer(オールサーフェイススピードディテイラー)」など クラフト厚木店 住所   〒243-0813 神奈川県厚木市妻田東3-34-1 電話番号 046-225-9911  

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/03/08
    走り系カスタムを全力サポート! 86 / BRZ(ZN6/ZC6) カスタム&チューニングスタイル

    ■ トヨタ86 / スバルBRZ(ZN6/ZC6)オーナーの満足度をさらにアップ! トヨタ86およびスバルBRZ(ZN6/ZC6)は、言わずと知れた水平対向エンジン搭載の国産FRスポーツカー。 ちょっとした街乗りをキビキビと走ることができるし、その気になればサーキット走行だって視野に入れられる。クルマで「走る楽しさ」を体験できる、国産スポーツカーでは貴重な選択肢のひとつです。 そんな86/BRZですから、ユーザー様のなかには「純正そのままでは物足りない」と感じられる方も多い様子。愛車のことが好きだから、もっと好きになりたい、尽くしたいといった気持ちに至るのでしょうか。 クラフトでもっとも多いカスタムケースは、やはりホイール&タイヤのご相談です。スポーティなホイール&タイヤにするだけで、86/BRZはますますカッコ良くなるのです! ■ ホイール&タイヤと一緒に車高調でローダウン! ホイール&タイヤをカスタムしたら、同時に少しローダウンしたいと考えられる方が多く、車高調をインストールしてのカスタムご依頼も多々いただきます。車高の程度に応じて、しっかりツライチで仕上げて調整するノウハウも豊富に蓄積できています。 ■ マフラー交換やボディ補強など、走りや満足度をパワーアップできるご提案もお任せください! さらに、マフラー交換でサウンドや排気性能を向上させたいというお客様も珍しくありません。やはり、走り重視のユーザー様ですから、それに関連したカスタムやチューニングを施すことで、走りの質がさらに向上するとあって、興味を持たれるのは自然の成り行きなのでしょう。 カスタムやチューニングの選択肢はまだまだあります。例えば、ボディ強度を補強するパーツ。目立たないチューニングですが、装着することで安定感が増して「走りが良くなった」と素直に感じられる。手を加えて、その効果が実感できる。こういった楽しみ方ができるのも、86/BRZが持つ魅力のひとつですね。 ■ 86/BRZのことなら、なんでもお気軽にクラフトへご相談ください クラフト各店で更新しているブログでは、86/BRZの実例を豊富に紹介しています。 カスタムやチューニングを検討される際はぜひご覧いただき、店頭へも足をお運びください。スタッフ一同、楽しみにお待ちしております。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/02/26
    GUN125型を楽しみ尽くせ! クラフト各店では、ハイラックスのカスタムスタイルをご提案しています

    ■唯一無二の存在感。国産車トップクラスの迫力を持つハイラックス(GUN125型) 2017年、およそ13年ぶりの日本市場復活に沸いたトヨタのピックアップトラック、ハイラックス(第8世代GUN125型)。 (海外の一部では2015年から発売) その後、2020年にマイナーチェンジ。フロントマスクでグリルが大型化するなどデザインが大きく変更され、アメリカ車さながらの迫力を持つに至りました。 頑丈さは世界的に折り紙付きの安心トヨタ車。それでいて、他の国産車のどれとも似ていないインパクトある外観。ハイラックスが人気モデルになるというのも納得のポテンシャルです。 そんなハイラックスは、純正そのものでも十分カッコ良いモデルですが、少し手を入れるだけでカッコ良さがググッとマシマシになります。代表的なカスタムポイントは、やはりホイールとタイヤ。 ワイルドなデザインのホイールにしたり、あるいは少しスタイリッシュ系のエッセンスを入れてみたり。さらに、ホワイトレターのゴツいタイヤに履き替えてみたりして。 たくさんの選択肢があるホイールカスタムは、ユーザーさんにとって悩みどころ&楽しみどころなのですが、クラフト各店に愛車を持ち込んでいただければ、駐車場にて実際にホイールを置いて検討する、いわゆる「リアルマッチング」でお楽しみいただけます。 カタログを見比べるのとは違ったリアリティで検討がはかどること請け合い。 気になるホイールを見つけられたのなら、店頭でスタッフにお声がけいただき、ぜひ一度お試しください。 ■ピックアップ特有の「あの問題」をカスタム解決 ハイラックスは純正の状態で、フロント側が少し沈み込んだような前後バランスになっています。おそらく、荷台に重たい荷物を載せてちょうど良いような「働くクルマ」ならではの特徴なのだと推測します。 ただし、日本でハイラックスを愛用されるユーザーさんの多くは、荷台に多少の荷物を載せることはあっても、フロントの沈み込みがちょうど良くなるほどずっしり載せる例は少なく、むしろ、何も乗せない人が多い。普段使いのクルマとしては、この前後の傾きバランスが気になってしまうというわけです。 しかし、ご安心ください。こうした問題を解決できるカスタムパーツがバッチリ存在します。 人気のモデルは例えばJAOSのBATTLEZシリーズ。フロントだけリフトアップして前後のバランスを取るカスタムメニューが定番です。 ■ハイラックスのカスタムは、アーバンオフクラフトおよびクラフト各店でご相談ください クラフト各店と、オフロード系メインのアーバンオフクラフト各店では、ブログを頻繁に更新して、カスタムやチューニングの実例を紹介しています。 それらのなかで、特にアーバンオフクラフトのブログではハイラックスが登場する割合は相当のもの。たくさんのユーザー様にご愛顧をいただき、ノウハウを蓄積させていただいております。 気になる記事は下からご覧いただき、機会があれば、ぜひ店頭でスタッフに声をかけてみてください。

    • 新着ニュース
    • キャンペーン
    2021/02/11
    厚木店リニューアルオープン記念キャンペーン開催! (厚木店&相模原店で合同開催)

    ※当キャンペーン期間は終了いたしました。   クラフト厚木店が2/27(土)にリニューアルオープン! 特典たっぷりの記念キャンペーンを、厚木店と相模原店で開催いたします。   【 キャンペーン期間 第1弾 】 2021年2月27日(土)~2021年3月1日(月) 3日間 【 キャンペーン期間 第2弾 】 2021年3月5日(金)~2021年3月7日(日) 3日間 【 キャンペーン開催店舗 】 クラフト厚木店 住所   〒243-0813 神奈川県厚木市妻田東3-34-1 電話番号 046-225-9911 クラフト相模原店 住所   〒252-0143 神奈川県相模原市緑区橋本2-21-2 電話番号 042-703-7815 リニューアル記念キャンペーンでは期間中、さまざまな特典を企画しております。 【ホイール スペシャルプライス/ご成約特典】 協賛ホイールメーカー/ブランドの商品をご購入いただく絶好のチャンスです! それぞれ、期間中限定のスペシャルプライスか、豪華ご成約特典を設定してお待ちしております。 協賛ホイールメーカー/ブランド RAYS/レイズ、TWS、Weds/ウェッズ(クレンツェ、マーベリックなど)、ワーク ※アルファベット順 【カーケア用ケミカル製品 スペシャルプライス/ご成約特典】 厚木店ではカーケア用ケミカルのラインナップを拡充します! 今回は協賛の2社製品でそれぞれ、期間中限定のスペシャルプライスか、ご購入特典を用意しております。 ※カーケア用ケミカル製品 スペシャルプライス/ご成約特典は、厚木店のみでの開催です。 協賛ケミカルメーカー/ブランド     GYEON(ジーオン) 洗車用カーシャンプーに撥水能力をプラスした撥水コーティングinシャンプー「Q2M Bathe+(バスプラス)」など   VOODOO RIDE(ブードゥーライド) どこでも即行カーケアを実現する無水洗浄&ポリマーコーティングスプレー「All Surface Speed Detailer(オールサーフェイススピードディテイラー)」など 【対象ホイールメーカー+足回りをご成約で最長24回 分割払い金利手数料が無料】 クラフトメンバー様限定の特典です。ご購入時に新規ご入会いただいたお客様も対象となりますので、この機会にぜひご検討ください。 対象メーカー/ブランドの製品を分割払い(最長24回)でご購入いただく際、以下の条件を満たしたお客様の金利手数料を無料とさせていただきます。 なお、この【最長24回 分割払い金利手数料が無料】の特典に限り、対象期間を2021年2月27日(土)~3/14(日)とさせていただきます。 <分割払い金利手数料無料の条件について> ・クラフトメンバー様(JACCS付)で、当社指定のショッピングローンを利用してお支払いいただくお客様が対象です。 ・対象メーカー/ブランドのホイール&夏タイヤセット+対象メーカーの足回りを、1台分セットでお買い上げいただき、当社にて取付いただけるお客様に限ります。 ・当社指定のショッピングローンでのお支払い時にのみご利用いただけます。 ・ボーナス併用、ボーナス一括、二括払いは対象外となります。 ・ご利用は、個人のお客様に限ります(法人のお客様はご利用いただけません)。 ・日本国内にお住いの18歳以上の方(高校生は除く)がお申込みいただけます。 ・18歳~20歳未満の方がお申し込みの場合は、親権者の方の同意が必要となります。予めご了承願います。 ・お客様とショッピングローン会社との契約成立をもって正式受注となります。 ・詳しくは、店頭スタッフまでおたずねください。    対象ホイールメーカー/ブランド:RAYS/レイズ、TWS、Weds/ウェッズ(クレンツェ、マーベリックなど)、ワーク   対象足回りメーカー:4X4エンジニアリングサービス、ビルシュタイン、ブリッツ、HKS、JAOS、KW、TANABE、テイン 【アンケートご協力者様プレゼント】 店頭にて簡単なアンケートにご協力いただいたお客様には感謝のプレゼントを進呈いたします。 アンケートへのご協力は、各店スタッフへお気軽にお声がけください。   ※特典には数に限りのあるものがございます。品切れの際はご容赦ください。 ※緊急事態宣言の状況によっては、当キャンペーンを急きょ中止とさせていただく場合がございます。詳細は当ウェブサイトにてご確認ください。

    • 新着ニュース
    • キャンペーン
    2021/02/11
    メンバー様限定「ドレスアップコレクション」開催中!

    ドレスアップした愛車を自慢しませんか? クラフトが提案する新時代の"オンラインドレスアップコレクション"。 ホイール自慢!シャコタン、ツライチ、リフトアップ! アングルや背景に拘ったとっておきのカッコイイ一枚を、愛車の「ココ見て!」というアピールポイントと共にお送りください。 厳選な審査を行い、部門別にアワードを決定!後日、特設ページにてご紹介致します。 ※ご応募は「クラフトメンバー」様限定となります。ご了承ください。 応募ページはこちら!

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/02/08
    クラフトで実現する“ワンランク上!” シビック カスタム/チューニング スタイル

    ■走りの楽しいシビックは、カスタム/チューニングの奥深さも魅力のひとつ ホンダが伝統的にリリースしているモデルのなかで、特にポピュラーな人気モデルのひとつがシビックでしょう。 世界戦略車として各国で展開されており、ラインナップは代名詞的なハッチバック(FK7)、日本市場で久々の復活となったセダン(FC1/2020年に販売終了)、そしてタイプR(FK8)。 シビックタイプRが持つポテンシャルの高さはファンなら既知のとおり。 VWゴルフGTIクラブスポーツSやルノー・メガーヌR.S.トロフィーRといった、世界のライバル相手に「FF最速」を競っているのがシビックタイプRであり、そうした背景を持ちつつ、カスタムやドレスアップで自分だけの1台に仕立てることができるうえ、チューンでサーキット走行でタイムを追求することもできる。 こうしたモデルを普段使いできるというのは、オーナーにとって誇らしいポイントのひとつですね。 そして、ノーマルモデルだって負けていません。 これまでのシビックでは、ノーマルの発展型としてタイプRが存在していたのに対し、現在の10世代目シビックでは、開発時点からノーマルモデルとタイプRとを切り分けていたそう。 これにより、タイプRのポテンシャルアップのみならず、ノーマルモデルの走行性能アップも実現したとされています。 つまり、ノーマルシビックをベースに、タイプRとはまた違った方向性でアレンジができるというわけです。 実用性を重視しつつ少しだけスポーティを増すことともできるし、敢えてFK7をベースにチューンを重ねて、純正そのままタイプRを喰うぐらいまでレーシーに攻めることだって夢じゃありません。 ■ホイール、タイヤ、マフラーetc. カスタム/チューニングメニューは十人十色 クラフトには、嬉しいことにシビックのオーナー様からカスタムやチューニングの相談を多く寄せていただいています。 その傾向としては、FK8タイプRではアルミホイール&タイヤ交換、マフラー交換など。FK7ハッチバックのお客様であれば、さらにローダウンを基本とした足回りカスタムまで及ぶ例もあります。 お客様のニーズは様々です。 走りのクオリティにこだわる本格志向のお客様だけでなく、スタイル重視のライトカスタム派なお客様まで十人十色。 クラフトでは、これまでの実例を経験値にして、お客様それぞれのニーズを探り提案を重ねて、一緒に考えながら「お客様だけのワンランク上」を目指しているというわけです。 ■シビックのカスタム/チューニングは、実例を踏まえて一緒に検討しましょう! クラフト各店ではブログを頻繁に更新し、カスタムやチューニングの実例を紹介しています。 また、当記事の下部ではシビックの実例を集めています。 気になる記事はぜひご覧いただき、機会があれば店頭へ足をお運びください。 お客様のシビックをワンランク上にする。そのお手伝いができることを、スタッフ一同心よりお待ちしております。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/02/02
    ランドクルーザープラド150系 トレンドホイールコレクション2021

    「150(イチゴーマル)」と呼ばれる4代目ランドクルーザー・プラド。 ランクルシリーズならではの、高い評価を得ているオフロード性能はお墨付き! その上、オンロードにおける走行性能も非常に洗練された、今や定番的人気のモデルです。 そんな、性能面に死角の無い魅力的なモデルであっても、見た目については好みが影響するところ。 サイドビューを演出する足もと、ことさらホイールのカスタムには熱い視線が集まっているのです! 今回は、そんな150系プラドにぴったりな、今トレンドのホイールをご提案いたします! .title-bold1 {font-weight: bold; font-size: 150%; } .title-bold2 {font-weight: bold; font-size: 120%; } .title-bold3 {font-weight: bold; } .news-content-box {display:inline; margin: 0 0 4em 0; clearfix; } .news-box-left {float: left; width:58%; display:inline-block; } @media screen and (max-width: 768px) {.news-box-left {max-width:100%; }} .news-box-right { display:inline-block; padding:0 0 0 10px; } @media screen and (max-width: 768px) {.news-box-right {margin: auto; }} .news-box-under { display:inline-block; padding:30px 0 0 0; } .clearfix::after {content: ""; display: block; clear: both; } 【4x4Engineering】 Air/G Rocks 4x4エンジニアリング エアージー ロックス シャープで精密なメッシュ・フェイスと、立体感を強調するディープ・コンケイブ・デザインが融合されたデザインです。 どんなモデルにも合わせやすいマットブラックカラーのほか、新色のステルスブロンズブラッシュドは、アルミ本来の質感を強調するブラッシュド仕上げをベースに、ブロンズクリア塗装を施したカラーで足元を華やかに引き立てます。 また、リム部には印象的なダイアカット加工を施してあり、ホイールの輪郭を際立たせてくれます。 マットブラック/リムダイヤカット ステルスブロンズブラッシュド/リムダイヤカット 【4x4Engineering】 Air/G Massive 4x4エンジニアリング エアージー マッシヴ 8個の楕円ホールで構成されたディープ・コンケーブ・デザインが印象的な流行りの「レンコン」系デザインで、高い走破性も確保した本物志向の4x4ホイールです。 質感と個性をさらに引き立てる、オプションパーツの鍛造アルミリングを装着することで、さらに印象的でクールなオフ系らしいホイールフェイスを実現します。 マットブラック(オプションリング付) マットブラックブラッシュド 【RAYS】 VOLK RACING TE37XT レイズ ボルクレーシング TE37XT レイズ鍛造ホイールのなかで不動の人気を誇る「TE37」シリーズの、トラックでも対応できるほど高い強度性能を持った鍛造オフロードホイールです。 TE37シリーズの代名詞カラーで耐腐食性に優れるアルマイト処理が施された「ブロンズ(アルマイト)」は、発色性が良いうえ、光の濃淡で色味が変化するユニークな魅力も人気。 また、「ブラストブラック」は真っ黒というより少しガンメタ感がある、マット調で質感の高いカラーです。 ブロンズ(アルマイト) ブラストブラック 【CRIMSON】 DEAN COLORADO クリムソン ディーン コロラド 時代の流行にとらわれない、自由でファッショナブルな「NEWレトロスタイル」がコンセプトのブランド「DEAN(ディーン)」の最新作。 まるで鉄チンホイールを思わせるシンプルなディッシュスタイルに、ピアスボルトを合わせたデザインや、無骨で存在感のある特徴的なカラー設定が魅力。新しいのにどこか懐かしさを感じさせるデザインは、街中はもちろん、キャンプなどのアウトドアシーンでもサマになる1本です。 マットチャコールブラック(左) スティールグレー(右) 【CRIMSON】 MG GOLEM クリムソン MG ゴーレム ワイルドなデザインながら都会的で街中でも映える、クリムソンのオシャレなオフ系ブランド「MG」最新作。 MGシリーズ共通の大胆なビードロック風リムデザインはもちろん、センターカバーレスのオープンナットフェイスで手に入れた、従来モデルよりも深いコンケイブデザインと、オフ系ならではの力強い6スポークデザインが特徴です。 ブラック/マシニングリップ(左) マットブラック(右) さらに【サスペンション】も! というご提案 全体のフォルムを鮮やかに決めるには、ホイールだけでなくリフトアップも考慮したいところ。チョイスしやすいプラド専用のリフトアップキットが各メーカーからリリースされています。なかでもおすすめの2モデルはこちらです。 4x4Engineering カントリーサスペンションキット プラド150系(71151-31) リフト量:フロント25~80mm、リア40~50mm フロント車高調整式。ショックアブソーバーは減衰力フロント40段、リア14段調整式となっています。特定の周波数振動を吸収するハーモフレック機能を搭載。人気のラテラルロッドも別途ご用意しています。 調整式ラテラルロッド プラド150系(CS-034) JAOS BATTLEZ リフトアップセット VFCA 2.7Lガソリン車用 プラド 150系 リフト量:フロント10~50mm、リヤ35~40mm ショックアブソーバーは減衰力前後14段調整式となっています。こちらもハーモフレック機能を搭載。※ラテラルロッドは付属しません。 いかがでしょう。気になるホイールは見つかりましたか? 店頭ではさらにバリエーション豊かなラインナップをとりそろえて、皆さまのご来店をお待ちしております。 また、150プラドのドレスアップ事例は下記店舗ブログでも随時ご紹介しています! ※各種製品の価格は店舗スタッフまでお問い合わせください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2021/01/14
    個性を愉しめ! クラフト流ジムニー(JB64)ジムニーシエラ(JB74)カスタムのすゝめ

    ■デビューからずっと話題沸騰なジムニー/ジムニーシエラ(JB64/JB74) 2018年、スズキ・ジムニーおよびジムニーシエラが、新型のJB64型/JB74型へフルモデルチェンジしてしばらく経ちます。 長年愛され続けた人気モデルのリファインとあって、新型が登場するとすぐに大ヒットとなったことは記憶に新しいはず。新型はスクエアでどこか可愛らしいルックスを持ち、女性を含めたくさんの新しいファンを増やしたように感じます。 また、改めてJB23型/JB43型を見ると、クラシカルで無骨な感じがカッコよく見えたりして。うーんツミなクルマです。 ■カスタムで愉しもう! 自分スタイルのジムニー 一時期はバックオーダーで焦らされたものの、ジムニーファンの手元へあらかた納車が済み、ちまたで見かけることが増えてきた昨今。新型ジムニーにも前型と同じような展開が見えてきました。そう、カスタム路線です。これはもう、人気モデルの常ですね。 JB23型/JB43型よろしく、4x4テイストを強めたオフロードスタイルが主流であることは言うまでもありません。タイヤ&ホイールのカスタムからはじまり、リフトアップぐらいまでは既定路線。そこからプラスアルファを考えている御仁は多いはず。 その一方で、新型の特徴的なスクエアデザインを生かした新路線も見えてきました。 M・ベンツGクラスやランドローバー・ディフェンダーのような、角張ったデザインをハイクラスに昇華させたドレスアップスタイルを、カスタムショーなどでは散見できるようになっています。 つまり、オフロード路線でOKなのはジムニーの伝統。ルックスだけでもキマるし、実用性を重視すればオフロード走行を愉しめる本格志向の仕上がりが実現できる。それでいて、まったく別の方向としてラグジュアリー路線でもイケるという、JB23型/JB43型以上にユーザーを悩ませてくれる、やっぱりツミなクルマというわけです。 ■クルマ好き&ジムニー好きの視点でカスタム中! デモカーもお待ちしています!! そんな魅力的なジムニーには、クラフトのスタッフも大いに注目しています。なにせ、タイヤやホイールの専門家である以前に、一匹のクルマ好きですから、趣味と仕事を両立できるジムニーを見過ごすわけがありません。 クラフト/アーバンオフクラフトの岐阜長良店、鈴鹿店にはジムニーのデモカーがあり、浜松店にはジムニーシエラのデモカーを用意しています。それはもう、あれこれ愉しませていただいております! デモカーに施したあれこれの詳しくは下のバナーからどうぞ。 クルマ好き、そしてジムニー好きの視点で、ときにお客様と一緒にアプローチした取り組みは、日々更新中の各店ブログからもご覧いただけます。店頭のデモカーと合わせて、ぜひご注目ください!

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/12/22
    実例から考える新型ハリアーカスタム/ドレスアップ

    ■国産プレミアムSUVの雄、トヨタ新型ハリアー トヨタがラインナップするクロスオーバーSUVハリアーは、2020年に4世代目(MXUA8# / AXUH8#)へフルモデルチェンジを果たし、流麗なボディラインで生まれ変わりました。 この美しいプロポーションは、純正ノーマルでもちろんカッコいい。そしてさらに、クーペよろしくカスタムやドレスアップをしても「映える」という魅惑的な存在です。 新車で購入してすぐカスタムやドレスアップを進める人は相当の好きモノ(褒め言葉です!)でしょう。 とはいえ、純正ノーマルでしばらく乗りこなしたあと、少しずつカスタム/ドレスアップを進めていくというオーナーは、けして珍しくない。愛車がますますカッコ良くなる。こんなに嬉しいことはありませんから! そして、年月が経つにつれ、多様なスタイルが続々と市場に流通することは間違いありません。 また、モデルチェンジがあると、前型(ZSU6#W / ASU6#W / AVU65W)の中古車市場も活性化するものです。多少の時間が経っていても、3世代目はスタイリッシュでクールなクロスオーバーSUV。4世代目とはまた違った魅力を持った、やはりカスタム/ドレスアップ映えする魅力的な存在ですから、アフターマーケットの選択肢が気になってくるわけです。 ■インチアップ? ローダウン? リフトアップ?ハリアーのプロポーションをどう生かすかが悩みどころ さて、そんなハリアーのカスタム/ドレスアップは、どのように進めるべきなのでしょう。 実用性を睨んで、冬季スタッドレス用に純正ホイールを回し、サマータイヤ用のホイールで遊ぼうか。 あるいは、いっそ純正ホイールを手放して、夏冬の両方ともスタイリッシュなホイールにしようか。 そうするとインチアップ、はたまたローダウン、いやいやリフトアップだって……。うーん、嬉しい悩みはつきませんね。 ■実例から学ぶハリアーのカスタム/ドレスアップ こうして悩んでいる時間はとても楽しいものですが、先人の実例を眺めてみるのもまた楽しいものです。 クラフト各店では、実店舗でハリアーに施したカスタム/ドレスアップの実例をブログで紹介しています。これらを見ながら、自分だったらどうするかを考える時間は、また格別のものです。 機会があれば、遠慮なく実店舗でスタッフに声をかけてみてください。 経験豊富でクルマ好きな、クラフト各スタッフがお客様と一緒に悩みながら、ハリアーがより魅力的になるよう、カスタム/ドレスアップの提案をさせて頂きます!

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/12/07
    リフトアップ、ローダウンどちらも似合う! RAV4カスタムトレンド

    ■カスタムパーツがそろってきた旬なクルマ、RAV4 トヨタのクロスオーバーSUV、RAV4の5世代目(XA50系)は、2019年4月にデビューすると瞬く間に大ヒット。2019-2020年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したばかりか、2019年の世界販売台数ランキングでは堂々の3位をマークしています。 世界で3番目になるほど大ヒットしているモデルだけに、街中で見かける機会が増えたことにも頷けます。 しかしそうすると、オーナーにとって気になるのが他との差別化、カスタムですね。 カスタムにより「自分のRAV4は他より少しカッコ良く見える」。この「自分だけの特別感」は、経験者にしか分からない愉悦と言えます。 ■オフロードからアーバンスタイルまでオールOK! だからこそ難しいRAV4カスタム さて、RAV4カスタムのトレンドはどうなっているのでしょう。 実は、クロスオーバーSUVとりわけRAV4のカスタムは、定番があってないような、初心者には難しい状態になっています。 ホイール&タイヤだけを見ても、ホイールをインチダウン&ワイルドなタイヤを組み合わせて「オフロード」テイストを強めるのもアリ。逆に、スポーツテイストの強い大径ホイールと薄いタイヤをインストールした「オンロード」系もアリ。はたまた、両者のいいとこ取りで「アーバンオフ」なスタイルもアリ。どれもアリ=正解というわけです。 一方、車高を考えてみると、RAV4は上げ下げしなくても十分にカッコ良いのは嬉しいポイント。ただし、リフトアップしてもローダウンしても、上手にまとめることができれば、自由自在に印象を変えることができる。やはりどれも正解という状況。 カスタムの懐が深い。これもまた、RAV4の魅力なのでしょう。アフターマケットにパーツがでそろってきた昨今は、さらにその魅力を増したというわけです。 ■やっぱりカスタムの基本はホイールとタイヤから とは言え「カスタムの基本はホイール&タイヤから」という金言は、RAV4でも同じだと考えます。 まず、自分好みのホイールを見つけて、それに合うタイヤを選んで、そうして徐々に進めていく。この道筋こそが結局のところ定番であり、今も昔も変わらないカスタムの王道。少しずつ自分色に染めていく課程もまた、カスタムの醍醐味です。 あなたのお好みはオフロードスタイルですか? はたまたスポーティなアーバンテイスト? ラグジュアリー系もどんとこい! クラフト各店で実際に施したRAV4カスタムの実例を、各店舗ブログで紹介しています。これらも是非参考にしてください。 また、なんとなくのカスタムイメージをクラフト各スタッフにお伝えくだされば、多くの実例からアドバイスをさせて頂きますよ。

    • 新着ニュース
    2020/12/05
    新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

    平素よりクラフトの店舗をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。 新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々、ご家族の皆様に謹んでお悔み申し上げます。 また、罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 【新型コロナウイルス対策について】 クラフトでは、新型コロナウイルス感染拡大防止に関して以下の感染症対策を行っています。 ・毎朝、従業員の健康状態のチェック ・従業員の就業前、手洗い、うがいの徹底 ・店舗のカウンターやドアノブなどの消毒液での清掃 ・カウンターにビニールカーテンを設置し飛沫の抑制 なお、店舗の混雑状況により店内への入場制限をさせていただく場合がございます。 何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/11/24
    実践ローダウン・アドバイス!クラフトで夢を叶えろ!

    ■どんなクルマも精悍なスタイルになる「ローダウン」 クルマ好きの方がまっさきに考えるカスタマイズといえば、「ホイール交換」と「ローダウン」。単なるホイール交換だけなら、自分の愛車に適合するかどうかを確認するのは比較的カンタン、ですよね。 さらにそこから、より低く構えた精悍なスタイルを実現するには、ノーマルよりも車高をぐっと下げてあげる必要があります。これがけっこう、初心者にはハードルが高く感じてしまうところです。 ■どうやって車高を下げるのか? 前後左右4つのサスペンション部品を交換することでローダウンは実現します。人気なのは車高調整機能付きダンパーと専用スプリングの組み合わせですが、予算に限りがある、という方はスプリングだけを交換するケースもあります。有名所のサスペンションメーカー各社では、モデルに応じたセット製品をパッケージにしています。このおかげで、一昔前に比べるとローダウン・スタイルは誰もがより気軽に楽しめるようになりました。 ■大事なのは見た目、だけではありません サスペンションパーツを交換することで車高を下げると、これまでのクルマの印象は、想像以上に大きく変わります。ホイールとタイヤ、そしてフェンダーアーチとの距離感が変わることで、「もう少しホイールを外側に張り出させたい!」と感じる方もいるでしょう。ローダウンの実現によって、次に考えなければならないカスタムの課題が出てくるのは悩ましくもあり、そして楽しくもあります。 車に詳しいお客様の中には、まずはノーマルホイールのままローダウンを行い、その状態での実車を計測した上でベストなホイールを選択する、というスマートな手法を取られる方もいらっしゃいます。社外ホイールと愛車との膨大な組み合わせの中からベストな選択をするのは、なかなか簡単なことではないのです。 ■知識と経験を持ったプロにおまかせあれ 憧れているけれど具体的なスタイルがまだ明確になっていない方は、お近くのクラフトまでお早めに足をお運びください。何台もの事例を扱ってきたプロフェッショナルが、お客様のベスト・チョイスのお手伝いをさせていただきます。

    • 新着ニュース
    • キャンペーン
    2020/10/10
    お得なスタッドレスタイヤセール開催!!

    お得なスタッドレスタイヤセールを今シーズンも開催! SUV用、4WD用、ミニバン用はもちろん、国産車、輸入車にもマッチするサイズを豊富に展開。 お客様のニーズに合ったスタッドレスタイヤを、リーズナブルな価格でご提案させて頂きます。 スタッドレスタイヤだけでもOKですが、ホイールとのセットでお持ち帰りでのご購入なら、さらにお得なプライス設定です。 ただし、在庫は豊富にご用意させていただいておりますが、ハイシーズンには人気車種のサイズや人気のスタッドレスタイヤから欠品してしまう場合も。 早めの準備なら、豊富な在庫から選べ、待ち時間も短くお買い求め頂けます。 本格的に寒くなるより前に準備しておくのが、賢いスタッドレスタイヤ選びですよ! さらに! 多くの特典をご用意しております。 ※クラフトメンバー様はさらなる特典!(メンバー制度に関しては店頭スタッフへお問い合わせください) ※下記特典は、数量限定お持ち帰り特典セットおよび特価スタッドレスタイヤは対象外となります。 【特典1】高価下取 12/29(火)までに新品スタッドレスタイヤ&アルミホイールセット1台分(4本)をお買い上げのお客様は、お買い上げ1台分につき不要なタイヤ&アルミホイールセット1台分を3,000円(パーツ欠損時は500円)で下取りいたします。 【特典2】2台目割引(お持ち帰り限定) 2台分まとめてお持ち帰りいただけるお客様は、2台分合計金額から2,000円割引いたします(2台分合計額150,000円以上のみ)。 【特典3】タイヤ4本交換下取保証 スタッドレスタイヤのみを1台分(4本)ご購入いただいた方限定で、外したタイヤを1,000円で下取りいたします。 (※通常、廃タイヤはサイズにより処理費用が必要となりますが、その費用分が不要となり、さらに下取料金として1,000円を保証いたします) (例:タイヤサイズ215/65R16Jの場合、廃タイヤ処理料金4本2,640円(税込)+下取料金4本1,000円=合計3,640円お得!) (※ホイール付きセットをお買い上げのお客様は、特典1~4をご利用いただけます) スタッドレスタイヤ選びやセールの詳細、クラフトメンバー制度など、ご不明点があれば店頭スタッフへお気軽にお問い合わせください。

    • 新着ニュース
    • キャンペーン
    2020/10/09
    タイヤ&ホイール+足回りをお得に手に入れるチャンス!カスタム応援キャンペーン

    クラフトメンバー様のカスタム応援キャンペーン開催! 期間中「対象ホイール&夏タイヤセット+足回り」を1台分セットでお買い上げのクラフトメンバー様は、当社指定のショッピングローンでのお支払いで、分割金利手数料がなんと無料※に! まだクラフトメンバーに入会されていないお客様も、同時の新規ご入会でもちろんOKです! お得なこのチャンスに愛車のカスタムを楽しみましょう。 ※最長24回まで 【対象ホイールメーカー、ブランド】 4X4エンジニアリングサービス、アドバンレーシング、アクセル、BBS、OZ、レイズ、SSR、スーパースター、TWS、ウェッズ(クレンツェ、マーベリック等)、ワーク   【対象足回りメーカー】 4X4エンジニアリングサービス、ビルシュタイン、ブリッツ、HKS、JAOS、KW、TANABE、テイン   【対象店舗】 クラフト全店 【キャンペーン期間】 ~2020年12月13日(日)まで 【キャンペーン対象】 クラフトメンバー様(JACCS付)で、当社指定のショッピングローンでお支払いの方。 ・上記の対象ホイール&夏タイヤセット+足回りを1台分セットでお買い上げいただき、当社にて取付いただけるお客様に限ります。 ・当社指定のショッピングローンでのお支払い時にのみご利用いただけます。 ・ボーナス併用、ボーナス一括、二括払いは対象外となります。 ・ご利用は、個人のお客様に限ります(法人のお客様はご利用いただけません)。 ・日本国内にお住いの18歳以上の方(高校生は除く)がお申込みいただけます。 ・18歳~20歳未満の方がお申し込みの場合は、親権者の方の同意が必要となります。予めご了承願います。 ・お客様とショッピングローン会社との契約成立をもって正式受注となります。 ・詳しくは、店頭スタッフまでおたずねください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/10/01
    スタッドレスでもスタイル追求カスタムを提案

    クルマにこだわりを持つあなたにこそ提案したい。 冬のスタッドレスタイヤでもクールなカーライフ。 スタッドレスタイヤとしての機能性を備えつつ、なおかつ愛車をカッコ良く見せたいというニーズを、クラフトは全力でサポートいたします! 店頭ではさまざまなデザインのアルミホイールを豊富にそろえ、車高調などのカスタムにも柔軟に対応。 どんな相談でも店頭スタッフへお気軽にお声がけください。 「本格的に寒くなってスタッドレスタイヤにはきかえるのが楽しみ」 そんなカーライフをクラフトで実現しましょう!

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/09/23
    ロードスター特集/カスタムは十人十色

    1989年の登場以来、ライトウェイト・オープン・スポーツの代名詞とも言える存在感をいまも発揮し続ける孤高の存在、マツダ・ロードスター。 開発に当たってのキーワードは「人馬一体」とし、NA系と呼ばれる初代は1.6リッターDOHCエンジンを搭載し、後のマイナーチェンジで1.8リッターへサイズアップ。シリーズ中唯一のリトラクタブル・ヘッドライトを採用し、いまだに根強いファンが数多く存在するモデルです。 その後、1998年に登場したNB型では、ボディ剛性強化や徹底した軽量化と低重心化が施され、スポーツカーとしての魅力がますます磨かれたモデルとして好評を博しました。 2005年には三代目となるNC型が登場。プラットフォームを一新して3ナンバーボディとなり、搭載されるエンジンはL型2リッター直4と大型化され、さらなるパワーが与えられています。 そして2015年現行型となるND型ロードスターがデビュー。エンジンは直噴1.5Lにダウンサイジングされ、軽量化と旋回性能をさらに高めた、まさにライトウェイト・スポーツカーの真骨頂とも言える清々しい乗り味を誰もが楽しめるモデルとなっています。 初代の登場から、四代目となる現行モデルに至るまで、30余年の月日が流れました。クラフトはその間、ずっと変わらずロードスター・オーナー様の足回りを支え続けてきました。 ありとあらゆるチューニング・ロードスターを見てきたクラフト。現在ロードスターをお乗りになっているすべての方へ、クラフトがこれまで蓄積してきた足回りの知識と経験をご提供して参ります。どうぞお気軽にご相談ください。 下記より、これまでのロードスター関連記事をまとめてありますので、ご覧ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/09/10
    マフラー交換もクラフトにお任せください!

    クラフトが持っているチューニング・ノウハウは、足回りだけではありません。「マフラー交換」もクラフトの得意技のひとつ。様々なメーカーがリリースするマフラーの特徴やフィッティングに関するご相談を随時承っております。 また、お客様が漠然と抱いている「マフラー交換後のイメージ」を、具現化するためのアドバイス・サポートも行っておりますので、ぜひお気軽に店舗スタッフまでお声がけください。 マフラー交換に関する記事を下記にピックアップしています。マフラーチューニングをご検討中の方はぜひ、参考にしてみてください。

    • 新着ニュース
    • キャンペーン
    2020/09/04
    A90スープラ クラフト各店巡回展示中

    GRスープラ・クラフトカスタム仕様のクラフト各店巡回展示はひとまず終了しています。 2020年9月現在、クラフト中川店にて常設展示中ですので、ぜひ足を運んでいただき、現車をご覧になってみてくださいね。 クラフト流のセンスで仕上げられたコダワリのカスタム・デモカーです。 詳細は店舗スタッフまでお気軽にお尋ねください。 A90スープラの関連記事を、以下にピックアップしています。どうぞご覧ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/09/01
    スバルWRX特集/「ボクサー」をさらに磨き上げる!

    2014年に登場したスバルのスポーツ・セダン、WRX。クラフトでもこれまでたくさんの車両の足回りを組み上げてきたモデルです。 もともと「WRX」とはスバル・インプレッサのスポーツバージョンに付けられていたグレード名でしたが、3代目インプレッサのマイナーチェンジによりインプレッサの名称が外れ「スバル・WRX STI」と単独の車名を名乗るようになったのはファンならご存知の通り。 EJ20型と呼ばれる2.0L水平対向4気筒ターボエンジンを搭載する「STI」に加え、2.0L直噴ターボ仕様となるFA20型エンジンを搭載する「S4」、2つのラインアップがありますが、「STI」は既に販売終了がアナウンスされています。 本格スポーツ・セダンという、いまやニッチな存在ともいえるジャンルにおけるWRXの存在感は今も大きく、20代の若者から50、60代のシニア世代に至るまで、熱狂的なファンに熱く支持されながら今に至っています。当然ながら、各種チューニングにおけるファン同士のノウハウ共有も盛んで、特に足回りに関しては、これまで数え切れないほどたくさんのお客様からのご相談に応じてきました。 クラフトが手掛けたお客様のWRXを重点的にピックアップし、下記店舗ブログに掲載しています。どうぞご覧ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/08/21
    ジムニー/デモカーカスタム(アーバンオフクラフト鈴鹿店)

    アーバンオフクラフト鈴鹿店です。 待ちに待ったジャングルグリーンのJB64Wジムニーが、ついに納車されました! 当店デモカーとして今後いろいろなカスタムを施していきたいと思いますので、お楽しみに! ジムニーに関する店舗ブログをピックアップしています。下記ブログ記事一覧よりご覧ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/07/21
    150プラド/定番カスタムプラン提案

    2009年に登場した、通称「150(イチゴーマル)」と呼ばれる4代目ランドクルーザー・プラド。これまでも高い評価を得ていたオフロード性能はさらに進化し、さらにオンロードにおける走行性能も非常に洗練されています。 ベテランの方はもちろん、初心者の方がいきなり選んでもぜったい間違いのない、代表的なカスタム・パーツをご紹介します。 .title-bold1 {font-weight: bold; font-size: 150%; } .title-bold2 {font-weight: bold; font-size: 120%; } .title-bold3 {font-weight: bold; } .news-content-box {display:inline; margin: 0 0 4em 0; clearfix; } .news-box-left {float: left; width:58%; display:inline-block; }@media screen and (max-width: 768px) {.news-box-left {max-width:100%; }} .news-box-right { display:inline-block; padding:0 0 0 10px; }@media screen and (max-width: 768px) {.news-box-right {margin: auto; }} .clearfix::after {content: ""; display: block; clear: both; } 【ホイール】 ドレスアップの最初の一歩は、まずはホイールから。プラドのような大きめの車格にぴったり合うおすすめホイールをご紹介します。ちなみに150プラドのホイールは6穴でPCDは139.7mmとなっています。インチサイズは16インチ~比較的自由に選ぶことができますが、今回は17インチを取り上げています。 [PLAN A] クリムソン MG モンスター(17inch × 8.0J) クリムソンのホイールブランド「MG」の人気モデル、モンスター。4WDならではのオーバーフェンダーにも対応したサイズを1ピースで取り揃えることで、深いコンケーブを実現。マットブラックポリッシュのホイールに、BIGピアスボルト・オプション「インサート」を装着することで、さらに個性が際立ちます。 [PLAN B] 4x4エンジニアリングサービス Air/G Massive(17inch × 8.0J) 8個の楕円ホールで構成されたディープ・コンケーブ・デザインが印象的。4WD業界の老舗ブランド「4x4エンジニアリングサービス」の新作ホイールです。オプションの鍛造アルミリング装着により、さらに印象的でクールなホイールフェイスを実現します。 [PLAN C] RAYS デイトナFDX(17inch × 8.0J DKカラー) RAYSのデイトナシリーズも根強い人気モデルのひとつです。力強い6スポークデザインをベースに、装着車種を限定することでディープリム・シルエットを実現。スポークとリム部にはパーツ感のあるあしらいが施されています。 【タイヤ】 クールで洗練された印象のプラドを、がらりとワイルドな印象に仕上げてくれるのがオフロード専用タイヤ。ショルダー部のホワイトレターにこだわる方も少なくないです。 [PLAN A] BFグッドリッチ ALL TERRAIN T/A KO2 4x4車両からSUV、コンパクトSUVなど幅広い車種に対応。オフロード性能はもちろん、オンロード、ドレスアップまでオールラウンドに対応する定番タイヤ。ショルダー部にあしらわれたホワイトレターも雰囲気抜群です。 [PLAN B] TOYO TIRES オープンカントリー MT アグレッシブで機能的なトレッドデザインを採用する、たいへん人気の高いモデルです。オン・オフどちらのシーンにも頼もしいパフォーマンスを発揮する性能を備え、耐久性も非常に高いのが特徴です。 【サスペンション】 全体のフォルムを最後に鮮やかに決めるには、やはりリフトアップが不可欠。チョイスしやすいプラド専用となるリフトアップキットが各メーカーからリリースされています。中でもおすすめの2モデルはこちら。 [PLAN A] 4x4エンジニアリングサービス カントリーサスペンションキット プラド150系(71151-31) リフト量:フロント25~80mm、リア40~50mm フロント車高調整式。ショックアブソーバーは減衰力フロント40段、リア14段調整式となっています。特定の周波数振動を吸収するハーモフレック機能を搭載。人気のラテラルロッドも別途ご用意しています。 4x4エンジニアリングサービス 調整式ラテラルロッド プラド150系(CS-034) [PLAN B] JAOS BATTLEZ リフトアップセット VFCA 2.7Lガソリン車用 プラド 150系 リフト量:フロント10~50mm、リヤ35~40mm ショックアブソーバーは減衰力前後14段調整式となっています。こちらもハーモフレック機能を搭載。※ラテラルロッドは付属しません。 【アクセサリー】 タフで便利なアウトドア・ツールを満載して、プラドを徹底的に楽しんでしまいましょう! CURTヒッチメンバー 多くの150プラドオーナーに大注目なのが、CURTのヒッチメンバー&ヒッチカーゴ。アメリカンブランドらしい無骨なデザインが魅力です。様々な用途に合わせたヒッチカーゴを取付ける前に、まずはベースとなるヒッチメンバーを装着しましょう。 ARBフラットキャリア 立体駐車場に駐車する際も困らないフラットタイプのルーフキャリアです。はしごやサーフィンのサーフボートなど、長尺物を積むのにも最適。スッキリとした見た目で、荷物を載せない時は空気抵抗も少ないのが特徴です。 JAOSマッドガード3 PPベルトとフラップ下端に配されたジェットホールで、マッドガードの巻込みと巻上げを軽減。セットは前後別の左右2枚入りですので、前後に装着される方は2セット必要です。 ※各種製品取付工賃は店舗スタッフまでお問い合わせください。 150プラドのドレスアップ事例は下記店舗ブログでも随時ご紹介しています!

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/06/15
    「タイヤ選び」を超真面目にアドバイス

    クラフトの店頭には、国内外さまざまなメーカーが作る、たくさんの種類のタイヤが並んでいます。 「燃費がいい」「乗り心地がいい」「走りが静か」「雨に強い」。 それぞれのタイヤにはいろいろな特徴がありますが、それらの中から選ぶ際の最大の決め手は、「お客様ご自身のクルマの使い方」だったりします。 みなさんがクルマを購入する際あれこれ悩むのと同じように、タイヤもまた、お客様ご自身のクルマの使い方を踏まえながら、きちんと考えることが大切です。 クルマの性能を大きく左右する「タイヤ」という部品に長年こだわってきたクラフトだからできる、的確なアドバイス。 タイヤ選びでお悩みの際は、どうぞお近くのクラフト・スタッフまで、お気軽にご相談ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/06/05
    TWS特集/鍛造にこだわり、精緻を極める

    決して華美になり過ぎることなく、高い質感と質実剛健のスタイルをいまも貫く鍛造ホイール・ブランド「TWS」。 クルマの本質を知る多くのコアなファンに長く愛され続けてきました。 リリースしたばかりの最新モデルから、往年の定番まで、TWSのご相談、承っております。 数々の装着事例を知り尽くしたクラフト・スタッフまで、お気軽にお声がけください。 「TWS」を取り上げた店舗ブログをピックアップしています。下記ブログ記事一覧よりご覧ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/05/25
    クルマ好きスタッフブログ

    クラフトで働くスタッフはみんな、超がつくほどのクルマ好き&カスタム好き。 普段自分が乗っているクルマをチューニングしたり、ドレスアップしたりするのは、もはや日常茶飯事といってもいいくらいです。 お客様のクルマでは試せない実験的なチューニングを、ならば!と自分のクルマを使って実践してみることもしばしば。 そんなスタッフたちの「放課後活動」から得られたヒントが、お客様のドレスアップ・アドバイスに結びつくケースは少なくありません。 このページでは、そんなカスタム大好きスタッフの日常の一端をご紹介していきます。 下記「おすすめの記事一覧」からご覧くださいね。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/04/20
    タイヤ&ホイールの買取り、下取りお任せください

    愛車にばっちり似合うホイールを新しく購入するとき、クルマにもともと付いていたホイールとタイヤは、どうしていますか? タイヤ&ホイールの専門店クラフトでは、タイヤ&ホイールの下取りにもしっかり対応しています。 つまり、下取った金額分だけ、新しいホイールをお安く購入していただくことができるんです。 ❶ 売って、買う。クラフトならではの合わせ技。 ◆欲しかったあのホイールを、お安く購入! もともと付いていたタイヤ&ホイールの価値が仮に5万円としたら・・・ 通常4本セット20万円のホイールが、15万円で買える! ◆ご家族の車のタイヤを交換! 下取りに出したタイヤ・ホイールの価値が仮に3万円としたら・・・ 通常4本価格3万円相当のご家族の車のタイヤを、工賃のみで交換OK! ※上記は一例です。 ❷ タイヤ・ホイールはクラフトへ売ろう! ◆自宅の倉庫やガレージに眠っているタイヤ・ホイール、買い取ります ホイールとタイヤのセットでの下取りはもちろん、まだ溝が残っているタイヤだけでも買い取りします。純正ホイールはもちろん、社外ホイールでも買い取り可能です!ぜひクラフトにお持ち込みください。 タイヤのみでも価値を見極め買い取りします! ◆その場で現金化します! お客様がお持ちのタイヤ・ホイールをクラフトにお売りいただれば・・・ 買い取ったその場で現金をお渡しします! 「店頭買い取り」だから安心! 他店で購入したタイヤ・ホイールも買い取りOKです。 お近くのクラフト店舗スタッフまで、どうぞお気軽にご相談ください!

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/03/19
    ジムニー特集/LOVE THE JIMNY!

    日本が誇る本格オフローダー”ジムニー”。 軽さを生かしたオフロードの走破性能は、ファンを虜にし続け、その魅力は色褪せることはないでしょう。 新型ジムニー/ジムニーシエラ(JB64/74)の新商品もどんどん発売され、カスタムシーンも盛り上がっています。 このページは、ジムニーを愛する、ジムニー好きの為の、ジムニー専用の特集ページです。 ジムニーに関するパーツやカスタム事例を紹介していきます。 クラフトもジムニーとジムニーシエラをデモカーとして購入。 皆さまと一緒にカスタムを楽しんでいきたいと思います!

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/03/19
    ジムニー/デモカーカスタム(アーバンオフクラフト岐阜長良店)

    アーバンオフクラフト長良店です! 待つこと約1年!ついに新型ジムニー納車しました!JB64 のキネティックイエローです。アフターパーツが多いジムニーは、カスタムの幅も広く、自分色に染めていくには持って来いのクルマですね! これから、ジムニー乗りの皆様と、一緒にカスタムを楽しんでいきたいと思いますのでよろしくお願いします。 ジムニーに関する店舗ブログをピックアップしています。下記ブログ記事一覧よりご覧ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/03/19
    ジムニー/最新パーツ情報

    ジムニーに似合うホイールや、サスペンション、エクステリアにインテリア商品など、クラフトスタッフオススメの商品をご紹介。 下記ブログ記事一覧よりご覧ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/03/19
    ジムニー/デモカーカスタム(アーバンオフクラフト浜松店)

    アーバンオフクラフト浜松店です。 祝納車! うちのデモカーはJB74 ジムニーシエラのブリスクブルーメタリック。 待ちに待っただけあって、かわいくて仕方がありません。 ここ静岡県生まれのジムニー。 地元だけあって、いつもジムニーが走っているのを目にします。 ジムニーの生まれ故郷、ここ静岡で、ジムニーライフを楽しんで行きたいと思います。 ジムニーオーナーの皆様よろしくお願いします! ジムニーに関する店舗ブログをピックアップしています。下記ブログ記事一覧よりご覧ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/03/05
    VOLK特集/レース直系・鍛造スポーツホイール

    レース直系の遺伝子を持つ鍛造スポーツホイールの最高峰「VOLK RACING」。 軽量、高剛性、高精度、どれをとっても超一流。 多様化する時代の要求値を満たすべく、その性能は進化し続け、ストリートからアタックシーンまで、圧倒的な支持を誇り続けています。 ボルクレーシングのことなら、「RAYS No.1 SHOP」のクラフトにお任せください。 「VOLK」を取り上げた店舗ブログをピックアップしています。下記ブログ記事一覧よりご覧ください。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/03/05
    WORK特集/セミオーダー可能なマルチピースホイールの代表ブランド

    1977年、物作りの本場、東大阪で創業し、長い歴史と高い技術力を持つ、国内有数のホイールメーカーです。 特に、2ピースや3ピースなどの”マルチピースホイール”は、WORKの真骨頂。 長年にわたりホイールメーカーとして培ってきた、さまざまなノウハウと、高い技術が注入されています。 また、セミオーダーカラーやリムアレンジ、ピアスボルトの選択など、ユーザーのニーズにきめ細かく対応が可能な「カスタムオーダープラン」も魅力の一つ。 高い技術力と対応力でユーザーに寄り添うWORK。 自分だけのホイールカスタマイズを求める方にとって、強い味方になってくれるに違いありません。 「WORK」を取り上げた店舗ブログをピックアップしています。下記ブログ記事一覧よりご覧ください。

    • 未分類
    2020/02/14
    アーバンオフクラフト岐阜長良店「1周年祭」開催!

    いつもアーバンオフクラフト岐阜長良店をご利用頂き、誠にありがとうございます。 皆様のおかげで、当店は1周年を迎えることが出来ました。 皆様への日頃からの感謝の気持ちを込め、アーバンオフクラフト岐阜長良店1周年祭を開催致します。 RAYS・WORK・CRIMSON・JAOS・WEDS・4×4エンジリアニングサービス等、アーバンオフスタイルを代表する人気メーカー各社様も、今回の周年イベントに駆け付けていただく事が決定しました。 各メーカー様のご好意により、期間中はすべてのアイテムを周年イベント限定スペシャルプライスにてご案内!! イベント期間中にご成約いただいた方には、素敵なプレゼントもご用意しております!! デモカー#1 RAV4 デモカー#2 ラングラー デモカー#3 ジムニー ご成約特典 WORK:メーカーロゴ入りフェイスタオル RAYS:ロゴ入りナット WEDS:ブゥードゥ JUJU(カーシャンプー) 4×4:メーカーステッカー JAOS:メーカーステッカー クリムソン:MJスマホリング/スマホ広角レンズ/クラブリネアTシャツのいずれか 開催期間は2月22日(土)23日(日)24日(月祝)の3デイズ。リフトアップからホイール、オフロードタイヤをお探しの方は是非ともこの機会に、アーバンオフクラフト岐阜長良店へお越しくださいませ。 皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/02/08
    四輪ホイールアライメント調整のすすめ

    ホイールアライメント調整とは クルマの4つのホイールを正しい向き、正しい角度に調整することを、四輪ホイールアライメント調整と言います。クルマは走り続けるうちにホイールの角度がずれてしまったり、あるいはタイヤの摩耗等によって、正しい角度から外れてしまうことがあります。 ついうっかり縁石にタイヤを激しくぶつけてしまい、ホイールの角度が狂ってしまう、といったケースもありがちです。 あなたの愛車、こんな症状は出ていませんか? タイヤの片側だけ早く摩耗する タイヤが片減りする原因はいくつかありますが、もっとも多いのはタイヤの空気圧不足。その次に考えられるのは、体感しにくい小さなアライメントのずれです。そのまま放置した状態で走り続けると、タイヤの片減りはどんどん進んでしまいます。 いったん片減りしてしまったクルマは、ますますアライメントの値に悪影響を及ぼしてしまうため、走行時の安定性もますます損なわれてしまいます。 まずはタイヤを新品に交換して、そのタイミングでアライメントをきちんと測定・調整するようにしましょう。 走っているとハンドルを取られる ブレーキを踏んでクルマを減速させた際など、ふいにハンドルが勝手に回ろうとする現象が起きることがあります。これはアライメントの値がホイールの左右で異なっている場合に起きる典型的な症状です。 アライメントが正しく調整されていれば、このような現象は起きなくなります。 曲がりたい方向にうまく曲がれない たとえばハンドルを左に切ると、切った分だけタイヤは左を向きます。アライメントがずれていると、ハンドルの動きにクルマの動きが追従せず、ドライバーが意図しない不安定な挙動をすることがあります。タイヤの空気圧異常、偏摩耗、そしてアライメントのずれが原因ですので、速やかな対策が必要です。 タイヤはまっすぐなのにハンドルがずれる クルマをまっすぐ走らせている時、ハンドルもまっすぐになっているのが正常な状態。まっすぐ走らせているにも関わらずハンドルが傾いたまま、という状態は、アライメントがずれている証拠です。このまま走らせていると、タイヤの片減りを起こしたり操縦安定性が損なわれたり、といった不具合が遠からず発生するはず。速やかにアライメント調整を行うようにしましょう。 タイヤ交換時のアライメント調整を強く推奨中 クルマのアライメントは、装着された4つのホイールが微妙な角度を維持することで成り立っています。サスペンション交換はもちろんのこと、タイヤ交換にともない車高等が微妙に変化し、アライメントの値にも影響します。 クラフトではサスペンション交換時には必ずアライメント調整をセットでご案内している他、タイヤ交換を行うお客様に対しても、アライメント調整を積極的にご案内しています。 またクラフトでは、ホイールアライメントを構成する3つの要素(トー角、キャンバー角、キャスター角)を瞬時に計測できる3Dアライメントテスター「HUNTER HawkEye」を全店舗に導入しています。ホイールアライメント調整のご予約も承っていますので、お近くのクラフト店舗までお電話でお問い合わせください。 クラフト・ホイールアライメント調整

    • 新着ニュース
    • キャンペーン
    2020/01/27
    新型RAV4カスタム応援キャンペーン

    オールテレーンタイヤ装着のアーバン『オフ』系スタイル、大口径20インチ仕様の『オン』系のアーバン仕様まで、幅広く対応できるマルチ車両”RAV4”。アーバンオフクラフトでも、カスタム依頼が非常に多い大人気車種です。 以前開催して好評だった『新型RAV4カスタム応援キャンペーン』がアーバンオフクラフト全店で再開催決定!! 『UPスタイル』、『DOWNスタイル』をキャンペーン価格でご提供いたします。また、ご成約されたすべての方に、アーバンクラフトオリジナル軍手をプレゼント! アクティブなライフスタイルの似合う『オフ』スタイル、 洗練されたスポーツフォルムのアーバン仕様の『オン』スタイル、 どちらの仕様にするのかはアナタ次第。是非、このチャンスに憧れの仕様に! 人気サスペンションメーカー「タナベ」より、ハイブリッド車用(AXAH54)のリフトアップサス、ローダウンサスがラインナップ! こちらも取り付け工賃、アライメント調整、消費税込のキャンペーン価格でご提供! 上げ派のアナタに! 【UP210】 83,000円(工賃、アライメント調整、消費税込) アーバンオフスタイル 下げ派のアナタに!【NF210】 78,000円(工賃、アライメント調整、消費税込) インチアップスタイル お好みのスタイルアップのご相談は熟練スタッフにお任せください。 ホイール選びに迷ったら、実際のクルマの前に気になるホイールを置いて雰囲気を確かめるリアルマッチングをおすすめしています! ご来店、お待ちしております! ご成約されたすべての方に、アーバンクラフトオリジナル軍手をプレゼント!

    • 新着ニュース
    • 特集
    2020/01/21
    「実車計測」で“完璧ツライチ”を狙う!/足回りドレスアップ・ハイレベル編

    実車計測とは? そのクルマに合ったホイールサイズを見つける為の「採寸作業」のこと。分かりやすいいイメージで例えるなら、オーダーメイドスーツの採寸のようなものです。 紳士服屋さんにいくと、スーツはサイズ別に販売されていいますが、こだわる方の場合、ご自身の体形にピッタリ合ったオーダーメイドのスーツを購入される方もいらっしゃるはず。 クラフトが行っている実車計測もオーダースーツと同様、オーナー様の愛車を計測し、ピッタリ合った仕上がりを実現させるためのものなのです。   なぜ実車計測が必要? それは1台1台の車両それぞれに個体差があるためです。具体的には、ホイールやタイヤの選択によって、タイヤとホイールのクリアランスは異なります。ローダウン等のチューニングの内容によっても変化するでしょう。 車の状態がいま、どのようになっているかを計測することはとても重要で、計測した数値がチューニングの基本となります。 ちなみに実車計測の方法は、いたってアナログ的。車のボディ上から糸を垂らし、フェンダーアーチとホイール外側までのクリアランスを定規で測定します。これにより装着できるホイールサイズの限界値を見つける事ができます。この値を踏まえれば、オーナーのイメージにもっとも近いサイズを探し出すことができるようになります。   ツライチは車検適合&ディーラー入庫が大前提 足回りドレスアップ時の車検適合は当然として、最近では、車を購入したディーラーへの入庫を考慮したドレスアップをご希望されるオーナー様も増えてきました。これは、新車購入時にメンテナンスパックが付いている事が多く、ディーラーへの入庫回数が増えた事が理由の1つだと考えられます。 車検適合やディーラー入庫を考慮する上でのポイントは、「ホイールの30~50度の範囲を確認する」という点です。 ホイール中心から上に基準線を引いたとして、車両前方に30度、車両後方に50度の線を引きます。このV字の範囲において、タイヤがフェンダー内にしっかり収まっていなければなりません。 「見た目はフェンダー内にタイヤがしっかり収まっているように見えるのに、車検で不適合になった」といったご相談を受けることもしばしばあります。 実車計測を行うことで、30~50度の範囲ではみ出ていないか、等を確認することができます。   ぜったい失敗したくない!ホイール選びの極意 ホイールはとても高価な商品です。ホイールの購入で失敗しないために、クラフトではプロショップならではの技術でお客様のドレスアップをサポートさせて頂いております。 クラフト店舗でホイールを購入いただくお客様には、実車計測を無料でご利用いただけます。せひ一度、店舗スタッフまでお気軽にご相談ください。実車計測を駆使してギリギリ仕様を求めたい方、車検適合やディーラー入庫を考慮しながらカッコ良く仕上げたい方。クラフトへのご来店をお待ちしております。   クラフトの実車計測によりツライチに仕上がったクルマの記事をピックアップしています。下記ブログ記事一覧よりご覧ください。