1. ホーム
  2. 店舗案内
  3.  URBAN OFF CRAFT >
  4. 店舗ブログ

URBAN OFF CRAFT

BF Goodrich

  1. 1
  2. 2

本日4月16日発売のスタイルワゴンを要チェック!

2018年04月16日 15:30

最新号のSTYLE WAGONを是非ご覧ください!

ワゴン雑誌にもアゲスタイルがキテいます。

styw1.JPG

本日、4月16日発売のスタイルワゴンを皆さん

もうご覧になられましたか?

 

何気なくパラパラと読み進めていくと

そこには!!downwardleft

styw2.JPG

”今年は色々アゲてみたいと思う”

 

というホットワードがありましたup

そして、ちらりと見切れるBF Goodrich……

 

もう一枚ページを進めるとdownwardleft

styw3.JPG

アーバンオフクラフトの記事が掲載されているんですよ〜〜up

 

170ページから171ページに掲載中です。

内容としてはタイヤ・車高でいかにクルマが

変身するかが細かく説明されています!

styw4.JPG

全ての内容はお見せ出来ませんが、

チラッ…チラッ

 

店内展示も写真点数多めで絶賛掲載中です!

 

詳しく教えろよ〜〜!

って方は書店に急ぎましょうup

 

本日4月16日発売です!

 

アーバンオフクラフトでしたup

--------------------------------------------------------------------------------------------

デリカD5キャンペーン開催中!

開催期間は2018年4月1日~5月31日

bnub.jpg

 

 アーバンオフクラフト

20170930172905.jpg

〒454-0027

愛知県名古屋市中川区広川町1-1-2

TEL:052-354-5211

TOP

215系ハイラックスサーフにDEANクロスカントリー-前編-

2018年02月17日 12:30

おお!

今日もスタッフ石井君が張り切ってます〜

dean3.JPG

ご予約を頂いている商品の組み込み中…

イイね〜今日もマッシブな商品と格闘中note

今日、石井君が組み込んでいるのがこちら

dean2.JPG

ぱっと見、鉄チン??

 

 

スポークデザインとかブレーキキットが見える

ホイールデザイン全盛期に珍しいディッシュ系デザイン。

4×4ホイールでディッシュ……?

dean1.JPG

あたりを見回すと

DEAN-ディーン-の空き箱が…lovely

 

クラシカルデザインが最ッ高にカッコいい

あのホイールnote

crossc1.jpg

DEAN-ディーン-クロスカントリー。

 

マットブラック・バーニッシュグレーは

アーバンオフクラフトにも絶賛展示中!

 

えっ!?でもさっきの写真とデザインが全く違うじゃん!?

実はこのホイール。簡単にフェイスが変わるんだなぁ〜note

crossc2.jpg

センタープレートは取付ボルトで止まっているだけだから

任意で取り外しが可能up

 

いわゆる2WAYデザインってやつnote

 

ホイールカラーは

マットブラック・バーニッシュグレーの他に

ジムニーが履いているマーガレットホワイトも。

 

クラシカルさを更に演出して

そこにホワイトレターを奢れば

アナタの愛車も一気にアメリカナイズな雰囲気に大変身lovely

 

そんな最ッ高にイカシているホイールを

この車両に取り付けdownwardleft

215surfup1.JPG

トヨタ ハイラックスサーフ 215系up

 

プラド・デリカのご来店率の高い

アーバンオフクラフトだけどサーフもお任せください!

 

気になる取り付けの詳細は次回に続くgood

-------------JAOSデモカーがやってくる--------------

p_main_visual00.jpg

 

 

 アーバンオフクラフト

20170930172905.jpg

〒454-0027

愛知県名古屋市中川区広川町1-1-2

TEL:052-354-5211

TOP

アーバンオフクラフトはここなんですね〜。

2018年02月16日 07:30

アーバンオフクラフトってどこにあるの?

 

なんて思った方もいないかな?

ネットで住所を調べて、カーナビに入力する…

「クラフト中川店」と出る。あれっ……?

 

doko1.JPG

 

そう!

アーバンオフクラフトは

クラフト中川店の2階に存在しているんだよup

 

でも、これから行こうとしている人には分かりにくいかもしれない。

とりあえずナビは「クラフト中川店」でOK!

到着してからを写真を交えて見ていこうnote

 

doko2.JPG

 

駐車場にクルマを停め、入り口に向かうと…

 

2f.JPG

 

URBAN OFF CRAFT 2F。の看板が目に入る。

もう一枚ドアを抜けdownwardleft

 

doko3.JPG

 

1階フロアはクラフト中川店の展示となっているflair

入り口から近い位置に今の時期だと夏タイヤコーナーが

目に入るはずでそこから右手に入っていくdownwardleft

 

doko4.JPG

 

階段・エレベーターがあり

2階に上るとdownwardleft

 

doko5.JPG

 

よし!あと一息up

 

doko6.JPG

 

BFグッドリッチ・バトルズ・ホイールたちがズラリ。

 

しかも、4×4のパーツで埋め尽くされているから

クロカン・SUVユーザーさんで

「俺のクルマゴッツくしたい〜〜」

って人にはタマラナイ空間になっているよnote

 

doko7.JPG

 

商品はタイヤ・ホイールだけじゃない。

 

ウェザーテック(詳しくはココね!)

やモバイルバッテリーのNOCO-ノコ-など

nokob.JPG

アウトドアに出かける際の

あってよかった〜って商品もディスプレイされている。

 

だから彼女や奥さんがクルマに興味がなくて…時間が…

 

ってな場合でも楽しんでもらえるはずだよup

 

doko9.JPG

 

ひとたび見回せば

ジオランダー・グラントレック・マキシス…etcなど

ゴツいタイヤも目に入るflair

 

doko11.JPG

 

アーバンオフクラフトでも

受注の多い

BATTLEZ-バトルズ-キットも絶賛展示中!

 

デリカD:5、プラドのキットが見られるよ〜note

 

doko12.JPG

 

そして、四駆界ならばこのタイヤは無視できないネ。

BFグッドリッチ。

オールテレーンKO2、

マッドテレーンKM2。

 

実物展示ってなかなか見られる機会がないから

多くのお客様に喜んでもらえているかな!?

 

materu.jpg

 

クリムソンホイールも充実。

オプションパーツのインサートロックも

各色あるよ〜up

 

他にも展示されている商品がたくさんあるから

クラフト中川店に来たときは

2階に上がってみてくださーい!

 

そして愛車を…

 

upvrr.jpg

 

待ってるよ〜lovely

 

------------------------JAOSデモカーがやってくる------------------------------

p_main_visual00.jpg

 

 

 アーバンオフクラフト

20170930172905.jpg

〒454-0027

愛知県名古屋市中川区広川町1-1-2

TEL:052-354-5211

TOP

ダカールラリー2018。参戦車両はランクル200。-後編-

2018年01月28日 12:10

前回のつづきです。

 

市販車部門改造車部門の2つがあるお話でした。

トヨタ車体さんのランクルは

市販車部門のディーゼルエンジンクラス。

 

criser21.jpg

 

その市販車部門というのは、

年間1,000台以上生産されている市販車に

安全装置(ロールケージ、6点のシートベルトとか…)

が付いていることが前提。で、

エンジン、ミッション、デフとかの主要部品の交換はNG!coldsweats02

 

baja1000proto.jpg

 

でね、改造車部門というのは

レースに勝つためだけに創られたマシンを使う部門。

 

だから、市販車ベースのクルマもあれば、

全く一から創るプロトタイプのクルマもあるってワケcatface

 

machine2_3.jpg

 

トヨタ車体さんのランクルは外観こそ派手だけど

基本的には市販車と同じ条件wink

 

それで過酷なダカールラリーを走れちゃうわけだから

ランクルってすごいup

 

machine2_5.jpg

 

タイヤ&ホイールはもちろんゴツく。

 

ホイールはENKEI(エンケイ)製の

マグネシウム鍛造。17インチ。

 

耐久性と軽量化の2つを実現できるホイールで

空気圧が下がった時でもタイヤが脱落しにくくなるように

設計されているみたいup

 

タイヤはBFグッドリッチのマッドテレーンup

悪路もガシガシ行けちゃうワケよwink

(そんなグッドリッチのお話はココから)

 

machine3_1a.jpg

 

室内はロールケージが張り巡らされ、

フルバケットシートに6点のシートベルト。

 

ドライバーをガッチリサポートしてますねflair

 

machine3_2.jpg

 

ラリーは基本的に二人一組体制。

 

ナビシート(助手席)のナビゲーターシートには、GPSとトリップメーターがflair

ルートマップ、計器を見てドライバーに

指示を出している。一つ間違えば大惨事になるからナビも気が抜けない。

 

machine3_3.jpg

 

移動距離が長いから予備燃料タンクも装備。(燃料はバイオ燃料)

 

machine3_7.jpg

 

スタックしたときのためにスコップも常備し、

スペアタイヤも最大3本載せ、工具類も載せておく。

ここまでやって完走できるのは

 

全部門で毎年500台以上が参戦して

完走率は30%〜50%coldsweats02

 

20180124173400.jpg

 

とてつもなく過酷なレースで

5連覇を成し遂げたトヨタ車体さん凄いです!

動画もどうそ!

 

 

DAK18_EDO1679_rid.jpg

 

このような競技から得たノウハウが市販車に

反映されると思うと感慨深いですね〜flair

 

また、このようなハッピーなニュースがありましたら

ご紹介いたしますねhappy02

 

 

~~ジャオス サスペンションキャンペーンのご案内~~

main_urbanoff_171201.jpg

日本が世界に誇る4WD&SUVのトップブランド「JAOS(ジャオス)」

その リフトアップサスキット ”BATTLEZ ”

がなんと、

取付工賃、アライメント調整工賃、コミコミでこの価格!

 

 アーバンオフクラフト

20170930172905.jpg

〒454-0027

愛知県名古屋市中川区広川町1-1-2

TEL:052-354-5211

TOP

ダカールラリー2018。参戦車両はランクル200。-前編-

2018年01月27日 07:30

先日、新聞を見ていたら

刺激的な記事を見かけましたので、ご紹介します。

 

dakar2018.jpg

 

ダカールラリー2018の市販車部門で

トヨタ車体さんが5連覇を成し遂げたという記事です。

 

ご覧になられた方もいますかね?

 

200crui.jpg

 

使用されていた車両は

トヨタ ランドクルーザー200。

日常で保有されている方もいるあのランクル200ですup

 

で、ダカールラリーってなんなのさ?

 

DAK18_CP1_40x60_CARTE.jpg

 

2018年大会はダカール創設40周年の記念大会だったのですが、

 

1月6日〜1月20日の15日間かけて14ステージを

ペルー

ボルビア

アルゼンチン

と砂漠地帯などを走りぬくとてつもなく過酷な

レース。

 

距離でいうと9,000キロほどだそうですcoldsweats02

 

coursemap.jpg

 

スペシャルステージ(SS)と呼ばれる競技区間はタイムが計測され

その総合タイムで順位が決まります。

 

そのSS区間は他のメカニックなどのサポートが受けられないので、

万が一、現場でトラブルになった際はドライバーと

ナビゲーターの二人で対処しないといけませんcoldsweats02

 

また、リエゾン(移動区間)はタイム計測がありませんが、

到着規定時間があるため、タイムオーバーの場合、

ペナルティもしくは失格処分もあるんですwobbly

 

 

social.jpg

 

そんな過酷なレースに参戦する車両はクルマだけではありません。

 

写真のモトクロスバイクによる2輪部門。

 

DakarRally2017_002.JPG

 

カミオン(トラック)部門があり、

もう一つのカテゴリーが今回のテーマでもある

 

team_thumb_02.jpg

 

4輪部門になるんですflair

 

しかも、

市販車部門改造車部門

2つにカテゴリー分けがされています。

 

トヨタ車体さんのランクルは市販車部門での5連覇

 

となったわけですねflair

 

じゃあ、その市販車部門ってなんなのさ?

 

それは、次回のブログにてご紹介しますネ!

 

 

~~ジャオス サスペンションキャンペーンのご案内~~

main_urbanoff_171201.jpg

日本が世界に誇る4WD&SUVのトップブランド「JAOS(ジャオス)」

その リフトアップサスキット ”BATTLEZ ”

がなんと、

取付工賃、アライメント調整工賃、コミコミでこの価格!

 

 アーバンオフクラフト

20170930172905.jpg

〒454-0027

愛知県名古屋市中川区広川町1-1-2

TEL:052-354-5211

TOP

東京オートサロン2018最新情報!その1

2018年01月12日 13:39

東京オートサロン2018 が始まりました。

当店スタッフから、アーバンオフな車両画像が続々と送られてきましたよー。

さっそくご紹介したいと思います。

1515725134310.jpg

トヨタブースには、

アジアパシフィックラリーに参戦していた、ハイラックスが!!

1515725134432.jpg

戦いの跡が残っています。

新型ハイラックスは今年納車になる方が多いと思いますので。

盛り上がること間違いなしですね。

1515725134904.jpg

後方向けのウィンチ。

搭載されている装備がリアルでかっこいい。

1515725134688.jpg

タイヤはファルケンのマッドテレーン。

”ワイルドピーク”

新型ハイラックスは他にも!

1515725101950.jpg

ホイールは当ブログでご紹介させていただいた、

KMC XD BULLY 

プラドやFJクルーザー用の18インチを在庫しております。

今年のSEMAのヨンク事情。

1515725106692.jpg

タイヤはBFグッドリッチのKO2。

似合っていますね。

1515725108307.jpg

ハードシェル+背面タイヤ。

東京オートサロン2018 の様子はこの後もご紹介したいと思います。

 

~~ジャオス サスペンションキャンペーンのご案内~~

main_urbanoff_171201.jpg

日本が世界に誇る4WD&SUVのトップブランド「JAOS(ジャオス)」

その リフトアップサスキット ”BATTLEZ ”

がなんと、

取付工賃、アライメント調整工賃、コミコミでこの価格!

 

 アーバンオフクラフト

20170930172905.jpg

〒454-0027

愛知県名古屋市中川区広川町1-1-2

TEL:052-354-5211

 

TOP

FJクルーザー"Final Edition"をインチダウンでグッドリッチ。

2017年12月30日 07:00

昨日からご紹介の、FJクルーザー・ファイナルエディション

納車直後にご来店いただき、

純正の20インチから、17インチにインチダウン。

FJ Final SOLID (15).JPG

ファイナルエディションは、ボディカラーは1色。

ベージュです。

通常カラーのベージュよりも薄くなっていますね。

FJ Final SOLID (39).JPG FJ Final SOLID (23).JPG

大きく雰囲気が変わります。

FJ Final SOLID (31).JPG

ファイナルエディションは、ドアミラーやドアノブなど、

各部ブラックアウトされており、

今回のマットブラックのホイールも純正のシルバーのホイールよりも

この車に似合っていると思います。

FJ Final SOLID (32).JPG

タイヤはこの雰囲気には欠かせません。

人気なのは、

BFグッドリッチ M/T KM2

BFグッドリッチ A/T KO2

ヨコハマ ジオランダー MT G003

ニットー テラグラップラー 

あたりですね。

FJ Final SOLID (28).JPG

背面も抜かりなく。

FJ Final SOLID (35).JPG

次はBAJAラックを検討されているそうです。

このスタイルにルーフレールラックは絶対似合いますね。

FJ Final SOLID (40).JPG

Oさま。この度はありがとうございました!

めちゃくちゃかっこよくなりましたね。

素敵な4×4ライフをお楽しみください!

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

~~ジャオス サスペンションキャンペーンのご案内~~

main_urbanoff_171201.jpg

日本が世界に誇る4WD&SUVのトップブランド「JAOS(ジャオス)」

その リフトアップサスキット ”BATTLEZ ”

がなんと、

取付工賃、アライメント調整工賃、コミコミでこの価格!

 

 アーバンオフクラフト

20170930172905.jpg

〒454-0027

愛知県名古屋市中川区広川町1-1-2

TEL:052-354-5211

TOP

FJクルーザー"Final Edition"初来店!

2017年12月29日 07:00

個性的な見た目と、本格的なクロカン車両で人気だった

FJクルーザー。

”ファイナルエディション”

と聞くとやっぱり寂しいですね。

FJファンの方からは、「FJからFJファイナルエディションに乗り換えた。」

なんてお話を聞いたりします。

買おうか迷っていた方は、”生産終了”と聞いて、買うきっかけになった方も

多いかもしれませんね。

個人的にはこの見た目のまま、2.8Lクリーンディーゼルを

載せて発売し続けて欲しかったです。

FJ Final SOLID (23).JPG

本日はそんなファイナルエディションが初来店!

納車前からご予約をいただいており、納車と同時にご来店いただきましたshine

FJ Final SOLID (3).JPG

ご注文いただいていたのは、

ソリッドレーシング アイメタルX と

BF グッドリッチ オールテレーン KO2

17インチ

ファイナルエディションの純正20インチと比べると

この違い。

ホイールだけでも全然雰囲気が違います。

FJ Final SOLID (2).JPG

左は、純正の 20インチ 245/60R20

右は、KO2 17インチ 265/70R17 

迫力が全然違いますね(笑)

FJ Final SOLID (18).JPG

納車直後にタイヤ・ホイールを交換なんて幸せすぎますね。

外した純正は高価買取!!させていただきました!

FJ Final SOLID (4).JPG

純正比較。前後で!

どちらがお好みですか?

FJ Final SOLID (1).JPG

純正比較。背面タイヤも!!

FJ Final SOLID (42).JPG

背面まで5本ご購入いただきました。

後方からの見た目もばっちりですね。

 

オフロード感が強調された、FJクルーザーファイナルエディションは

明日のブログでご紹介いたします!

 

~~ジャオス サスペンションキャンペーンのご案内~~

main_urbanoff_171201.jpg

日本が世界に誇る4WD&SUVのトップブランド「JAOS(ジャオス)」

その リフトアップサスキット ”BATTLEZ ”

がなんと、

取付工賃、アライメント調整工賃、コミコミでこの価格!

 

 アーバンオフクラフト

20170930172905.jpg

〒454-0027

愛知県名古屋市中川区広川町1-1-2

TEL:052-354-5211

TOP

デリカ D:5のカスタムその3 リフトアップサスと16インチ

2017年12月28日 07:00

昨日の続きです。

16インチにインチダウンし、リフトアップサスを取り付けました。

前回のブログはコチラ

クリムソンMGヴァンパイアとノーマル比較

タナベUP210の取付。

 

delica up210 (16).JPG

ちらりと見える赤いサス。

サスはTANABE UP210 

それに合わせて、インサートもレッドに。

オーナー様のこだわりポイントです。

delica up210 (19).JPG

車高はタイヤで約10ミリ、サスで約30ミリ、トータルで40ミリ弱上がりました。

delica up210 (18).JPG

40ミリ上がると、見た目のインパクトもだいぶ違いますeye

車が大きくなったように感じます。

気になる乗り心地ですが、ノーマルと取り比べても

何が変わったのか分からないレベル。

あえて言うなら、BFグッドリッチ KO2のブロックパターンをやや感じるかな?

という程度。

少なくともノーマルタイヤに、このリフトアップサスの

組み合わせなら、ノーマルと差を感じることは無いでしょう。

リフトアップによるロールや、ピッチングが気になるようであれば、

ダンパーとのセットも良いと思いますが、

走行距離の少ないうちは、サスだけで十分だと思います。

リフトアップ時のデメリットはこれで解消!

こちらもクリックup

 

delica up210 (20).JPG

前後バランスも良い感じです。

ノーマルと比較すると・・・。

delica up210 (44).JPG

写真で40ミリは伝わりにくいかもしれませんが、

地上高で見ると分かりやすいですね。

悪路も気にせずガンガン行けます。

 

さらに今回、同時にスタッドレスセットもご注文をいただきましたので、

そちらも次回ご紹介したいと思います。

 

 

 アーバンオフクラフト

20170930172905.jpg

〒454-0027

愛知県名古屋市中川区広川町1-1-2

TEL:052-354-5211

TOP

デリカ D:5のカスタムその2 タナベUP210の取付。

2017年12月26日 07:00

昨日のデリカD:5は、16インチにインチダウンし、

純正18インチとの比較をご紹介いたしました。

クリムソンMGヴァンパイアとノーマル比較

本日は、車高をアップします。

delica up210 (39).JPG

こちらは【ノーマル車高+16インチ】

インチダウン+オールテレーンタイヤの組み合わせ。

タイヤの外径は、やや大きくなっています。

ここからさらに、リフトアップサスを取り付けし、

ロードクリアランスを確保します。

delica up210 (28).JPG

取付するのはこちらup

TANABE UP210 

up210_main (1).jpg

今回の車両は、まだ走行距離も少なく、純正ショックが使えるので、

スプリングのみを交換。スプリングのみなので、

リーズナブルに車高を上げることができます。

delica up210 (30).JPG

フロントのスプリングです。

左がノーマルです。自由長はノーマルとあまり変わりませんが、

ピッチ(巻き数)が違いますね。

delica up210 (23).JPG

こちらはリア。

delica up210 (22).JPG

装着するとこんな感じ。

delica up210 (21).JPG

大野SMがサクサク作業をすすめます。

delica up210 (12).JPG

ノーマルからのリフト量を確認。

イイカンジですhappy01

delica up210 (10).JPG

リフトアップにより車検に問題がないかどうか、後退灯の高さを確認。

デリカはそのラインまで余裕があるので問題なし。

delica up210 (9).JPG

最後にアライメント調整

ローダウン時はもちろん、リフトアップ時も、アライメント調整は大事。

delica up210 (7).JPG

インチダウン+リフトアップで、

デリカのカッコよさが引き立ちました。

次回のブログでご紹介いたします!!

 

 アーバンオフクラフト

20170930172905.jpg

〒454-0027

愛知県名古屋市中川区広川町1-1-2

TEL:052-354-5211

TOP

  1. 1
  2. 2