装着事例
を探す
ピット
予約
コール
センター
店舗案内

Search Blog

ブログ検索

装着事例を探す

「ZR-V」の記事一覧

    • ZR-V
    • ローダウン系
    • マルチピース
    • WORK
    2024/05/30 NEW
    【SUVは下げてもかっこいい!!】ローダウンされたHONDA・ZR-Vにシュヴァートブルネンを装着!!!

    ローフォルムなZR-Vにワークホイール新作を装着!! こんにちは!クラフト一宮店です。 今回は前回紹介しましたブログの続き。 シュヴァート・ブルネンの取付編になります! 前回のブログはこちらから【https://www.craft-web.co.jp/blogs/ichinomiya/】 ・WORKWHEELS シュヴァート・ブルネン size:9.0J-20インチ 【前後インセット違い】 color:ブリリアントシルバーブラック【BSB】 tire:トーヨープロクセスCL1 SUV 【245/40-20】 今回のホイールは2ピースホイール 1ミリ単位でのインセット設定ができるので オーナー様好みの出面が実現できました! 最高の出面過ぎてついつい見とれてしまいました…(笑) そして今回、リム幅にもこだわりました! シュヴァートシリーズはワークさんの 2ピースモデルの中では比較的リムが 取りやすいモデルですので 前後ともに65ミリオーバーのリムを実現! そして前回のブログでも紹介した オプションのゴールドピアスボルトが 渋めのシルバーと相まって 上品な高級感を演出します!! 特徴的なボディカラーでもある このノルディックフォレストパールと ワークさんの人気色でもある ブリリアントシルバーブラックが 非常にマッチしてますね!! 人と被りたくないホイールを 検討されているオーナー様は ぜひワークホイールの2ピース・3ピースホイール で唯一無二なホイールを作ってみませんか!? 当店ではそういった相談もドシドシお待ちしておりますので 気軽に遊びに来てくださいね! M様、この度ご利用いただきありがとうございました。 お時間は頂いてしまったのですが、 最高なZR-Vに仕上がりましたね!!! 増し締めやエアチェック等の アフターサービスも受け付けていますので また近くにいらしたら遊びに来てください! それではクラフト一宮店でした。 次回のブログもお楽しみに。

    • ZR-V
    • ローダウン系
    • マルチピース
    • レオンハルト
    • ツライチセッティング
    2024/05/13
    21インチ&255幅!レオンハルトバイファルでZR-V 限界太履き ツライチチャレンジ!

    ZR-Vと言えばクラフト鈴鹿店。 ツライチ太履きと言えば久々登場ワタクシ小林?(笑) 本日は某様より「ZR-V(自称)ファイナル仕様」 をご用命いただきましたのでご紹介させていただきます。 ZR-Vに乗り替えて今回で早くも3足目となります。 車高調化から仕様変更と共に車高やキャンバーを煮詰め それぞれの仕様全てで今できる限界を狙ってセッティングさせていただきましたが その集大成となるのが今回の仕様変更。 レオンハルト ヘリテイジライン バイファルグランデ  21インチ 新作として発表された時に「これだ」と一目惚れされたようですが その気持ち分かります!ご相談、見積もりから最後は私の後押しもあり?(汗) 21インチ化と相成りました。 高級感漂うカバードキャップに合わせたのは標準のセンターオーナメントではなく シンプルな差し色としてセレクトした伝統鎧ロゴのブラックタイプ。 バイファルのクラシカルなディテールにはこのキャップデザインが抜群に似合うと思います。 タイヤはお客様のご要望を聞き出しつつ銘柄とサイズを決定。 通常なら245幅を組みますが、経験からLu2の細身なショルダーとそこから成る キレイな引っ張りがイメージできましたので、ギリギリのフェンダークリアランスと 分かっていながらも最後は「太いは正義」を選んでしまいました(汗 お客様のご理解と歴代の仕上がりを信じていただいたからこそです。 足回りにもしっかり手を入れていきます。 フロントから、リアからの見た目はもちろん、 ZR-Vってサイドの見え方のバランスが凄くムツカシイ車だと思うので、 特にそのポイントにおいて車高と見え方の天秤がけを拘りました。 車高が決まったら最後はアライメントで総仕上げ。 Wheel:レオンハルト ヘリテイジライン バイファルグランデ 9.0J-21in(リバース) 5/114.3 セラミックシルバー Tire:TOYOトランパスLu2 255/35R21 トータルリセッティング ↑↑↑BEFORE    ↓↓↓AFTER 21インチでリバースリムというのが決定打。 この手のデザインは小径に多いですが、さすが現代風にブラッシュアップされている 新作ということもあり、大口径への全振りもこれでもかと似合います。 ディスク形状もドーム型でなく極フラットで、細かいメッシュながらも上品に伸びるスポークが 『バイファルグランデ21インチリバースリムの"見え方"』の真骨頂。 いやいやそしてそしてセラミックシルバー、ですよね~。 2ピースに比べ圧倒的に難しい3ピースのサイズ選びですが ディスクマッチングとリム感の関係性をしっかり把握できれば・・・この通り。 S/W工法でのリムの強調感もヘリテイジラインシリーズならでは。 今回の見どころ"255幅"に合わせたホイールの太さは9.0J。 インナー計測によって9.5Jもいけることは分かっていましたが 何でも太ければイイっていうものでもなく、 要は「コンセプト」とそれを「イイ」と思わせることが大事。 それがタイヤとホイールの太さのバランス。 これ仕上がりにかなり作用するんです。 上の写真、めっちゃエエ感じでしょ? 私の中の裏コンセプトとして"大人のユーロテイスト"を設定していて 9.5Jだとちょっとヤンチャ感が引っ張りに出過ぎると思ったんですよね~。 お客様にも「お任せします」といただきましたので私の好みを詰め込んでしまいました(笑) 最終仕様もシビレる一台に仕上がりました! いつもご用命ありがとうございます。 ZR-Vのご相談はクラフト鈴鹿店へ。   ADVAN Racing集結!【ADVAN Racing ホイール展示会】2024年5月18日(土)~5月26日(日)2weeks開催!

    • ZR-V
    • ローダウン系
    • 車高調
    • RS-R
    2024/03/15
    【納車後即ローダウン】ホンダZR-Vをローダウンして土台作り!!!

    ◆アゲ系もいいけどローダウンでもかっこいい!!! こんにちは!クラフト一宮店です。 今回は、ホンダの人気SUV【ZR-V】の ローダウンを施工していきたいと思います!! 最近街中でもよく走ってますよね 当店でも来店が多くなってきた車種です!!   今回取付する車高調は 【RS-R・Best-I】になります!! ローダウン量も確保しつつ36段階の減衰調整により 乗り心地も確保されたモデルになります!!   ZR-V用のBest-Iにはフロントアッパーマウント部分に ピロアッパーが採用されておりネガティブ側・ポジティブ側の どちらかに取付が可能です!! 今回は【ツライチ】と【深リム】を求めたオーナー様なので ネガティブ側に倒してセットしていきます!!   バネにはRS-Rのダウンサスブランド 【Ti2000】が装着されておりへたりにくいのも特徴です! 長持ちかつ安全第一が一番大切ですからね!!     こちらが施工前になります!! SUVなのでフェンダーアーチが大分空いてしまっています… 果たしてどのくらい隙間を詰めれるか楽しみです。   余談ですが、ZR-Vのフロント足回りは 「差し込み式ストラットサスペンション」になっており シビックなどの最近のホンダ車によく見られる足回りになります。 今後のホンダ車はこの構造になっていきそうですね…   しっかりと養生していき作業していきます! 一体どんなローフォルムになるか 非常に楽しみですね。   当然、アライメント調整もしていきます! 足回りは少しでも触るとアライメントが狂いますので しっかりと適正値に調整していきます。 また、アライメント調整のみでもやっておりますので お気軽にお問合せください! 詳細はこちらのブログから→【https://www.craft-web.co.jp/blogs/ichinomiya/】 それではローダウンされたZR-V見ていきましょう!!!   【Before】 【After】 しっかりとローダウンされ 腰高感もなくなりいい土台ができました!!   指3本分ぐらいまで下げさせていただきました! フェンダーアーチとの隙間もこれなら気にならないです。 しっかりとした土台作りができましたので後はホイールだけですね!(笑) こっから考えて妄想していくのが 一番楽しいんですよね…(笑)   M様この度はご利用いただきありがとうございました。 17日に待ってますからね!(笑) 他にもZR-Vでローダウン検討されている方 ぜひ店頭に遊びに来てくださいね! それではクラフト一宮店でした。 次回のブログもお楽しみに

    • ZR-V
    • アーバンオフ系
    • デルタフォース
    2024/02/05
    HONDA ZR-Vのインチダウンカスタム!デルタフォースオーバル17インチを装着!

    SUV車に特に人気なデルタフォースオーバル! 本日はZR-Vに即日取付させて頂きました♪ こんにちは。アーバンオフクラフト岐阜長良店です^^ スタッドレス用にホイールを買うなら、せっかくなんでカッコ良く! とこちらのセットをご用命頂きました♪ ■デルタフォースオーバル サイズ:17インチ カラー:マットスモークポリッシュ ■ダンロップ ウィンターマックスSJ8+ 車種適合は取れていなかったですが、店頭に在庫があった事もあり ブレーキなど干渉確認を行い装着に至りました♪ -BEFOR-夏仕様 -AFTER-冬仕様 純正からインチダウンしてアーバンオフ感が出ましたね♪ この車種には初めて装着頂きましたがカッコよかったですよ~(#^^#) この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました! ZR-Vのカスタムもお任せ下さい♪ アーバンオフクラフト岐阜長良店でした。

    • ZR-V
    • ENKEI
    2024/01/29
    ホンダZR-VにエンケイPF07で足元を華やかに彩る。

    ホンダのZR-Vにエンケイパフォーマンスライン PF07のSBKで足元を華やかに彩る。 ノーマル車高の限界サイズに挑戦!! クラフト知立店金子です。 最近ご来店が増えているホンダ ZR-V 何度もクラフトをご利用頂いている常連様のおクルマ。 車両を乗り換えたという事で、ドレスアップのご相談を頂いておりました。 ■ENKEI パフォーマンスライン ‘F07 シンプルな7本スポークラインで力強さも兼ね備えた軽量ホイール。 純正と同じインチサイズになりますが、ホイール幅やインセットを変更しておりますので 純正車高で可能な限り外に出ヅラを攻める仕様にしております。 ブラックメッキ調のホイールカラーになって足元が煌びやかに♪ いつも私が担当させて頂いておりますが、 軽量+太めのストレートスポークはオーナー様の大好物(*'▽') 今回も太めなストレートスポークでドレスアップしていきます!! (before) (after)    WHEEL:ENKEI PF07 SIZE:7.5J 18インチ TIRE:BRIDGESTONE ALENZA SIZE:225/55R18 ノーマル車高の限界サイズ!! 前方30度、後方50度を考慮したバチバチなサイズ感に。 オーナー様の理想のスタイルになったかと思います♪ ミッドナイトブルービーム・メタリックのボディカラーとの相性も かなりマッチしてますね!! バランスの取れたZRVに仕上がりました♪ オーナー様、いつもクラフト知立店のご利用 誠に有難う御座います!! またのご相談、スタッフ一同お待ちしております('◇')ゞ  

    • ZR-V
    • スタッドレスタイヤもカッコよく
    • WORK
    2024/01/15
    ノーマル車高のZR-Vに安心なサイズ。ワークエモーションM8Rで拘りの冬セット!!

    ホンダ ZR-V ノーマル車高に安心なサイズを。 ワークエモーションM8R 18インチで拘りの冬セットを装着!! クラフト知立店金子です。 今回は当店のご来店が少しずつ多くなってきている ホンダ ZR-Vのご紹介です。 シャコタンツライチ!それも良いですが、 ノーマル車高でドレスアップしたいオーナーもいらっしゃるハズ♪ 是非ご参考にして頂けたらと思います。 今回は冬のドレスアップという事で アイテムに拘って頂きました。 オーダー頂きましたアイテムはワークエモーションM8R。 人気カラーのグリミットブラックです。 サイズは7.5J 18インチ インセット+53 5/114.3 メーカーにブレーキ等の確認を行い、特に問題無しという事でオーダー頂きました。 センターキャップはオプションアイテムとなります。 このインセットでもセンターキャップはフラットタイプOK。 ブラックのセンターキャップをセレクトして頂きました。 スタッドレスはヨコハマ アイスガード G075 サイズは225/55R18で純正のタイヤサイズと同じとなっております。 回転方向があるタイヤですので、 ⇐ROTATIONは左側に ROTATION⇒は右側に装着していきます。 必ず回転方向有りのタイヤにはこのようなマークがありますので お間違いないように♪ スーパー吸水ゴムというものを使用しており 低音でもゴムが柔らかく、氷上、雪上でのグリップを発揮。 ヨコハマタイヤ全般的に静粛性も考えられて作られております。 市街地を走る時のロードノイズは他アイテムよりも静かな印象です。 (before) (after) WHEEL:ワークエモーションM8R SIZE:7.5J 18インチ TIRE:ヨコハマ アイスガードG075 SIZE:225/55R18 実車計測をさせて頂き、安心安全なサイズをセレクト。 これであればディーラー様の入出庫も出ヅラで云々言われにくいと思います!! 冬セットもかなり拘り抜いたZR-V。 これ本当にスタッドレス仕様!?と思ってしまう程 非常にバランスの良いZR-Vに仕上がりましたね。 オーナー様もご納得頂ける仕様になったのではないでしょうか♪ スタッドレスもカッコ良く!! オーナー様、この度はクラフト知立店のご利用 誠に有難う御座いました!! またのご相談スタッフ一同お待ちしております('◇')ゞ

    • ZR-V
    • ローダウン系
    • マルチピース
    • WORK
    • ツライチセッティング
    2023/11/06
    ZR-V に9J!WORK グノーシスCVX 20インチで仕様変更完了!FRサイズ ツライチでキマり。

    他車の追随を許さない!? ZR-Vカスタムの先を行くべく、早くも2set目のホイールを投入! サイズ変更・MOREツライチで仕上げさせていただいたZR-Vをご紹介いたします(*^^)v 皆様こんにちは!クラフト鈴鹿店店長の安藤です。 さて、先日の更新で車高調整・アライメント+αリセッティングを敢行した当店常連様のZR-V。 ※その様子はここからチェック! 全ては、次仕様のための下準備( *´艸`) 実車計測も行い、選んでいただいたNEWアイテムは… WORKホイールでございます。前仕様からの詳細変更点としては… ・ホイール銘柄変更 ・9J化に伴いインセットも変更 この2点が主な変更点として挙げられます。 コチラのZR-Vを皮切りに他のお客様からもZR-Vカスタムのご相談を連日頂いております。 ・ノーマル車高でのツライチセッティング ・ローダウンのご相談 ・ローダウン時のツライチセッティング …etcご相談内容は多岐に渡ります。担当スタッフに「こーしたい」をぜひお伝えくださいネ(*^^)v 今回のメニューでは、インチは20インチ据え置き。 前仕様のタイヤもまだまだ状態が良いですので、 タイヤは流用し作業を進めていきます。 純正18インチを履くZR-Vですので、インチアップを行うとなると19インチ、20インチが視野に入ってきます。 ご商談当初21インチ化のお話もありましたが、今回のメニューでは"一旦"見送り。 "一旦"というところに次の野望が見え隠れするような??その際もよろしくお願いします(笑) それでは全貌公開です! WHEEL:WORK グノーシスCVX 20インチ 9J(前後インセット変更) COLOR:マットブラック TIRE:ダンロップ ルマン5+ SUS:RS-R Best-i 8.5J→9.0Jへサイズアップ。 当初、前後J数変更案もありましたが、タイヤの引っ張り具合を揃えるために同J数でセット。 なのですが…車両特性上リア側がフロントに対し詰められる点がありましたので、 インセットは前後変更させていただいております。しかも…その差は3mm。 ミリ単位で詰められる2Pホイールの利点を生かしてのFRサイズ。 勿論、お客様のご理解が無ければ実現しないサイズなだけにツラ具合も文句なしなのです(*^^)v 上述の3mm差であればスペーサーで詰めることも可能なのですが、リム深度を求めてのFRサイズ。 当然ながらローテーション不可となるのですが、その点を捨ててでものサイズ追及。 毎度ながらアツいご相談内容となりました(笑) リアビューもJ数アップからくるドッシリ感を実現。 ZR-Vの素性を生かしたカスタムは、オーナー様の経験値からくる賜物かもしれません。 欧州車のようなスタイルアップを遂げたZR-V。今後の進化にも期待ですネ! この度も当店のご利用誠にありがとうございました! また、増し締めや空気圧点検等でもおまちしております。 WORKホイールは、WORKホイール正規取扱店のクラフト鈴鹿店まで! 皆様からのお問い合わせをお待ちしております。   それでは!   クラフト鈴鹿店ブログはスマホで「お気に入り」登録! https://craft-web.co.jp/blogs/suzuka/

    • ZR-V
    • 車高調
    • RS-R
    • マルチピース
    • SSR
    • ツライチセッティング
    2023/10/28
    魅惑の3P&5スポーク!ZR-VにSSR プロフェッサーSP4でツライチに仕上げます!

    HONDAの最先端SUV「ZR-V」 鈴鹿店でのSUVカスタムの最前線と言えばZR-V。地域柄ホンダのお膝元だからでしょうか!? 街中で見かける機会も多ければ、カスタムご相談も実に多い一台です( *´艸`) クラフト鈴鹿店の森です! 最新車だけあって、まだまだデータが少ないZR-Vですが、 鈴鹿店には取付実績がございますので、ツライチサイズのご提案などお任せ下さい! ノーマル車高でのツライチ。ローダウン時のツライチ。色々と好みはあると思います。 が…「より良いサイズ」のホイール装着を目論む場合にこのメニューは欠かせない!? ローダウンですね~。 今回のZR-Vでは、車高調を用いてローダウンしていきます。取り付けるのは… ■RS-R Best-i 全長調整式・減衰力36段調整…etcフラッグシップモデルRS-R Super-iのノウハウや基本スペックを 注ぎ込んだ一品。対応車種の幅広さもあり支持を得ていますネ。 スプリングには、ヘタリ永久保証のTi2000が組み込まれています。 ヘタリにくい≠乗り心地が固い。 相反するテーマを両立すべくバランスの取れた セッティングでしなやかな乗り心地を実現されています。 そして、ZR-V用Best-iの最大の魅力はアッパーマウントでネガティブキャンバー仕様が可能な点。 調整式マウントに比べると緻密な調整は出来ませんが、 「より良いサイズ」を履く上で必要になってくる箇所だけにこの点を使えるのは、 嬉しいポイントですネ。 ZR-Vのフロント部は、ショック差し込み式のため他仕様に比べネガティブ側に振りにくい点があります。 その点を解消する上でも上述の仕様が効いてきます。 純正の時点で出面がそれなりにタイトなので、 アッパーマウントでキャンバー調整が出来るのは嬉しいですね(^^) その恩恵をフルに生かし装着させていただくのが… "SSR プロフェッサーSP4" 老舗ホイールブランドSSRが誇る3Pラインナップの一つであるプロフェッサー。 5スポークのプロフェッサーと言えば、SP1を連想するかと思いますが、 SP1に比べ直線的なラインを求められる場合にSP4はいかがでしょうか? 外からブリッヂするように伸びるスポーク。 センター部付近でスッと落ちる立体的なデザインには特別感がありますね! 輝くステップリムとピアスボルトがラグジュアリー感を醸し出しつつ ディスクのフラットブラックがシックで上品な仕上がりを魅せてくれます! さて、外した純正ホイールにはスタッドレスタイヤを装着。これからの季節に必須なアイテム。 純正ホイールも余すことなく料理しますよ~。組み合わせたタイヤは… "トーヨータイヤ トランパス TX" ZR-Vは、比較的全高が低めなのですが、それでもSUVだけあり走行時のロール感は否めません。 ハイト系車両特有のロール感を抑えつつ冬でも安定した走行を叶えてくれるスタッドレスタイヤ。 ミニバン、SUVオーナー様からの支持も厚い一品です。 INSIDE・OUTSIDEとで異なるコンパウンドを採用。 アイス性能に加え、上述のロール感抑制の両立を図る専用設計で 積雪、凍結路に加え乾燥路での安定感実現を図っています。 例年、SUVサイズはシーズンインすると欠品に陥りやすいので、早め早めの準備が要ですネ。 仕上げはアライメント作業。 最新型車両でもアライメントデータを保有していますので、その点もご安心ください。 ※一部車種は対応していない場合もございますので、詳しくは店頭スタッフにお問合せ下さい。 フロント:トゥ リア:トゥ 前後左右合計4ヶ所を調整。 各部調整後ハンドルセンターを確認し完成です! Wheel:SSR プロフェッサーSP4 19インチ Color:フラットブラック Tire:ファルケン FK520L ムッチリとしたファット&ローが見所です(*^^)v 【side: before】 【side: after】 純正18インチから1インチアップの19インチへ。 ローダウン効果も相まってドッシリとしたサイドビューの完成です! 純正車高では手のひらがすっぽり入るくらいのフェンダークリアランス… SUVらしい。と言えばそこまでなのですが… カスタム好きならどうしても気になってしまうこの隙間。 RS-R Best-iを装着することにより、指2本半ぐらいまでローダウンに成功! 走行時のふらつきやノーズダイブ具合もある程度は変わってくるのではないでしょうか!? この度はご用命頂き、誠にありがとうございます。 じっくりインセットを考えたおかげでバッチリの出面に仕上がりましたね! 増し締め、空気圧点検等いつでもお立ち寄りください。   クラフト鈴鹿店でした! クラフト鈴鹿店ブログはスマホで「お気に入り」登録! https://craft-web.co.jp/blogs/suzuka/

    • ZR-V
    • 実車計測
    2023/10/27
    ZR-V の次なる野望は9J化!車高調整・アライメント+αでリセッティング敢行!

    1台のクルマを突き詰めていくとホイールも1setだけでは物足りない…? 細かな点を詰めていけば、J数UPやインセット変更からくるリム深度UPやコンケイブフェイスが狙えるかも!? そう考えるとクルマのホイール選びって無限大に楽しめる要素でもありますネ。 皆様こんにちは!クラフト鈴鹿店店長の安藤です。 さて、本日ご紹介させて頂くのは、ZR-Vの最速ローダウン&インチアップが記憶に新しい常連様のZR-V。 ※おさらいはここから WORKグノーシスAE201の20インチ、RS-R車高調を纏い完成形の佇まいなのですが… 新しいホイール選びに拡張性を持たせるため、リセッティングのご用命を頂きました! 「もう!?」となるかもしれませんが、それもまたクルマ好きの性。 何セット履いたっていい。だって好きなんだから。この気持ちが大事です(笑) 今回の作業では、車高調整+あるポイントを煮詰めます。 分かる人なら分かるというのがポイントな箇所。 ここを詰めるか詰めないかで次仕様のホイールサイズも変わってくるだけに オーナー様とご相談の上取り掛かることに( *´艸`) また、車高を前仕様より前後共に10mmダウン。 ローダウンからくるリア側ナチュラルキャンバーの追加+視覚的な低さを狙い調整。 実用面も加味した上での調整。ご希望の仕様に合わせていきます。 +αのメニュー施工に伴い、足回りを一度バラしていますので、アライメントも再施工。 しっかりとクルマを走らせる上で必要な作業ですので、こちらも抜かりなく進めます。 各部調整、試走後に再度ピットイン。 実車計測にて既設セットからサイズを逆算していきます。 取組んだメニューのおかげで良いサイズが狙えそうな予感( *´艸`) 狙うは…「前後9.0J化!」 しかも…あっ!これ以上はお楽しみが半減してしまうので、 NEWセット到着後にお話ししましょう(笑) SUPER STAR?WORK?? どちらにせよワクワク必至なNEWセットが近日中に入荷予定でございます。 装着の際は、当ブログにてご紹介させて頂きますので、お楽しみに(*^^)v   クラフト鈴鹿店でした! クラフト鈴鹿店ブログはスマホで「お気に入り」登録! https://craft-web.co.jp/blogs/suzuka/

    • ZR-V
    • ローダウン系
    • 車高調
    • RS-R
    2023/09/01
    ホンダZR-Vを車高調でローダウン。RS-R Best-i 装着!スラムド仕上げのZR-V完成デス!

    最近、街中で走る姿を見かける機会が増えてきた"ホンダZR-V" "納車をしたらローダウン"が車好きにとって夢の第一歩ですよね!? クラフト鈴鹿店の森です! 今回のオーナー様も納車前からご来店され、「まずはローダウンから!」 ということでご相談いただきました。 最新車種の場合、メーカー様の開発段階だったり登場予定だったり… 車高調の発売がされていないこともチラホラ(^^; ZR-Vも例外ではないのですが、いち早く開発&発売を行っているメーカー様が実在するのも事実( *´艸`) 今回、お選び頂いたのは… RS-R Best-i しっかりと車高を落としつつ、36段階の減衰力調整により安心の乗り心地を実現した一品! 早速、取り付け作業に移りましょう! ZR-Vのフロント構造としては、差し込み式ストラットサスペンションとなっております。 シビック等々、最近のホンダ車に多い足回りですが、 これが今後のホンダのスタンダードになっていくのでしょうかネ…? ZR-V用のBest-iはフロントアッパーマウントが"ネガティブ側"・"ポジティブ側"の どちらかに取り付けられるようになっています。 今後のホイール交換を見据えた際、より太くよりいいサイズを履くことを念頭に置かれているオーナー様でしたので、 今回"ネガティブ側"にてセッティングしていきます。 ダウンサスの中でも有名なTi2000がBest-iには付いているので、ヘタリが生じにくいのも利点の一つ。 車高をカスタムする際に大事なのは「長く、安全に、気持ちよく」ですから! 車高調を取り付けた後はしっかりとアライメント調整をしていきます。 最新車種のZR-Vですが、当社にはアライメントデータがございますのでご安心ください。 それではローダウンしたZR-Vを見ていきましょう! 【side:before】 【side:after】 SUV故に純正車高は高め。なのですが… ローダウンにより、スラムドスタイルなZR-Vに変身! 指3本がギリギリ入るくらいまで下がりました! さて、新しいホイールを入れる準備が整いました。 どんなホイールとタイヤで仕上げていくのか… ここからが楽しいお悩みタイムですね! この度はご用命頂き、誠にありがとうございました。 新しいタイヤ・ホイールのご相談もお待ちしております。 一緒にZR-Vをカッコ良く仕上げていきましょう!   クラフト鈴鹿店でした!   ADVAN Racing ホイールをご検討中の方必見!ADVAN Racing ホイール展示会やります! クラフト鈴鹿店ブログはスマホで「お気に入り」登録! https://craft-web.co.jp/blogs/suzuka/

    • ZR-V
    • ツライチセッティング
    2023/08/31
    9J太履き!ロティフォームOZRでZR-Vの限界サイズチャレンジ!

    ZR-Vのツライチ履きは早くも2台目! 本日はロティフォームOZRで欧州車の雰囲気を狙います! クラフト鈴鹿店の小林です。 現行車をそうさせているのは鈴鹿店だからでしょうか!? まだまだそんなに多くはないZR-Vのハズなのに、 尖ったご用命が多い気が・・・いや確実に多い(笑) 鈴鹿店ではお初となるロティフォームOZR。 カバードキャップとラウンドスポークがオシャレな1本です。 こういったデザインは車を選びますが、何を隠そうこの手はワタクシの大好物。 ご相談いただいた瞬間に「ZR-Vなら絶対似合うやん」と確信しましたネ。 Wheel:ロティフォームOZR 9.0J-20in 5/114.3 MBK Tire:NITTO NT555G2 ※ローダウン車両 インナークリアランス的には問題ないとしても 本当にこのサイズいけるの!?と直前まで半信半疑でしたが バッチリ超ツライチで履くことに成功! さすが海外人気ブランド。 このディティール含め日本には無い何かを感じさせます。 重厚感あるデザインの中にもアンダーカットを入れることで 立体的且つ軽やかに。 車高はペッタリ、フロントキャンバーもガッツリやってある車両。 だからこそ実現した9J太履きです。 ムチッとしたタイヤの厚み、ボディカラーの相乗効果もあって 狙い通り日本車離れした雰囲気に仕上がりました。 実は実は!以前からお世話になっておりますオーナー様の 奥様のおクルマということだから驚き。 超スラムドCR-Vはいつ見てもカッコイイですね~。 後々はおクルマを交換されるとか!? いやいや、どのみち強烈なHONDA SUV コラボです(笑) この度はご遠方よりご用命ありがとうございました。 クラフト鈴鹿店ブログはスマホで「お気に入り」登録! https://craft-web.co.jp/blogs/suzuka/  

    • ZR-V
    • 車高調
    • RS-R
    2023/08/29
    【ZR-V】RS-R車高調ベストi!ローダウンカスタム!!

    ■【ZR-V】RS-R車高調ベストi!ローダウンカスタム!! 皆様こんにちは!クラフト中川店の長縄です。 本日ご紹介するのはホンダの新型SUVの”ZR-V” 最近来店が増えてきているクルマの一つです(*^^*) ローダウンカスタムです! ■RS-R Best★i 全長調整式+減衰力調整36段と幅広いセットアップが可能なベストi セットされるスプリングはRSRの人気商品”Ti2000”ヘタリ永久保証の軽量スプリングなのもポイントですね♪ 車高調は取り付けて完成!とはいかず車高の調整を何度か繰り返してお客様のお好みの高さ・前後バランスに仕上げていきます。 車高が決まったらアライメント調整です! 車高だけが決まってもタイヤ・ホイールが正しい方向を向いていないと不安定なクルマになってしまったり、タイヤの編摩耗の原因にもなります。 足回りカスタム時以外でも定期的なアライメントチェックがオススメですよ(*'▽')   それではビフォーアフターをご覧ください! 【BEFORE】 【AFTER】 SUS:RSR Best★i   【side view/BEFORE】 【side view/AFTER】 走行性能の高さが評判のZR-Vですが車高が下がったことによって、さらにドライブが楽しくなりそうですね(^^♪ この度はご用命ありがとうございました。 またのご利用お待ちしております。 クラフト中川店でした! 開催中のイベント!! エアコンガス交換キャンペーン:8月3日~9月29日!! 次回開催のイベント!!! 開催期間:9月2日~9月10日まで!!

    • ZR-V
    • 車高調
    • RS-R
    • マルチピース
    • WORK
    • ツライチセッティング
    2023/08/03
    最速ツライチ!?ZR-Vをローダウンして20インチ WORKグノーシスAE201装着!!

    ホンダの最新現行車をツライチカスタム! もはや鈴鹿店の十八番ですネ。 本日はZR-Vをローダウンと20インチで仕上げました。 納車直後、いや、商談は納車前より綿密にさせていただいた常連某様。 前車のレオンハルト装着時には既にZR-Vのお話もいただいておりました(笑) 最新車を最速でツライチ化したい。 クルマ好きのサガではないでしょうか? お選びいただいたのはWORKグノーシスAE201。 サイズは20インチです。 3ピースのレオンハルトを好んで履かれるオーナー様ですが、 ミリ単位でツラを狙えるよう、今回は2ピースホイールに絞り選定しました。 事前にこちらを塗布。商品代+施工料金(4,400円)で取り付け前に裏表 しっかり施工させていただきます。 施工後は表面がヌルリとします。 肌触りも変わりますし、特にインナーはお手入れも楽になりますのでオススメですよ。 Wheel:WORKグノーシスAE201 8.5J-20in 前後インセット変更 Tire:ダンロップ ルマン5+ 245/40R20 Sus:RSR Best i 車高調 車高調は一番早いリリースだったRSRのベストiでローダウン。 落し幅は推奨車高プラスアルファでサイドバランスを重視しました。 そこにインストールした20インチのグノーシスAE201。 大きく見せるためのリバースリムですが、ちょっと不思議な見え方してません? その秘密は「ブラック/アウトサイドポリッシュ」というカラーにあり。 ディスク末端円周をポリッシュ加工することでリムと色合いが同化し、 ダグリップと相まって段リムのような奥行きが生まれるってワケ! サイズはローダウン後、実車計測によってオーダー。 2ピースの良さ生かしきり、前後同J数でショルダーの見え方を揃えた上で インセットを微調整することで実現したツライチです。 当然リアも引っ込むことはありません! ローテーションは割り切り、ミリ単位で見た目を詰めることで このスタイルが完成します。 新車同様外しの純正ホイールは高価下取りをさせていただきました。 まだまだ少ないZR-Vで目立ちたいならクラフト鈴鹿店にご相談を。 某様、いつもありがとうございます!   愛車をローダウンやリフトアップでスタイルアップしよう! クラフト鈴鹿店ブログはスマホで「お気に入り」登録! https://craft-web.co.jp/blogs/suzuka/  

    • ZR-V
    • 車高調
    • RS-R
    2023/06/17
    HONDA ZR-V を RS-R Best-i で 最速 ローダウン !

    ■ RS-R Best-i で HONDA ZR-V をローダウン。 HONDA ZR-V 。 話題の新型車を最速 ローダウン しましたので、その模様をお伝えします! こんにちは。クラフト多治見店の森下です。 ヴェゼルくらいのサイズ感かな?と勝手に思っていましたが、意外とデカい(笑) ヴェゼルとCR-Vの間くらいの印象ですね。 シビックの足回りがベースになっているようで、フロントショックは、 輸入車のような差込形状に、リアはマルチリンクでした。 ■ RS-R Best-i 全長調整式・減衰36段調整のフルスペック車高調。 RS-R が誇るフラッグシップモデル。 しっかりとストローク量を確保することで、しなやかな乗り心地を実現します。 [Side-BEFORE] [Side-AFTER] [BEFORE] [AFTER] [BEFORE] [AFTER]ローダウン後のお写真がこちら。 ローダウンしたことによりボディとホイールSETに一体感が出て、 一気に車両全体の迫力が増したように感じます。 ローダウンしてキャンバーがついたので、 なかなか良いサイズのホイールが装着できそうですよ(笑) ガッツリ落としたローフォルムにご満足頂けたでしょうか? ホイール検討中とのことでしたので、ご用命はぜひクラフト多治見店へ。 実車を測定し、ツライチでホイールSET新調のご提案させていただきます!! 以上、クラフト多治見店でした~。 【プロクセスキャンペーン 2023年6月1日(木)~7月31日(月) 開催決定!】 【WEDSホイール大商談会 2023年6月10日(土)~18日(日) 開催決定!】【RAYS & TWS 鍛造ホイール大商談会 2023年7月8日(土)~17日(月・祝) 開催決定!】  

タイヤ&ホイールの高値買取・下取りも実施中!

0120-055-733 フリーダイヤル